名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三須和泰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三須和泰のプロフィール

三須和泰、みす・かずやす。日本の経営者。「カンロ」社長。静岡県出身。一橋大学商学部卒業後、三菱商事に入社。食品本部長、執行役員中国生活産業グループ統括、海外市場本部長などを経てカンロ社長に就任。

三須和泰の名言 一覧

社内に対しては「変化しなければいけない」という話をしています。この105年間、我々の先輩たちも変化をし続けてきたから今があります。会社も、社員1人ひとりが変化、進化を続けることが重要であり、今年はそれを実現する年にしていきたい。


会社経営で大事なことはコミュミケーション、チャレンジ、コミットメントの3つの「C」。


変化を怖れず、自ら変わっていこう。


いい商品を作るだけでなく、世の中の変化に合わせて当社も変わっていかなければいけない。


三菱商事の人脈やノウハウなど、活用できるものは何でも使いたい。


あめの国内市場は前年と比べて40億円以上縮小しています。あめの売り上げを維持するためには、従来にない形状やパッケージの商品も検討する必要があります。持ち運びがしやすく、小売店の棚にも合う商品を来年にも発売したいと考えています。


幹部は幹部で先ごろ、部長級以上40人以上で1泊2日の合宿をしました。担当部門の枠を超えてどうすれば会社が伸びるかを真剣に討議しました。


現在、次期「中期経営計画」を策定中ですが、若手の意見を取り入れようと思います。「カンロ未来像プロジェクト」と称して10年後、20年後の当社の屋台骨を支えていくだろう若手を20人弱集め、2チームでディスカッションをさせています。


現在はメールもあればフェイスブックなどのSNSもあってとても便利ですが、大事なことは直接、人と会うことです。工場や支店、営業所回りでも、食事などをしながら一人一人と会っています。


利益率を高めるには、無駄を排除し製造原価を下げて、販売量を増やすしかない。売上高が安定して伸びれば工場の設備投資に資金が回せ、商品開発も活発になり売れる商品をたくさん作れます。


環境が大きく変化していく中、我々はどうあるべきなのかを社内で議論し、40年ぶりにCI(コーポレートアイデンティティー)を全面的に見直しました。まず端緒に今後10年後、20年後の当社を背負う若手約20人を集め、カンロの未来像を議論をしてもらいました。


カンロの成長が頭打ちなのは、あめの国内市場の現状を如実に表していると思います。ただ、悲観してはいません。ミントタブレットに代表される錠菓や、グミといったカテゴリーが伸びています。当社でも主力商品である「ピュレグミ」や「ジュレピュレ」に力を入れており、あめの売上げの落ち込みをカバーする稼ぎ頭となっています。


キャンディの主原料は「糖」です。当社はキャンディを通して長年糖の研究をしてきた企業であり、その技術力が他社にない強みです。こんな時代だからこそ、人間にとって糖とは何かを追求し、培ってきた知恵と情熱で様々なお客様のニーズや課題にソリューションを提案できる企業、「糖を基盤とした事業活動を通じ、全てのステークホルダーの皆様の生活に貢献すること」を使命として歩むことにいたしました。


三須和泰の経歴・略歴

三須和泰、みす・かずやす。日本の経営者。「カンロ」社長。静岡県出身。一橋大学商学部卒業後、三菱商事に入社。食品本部長、執行役員中国生活産業グループ統括、海外市場本部長などを経てカンロ社長に就任。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

メーカーは通常、原料代や加工費を計算して原価を割り出すことから価格設定を始めますが、当社では先に「いくらなら売れるか」を考えて価格を設定します。ユーザーにとって商品の原価など関係ありません。消費者の納得のいく価格=「値ごろ価格」はどのくらいか、から考えるべきなのです。


浅田次郎

仕事は一生懸命やるものだ。だが、人生それだけでは寂しい。休みのときは何もかも忘れて、ブチ切れて、人格が変わるぐらいの道楽をしないといけない。


田村公正

お客様の困りごとを解決していくことが私たちの存在意義。


法華津寛

月1回は米国、月2回は国内出張をしていましたから、その間の練習や馬の面倒は馬術トレーナーの経験がある、信頼できる方にお願いしました。家族や会社の部下も含め、人の助けがなければ、仕事と競技の両立は無理だったでしょう。


桑田真澄

プロだけではなく少年野球などを含めた球界全体をさらに発展させたい。それが最大かつ最後の目標。のために引退後は10年かけて勉強しようと決めていたんです。
【覚え書き|引退後、大学院に入学したことについて】


楠木新

40歳までは、定年後のことなど考えず、目の前の仕事をしっかりすることをお勧めします。組織内で働くということは、ビジネススキルやコミュニケーション力などの社会人としての基礎力を高めるチャンスになる。この時期にどれだけの能力を身につけられるかで、中高年以降の選択肢の広がりが違ってきます。


緒方健介

管理職になったら褒めるマネジメントをしなければならないのだから、肩書のないうちから、人を気持ちよく褒める技術を磨いておくと将来役立ちそうです。


井上礼之

決断には相当をパワーを要します。とくにリーダーと呼ばれるポジションでの決断は、部下や部署、さらには会社全体と責任の範囲が大きくなるほど重圧がかかってきます。私が心がけていることは、あまり考えすぎないようにすることです。具体的には、「悩むのは30分だけ」と決めています。そして、30分経ったら、そのことに関しては一切考えないようにしています。その代わり、その30分間は、そのことだけをとことん考えます。誤解を招かないように話しておきますが、30分間とは、最終決断をするときということです。決断したら、スパッと頭を切り替えます。考えすぎると、なかなか実行に移せないからです。それに、考えないようにすると、心も楽になります。


菊原智明

上下関係ではなく、横並びの仲間のような関係になっておかなければいけない。いくらモンスター客でも、仲間内ではモンスターではないはず。お客と仲間やパートナーの関係を築いておく。これがわがまま客をはねつけるための一番の方法なのです。


マンジョット・ベディ

プレゼン中には単に相手に目線を合わせるのではなく、相手の利き目に焦点を合わせながら話をします。それを2、3回繰り返すと、「私にずっと話しかけてくれていた」という気持ちになって、親近感や信頼感がぐっと増します。プレゼン中に眠ってしまうこともなくなります。


穂村弘

何かをやろうとした時に、自分の才能や可能性の有無を考えても意味がない。人は無限にそれを考えてしまうけれど、結局は託すしかなくて、でもそれはすごく怖くて。例えば、自分は曲がった植物が好きだけど、お店中に曲がった植物を置いてやっていけるんだろうかなんて、いくら考えたってたぶんわからない。でも曲がった蔓がいかに生命力に満ちて魅力的かを語るとき、彼は輝いていたし、こちらが植物に詳しくなくても、そのパッションはわかるから説得される。カッコいいよね、そういう人って。


木下彰二

プロの校正・校閲は、資料を何度も読み返しますが、毎回、すべての文字をチェックしているわけではありません。「数字だけ」「名前だけ」「図やレイアウトだけ」など、部分的に繰り返しチェックしています。