名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三遊亭圓歌(三代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三遊亭圓歌(三代目)のプロフィール

三遊亭圓歌(三代目)、さんゆうてい・えんか。落語家。東京都出身。岩倉鉄道学校(のちの岩倉高等学校)卒業後、運輸通信省東京鉄道局に入局。終戦後、二代目圓歌に入門。落語協会会長・最高顧問を務めた。

三遊亭圓歌(三代目)の名言 一覧

僕はお釈迦さまの言葉で「人を見るな、自分を見ろ」という言葉が好きなんです。人は誰でも見られるんです。例えば、夫婦喧嘩をして離婚をしますわな。そうすると、相手の悪いところしか分かんないわけです。自分も何か悪いことをしているのに、そのことを自分で考えないでね。人を見てもダメなんだ、自分を見ろということを自分に言い聞かせているんです。


三遊亭圓歌(三代目)の経歴・略歴

三遊亭圓歌(三代目)、さんゆうてい・えんか。落語家。東京都出身。岩倉鉄道学校(のちの岩倉高等学校)卒業後、運輸通信省東京鉄道局に入局。終戦後、二代目圓歌に入門。落語協会会長・最高顧問を務めた。

他の記事も読んでみる

大塚陸毅

民になるということはすべてが自己責任になるということです。旧国鉄時代のように親方日の丸は許されないわけで、完全民営化と引き換えに重い責任が課せられたわけです。当然、一つ一つのビジネスにしろプロジェクトにしろオウン・リスク(自分のリスク)で進めなければいけない。リスクをどうとるか、失敗を恐れないでチャレンジする意識をどう身につけるか、それとともに収益を上げられる仕組みをつくらなければいけないわけです。


高野佐三郎

剣の道は深い、精神を統一せぬ限り勝負は負ける。中段に構えたら、じっと相手の身体全体を見つめて、間合いを測る。心を集中させていくと相手の心の中が読める。跳びこむときは、自分が切られることを恐れてはいけない。たとえ皮を切らせても、相手の肉を切ればこちらが勝ちだ。その一瞬の皮膜のあいだに勝負を賭けよ。


村田恒夫

創業者である父はやはりカリスマ性のある人物でしたが、私はそういうタイプではありません。能力のある人材が働きがいのある会社にすることこそが私自身の務めだと思っています。


伊藤雅俊(味の素)

どの産業分野でも世界で勝負するには、海外の競合にはない日本独自の普遍性で勝負していくしかない。


有馬利男

社員が仕事に「おもしろい」と意義を見出してエキサイトし、一生懸命打込める。そのモチベーションがとても大切だと思っています。


平子裕志

東京五輪の直前である19年、20年に成田空港と羽田空港の発着枠が広がる可能性があります。その千載一遇のチャンスにしっかり対応できるような会社にしなければなりません。それまでの2年間で、一度身をかがめて足元を固め、再度ジャンプ。できるような体制にしていきます。


桐島ローランド

もう不安でたまりませんよ。なので、常に次のステップへ勉強しています。


新井直之(執事)

目の前のお金に執着すると、より大きな儲けのチャンスを逃し、人が離れ、資産も失ってしまう。


ジェームズ・ダイソン

It’s my principle.(それが私の原理原則だ。)
【覚書き|ダイソン氏がライセンス提供の交渉の場でよく口にした言葉。製品へのこだわりに一切の妥協をしないダイソン氏の性格がよく表れていると言われている言葉】


江村林香

今日決めたら明日できるのがベンチャーのいいところなんです。それにいまの世の中、半年も検討してたら状況が変わっちゃいます。だから、とにかくすぐやって、それで評判が悪ければやめればいい。ブランドやプライドなんて、ベンチャーには関係ないですから。


伊藤正文(経営者)

言葉が適切かどうかわかりませんが、「アマノジャク戦略」ということに尽きます。たしかに海外に生産を委託して国内で安く製品を売るのも、ひとつのビジネスモデルの成功例です。しかし当社では、しっかりした技術や素材に裏打ちされた最高の製品をお客様に届けていくことが、私たちの使命だと考えています。そこで当社では、日本国内におけるモノづくりを大切にしています。


山田昇(ヤマダ電機)

頭だけで考えるのは駄目です。答えは現場にいって確認しないと。