上原昭二の名言

上原昭二のプロフィール

上原昭二、うえはら・しょうじ。日本の経営者。「大正製薬」社長。兄は参議院議員の土屋義彦。東京薬科大学卒業後、大正製薬に入社。取締役、常務、副社長を経て社長・会長。医療施設向け医療用薬品の取扱高を上げ、同社の基盤をさらに強化した。

上原昭二の名言 一覧

人間でも、力以上のことをすれば必ず破たんする。


父の借金嫌いは、当社の前身である大正製薬所に父が入った時に由来します。小規模なメーカーだった大正製薬所に就職した父は、のちに経営の切り盛りをするぐらい先代に見込まれましたが、一番苦しんだのはその借金でした。借金ばかりにしていた先代の尻拭いをさせられた父は、その返済に相当苦労されたようです。こういう原体験があったからこそ、父は借金経営を避けてきました。


焦らず、無理せず、背伸びせず。私の父、大正製薬前名誉会長の上原正吉から教わった生き方です。父は寡黙な人だったし、私の教育についても自由放任主義でした。ひとつひとつ、ああしろこうしろと押しつけがましいことは全くありませんでした。自分の振る舞い、モノの考え方に接しているうちに把握してくれれば、それで良いというのが父の教育の仕方でした。父の人生、あるいは経営のやり方を見ていて、私なりに解釈したのが冒頭の言葉です。


一つの物事を成し遂げるには、全力を注げということです。四方八方に目配り気配りをし、常になぜそうなるのかを考える。経営者としての原点は、そこにあると思う。私は部下からの報告を聞くとき、なぜそうなるのかと問い返すことが多い。意識しているわけではないのですが、あらゆるケースを想定して、それに答えられるだけの報告でない場合は、なぜという問いかけをしているようです。


自分の力以上のことをやると、破滅を招いてしまう。経営面でいえば、自分たちの力を十分見極め、無理に背伸びをしないことが肝心だということです。これが私の経営観であり、人生訓になっています。


焦らず、無理せず、背伸びせず。


上原昭二の経歴・略歴

上原昭二、うえはら・しょうじ。日本の経営者。「大正製薬」社長。兄は参議院議員の土屋義彦。東京薬科大学卒業後、大正製薬に入社。取締役、常務、副社長を経て社長・会長。医療施設向け医療用薬品の取扱高を上げ、同社の基盤をさらに強化した。

他の記事も読んでみる

為末大

「挫けない力」に必要なのは、「ふてぶてしさ」だと思っています。マイナスイメージもある言葉ですが、マイナスになる時は、失敗を失敗のまま置いておくから。勝敗や成否の枠を超えて、何が一番大事なのかと本質を見いだすのが重要で、それができれば心は強くなる。


小笹芳央

アイデアは既存の知識の組み合わせに過ぎない。よく「ゼロから1を生む」と言いますが、滅多にあることではない。


南部靖之

一流大学出だけ集めていると、企業は危ない方向に行く。


加藤大輔(経営者)

通常、海外展開する際は苦労することも多いと思いますが、当社の場合、歴史ある有力企業を買収したことで、スムーズに展開できています。


松本大

一部の特別な資産家にではなく、広く一般の個人にとって最良な金融サービスをご提供したい。自分たちがほしいと思えるような金融商品こそ、自分た ちの手で作り皆さまに活用していただきたい。その思いから、私たちは全社員がお客さまひとりひとりと同じ視点に立ち、うそ偽りないまっすぐな態度で接する ことを大切にしてきました。それはこれからも揺らぐことはありません。


宋文洲

いくら成約という結果につながりそうだといっても、儲からなければどうしようもない。日本語には「割に合う」といったいい言葉がありますよね。ビジネスとして、割に合うかどうかを判断しなければいけない。


鍵山秀三郎

私だって一個人、一経営者として財が欲しかった。しかしただ財を取るだけなら誰でもできると思って、その正しい手段を考えていました。それからもう一つは、手当たりしだい売上にこだわる会社にはしたくなかった。いろいろな会社を見てきて、あんな会社にはしたくないという会社がいっぱいありました。


三枝匡

戦略とは競争相手に比べて、自分達がどのように有利な展開ができるかという組み立てです。それをきちんと考え抜かなければいけない。


加賀見俊夫

もし東京ディズニーランドのオープンが5年遅かったら、トップバッターを走れなかったでしょう。やはり、2番手、3番手になったらイメージが違います。その意味では、ラッキーでしたね。


北尾吉孝

飲みに行ったとき、部下に払わせたり割り勘にしたことは一度もないし、個人的に行くのだから経費では落としません。いまでも会社の交際費は、ものすごく厳しくしていて、僕自身ほとんど使いません。したがって部下も使いません。会社の決算後の打ち上げや、新入社員を10人ぐらいずつ連れての飲食のときなども、僕が払います。


岩野達志

インフラ作りは利益だけを求めていてはできない仕事で、ある意味ボランティアの精神を持った人間が旗を振る必要がある。


花崎淑夫

顧客が百貨店に求めているのは、心が満たされること、多様であること、質が高いこと、個性的であること、というような価値だ。ラグジュアリーブランドに頼っている限り、同質化から脱することはできない。


南部靖之

私は夢を語ることはできても経営者としては半人前です。ですが、それを補ってくれる社員が創業時からいた。これは大きかった。


中田誠司

営業のやり方を180度変えました。今までは本部が全支店に対し「今月は投資信託をいくら販売する」といったように商品ごとに目標を決めていました。支店からすると、月初には販売すべき商品がおのずと決まっていたということです。これを、毎月どの商品をいくら売るかは支店が自分で考えるように改めました。収支の予算、預かり資産の増加額、投信の運用報酬などの安定収益の3つは本部が指示していますが、それをどういう商品で達成するかは支店に任せている。始めたばかりなので支店ごとに取り組みレベルに違いはありますが、マーケットの動きと顧客ニーズの変化に合わせて機動的な対応ができるようになりました。売る側の都合ではなく顧客の立場で行動するよう促しています。


坂井哲史

おいしいものをお値打ちで提供すれば、お客様は必ず支持してくれる。それが強みです。


ページの先頭へ