名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

三遊亭歌る多の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三遊亭歌る多のプロフィール

三遊亭歌る多、さんゆうてい・かるた。女性落語家。東京都出身。國學院大学経済学部中退後、三代目三遊亭圓歌に弟子入り。女性初の真打ち昇進。落語協会理事を務めた。

三遊亭歌る多の名言 一覧

芸には人間性がそのまま出る。だから、落語の技術を覚えるより先に、人間としての修業は欠かせない。私は「目配り」「気配り」「先回り」の3つの「り」を大事にしています。


圓歌師匠から学んだことは、気を遣うということ。それも気を遣っていることが分かるのでは気を遣っていることにならないということ。


この業界でよく言われる言葉ですが「芸人に上手も下手もなかりけり。行く先々の水に合わねば」とあります。つまり相手が何をどれだけ求めているかを瞬時に察知できることのほうが、芸がうまくなることよりも大事なのです。


最初は師匠のお世話をするために、この世界に入ってきたわけではないと思うかもしれません。でも、そのお世話は自分自身の修行なんです。師匠に気配りできることが、やがて高座で話すようになったときに、お客様の求めるものを敏感に察知できることにつながります。


先日、お子さん連れの噺家との会食で、お子さんがタラコを食べたいというので、弟子に買い物を頼んだんです。ところが、買ってきたのはカチンコチンの冷凍タラコ。お子さんがすぐに食べるところまで気が回っていない。結局、お子さんは凍ったタラコで食事をするかわいそうはハメになりました。でも、私はその場でガガッとは怒りません。後日、私の自宅の食事会で、弟子に冷や飯と凍ったタラコを出しました。そこでやっと「すみませんでした」と反省です(笑)。


三遊亭歌る多の経歴・略歴

三遊亭歌る多、さんゆうてい・かるた。女性落語家。東京都出身。國學院大学経済学部中退後、三代目三遊亭圓歌に弟子入り。女性初の真打ち昇進。落語協会理事を務めた。

他の記事も読んでみる

柳井正

チャンスというのは、そのチャンスを本当に生かそうと思わないと、生きないと思うんですよね。生かそうと思ったら、具体的に考えて、具体的に行動して、生きる方向に持って行かなきゃいけないでしょう。自分としてこうありたいとか、自分の会社をこうしたいという、最高水準の夢というか、理想というか、そういったものは追求してもらいたいなと思うんですね。だから、希望だけは高く持ってもらいたいな、と思いますね。


松尾昭仁

上司が忙しそうにしているときや、重要な会議に臨む前などピリピリしているときに相談を投げかけてはいけません。普段ならYESの案件でもNOになってしまう。


成毛眞

大事なのはコストをかけずにやるということです。できることなら、何かにかこつけたりして、工夫してダダでやる。できることなら、他の会社にやってもらうのがいいでしょう。


大西賢

「我々は量を売るのではなく、質でお客様から支持を得られるエアラインを目指そう。JALのサービスってやっぱりすごいねと言っていただける存在を目指していこう」と、常に社員に言っています。


白井清司

今、当社には245のグループ企業がありますが、事業の構造改革や再編は常に考えています。また産業、ケミカル、医療、生活・エネルギー、農業・食品、物流という6つのカンパニーが向かうべき方向を見極めることも必要であると思っています。多様な「事業」と「人」を束ねて、総合力を発揮できるようにするのが私の役目だと考えています。


伊藤隆行

私は全員に好かれようと思っていません。一緒に働くスタッフは仲間だとは思っているけれど、人間だから好き嫌いや相性がある。相手も私に対していろいろな感情を持っているでしょう。


ピーター・ドラッカー

計画は紙の上で消える。よき意図の表明に終わる。実行されることは稀である。


中山讓治(中山譲治)

現代はものすごく環境の変化が早い時代です。昔のように変化のスピードの緩やかな時代だったら、ナンバーツー以下にいても、ナンバーワンの真似をしていればある程度上手くいきました。しかし、これだけ変化が速い時代になると、ナンバーワンの真似をしても上手くいかないのです。


小山薫堂

新規案件に取り組むか否かを決めるときは、「その仕事は新しいか」「その仕事は楽しいか」「その仕事は誰を幸せにするのか」自問します。


井上明義

創業して、まずは個人住宅の鑑定料を「定額」にしました。定額という試みは、当時の鑑定業界の常識を打ち破るものだったと思います。かなりの反響がありました。ただ、しばらくすると金融機関から「もっと安くできないか」と要望が寄せられました。話を聞くと、融資対象の物件によっては、価格の変動だけを知りたいとか、以前に評価した更地に建物が建ったかを知りたいとか、必ずしも鑑定評価でなくてもいい情報が求められていることも多い。そこで、不動産鑑定ではなく、地元不動産会社へのヒアリングを含む現地調査や、登記簿調査などによる簡易な「調査」をすぐに商品化してニーズに応えたのです。


川村隆

取締役会の強化は、事業面でも緊張感を生みます。社外取締役からは、「何でこんな低い利益率で喜んでいるのか」「アフリカ市場を開拓するための準備はできているのか」など、社内の人からは飛んでこないような厳しい質問が出て議論が盛り上がります。


池田新介

すべては選択の問題。「苦」を後回しにして、「楽」を先に取るという選択の失敗が身を滅ぼす。