名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三谷樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三谷樹のプロフィール

三谷樹、みたに・いつき。日本のビジネストレーナー。埼玉県出身。早稲田大学卒業後、製造メーカーに勤務し営業・開発を経験。その後、複数のビジネス専門学校の講師を務める。主な著書に『頭のいい人がしている究極の手帳術』など。

三谷樹の名言 一覧

手帳にシールの使用は女子高生のようだが、色別シールでスケジューリングすれば、わかりやすくて手間が少ない。


手帳の面積は小さい。予定が変わったら消して書き直したほうがいい。消すことができるシャープペンシルがお勧めだ。安物でいい。ぶっといペンなど邪魔なだけである。


極端な話、スケジュールの管理だけであれば手帳を使う必要は薄い。携帯電話でもできるし、効率もいいからだ。それに、荷物だって減らせる。手帳の特徴は、メモ書きにある。思いついたアイデアや忘れてはいけない用件を手早く記録するために、手帳を持つのである。そのためにはメモを走り書きできるかどうかは重要である。


手帳の月間予定表には、一般的なカレンダーのようなブロックタイプと、日にちがタテかヨコにずらっと並んだ予定表タイプがある。カレンダーとしての見やすさには大差はないが、使う人間の意識に与える影響が違う。ブロックタイプは一週間というタイムスケールを意識しやすいので、仕事のサイクルが週単位で進む人に向いている。週ごとに折り返すレイアウトは、意識も切り替えやすい。


システム手帳はバイブルサイズが最も一般的だ。システム手帳のいいところは、リフィルを取り換えることで自分の好みの構造にできることだが、リフィルを足せばいいという意識によって、非常に厚ぼったくなる傾向がある。手帳の重要な機能として携帯性は外せない。持ち歩くことがおっくうになるほど分厚くなるくらいなら、年々ノートタイプを買い替える方が賢い。


手帳のサイズ選びは単純だ。外勤などで持ち歩くことが多ければ、小さいに越したことはない。しかし、書いて読むのが手帳の使い方なので、ある程度の大きさがないと使いにくい。内勤にせよ外勤にせよ、文庫サイズ、新書サイズが最小と考えたい。


手帳を使うことで、快適な生活ができたら、結果は後からついてくる。なにも目を三角にして頑張る必要はない。


三谷樹の経歴・略歴

三谷樹、みたに・いつき。日本のビジネストレーナー。埼玉県出身。早稲田大学卒業後、製造メーカーに勤務し営業・開発を経験。その後、複数のビジネス専門学校の講師を務める。主な著書に『頭のいい人がしている究極の手帳術』など。

他の記事も読んでみる

中山讓治(中山譲治)

医薬品の難しいところは、公共性の高さ。製薬会社は、リタ-ンばかり考えずに、利益の出にくい分野の医薬品開発にも乗り出す社会的使命があります。その代表的な例が、子供用のワクチン。採算がとりにくいのですが、子供たちを守るためには踏み出さなければいけない分野だと思うのです。ただ、それを言い訳に、赤字を出すことは許されない。従業員に十分な給料を払い、株主が期待する収益を上げることも必要です。ですから、何に投資するかを決断するのは非常に難しいですね。


坂尾晃司

上司の状況を考慮せずに話す提案やアイデアは、それがどんなに優れていても通りづらいもの。


古森重隆

当社は業績が苦しい時期にも、毎年のように研究開発費におよそ2000億円を投じてきました。研究開発費をぐっと減らせば、利益なんて3~4%はすぐに増えます。その誘惑には駆られますが、やるつもりはありません。


古森重隆

日々使命感を持って仕事をしている人は、失敗からも成功からも、自分の成長に役立つ数多くの教訓を学び取ることができる。日常のあらゆることから、自分が仕事を通じて学び取るべきことが、自然に頭の中に入ってくるのだ。


本田宗一郎

いまが不景気だといったって、高度成長の消費が最高に伸びた時代のイメージを早く取り除いて、新しいスタートだと考えればいいんで、その意味でもとくに若い人の活躍に僕は期待したい。


細田収

いかなるときも常に「聞く姿勢」を最優先させることこそ、信頼関係構築のポイントです。


出口汪

やみくもに覚える「詰め込み型暗記」は効率の悪い方法。とくにビジネスマンの場合、学生の試験勉強と違い、記憶したことをアウトプットし、パフォーマンスにつなげなくてはならない立場でしょう。そのとき、膨大な暗記で脳内が情報過多になっていては、適切に情報を取り出せません。


豊田圭一

「よし、頑張ろう!」と思い続けるには、よい刺激も必要です。とくに20代のビジネスパーソンは、10歳くらい上のロールモデル(お手本)を持つことが大切です。なぜ10歳くらい上なのかといえば、2~3歳上では自分に近く、学べることがあまりないし、20~30歳上では、育ってきたビジネス環境が違いすぎるからです。


生田正治

新入社員には「失敗しろ」といっています。ただし、同じミスを二度繰り返しているようではプロになれません。「ミスは恐れるな。ただし隠すな、繰り返すな」これがポイントです。


茂木友三郎

一番売れ筋の商品を自分たちで作っていかなければいけない。そうしなければ下請け会社になってしまう。


安藤忠雄

本来、人間というものは、信頼関係がなければものごとを進めることができないものです。利害のみにとらわれることなく、平常心で子供心をぶつけ合うからこそ、信頼関係ができるのです。


小池百合子

ちょっと切り口を変えるだけで、スポットライトは当たる。ごく当たり前のことを推進する政策なのに、実行されていない。私はそうした政策に、少しアングルを変えてスポットライトを当てることで、息を吹き返させる。そんな作業をずっとやってきました。