名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三鍋伊佐雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三鍋伊佐雄のプロフィール

三鍋伊佐雄、みなべ・いさお。日本の経営者。大東建託社長。愛知県出身。国立豊田工業高等専門学校土木工学科卒業後、愛広社を経て、大東建設(のちの大東建託)に入社。テナント営業統括部長、取締役テナント営業統括部長、取締役業務本部長、常務取締役管理統括部長兼業務統括部長、専務取締役業務本部長、専務取締役テナント営業統括本部長、専務取締役管理統括本部長などを経て社長に就任。そのほかガスパル社長などを務めた経営者。

三鍋伊佐雄の名言 一覧

ビジネスが成長するための要素には、業界を問わず共通点があります。第一に「実需(実需用)があるフィールドであること」、第二に「お客様と直に接すること」、第三に「継続的な取引の仕組みをつくっていくこと」です。この3点を充足すれば、一定の成果を得ることができると思います。


地元企業との連携を密にというのは30年以上前からの基本的な考えです。現在、設計・施工で協調している企業は約1万社、仲介業務の協調店舗も1万店以上あります。


全国の賃貸住宅世帯を対象に、世代、地域、住まい方(間取り)別に要望を把握し、それぞれのニーズにきちんと対応したいと考え、調査を実施しました。時代は前に進んでいますから、お客様の声を聞くのが一番だと。


海外市場への興味や期待はもちろんあります。ですが、年間に新築供給として賃貸で約40万戸、持ち家では約70万戸という大きな市場が足元にある。その身近な市場を攻略しないというのは実にもったいない話です。住宅を建てるだけならば、海外に魅力的な市場があることも確かでしょう。しかし、当社は建てたあとのオーナー様との継続的な取引に重点を置いていますから、その辺の考え方、事業フィールドの捉え方が他社と少々異なっています。


米国流の経営と日本的な経営を両立させることが肝だと考えています。


経営陣が従業員と直接対話する経営計画説明会を始めたきっかけは、約30年前、従業員数が300人に達するかどうかの時期に、経営方針の伝達や社員のモチベーション確保には、人づてに伝えるより経営陣や部門のトップが直接伝える方がいいと考えたことからです。普段は40~50人の支店内でとらえている業務成績が、会社全体の中ではどんな位置づけかわかりますし、ほかの視点の社員と接することによる刺激、効果もあります。


時代の移り変わりや経営の新陳代謝に関わらず、常に新しい挑戦で新しい成果を加えるガバナンスを実施したいと考えています。営業エリアが拡大し、オーナー様の高齢化や直面している問題も多様化しています。そうした変化に対応しながらサービス内容を刷新し、オーナー様と入居者様、双方の満足を向上させ続ける企業が目指すところです。


三鍋伊佐雄の経歴・略歴

三鍋伊佐雄、みなべ・いさお。日本の経営者。大東建託社長。愛知県出身。国立豊田工業高等専門学校土木工学科卒業後、愛広社を経て、大東建設(のちの大東建託)に入社。テナント営業統括部長、取締役テナント営業統括部長、取締役業務本部長、常務取締役管理統括部長兼業務統括部長、専務取締役業務本部長、専務取締役テナント営業統括本部長、専務取締役管理統括本部長などを経て社長に就任。そのほかガスパル社長などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

尾崎元規

各ユニット(各事業本部)のくくりの中で、消費者にどんな貢献ができるのか、どんなメリットを提案できるのか、もう一度、原点に戻って考えてみよう。


酒井秀樹

未来は誰にも見通せません。先がわからない中で経営者は何をすべきか。私は、大いなる野望を持つ一方、毎日やるべきことを緻密に実行していこうと考えました。野望については、入社したときから胸の内に秘めていました。この会社を大企業と肩を並べられる存在にしようと。


荒川詔四

経営者や管理職が部下を動かすときは、現場・現物・現実を理解してから、目指す姿を明確に語り、具体的に指示する必要があります。


古賀信行

いまでこそ「デリバティブ」は華やかですが、この言葉が登場したころは、マネジメント層に、その仕組みを理解できる人はいなかった。その当時、どうしたかといえば、デリバティブを少しでも理解して、仕事として努力している人の能力を最大限に発揮させるようなマネジメントを行っていました。


マダム・ホー

商売をやっている家庭で生まれたせいか、自分がお金に困るという想像をしたことがありませんでした。ただ、それは実家に資産があるからではありません。自営業は毎月のお給料が決まっている会社員と違って、働けば働くほど収入が増えます。そのような環境で育ったので、「自分が努力すれば、いつでもお金はついてくる」という意識が自然と身についたのです。


横田正夫

現代は情報を持っていることの価値がより高くなっている。自分にはお金がないと卑下することはせずに、情報への感度を高める。お金はなくとも、情報戦で自分が勝っていれば、自信も付き余裕も持て、嫌な感じも与えません。お金がなかろうが、爽やかに振る舞うほうがいいというもの。


岡野雅行(岡野工業)

職人の世界は特にやる気が重要だね。うちは仕事を教えるなんてことはしないんだ。俺が親父の下についた時も、親父が直接、技術を教えてくれるなんてことは、これっぱっかりもなかった。何やってんだコノヤロウ!ってゲンコツで殴られ、ダメ出しされながら、見よう見まねで覚え、自分で工夫しながら、技術を磨いてきたんだよ。


山下真司

仕事を受けた以上は、その役に対して100%、いや120%のものをやるって気持ちでやらなければ、自分のためにもならない。


佐々木大輔(経営者)

あるベンチャー企業でCFO(最高財務責任者)を務めていた時、チームの経理担当者が1日中、入力作業に忙殺されていた。せっかくの時間がもったいないと思い、仕事内容を細かく分析してみると、当時使っていた会計ソフトがボトルネックになっていることに気付きました。請求書を管理するシステムと経営分析の仕組み、決算のために会計帳簿を作るソフトが別々に動いていたため、何度も繰り返し、同じ情報を入力しなければならなかったからです。


松本大

世界で最も広く使われているのは英語でも中国語でもなく、ブロークンイングリッシュだと言われています。ただし、何となく「これで伝わるだろう」と思って話しても伝わらない。ちゃんと伝えようという明確な意志が必要だし、それを形にするためにも、文法はやはり大切です。話す内容を、分かりやすく組み立てて伝えようとする意志がないと、相手には伝わらないですからね。


壺阪龍哉

デスクまわりには必要なものだけが残り、不要なものは捨てられている状態が理想です。そのためには、モノに優先順位をつけ、それぞれに適切な処理を行うのが整理の基本です。


大東隆行

数年前まで、王将の仕事は「危険、汚い、きつい」の3Kだと言われていました。しかし、みんなが一生懸命、お客様目線で鍋を振ってきたから、お客さんが評価してくれるようになりました。