名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三須和泰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三須和泰のプロフィール

三須和泰、みす・かずやす。日本の経営者。「カンロ」社長。静岡県出身。一橋大学商学部卒業後、三菱商事に入社。食品本部長、執行役員中国生活産業グループ統括、海外市場本部長などを経てカンロ社長に就任。

三須和泰の名言 一覧

社内に対しては「変化しなければいけない」という話をしています。この105年間、我々の先輩たちも変化をし続けてきたから今があります。会社も、社員1人ひとりが変化、進化を続けることが重要であり、今年はそれを実現する年にしていきたい。


会社経営で大事なことはコミュミケーション、チャレンジ、コミットメントの3つの「C」。


変化を怖れず、自ら変わっていこう。


いい商品を作るだけでなく、世の中の変化に合わせて当社も変わっていかなければいけない。


三菱商事の人脈やノウハウなど、活用できるものは何でも使いたい。


あめの国内市場は前年と比べて40億円以上縮小しています。あめの売り上げを維持するためには、従来にない形状やパッケージの商品も検討する必要があります。持ち運びがしやすく、小売店の棚にも合う商品を来年にも発売したいと考えています。


幹部は幹部で先ごろ、部長級以上40人以上で1泊2日の合宿をしました。担当部門の枠を超えてどうすれば会社が伸びるかを真剣に討議しました。


現在、次期「中期経営計画」を策定中ですが、若手の意見を取り入れようと思います。「カンロ未来像プロジェクト」と称して10年後、20年後の当社の屋台骨を支えていくだろう若手を20人弱集め、2チームでディスカッションをさせています。


現在はメールもあればフェイスブックなどのSNSもあってとても便利ですが、大事なことは直接、人と会うことです。工場や支店、営業所回りでも、食事などをしながら一人一人と会っています。


利益率を高めるには、無駄を排除し製造原価を下げて、販売量を増やすしかない。売上高が安定して伸びれば工場の設備投資に資金が回せ、商品開発も活発になり売れる商品をたくさん作れます。


環境が大きく変化していく中、我々はどうあるべきなのかを社内で議論し、40年ぶりにCI(コーポレートアイデンティティー)を全面的に見直しました。まず端緒に今後10年後、20年後の当社を背負う若手約20人を集め、カンロの未来像を議論をしてもらいました。


カンロの成長が頭打ちなのは、あめの国内市場の現状を如実に表していると思います。ただ、悲観してはいません。ミントタブレットに代表される錠菓や、グミといったカテゴリーが伸びています。当社でも主力商品である「ピュレグミ」や「ジュレピュレ」に力を入れており、あめの売上げの落ち込みをカバーする稼ぎ頭となっています。


キャンディの主原料は「糖」です。当社はキャンディを通して長年糖の研究をしてきた企業であり、その技術力が他社にない強みです。こんな時代だからこそ、人間にとって糖とは何かを追求し、培ってきた知恵と情熱で様々なお客様のニーズや課題にソリューションを提案できる企業、「糖を基盤とした事業活動を通じ、全てのステークホルダーの皆様の生活に貢献すること」を使命として歩むことにいたしました。


三須和泰の経歴・略歴

三須和泰、みす・かずやす。日本の経営者。「カンロ」社長。静岡県出身。一橋大学商学部卒業後、三菱商事に入社。食品本部長、執行役員中国生活産業グループ統括、海外市場本部長などを経てカンロ社長に就任。

他の記事も読んでみる

町田公志

私はリクルート傘下にあった不動産会社コスモスイニシアの社長をしていました。私はそこで、不動産の価値が世の中の流れ次第でふっと上がってすとんと落ちるということを経験し、価値をフェアに認識することの大切さが身にしみています。そのため、フェアバリューがいろいろなところで活用される社会になってほしいというのが私の信条です。


高城幸司

楽しそうに仕事をしている人に「あなたの仕事のモチベーションは何ですか?」と単刀直入に聞いてみるといいでしょう。おそらく、「お客の喜ぶ顔」「会社の成長」といったオーソドックスなものから、「仕事が終わったあとの一杯」「ボーナス」まで、いろいろな答えが出るでしょう。そのなかから、自分が真似できそうなものを採り入れるましょう。もちろん、ひとつである必要はありません。複数のモチベーションを使い分ける方法もあります。


やましたひでこ

心の淀みをなくすには、物の片付けから入るのが断捨離の考え。空間の浪費がなくなれば、時間や精神エネルギーの浪費がなくなるのです。


船ヶ山哲

昔、ある大企業が「テレビ電話」を発表しました。億単位の広告宣伝費をかけ、街の至るところで大型キャンペーンを仕掛け、大々的に周知活動を行ないました。しかし、その商品は1年持たず街から姿を消しました。それはなぜか。答えは簡単で、この時期には「テレビ電話」という市場自体がまだ存在していなかったからです。それから時を経て30年……。今ではテレビ電話は日常に溶け込み、お客だけでなくライバルも存在しています。だからこそ、ビジネスも成り立つ。これが、「市場の威力」です。だから、あなたかまずすべきことは、「そこに市場があるかどうか」の確認と、どの市場で戦うかを決めることです。


石原進

我々の使命の一つは地域起こしだと思うんです。我々鉄道事業者は地域の方と一緒になって地域を元気にするために頑張っていかなければならない。


加藤壹康

従来の延長線上で努力をしても目指す姿を実現できない。


前川洋一郎

企業の不老長寿には承継が最大の戦略と言われる。また「守成は創業より難し」といわれるほどに承継が大事であり、承継は駅伝競走の始まりである。


宮本武蔵

大将は大工の棟梁として、天下の法や規範をわきまえ、その国の利非・曲直を正し、その家の秩序を保つこと、まさに棟梁の道である。大工の棟梁は堂塔伽藍の寸法を覚え、宮殿や楼閣の設計図を理解し、職人たちをつかって家々を建てる。これは大工の棟梁も武家の棟梁も同じことである。


桑原豊(経営者)

意識しているのは、いいことと悪いことをはっきりさせること。「何をするといけないのか」という共通のルールがないと、悪気なくいけないことをしてしまう人が出てきて、チームがぎくしゃくする恐れがあります。ただ、決めるのは、最低限やってはいけないことだけでいい。そのラインさえ守れば、あとはナイストライと評価します。


中内功

もはや手本はない。いまこそ主体的に変革を実行していくときである。企業家精神を大いに発揮し、痛みを伴いながらも、創造的で活力のある新時代を切り開いていく。それが日本経済を再生し、透明度の高い経済社会を作ることになる。


竹内規彦

残念ながら部下は自分の上司を選ぶことはできません。きちんとした評価のできない上司に仕えるのは大変だと思います。しかしそこで投げやりになってはいけません。組織のなかでは、評価のできない上司も、実力のある部下も、周囲の人間がきちんと見ています。そして実力のある人はどこかのタイミングで引っ張りあげられるものです。


スティーブ・ジョブズ

知ってると思いますが、私たちは自分たちの食べる食べ物のほとんどを作ってはいません。私たちは他人の作った服を着て、他人のつくった言葉をしゃべり、他人が創造した数学を使っています。何が言いたいかというと、私たちは常に何かを受け取っているということです。そしてその人間の経験と知識の泉に 何かをお返しができるようなものを作るのは、すばらしい気分です