名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三遊亭圓歌(三代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三遊亭圓歌(三代目)のプロフィール

三遊亭圓歌(三代目)、さんゆうてい・えんか。落語家。東京都出身。岩倉鉄道学校(のちの岩倉高等学校)卒業後、運輸通信省東京鉄道局に入局。終戦後、二代目圓歌に入門。落語協会会長・最高顧問を務めた。

三遊亭圓歌(三代目)の名言 一覧

僕はお釈迦さまの言葉で「人を見るな、自分を見ろ」という言葉が好きなんです。人は誰でも見られるんです。例えば、夫婦喧嘩をして離婚をしますわな。そうすると、相手の悪いところしか分かんないわけです。自分も何か悪いことをしているのに、そのことを自分で考えないでね。人を見てもダメなんだ、自分を見ろということを自分に言い聞かせているんです。


三遊亭圓歌(三代目)の経歴・略歴

三遊亭圓歌(三代目)、さんゆうてい・えんか。落語家。東京都出身。岩倉鉄道学校(のちの岩倉高等学校)卒業後、運輸通信省東京鉄道局に入局。終戦後、二代目圓歌に入門。落語協会会長・最高顧問を務めた。

他の記事も読んでみる

吉田敬(お笑い芸人)

人はシュートを打って外して、シーンとなるのが一番怖いんです。だから、僕が外したら、リバウンドだけは頼むわっていうのは(相方に)言うてます。でも、仮に小杉がリバウンドを捕ろうとしてうまくいかなかっても、一人じゃないと思えるから次も打てる。売れた秘訣があるとしたら、そういうとこなんやと思います。


神田昌典

いまでは多くの企業が受付担当者の人員を減らし、Eメール対応での比重を高めています。Eメールに蓄積されていった顧客からのクレーム情報は、視点を変えれば宝の山です。「この商品のここが気に入らない」とか、「もっとこんなサービスが欲しい」といった顧客の本音が溢れているわけですから。そこで顧客からのクレーム情報を、マーケティング部や営業部門が蓄積してきたデータと効率的に組み合わせれば、商品開発戦略に結びつけることができます。


近藤史朗

イノベーションは「技術革新」と訳されることが多いですが、単に技術革新とすると範囲が狭くなってしまうように感じます。「新しい顧客価値をつくりだす」と考えた方が、より理解しやすいのではないでしょうか。そう定義すると、技術がいくら優れていても顧客価値を生まないものはイノベーションとは言えないのです。


瀬戸健

顧客は、企業の商品に何を期待しているのか。そこを明確にしないと結局間違えてしまう。


ショーンK

話し下手の人の方が商談向きかもしれません。自分の話はせず、興味深く相手の話に耳を傾ける。適切な質問を挟み、話を途切れさせることなく、ひたすら聞き続ければいい。その結果、本音を引き出すこともできるでしょう。


金子慎

最優先の課題は一貫して、事故を起こさず、安全を確保することだ。


越智啓太

最近、日本の犯罪の世界では高齢者の凶悪化が大問題になっています。とくに、会社を退職した直後の人は危険です。突然、人間的なつながりを喪失し、暇な時間がいきなりできるので、引き留める要因が急に少なくなってしまうのです。


川口直昭

近年は業態転換をする企業が多いと聞きますが、私たちは自分たちの歩むべき道をしっかり見据えて進んでいきます。「この会社は何のために存在しているのか?」「この仕事にはどんな社会的意義があるのか?」。そして、「何のためにこれからの自分の時間を使うのか?」人々の生活を守り、命を守るというミッションを胸に、一生をかけてやり続けていく覚悟です。


中鉢良治

ひとつの話題から連想を広げ、リンク先を探していくと、情報がどんどん連結していきます。知識とは、情報をつなげていく連結点のことです。つまり学びとは、情報をつなげていく行為だと僕はとらえています。そうしていかに情報やアイデアを拡張していけるか、これは、ビジネスマンにとっては必須能力なのではないでしょうか。


和田浩子

自分の考えを押しつけようとする主観に満ちた姿勢では、相手の共感を得られないし、納得させることはできません。コミュニケーション力とはいわば、人を動かす力。情報を一方的に発信するのではなく、相手の気持ちに変化を起こし、何らかのアクションを引き出すことが求められます。


和田秀樹

あなたにとっては仕事ができない、能力がない上司でも、彼がその立場にいるのには何らかの理由がある。「上司には学ぶべき点がなにかある」という心構えを持ちましょう。一般的には、自分よりも上の地位にいる上司はその会社における「出世のスキル」を身につけているか、その「会社のニーズ」に合っている人間です。企業がギリギリの経営を強いられる中、リストラ対象にならず、自分のポジションを築いている上司。間違いなく彼は、その会社内でのそこそこの成功者であり、勝ち組と言えます。


津田陽一

辛い「壁」の時期があったからこそ、新しい気づきと変化があった。