名言DB

9425 人 / 110833 名言

三鍋伊佐雄の名言

twitter Facebook はてブ

三鍋伊佐雄のプロフィール

三鍋伊佐雄、みなべ・いさお。日本の経営者。大東建託社長。愛知県出身。国立豊田工業高等専門学校土木工学科卒業後、愛広社を経て、大東建設(のちの大東建託)に入社。テナント営業統括部長、取締役テナント営業統括部長、取締役業務本部長、常務取締役管理統括部長兼業務統括部長、専務取締役業務本部長、専務取締役テナント営業統括本部長、専務取締役管理統括本部長などを経て社長に就任。そのほかガスパル社長などを務めた経営者。

三鍋伊佐雄の名言 一覧

ビジネスが成長するための要素には、業界を問わず共通点があります。第一に「実需(実需用)があるフィールドであること」、第二に「お客様と直に接すること」、第三に「継続的な取引の仕組みをつくっていくこと」です。この3点を充足すれば、一定の成果を得ることができると思います。


地元企業との連携を密にというのは30年以上前からの基本的な考えです。現在、設計・施工で協調している企業は約1万社、仲介業務の協調店舗も1万店以上あります。


全国の賃貸住宅世帯を対象に、世代、地域、住まい方(間取り)別に要望を把握し、それぞれのニーズにきちんと対応したいと考え、調査を実施しました。時代は前に進んでいますから、お客様の声を聞くのが一番だと。


海外市場への興味や期待はもちろんあります。ですが、年間に新築供給として賃貸で約40万戸、持ち家では約70万戸という大きな市場が足元にある。その身近な市場を攻略しないというのは実にもったいない話です。住宅を建てるだけならば、海外に魅力的な市場があることも確かでしょう。しかし、当社は建てたあとのオーナー様との継続的な取引に重点を置いていますから、その辺の考え方、事業フィールドの捉え方が他社と少々異なっています。


米国流の経営と日本的な経営を両立させることが肝だと考えています。


経営陣が従業員と直接対話する経営計画説明会を始めたきっかけは、約30年前、従業員数が300人に達するかどうかの時期に、経営方針の伝達や社員のモチベーション確保には、人づてに伝えるより経営陣や部門のトップが直接伝える方がいいと考えたことからです。普段は40~50人の支店内でとらえている業務成績が、会社全体の中ではどんな位置づけかわかりますし、ほかの視点の社員と接することによる刺激、効果もあります。


時代の移り変わりや経営の新陳代謝に関わらず、常に新しい挑戦で新しい成果を加えるガバナンスを実施したいと考えています。営業エリアが拡大し、オーナー様の高齢化や直面している問題も多様化しています。そうした変化に対応しながらサービス内容を刷新し、オーナー様と入居者様、双方の満足を向上させ続ける企業が目指すところです。


三鍋伊佐雄の経歴・略歴

三鍋伊佐雄、みなべ・いさお。日本の経営者。大東建託社長。愛知県出身。国立豊田工業高等専門学校土木工学科卒業後、愛広社を経て、大東建設(のちの大東建託)に入社。テナント営業統括部長、取締役テナント営業統括部長、取締役業務本部長、常務取締役管理統括部長兼業務統括部長、専務取締役業務本部長、専務取締役テナント営業統括本部長、専務取締役管理統括本部長などを経て社長に就任。そのほかガスパル社長などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

いまのハウステンボスに点数をつけるとしたら、57.8点ですね。65点くらいなら合格で、70点になったら、もう私がいなくてもやっていけます。まだまだ改良することはあります。お客様に本当に満足いただくために、もっともっと改良していきますよ。


神田昌典

利他と利己は本来一つと考えていい。仏教でいう自他不二です。


サン=テグジュペリ

生きているということは、徐々に生まれることである。


石井淳蔵

個人をターゲットに置くより、個人の特別な経験にまで絞ることが有効。消費者に「何が欲しいか」を直接質問するのではなく、消費者がどのようにみずからの問題を解決しているのかを調べることと、当の消費者さえ気がつかないような問題とその回答を見つけるためには観察という調査方法が重要だ。


高田旭人

私は中学、高校のころから親の会社を意識していて、大学も就職も、どういう経歴を歩めば将来役立つかと考えてきました。親からは何も言われませんでしたが、コネで入社したのかと思われるのが嫌だったので、当初は合格できるレベルではなかった東京大学を受験し、1浪の末に合格することができました。就職も仕事が大変だと定評があった野村証券を選び、とても勉強させていただきました。


御手洗冨士夫

日本は世界と連動している。その世界はどんどん変化しています。だから、変化への対応の仕方が大事だし、そのスピードも大事。


大川隆法

経営者は自分の商売のことだけを考えていてはいけません。社会の風潮や経済ニュース、今後、起きることなどについても。目を光らせていなければならない。


生田正治

私は「理念、戦略、戦術」という言葉を大事にしています。明治維新で言えば、吉田松陰が理念を形成し、坂本龍馬や西郷隆盛が戦略を考え、伊藤博文や大久保利通が戦術を考えた。そうやって日本は近代国家になった。しかし、いまはスピードの時代です。一人三役をこなさなければやっていけません。自分で理念を構築し、戦略を立て、戦術も立案する。課長だから戦術だけ考えればいいという時代ではありません。


和田秀樹

悲観してはいけません。不況で諦めが蔓延したり、若い人が減っているので、競合は少ない。高い目標を設定しても、頑張り次第でクリアできる可能性は十分ある。


月岡隆

バブル崩壊後、有利子負債が2兆円を超え、大手自動車、流通と共に「2兆円クラブ」と呼ばれながら、出光だけが自力再生したのは、バランスシートに表れない人の力による。