名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三野重和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三野重和のプロフィール

三野重和、みの・しげかず。日本の経営者。農業・建設機械の「クボタ」社長・会長。香川県出身。神戸経済大学(のちの神戸大学)経済学科卒業後、久保田鉄工所に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。創業100周年時に社名を「クボタ」に変更した。そのほか、大阪工業会会長を務めた。

三野重和の名言 一覧

大切なのは成功体験です。若い社員たちの可能性を引き出すには、能力よりも一段高い仕事に挑戦させ、苦労してやり遂げたという成功体験を持たせる以上のことはありません。


三野重和の経歴・略歴

三野重和、みの・しげかず。日本の経営者。農業・建設機械の「クボタ」社長・会長。香川県出身。神戸経済大学(のちの神戸大学)経済学科卒業後、久保田鉄工所に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。創業100周年時に社名を「クボタ」に変更した。そのほか、大阪工業会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

井筒和幸(映画監督)

過程を大事にしないと達成感がない。過程が良くても、いい結果が出なかったら、再チャレンジしたらいい。諦めたらいかんよ。


西多昌規

ささやかな親切をしてみよう。見返りを求めずに誰かのために親切な行動をすると、自分のためにやったとき以上に自己効力感が得られる。「同僚にお茶をいれてあげる」といった小さなことでも効果がある。


三池崇史

僕は映画を撮り出すと、自分のことは考えません。自分の個性を映画で表現しようなんて小さなことは考えない。ただ無心に、夢中になって作るだけです。ゆったり撮ってはいられないので、一生懸命にならざるを得ないですし。撮影中、我を忘れる日がよくあります(笑)。


島田裕巳

自分を売り込むことに懸命になるよりも、自分を誰かに紹介してくれるような人間関係をつくることが大切である。そのための鍵となるのが、仕事を離れた趣味である。手間暇のかかる趣味ではなくても、得意分野を持つことが大事だろう。趣味を持てば、他人との共通体験を持つことができる。


久保華図八

美容の向こうにあるもの、ここをしっかりと持っていてほしい。「毎日髪を切っています」では、単なる作業です。自分の仕事を通して何がしたいのか。それが、仕事に対する誇りになるのだと思います。


森田英一

能力を測るものさしは「社内価値ではなく市場価値」と言われて久しいのに、いざ評価となると多くの人がいまだに内向きの視点なんです。会社内での評価が非常に気になるわけです。会社という狭い世界にしか目が行かないと、足の引っ張り合いが起こりやすい。


久保征一郎

今までのやり方を当たり前と思わず、あえて破壊してもらいたい。もちろん全部壊す必要はなくて、必要なものは当然残さないといけないのですが、急成長を遂げる中で古いものを壊し損ねてきている。


國分利治

「若い時の苦労は買ってでも」は本当です。年をとってからの苦労はつらい。そんな気持ちも、失敗から這い上がる原動力になりますよ。


松岡修造

子供の才能を伸ばすには「いいね」「上手いね」「すごいね」と長所を見つけて褒めることだとよく言われます。これは大人にも当てはまることです。


麻生哲朗

僕にはいつも大事にしていることは、発想する過程で感じる「違和感」に敏感であること。考えている間、絶えず襲われる「何か違う」という感覚と向き合いながら進めているうちに、正解にたどり着く。


宮沢文彦

大半の100年企業は不動産による賃料収入を得ることで生き残ってきた。バブル崩壊を体験した日本では「不動産」と聞くと、どうしても投機的なリターンを求める危険な事業というマイナスなイメージが残っています。しかし、東京の不動産こそが、会社が危機に瀕したときに、会社の危機を救うための大きな武器になるの。


弘兼憲史

まず相手を儲けさせ、それから自分が利益を得る方法を考えて、実行していかなければならない。