名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三輪豊明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三輪豊明のプロフィール

三輪豊明、みわ・とよあき。日本の経営者。国際資格専門校「アビタス」社長。東京都出身。東北大学経済学部卒業後、大和証券、ユニデンなどを経てUSCPA(米国公認会計士)を取得。U.S.エデュケーション・ネットワーク(のちのアビタス)を設立。

三輪豊明の名言 一覧

時代の変化に適応しながら、よりよい学習のあり方を追求することに常にワクワクと挑戦できるのは、私が惚れ込んだことを仕事にしたからにほかならないと思います。


1年の留学期間はあっと言う間で、私は米国公認会計士の資格を取得する前にあえなく帰国。その後、証券会社とメーカーに勤めましたが、その間もなんとなく「あんなに面白かった会計の勉強をやりきれていない」と後ろ髪を引かれる思いがありました。最後に勤めたメーカーでは、世界各地に駐在し楽しく働いていましたが、海外の工場統括で大きなミスが起き、責任を感じて自ら退職。私は30歳過ぎで無職になりました。さてどうするかというとき、頭に浮かんだのが、ずっと気になっていた会計の勉強だったのです。


私がアメリカ留学で出会ったものは「面白い勉強」。科目は会計でした。日本の会計の講義では、借方・貸方、仕訳の方法から始まり、決算書の作り方を教えます。しかし私は、決算書を作成する仕事に就く予定はありませんでしたから、これも「つまらないなあ」と思っていたのです。ところがアメリカの会計の講義では、まずバランスシートの読み方を教えます。貸借対照表を作るより、読む需要のほうが多いのは当然です。このようにユーザー目線で構成されたステップを踏むことで、着実に理解が深まっていきます。だから、わかりやすいだけでなく、面白いのです。


恥ずかしい話ですが、若い頃、勉強が面白くなくて大学入学時には21歳になっていました。英語以外の科目が自分の人生にどう役立つのかイメージできず、魅力を感じることができなかったのです。しかし、こんなに遅れてしまっていては、もう国内で頑張るだけでは同級生に追いつけっこないと思い、一念発起してアメリカへ留学。たった1年の留学でしたが、人生の転機になりました。


三輪豊明の経歴・略歴

三輪豊明、みわ・とよあき。日本の経営者。国際資格専門校「アビタス」社長。東京都出身。東北大学経済学部卒業後、大和証券、ユニデンなどを経てUSCPA(米国公認会計士)を取得。U.S.エデュケーション・ネットワーク(のちのアビタス)を設立。

他の記事も読んでみる

村上憲郎

コンピュータ・サイエンスの世界は日進月歩で、最先端のことは若い人でないとわかりません。グーグルには、コンピュータ・サイエンスの分野で、大学で教鞭を執れるほどの実力を持った優秀な若者がずらりと揃っています。彼らの力を最大限に発揮できるようにすることが、経営陣の役目。


二宮清純

自分で判断し、自分で行動し、自分で責任をとる。それがプロの掟なのである。上司の顔色をうかがう前に自らの目の光を確認すべきだ。死んだイワシのような目をしている男に仕事のできる者はいない。


テリー伊藤

話が通じないほど怒っている相手にはまず鎮火のためにリズムを変えること。聞く耳を持っている人には、共感性を大切にして自分の言葉で語りかけていくこと。この2段階の対処法を駆使すれば、クレームはお客さんとのコミュニケーションの入口に変わっていくはずですよ。その上で、自分たちの企業理念なりを伝えていけばいいんです。


ロバート・キヨサキ

闘いを恐れることのほうが、実際の闘いよりもはるかに良くないことだ。闘いを恐れる心は、実際の闘いよりもはるかに悪い影響を及ぼす。


鈴木喬(経営者)

僕は昔から「俺が世界一だ」という根拠なき確信を持っていた。それがいつも自分の強みになっていたように思います。実際は単なる思い込みなんです。でも、ビジネスで結果を出すには、この思い込みが大事。


徳重徹

若い人は、手紙はハードルが高いと敬遠しがちだが、大事なのは形ではなくあくまで中身。私のところにもときどき、拙著を読んだ若い人から会いたいという手紙が届くが、その理由がきちんと書いてあり、さらに文面から真剣さが伝わってくれば、じゃあ食事でもしようかという気持ちになる。


佐藤可士和

僕はまず前提を疑います。仕事でも何でも、何か考え始める時には必ず前提がありますが、自分が今、立っている前提が正しいのかどうかを検証するんです。この検証をしないまま、アイデアだけを求めて走り始めると、決して良い結果は出ない。


小林喜光

すべてにおいて「いかに持続可能であるか」ということに尽きると思います。人間が未来永劫、快適な生活を送るためには、持続可能性が求められます。また、我々の企業活動そのものも、持続可能性がなければ続かない。人間も企業も「持続可能」というテーマに即した活動をすることで、最適化した社会は実現できると考えます。


小泉進次郎

僕は、政治家と団体の関係というのは「農家のみなさんに喜んでいただけるなら、団体に嫌われてもいい」ということに尽きます。「団体は喜ぶけど、農家の人は喜ばない」ようなことをやってはいけない。それは、業界団体との関係全般にも言えることではないでしょうか。とてもシンプルな考え方です。


宇佐美進典

ボヤージュグループは、常に社内で新しい事業を作り出す組織であり、社内に起業家が多くいる状況を作りながら、企業として活性化させていこうという狙いを持っています。


野口敏(経営者)

この分野しかできませんでは、顧客の満足は実現できません。検査・承認はサービス産業であるという認識を、より明確に持つようになりました。お客様を取り囲むあらゆるリスク、具体的には「QHSE-SA(品質・健康・安全・環境・社会説明責任)」のすべてに関わるリスクを提言することが、当社のサービスであり、存在意義です。


森田正光

ウェザーマップの経営については地道に進めてきた面もあります。経営を傾かせる訳にはいきませんから。例えば人を採用する時、急に増やすのではなく、天気解説に加えて、裏方でも活躍できそうな人を見極めて採用したりしていました。