名言DB

9413 人 / 110706 名言

三輪豊明の名言

twitter Facebook はてブ

三輪豊明のプロフィール

三輪豊明、みわ・とよあき。日本の経営者。国際資格専門校「アビタス」社長。東京都出身。東北大学経済学部卒業後、大和証券、ユニデンなどを経てUSCPA(米国公認会計士)を取得。U.S.エデュケーション・ネットワーク(のちのアビタス)を設立。

三輪豊明の名言 一覧

時代の変化に適応しながら、よりよい学習のあり方を追求することに常にワクワクと挑戦できるのは、私が惚れ込んだことを仕事にしたからにほかならないと思います。


1年の留学期間はあっと言う間で、私は米国公認会計士の資格を取得する前にあえなく帰国。その後、証券会社とメーカーに勤めましたが、その間もなんとなく「あんなに面白かった会計の勉強をやりきれていない」と後ろ髪を引かれる思いがありました。最後に勤めたメーカーでは、世界各地に駐在し楽しく働いていましたが、海外の工場統括で大きなミスが起き、責任を感じて自ら退職。私は30歳過ぎで無職になりました。さてどうするかというとき、頭に浮かんだのが、ずっと気になっていた会計の勉強だったのです。


私がアメリカ留学で出会ったものは「面白い勉強」。科目は会計でした。日本の会計の講義では、借方・貸方、仕訳の方法から始まり、決算書の作り方を教えます。しかし私は、決算書を作成する仕事に就く予定はありませんでしたから、これも「つまらないなあ」と思っていたのです。ところがアメリカの会計の講義では、まずバランスシートの読み方を教えます。貸借対照表を作るより、読む需要のほうが多いのは当然です。このようにユーザー目線で構成されたステップを踏むことで、着実に理解が深まっていきます。だから、わかりやすいだけでなく、面白いのです。


恥ずかしい話ですが、若い頃、勉強が面白くなくて大学入学時には21歳になっていました。英語以外の科目が自分の人生にどう役立つのかイメージできず、魅力を感じることができなかったのです。しかし、こんなに遅れてしまっていては、もう国内で頑張るだけでは同級生に追いつけっこないと思い、一念発起してアメリカへ留学。たった1年の留学でしたが、人生の転機になりました。


三輪豊明の経歴・略歴

三輪豊明、みわ・とよあき。日本の経営者。国際資格専門校「アビタス」社長。東京都出身。東北大学経済学部卒業後、大和証券、ユニデンなどを経てUSCPA(米国公認会計士)を取得。U.S.エデュケーション・ネットワーク(のちのアビタス)を設立。

他の記事も読んでみる

杉山彰泰

相手に断られるのは、「招かれざる客」だから。ならば「歓迎される客」になろうと切り替えました。売りたい気持ちを抑えて、相手が喜ぶことを優先する。そして相手との距離が縮まったところで本題へ。するとすんなりOKになります。


有馬利男

社員が仕事に「おもしろい」と意義を見出してエキサイトし、一生懸命打込める。そのモチベーションがとても大切だと思っています。


遠山正道

個人的な必然性がなければ、苦しい時に踏ん張れません。私の場合は「サラリーマンでは終わらず、社長になってみたかった」でした。


山本梁介

ビジネスマンのホテル滞在時間は10時間ほどです。その7、8割はベッド及びその周辺で過ごされます。私たちはここを徹底的に高級化しました。


瀧本哲史

多くの人は、仕事でも人づき合いでも、あれこれつまみ食いして、薄く広く時間を投資したまま終わってしまう。ここがいけると思ったらドーンと張らないと勝てない。


北村倫夫

これまでの自治体による企業誘致は、工場や研究所やオフィスといった事業所・施設を誘致してきた。施設ありき、事業所ありきの誘致ではなく、これから取り組むべきはビジネスを誘致するという考え方。現時点での自治体の企業誘致活動はこうしたあるべき姿からはやや遠い。反面、だからこそ、そこを突き抜けられればそれだけで注目される。


伊藤彰(コンサルタント)

フィードバックの原則は「褒める・叱る・褒める」である。次に解決すべき課題を示す的確なレビュー(評価)こそ新人を伸ばす一番の糧となる。レビューについては、帰りの電車の中など、移動時間や空き時間を有効活用し、日々のコミュニケーションの中で行えばいい。


出口治明

仕事に行き詰まったり、壁にぶち当たったときは、早く帰ればいいんです。それで、好きなものを食べて、風呂には行って、ぐっすり眠った後に、もう一回考えればいい。頭と体を切り替えなければ、いいアイデアも出ませんよ。仕事の質が低くなる。


岡倉天心

どんな木も、もともとその種に含まれた力以上に大きくなることはできない。生きるということは常に自分自身に立ち戻るということなのだ。


コシノジュンコ

「好きこそ物の上手なれ」と言うように、なにより「好き」が大事。その「好き」を突き詰めていくと、やがてオリジナルになっていく。得意なことを続けていくと、それが専門になる。


水野和敏

名古屋での営業の出向から戻ってきた1978年には「セドリック」を設計した。ターボ搭載の六気筒エンジンは国内でははじめてで、それまで定型だった円形のランプも変えたから当時は画期的だったんだ。この車についてはエンジンルームもフロアパッケージも計画図も、すべて俺ひとりで、だいたい一週間で描いたものなんだよ。普通は何人かが何週間かかけてやる仕事だから、あの頃の俺は人の10倍や20倍は働いたんじゃないかな。


齋藤孝(教育学者)

トラブルについて上司に報告する時は、まずできるだけ簡潔に、結論だけスパッと報告するのが正しい。前フリも、細かい経緯の説明も不要。せいぜい10秒以内で言い切ると肝に銘じよう。トラブルやミスを起こした当事者なのに他人事のように聞こえる恐れがある場合には、最後に「すみません」と添えることも忘れずに。そこから先は、上司に聞かれたことに答えていく形でいい。


匠英一

実際にお客さんに商品作りに参加してもらうのも、販売につながる手法。お菓子作りや、工芸品作りの体験は観光地に多く、たとえは箱根では自分が作ったガラス細工を買って持ち帰れる店があります。じつは、最初から職人が作ったものを店頭に並べておくよりも、自分が実際に作ったモノのほうに付加価値を高く感じるものなんです。それを心理学的には「自己関与性」と呼びます。商品作りの体験は、人は自分が関与したことには興味を示すという特性をうまく利用していると言えます。


ジャック・マー(馬雲)

アリババにも明確なゴールがあります。それは102年間継続するということ。創業の1999年は前世紀。現在の世紀で100年継続し、また次の世紀へと3つの世紀をまたいで生き残りたいのです。ですから私達は今でも“成功”という言葉は一切使いません。102年を経てやっと成功と言えるからです。


永瀬昭幸

具体的な職種まで決め込まなくても、海外で働きたい、人の役に立ちたい、ものづくりをしたい、といった夢の方向はあったほうがいい。それが学びのモチベーションになる。