名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三谷樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三谷樹のプロフィール

三谷樹、みたに・いつき。日本のビジネストレーナー。埼玉県出身。早稲田大学卒業後、製造メーカーに勤務し営業・開発を経験。その後、複数のビジネス専門学校の講師を務める。主な著書に『頭のいい人がしている究極の手帳術』など。

三谷樹の名言 一覧

手帳にシールの使用は女子高生のようだが、色別シールでスケジューリングすれば、わかりやすくて手間が少ない。


手帳の面積は小さい。予定が変わったら消して書き直したほうがいい。消すことができるシャープペンシルがお勧めだ。安物でいい。ぶっといペンなど邪魔なだけである。


極端な話、スケジュールの管理だけであれば手帳を使う必要は薄い。携帯電話でもできるし、効率もいいからだ。それに、荷物だって減らせる。手帳の特徴は、メモ書きにある。思いついたアイデアや忘れてはいけない用件を手早く記録するために、手帳を持つのである。そのためにはメモを走り書きできるかどうかは重要である。


手帳の月間予定表には、一般的なカレンダーのようなブロックタイプと、日にちがタテかヨコにずらっと並んだ予定表タイプがある。カレンダーとしての見やすさには大差はないが、使う人間の意識に与える影響が違う。ブロックタイプは一週間というタイムスケールを意識しやすいので、仕事のサイクルが週単位で進む人に向いている。週ごとに折り返すレイアウトは、意識も切り替えやすい。


システム手帳はバイブルサイズが最も一般的だ。システム手帳のいいところは、リフィルを取り換えることで自分の好みの構造にできることだが、リフィルを足せばいいという意識によって、非常に厚ぼったくなる傾向がある。手帳の重要な機能として携帯性は外せない。持ち歩くことがおっくうになるほど分厚くなるくらいなら、年々ノートタイプを買い替える方が賢い。


手帳のサイズ選びは単純だ。外勤などで持ち歩くことが多ければ、小さいに越したことはない。しかし、書いて読むのが手帳の使い方なので、ある程度の大きさがないと使いにくい。内勤にせよ外勤にせよ、文庫サイズ、新書サイズが最小と考えたい。


手帳を使うことで、快適な生活ができたら、結果は後からついてくる。なにも目を三角にして頑張る必要はない。


三谷樹の経歴・略歴

三谷樹、みたに・いつき。日本のビジネストレーナー。埼玉県出身。早稲田大学卒業後、製造メーカーに勤務し営業・開発を経験。その後、複数のビジネス専門学校の講師を務める。主な著書に『頭のいい人がしている究極の手帳術』など。

他の記事も読んでみる

加来耕三

歴史学は答えを求める学問でありません。プロセスを幾重にも考えることが重要。その思考の反復で、困難に対する解決策を思いつく力が養われる。


小泉進次郎

反省がしっかりなされなければ未来はない。


山口勉(経営者)

掛け売りをやっていたころは、契約をして、商品を届けた時点で、会社にはまだ一銭も入ってきていないにもかかわらず、「よーし、売れたぞ」なんて喜んでいましたが、掛け売りを続けていると経営体質に甘さが残ります。


紺野健太郎

自分の人生の残り時間は限られている。その間収益を生んでくれれば十分。


嶋浩一郎

企画書などでやたらと細かい話から始めるのもNGです。これは仕事ができる優秀な人材がやってしまいがちです。細かい数字や統計データを持ち出して、論理的に説明しようとしているのでしょうが、何を伝えたいのかが伝わらず、読む気がしなくなってしまいます。


小宮一慶

信託報酬についてたった1%などとは思わないでください。その1%が差し引かれなければそれは運用益を生み、しかも複利で違ってくるからです。たとえば100万円投資をした場合、10年で15万円近い運用益の差が出てきます。


ノーマン・ヴィンセント・ピール

全身全霊を注げば、問題解決の能力は驚異的に高まる。


安河内哲也

自分の「集中と休憩のリズム」をつかみましょう。私の場合、「30分集中、5分休憩の繰り返しを2~3時間」のワンセットがベストなリズムです。当然個人差があります。しかし誰にでも共通して言えるのは、休憩せずに何時間も続けるのはよくないということです。時折休憩をはさみながら、短い時間で速くやることを目指しましょう。そうすると上手に疲れをとりつつ、成果をあげられます。


小林靖弘

各担当役員ともいろいろ議論をするのですが、社内にいても社外にいても仕事が出来る方、もしくは志の高い方とはやはり仕事が繋がっていきます。


井上礼之

M&Aや提携、連携では、他社の力をうまく取り込み、自らの力とする視点が欠かせません。異質なものを組織に取り込むことで、変化に対する柔軟性が広がるとともに、こうした交流から新たな企業文化や価値が生まれ、それが強みとなるのです。


水道橋博士

挨拶は身を守る鎧であり人の繋がりの架け橋だ。


了徳寺健二

若い人々に伝えたいことは、「何でも良いからこれだけは誰にも負けないという自分領域を作って欲しい」ということ。そしてそこから人々の成長や成功に必須の、誇りと自信が芽生える。