名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三輪豊明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三輪豊明のプロフィール

三輪豊明、みわ・とよあき。日本の経営者。国際資格専門校「アビタス」社長。東京都出身。東北大学経済学部卒業後、大和証券、ユニデンなどを経てUSCPA(米国公認会計士)を取得。U.S.エデュケーション・ネットワーク(のちのアビタス)を設立。

三輪豊明の名言 一覧

時代の変化に適応しながら、よりよい学習のあり方を追求することに常にワクワクと挑戦できるのは、私が惚れ込んだことを仕事にしたからにほかならないと思います。


1年の留学期間はあっと言う間で、私は米国公認会計士の資格を取得する前にあえなく帰国。その後、証券会社とメーカーに勤めましたが、その間もなんとなく「あんなに面白かった会計の勉強をやりきれていない」と後ろ髪を引かれる思いがありました。最後に勤めたメーカーでは、世界各地に駐在し楽しく働いていましたが、海外の工場統括で大きなミスが起き、責任を感じて自ら退職。私は30歳過ぎで無職になりました。さてどうするかというとき、頭に浮かんだのが、ずっと気になっていた会計の勉強だったのです。


私がアメリカ留学で出会ったものは「面白い勉強」。科目は会計でした。日本の会計の講義では、借方・貸方、仕訳の方法から始まり、決算書の作り方を教えます。しかし私は、決算書を作成する仕事に就く予定はありませんでしたから、これも「つまらないなあ」と思っていたのです。ところがアメリカの会計の講義では、まずバランスシートの読み方を教えます。貸借対照表を作るより、読む需要のほうが多いのは当然です。このようにユーザー目線で構成されたステップを踏むことで、着実に理解が深まっていきます。だから、わかりやすいだけでなく、面白いのです。


恥ずかしい話ですが、若い頃、勉強が面白くなくて大学入学時には21歳になっていました。英語以外の科目が自分の人生にどう役立つのかイメージできず、魅力を感じることができなかったのです。しかし、こんなに遅れてしまっていては、もう国内で頑張るだけでは同級生に追いつけっこないと思い、一念発起してアメリカへ留学。たった1年の留学でしたが、人生の転機になりました。


三輪豊明の経歴・略歴

三輪豊明、みわ・とよあき。日本の経営者。国際資格専門校「アビタス」社長。東京都出身。東北大学経済学部卒業後、大和証券、ユニデンなどを経てUSCPA(米国公認会計士)を取得。U.S.エデュケーション・ネットワーク(のちのアビタス)を設立。

他の記事も読んでみる

竹田陽一

会計の仕事からは一円の粗利益も生まれませんから、社歴10年未満の会社はもちろん、年商3億円以下の会社は経費全体に占める会計業務の経費を思い切って低く抑えるようにしてください。具体的には貸借対照表の科目と、損益計算書の科目で似たものは一つにまとめ、科目の行数を少なくすることです。行数の減少は経理作業のコストダウンにもつながりますから、年商一億円以下の会社にはお勧めです。


今田洋輔

そりゃあ、これまでに比べたら厳しいですよ。リーマンショックからこっち、金融業のお客様なんかはサーっと綺麗に来なくなっちゃいましたね。ただね、私も長いこと経営やってますけど、こういう波は必ずやって来ますから。そのために体力を温存しておくわけです。


藤田田

人生は希望を6割達成できればまあまあいい。7割いけば上出来である。8割できれば感謝すべきなのである。


牛尾治朗

企業の自立と同時に、個人も自立が求められているわけですが、自立には専門的な能力と主役になれる実力を備える必要があります。とはいっても、日本の十人のうち八人は皆と仲良く助け合いながら生活したいと考えているのではないかと思います。少しきつい言葉でいえば、もたれあいながら生きていきたいと。そういう人たちも含めて、今後どうやって人を幸せにしていくか。これは大きな問題だと思います。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

新たに学ぶことや、自分のやり方を改めることを拒む「頑固な人」は、愚かな人です。愚かなまま歳を重ねても、尊敬もされなければ支持も得られないでしょう。


山本寛(経営学者)

多くの会社では、社員の異動希望などを確認する機会を設けているかと思いますが、そこで出てきた異動希望をなるべく実現してあげることも大切です。とくに毎年同じ部署に異動希望を出している社員がいるとしたら、自発的に新しいことをしたいと思う社員の気持ちをなるべく早く実現させてあげることが、社員のモチベーション持続には大きな効果があるでしょう。


泉谷直木

世の中は様々な情報に満ちています。玉石混交の中から、有用な情報を見つけて整理し、ビジネスに役立てるにはどうすればいいのか。それは、努力と経験によってビジネスの勘を磨いていく方法しかありません。


石川忠彦(経営者)

日本の基幹産業である自動車業界向けにティア1、ティア2の立場でお取引ができる上に、電機業界など有力企業との親密な関係を築けているのが強みです。ポーランドでは、フォルクスワーゲンのティア1企業と合弁会社を設立し、ここを起点に東欧の日系企業との取引が始まりました。


前澤友作

会社を大きくしようというような野心はあまりないのです。ただ、僕らの会社がメジャーになることによって世界がいい方向に変わるなら、大きくなることを躊躇する理由はありません。その場合も、基本はあくまで自然体です。そんな僕らを見て、自然体の会社が増えれば、世の中は絶対に良くなります。


山口陽(経営者)

先代社長の山﨑治平が「フローとストックの両輪経営」を打ち出しました。安定的な収益基盤を構築する中で、「ストック」分野であるマンションの管理や修繕工事をはじめ、今では仲介やリフォームといった部門でも、安定的な収益を確保できるようになりました。現在はフローとストックの売上高がだいたい50対50というバランスになりました。


平野岳史

すでに会社を辞めてから一カ月近く経っていましたから、このまま悶々と考えているより行動だと思ったんです。よく考えたら、自分はアルバイト以外では営業しかやったことがなくて、まだ本当の意味で社会を知らない。だから、とにかく働こうと。でも、もう一度会社に勤めるのは悔しい。それで、四つ掛け持ちでアルバイトを始めたんです。


松下信武

カウンセリングの領域では「クライアントは重要な問題を隠していて、表面的には別の問題を持ってくることが多い」と言われています。顧客へのインタビューでは、本当の課題を隠すというよりは、潜在的な問題に気づいていてもそれを意識化できていないことが多い。そのため、カウンセリングをもとにしたインタビュー技法が有効になります。