名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上原小枝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上原小枝のプロフィール

上原小枝、うえはら・さえ。日本の経営者。「大正製薬」社長・名誉会長。3代目社長・上原正吉の妻。

上原小枝の名言 一覧

社長というのは1日24時間、365日勤務だよ。その覚悟はありますか。


たとえ間違っていてもいいから自分の頭で考えなさい。間違ったら直せばいい。自分で考えるところに価値がある。


上原小枝の経歴・略歴

上原小枝、うえはら・さえ。日本の経営者。「大正製薬」社長・名誉会長。3代目社長・上原正吉の妻。

他の記事も読んでみる

渡辺修(通産官僚)

時にはお互いの意見が合わずにぶつかることもあるでしょう。しかし、お互いに感情的になるのではなく、おかしいと思ったらその事実を指摘し、徹底的に話し合って、相互理解を深めるべきです。私が1980年代に日米貿易交渉をやった時に思ったのが、どんな異国人と話をする時でも最も重要なことは論理です。


白井一幸

今シーズン、大谷翔平がMLB挑戦という夢を叶えるためにいよいよ海を渡ります。私が言うまでもなく、彼はピッチャーとしてもバッターとしても超一流ですが、ピッチャーとしてだけ、あるいはバッターとしてだけでプレーしていたら、今ほど注目は浴びなかったでしょう。二刀流だから、これほど話題を呼んでいるのは確かですし、さらに言えば、二刀流の大谷翔平は、ファイターズや栗山英樹監督でなければ絶対に誕生していなかったと思います。彼の二刀流については、ファンの皆さんは喜んでくれるものの、球界関係者の中には批判する方も少なくありません。それは、二刀流がこれまでタブーとされてきたからです。ですが、どんどん新しいことに挑戦していくのがファイターズというチームの特長ですし、これからはプロ野球全体にも、時代の変化に伴って、常識や既成概念にとらわれずチャレンジしていく姿勢が求められると思います。


佐藤康博

3人のトップで物事を決めるというのは、どうしても意志決定のスピードで劣る。これだけ経済や社会の動きが激しい中で、意志決定者が何人もいるようでは勝てません。


奥田務

企業の経営統合で何より怖いのは、ひとつの企業の下に2つの企業文化が根づくことです。いびつな環境が統合後の社風となれば、それこそ改革は難しい。


下川浩二

高収入の人は多くの仕事をこなさなければなりません。そのなかで細かいことまで含めたら、1日のうちやるべきことが100件などというのはザラです。そのすべてを記憶しておくのは土台無理です。かといって電話一本かけ忘れただけでお客さんの信用を失うのがビジネスの世界ですから、多くの仕事を抱える人ほど、TODOリストを利用しないわけにはいかないのです。


谷厚志

ある企業のCS推進室でロイヤルカスタマーの顧客データを調査したところ、その大半がかつてクレームを上げたことのあるお客様でした。その理由はクレームの際にしっかり対応しフォローできたことで、お客様から信頼を寄せられるようになったからです。つまり、クレーム客は経営を支えてくれる金の卵なのです。


野村克也

公然と「俺は個人の成績のために頑張る」と豪語する人間を「立派な目標だ。力を貸してやろう!」と、周囲が本気で思うはずがない。勝手な目標は組織の和を乱し、勝負の足を引っ張ることになる。ライバルに勝つ。個人の好成績を目指す。大いに結構だが、それは胸に秘めておくべきだ。あくまでチームの目標が第一なんだよ。その結果として個人の目標、成果がついてくるんだ。会社と社員の関係でも似たところがあるんじゃないか。


渡瀬謙

絶妙なタイミングで、何かを決断した理由やその時の気持ちを聞かれると、つい話してしまうのが人間の心理です。そこで話が盛り上がると、こちらが聞いてもいない話までしてくれます。相手との距離がぐっと縮まります。


三國連太郎

若いときは自分の実人生と、演じている役柄は、まったく別人格だと思って演ってきたんですけど、自分と演じている人物はまったくの別の人格だと割り切って、その役を演じ切ることはできない。それは錯覚だったと気が付きました。


ピーター・ドラッカー

多くの人にとって、マネジメントと言えば企業経営を意味する。だがそれは、単にマネジメントが最初に現れたのが大企業だったからにすぎない。50年ほど前、マネジメントの研究に取り組んだとき、私も企業のマネジメントに焦点を当てていた。しかしやがて、企業であれ企業以外であれ、あらゆる近代組織において、マネジメントの研究に取り組んだとき、マネジメントの必要性が明らかになっていった。


塚越寛

地域に対しても、雇用創出を含め、できるかぎりの貢献活動を行なっていくべきでしょう。たとえば社屋周辺の清掃などは、さほど経費をかけなくても熱意さえあればできます。そうして地道に地域貢献していくことで、企業のイメージはおおいに向上することでしょう。イメージアップが図られた結果、回り回って売上の増加にもつながるでしょうし、自社のファンになってくださった方々が、「くちコミ」という最も効果の高い宣伝活動を行なってくれるようにもなります。


ジェイソン・ダーキー

人材教育は、1部署の1階層からといった小さな始め方でも全く問題ありません。正しいやり方で行えば、必ず大きな成果が出ます。それを確認してから、他の部署や全社に広げていくことです。