三野重和の名言

三野重和のプロフィール

三野重和、みの・しげかず。日本の経営者。農業・建設機械の「クボタ」社長・会長。香川県出身。神戸経済大学(のちの神戸大学)経済学科卒業後、久保田鉄工所に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。創業100周年時に社名を「クボタ」に変更した。そのほか、大阪工業会会長を務めた。

三野重和の名言 一覧

大切なのは成功体験です。若い社員たちの可能性を引き出すには、能力よりも一段高い仕事に挑戦させ、苦労してやり遂げたという成功体験を持たせる以上のことはありません。


三野重和の経歴・略歴

三野重和、みの・しげかず。日本の経営者。農業・建設機械の「クボタ」社長・会長。香川県出身。神戸経済大学(のちの神戸大学)経済学科卒業後、久保田鉄工所に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。創業100周年時に社名を「クボタ」に変更した。そのほか、大阪工業会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

孫正義

ひとつのビジネスモデル、ブランドに頼らない。それぞれが独立採算で、しかし「人々を幸せにするための情報革命」という理念を共通軸にして情報革命を遂行する。これが我々の基本的な考えです。成長が鈍っても一つのブランドに固執するわけではなく、そのポートフォリオで入れ替え戦が常に起こっていく。成長し続ける企業の集団。それが私の中でのイメージです。


広川慶裕

認知症予防とは、その対極にある「よく遊び、よく学ぶ」生き方を具現化することにあります。積極的に人生を楽しむ姿勢を持ち続けること――それが認知症への最大の防御となるのです。


似鳥昭雄

やった結果、ダメだったら捨てていけばいい。たとえ失敗しても、何事も一度トライして学んでいけばいい。


イーロン・マスク

私は悲観主義者ではなく、未来に関して楽観的です。終末論が好きなわけでもありません。しかし歴史は、技術が波のように進歩したり、後退したりすることを示唆している。歴史上の多くの文明はそのような経験を繰り返してきました。そうならないことを願いますが、技術の後退が起きる前に火星に基地を作ることは重要だと思います。


井上礼之

社員が1つの目的に向かって一丸となって企画・運営するイベントは、普段あまり関わりのない社員同士がお互いを知り合い、一緒にやり遂げた達成感や一体感を通じて、日常の業務では得られない学びや体験を得る機会となる。それが会社に対する帰属意識を高め、結束力を強めることにつながる。これは文化や習慣、価値観などの違いを超えて、世界中で共通するものなのだと改めて感じている。


福島文二郎

もちろん、叱るだけではいけません。褒めることこそ、スタッフを成長させる何よりの栄養です。必要な行動のうち、7割ができていない。そんな時も、まずはできている3割を褒める。「ゲストに笑顔で応対できていてよかったよ」。そのうえで「でも、走っている子に、ちゃんと注意できなかったね。ここからは歩いていこうねと笑顔で言えればよかったね」。改善するためのポイントと一緒に伝えます。褒める、叱る、どちらが欠けても十分ではない。


吉川稲美(吉川稻)

プラスの中にはマイナスの種、マイナスの中にはプラスの種がある。


藤田恭嗣

第一に素直であること。そして、前向きであることが重要。自分が何をすべきかを最初は分からなくてもいい。しかし、いつか分かりたいとそこに向かって努力ができる人がいい。


亀山千広

正直、映画の興行だけで儲けるというのは至難の業なんです。やはりその後のDVD販売などで稼がないと、制作費を回収できない。だから、映画そのものだけでなく、劇場公開後の展開をどうしていくかを考えるのも、プロデューサーの重要な仕事なんです。映画事業局のメンバーには、「企画を考えるときは点ではなく線で考えろ」とよく言っています。


山口真導

お金を使うにあたっては、それが「投資」「消費」「浪費」のいずれに該当するのかを常に意識しましょう。経営に不必要なことにお金を使うことは「浪費」です。浪費をすれば経費が増えて税金が安くなりますが、浪費によるマイナス効果の方が大きいのはいうまでもありません。


こだま(作家)

「女は~」とか「妻は~」「教師は~」という大きな視点からはとても書けそうにありません。私はどの立場においても脱落しており、何かを語る資格がないように感じてしまい、「私は」で始まる個人の話を書いています。集落、家族、教室、病室……と狭い人間関係で生きてきたことも関係するのかもしれません。私が書けるのは、そんな日常の些細な出来事だと思っています。


鈴木敏文

難しく考えない。平凡に、単純に考えればいい。


大塚寿

仕事の締め切りでルーズな人は、お金の面でもルーズなのではないかと判断されます。成功している人ほど人を見る目は厳しいものです。いい人間関係を築くためには、それを求めることと同時に自分を高める努力が必要だということも肝に銘じてください。


徳本達郎

僕の経営判断が正しかったかどうかは、今の子供たちが20歳くらいになったときにようやく分かる。それが我々に求められている「結果」だ。


野坂英吾

タイに進出しました。日本で培ってきたノウハウを現地に適用し、調整を重ねているところです。顧客のニーズは地域によって全く異なりますからね。日本人のコミュニティが近くにあれば、転勤時期などに応じて集中してモノが動きます。今後はより現地に溶け込み、地域に即した店舗に仕上げることが目標です。店舗のマネジメントも、現時点では日本人に任せていますが、いずれタイ人のスタッフにも関わってもらいたいと考えています。


ページの先頭へ