名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三野重和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三野重和のプロフィール

三野重和、みの・しげかず。日本の経営者。農業・建設機械の「クボタ」社長・会長。香川県出身。神戸経済大学(のちの神戸大学)経済学科卒業後、久保田鉄工所に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。創業100周年時に社名を「クボタ」に変更した。そのほか、大阪工業会会長を務めた。

三野重和の名言 一覧

大切なのは成功体験です。若い社員たちの可能性を引き出すには、能力よりも一段高い仕事に挑戦させ、苦労してやり遂げたという成功体験を持たせる以上のことはありません。


三野重和の経歴・略歴

三野重和、みの・しげかず。日本の経営者。農業・建設機械の「クボタ」社長・会長。香川県出身。神戸経済大学(のちの神戸大学)経済学科卒業後、久保田鉄工所に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。創業100周年時に社名を「クボタ」に変更した。そのほか、大阪工業会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

内田圭祐

スペイシーに登録しているスペースの貸し手は既存の貸し会議室事業者だけでなく、中小企業やベンチャー企業もいます。そして、会議室のレンタル料金がカフェ並みなのは、貸し手の目的が、自社内で使われていない部屋や、会議室の利用予定がない日・時間帯の有効活用だからです。


野村克也

ヤクルトの監督を引き受けるに当たり、「3年欲しい」という条件を出した。監督が変わったからといって、当時のヤクルトのような弱小チームが、ガラリと変わることはない。1年目はまず畑を耕すことからしなければならない。2年目にいいタネをようやく蒔いて、それを育てる。つまり、チームが花を咲かすのは、早くても3年後になるからだ。わがままな頼みだ。しかし、相馬さんは言ってくれたよ。「野村さんには悪いが、素人の私も監督を代えたからといってうちのようなチームがすぐ優勝できるようになるとは思っていません。急がずゆっくり選手を教育してやってください」とな。この言葉に支えられて、俺はヤクルトを文字通りじっくりと畑から耕すように育てられた。結果、3年目でリーグ優勝――。あの時、「3年ください」と交渉しなければ、なしえなかっただろう。


上野治男

歴史はいくつもの巨大企業・組織の衰亡を見てきましたが、いずれにも共通する原因は、組織に確たる理念がないか、あっても形骸化して、構成員を結束させる大義名分を失い、時代の荒波に抗し切れなくなったことでしょう。理念なき組織は危うい。不正・不祥事の温床になりやすく、その発覚によるダメージで雲散霧消しかねません。


笹氣健治

ショックの裏には怒りや悲しみといった感情があります。この感情自体は変えることができませんが、解消することはできます。そのためには「行動」と「思考」の両面からのアプローチすることが有効です。


山口範雄

今後、食資源を原料とする企業は、中期的、構造的に続く原料の高騰に対応した新しいコスト構造や価格体系を構築しないと、食資源を確保できなくなる懸念があります。


丹羽宇一郎

問題に直面したときに大切なのは、まず常識と良識です。これに則って対応することが前提になります。もうひとつは、自分の心に忠実に、ということです。これはロマン・ロランの『ジャン・クリストフ』の言葉です。若い頃にこの作品を読んでいて、この言葉がずっと心に残っていました。例えば、お金のため、出世のため、そんなことのために自分にうそをついて生きていったとして、それでいいのか。絶対に嫌ですよね。だから、お世辞は言わないし、正しいと思ったら、口に出す。そうして、常識、良識を持って対応するしかありません。


八幡滋行

緊張関係の中でトップが堂々とやりたいことを実行することが、人間味のあるガバナンスを利かせることにつながる。


瀬戸欣哉

誇りを持つには儲かること、勝つことも重要。最初、国内部門の人たちと話した時、ちょっと元気がないと思いました。会社が海外で買収を進めるほど、自分たちには未来がないのかという気持ちになった人も少なからずいたでしょう。しかし、国内はすごく重要で、国内事業の競争力があるから、買収した海外企業のデザインやブランドとの融合もできるんだという話をしていくと、みんな頑張ろうと思ってくれました。


ロバート・キヨサキ

情報時代の今だからこそなすべき抜本的な対策がある。顧客のニーズは猛烈な勢いで変化しつつある。あなたは、そのニーズに追い付いていけているだろうか。私の会社では、そのために、マーケティングの努力や人材を増強するだけでなく、ビジネスの再構築も行っている。最初にしたのは、「私たちの顧客とは誰なのか」を定義しなおすことだった。次に、新しく定義したこの「顧客」の皆さんと、より良いコミュニケーションをとり、より良いサービスを提供できるように、ビジネスを再構築した。


白石達

この数年、ゼネコンが海外事業で赤字を出すケースが続きました。自分たちのやり方が世界で通用すると思い込み、ガラパゴス化していたのです。海外で仕事を始めたころの原点に帰る必要があるようです。


樋口廣太郎

経営者は体力と気力で心の中の発電機を回し続け、エネルギーを持って事に当たることが大切だ。エネルギーを伝えることで、まわりに活力が生まれ、その活力が強い運勢を招く。そして強い運勢が自然に良い結果を生むと思う。


伊通旭

単純に商品を預かって出荷するだけではなく、システムによる効率化や精度アップなどに取り組むことで、顧客の負担を軽減するというプラスアルファのサービスを心掛けています。