名言DB

9412 人 / 110637 名言

三谷樹の名言

twitter Facebook はてブ

三谷樹のプロフィール

三谷樹、みたに・いつき。日本のビジネストレーナー。埼玉県出身。早稲田大学卒業後、製造メーカーに勤務し営業・開発を経験。その後、複数のビジネス専門学校の講師を務める。主な著書に『頭のいい人がしている究極の手帳術』など。

三谷樹の名言 一覧

手帳にシールの使用は女子高生のようだが、色別シールでスケジューリングすれば、わかりやすくて手間が少ない。


手帳の面積は小さい。予定が変わったら消して書き直したほうがいい。消すことができるシャープペンシルがお勧めだ。安物でいい。ぶっといペンなど邪魔なだけである。


極端な話、スケジュールの管理だけであれば手帳を使う必要は薄い。携帯電話でもできるし、効率もいいからだ。それに、荷物だって減らせる。手帳の特徴は、メモ書きにある。思いついたアイデアや忘れてはいけない用件を手早く記録するために、手帳を持つのである。そのためにはメモを走り書きできるかどうかは重要である。


手帳の月間予定表には、一般的なカレンダーのようなブロックタイプと、日にちがタテかヨコにずらっと並んだ予定表タイプがある。カレンダーとしての見やすさには大差はないが、使う人間の意識に与える影響が違う。ブロックタイプは一週間というタイムスケールを意識しやすいので、仕事のサイクルが週単位で進む人に向いている。週ごとに折り返すレイアウトは、意識も切り替えやすい。


システム手帳はバイブルサイズが最も一般的だ。システム手帳のいいところは、リフィルを取り換えることで自分の好みの構造にできることだが、リフィルを足せばいいという意識によって、非常に厚ぼったくなる傾向がある。手帳の重要な機能として携帯性は外せない。持ち歩くことがおっくうになるほど分厚くなるくらいなら、年々ノートタイプを買い替える方が賢い。


手帳のサイズ選びは単純だ。外勤などで持ち歩くことが多ければ、小さいに越したことはない。しかし、書いて読むのが手帳の使い方なので、ある程度の大きさがないと使いにくい。内勤にせよ外勤にせよ、文庫サイズ、新書サイズが最小と考えたい。


手帳を使うことで、快適な生活ができたら、結果は後からついてくる。なにも目を三角にして頑張る必要はない。


三谷樹の経歴・略歴

三谷樹、みたに・いつき。日本のビジネストレーナー。埼玉県出身。早稲田大学卒業後、製造メーカーに勤務し営業・開発を経験。その後、複数のビジネス専門学校の講師を務める。主な著書に『頭のいい人がしている究極の手帳術』など。

他の記事も読んでみる

楠木建

振り返れば、ロングセラーはどれも新たなセグメントを作り出してきました。真っ先に思い浮かぶのがソニーの「ウォークマン」。消費者は競合商品もウォークマンと呼びました。商品名がセグメントの呼称になるほど定着すれば、本当に強い。米グーグルの検索サービスもそうでしょう。「ググる」なんて言葉は、それを象徴しています。


伊藤謙介

タイタニック号は氷山の海面上に見えている部分だけを見て、たいしたことはないと考えて進んだのです。ところがその氷山は、実はとても大きく、海面下には巨大な氷塊があった。だからぶつかったら、当時最大の豪華客船だったにもかかわらず、もろくも沈んでしまった。会社は、たとえて言えばこの氷山にあたります。海面上に出ている部分は業績や規模、資金力など、数字で表された「見える部分」です。もちろんこれはこれで大切な部分ですが、しかし、会社の本当の力というのは、海面下の「見えていない部分」にこそあります。この海面下の「見えていない部分」が社員の持つエネルギー、情熱や熱意です。つまり、会社の本当の力は、表面の数字だけを追っていても分からない。「見えていない部分」こそが大事というわけなのです。


メグ・ホイットマン

M&Aで巨額損失を防ぐための教訓は3つ。ひとつは、M&Aの案件については必ず財務を預かるCFO(最高財務責任者)に情報を集約しなければならないということ。ふたつ目の教訓は、焦って意思決定してはいけないということ。最後の教訓は、取締役会を何度でも開いて、買収の妥当性を徹底的に議論するということ。


久田孝

お客様第一という商人の心を大切にするのが商魂。それを心にとどめながらも、流行に振り回されず、経営の基本となる企業の精神、経営哲学を確立しておかなければならない。それが士才。【覚書き:上記は同じく同社の会長だった父から贈られた言葉。孝氏自身の経営哲学となった】


野村忠宏

目標達成のために何をすべきか常に考え、長い時間をかけて一瞬で決まる勝利への努力を続ける。その一瞬のご褒美はとてつもなく大きく、楽しいという感情を軽く超える素晴らしい宝物をもたらしてくれる。


三輪豊明

時代の変化に適応しながら、よりよい学習のあり方を追求することに常にワクワクと挑戦できるのは、私が惚れ込んだことを仕事にしたからにほかならないと思います。


西村貴好

よく「若い人を褒めると調子に乗るから、甘い言葉はかけたくない」という人がいます。でも、単純に褒めただけでなく、たとえば「こういうことができた君だから、次はこういうところをやってみようよ」と言って、次の行動の背中をちょっと押してあげる。さらに、その行動の変化におる結果の違いまで見つけ、伝えてあげる。たとえ結果が期待通りでなくても「君自身は成長している。僕はそこを見ていたよ」と伝える。そこまでやって、ようやく褒めることのワンクールが終了するわけです。


前田知洋

私はマジックのたびに、新品のカードを用意しています。一回のショーで10箱近く使うため、自宅には4000箱以上を用意してあります。新品の封を切るのは、カードに仕掛けがないことと、「あなたのために用意しました」と伝える意味があります。だから、ショーのあと、カードはお客様に差し上げています。また、大事なステージに上がる際には、新品のシャツを身につけるようにもしています。これはお客様にはわからないことですが、自分の気持ちを切り替えるうえで効果があります。


原島純一

営業経験がない人は、お金をもらうこと自体を申し訳なく感じがち。「すみません」と言わずに、「ありがとう」と言われるための努力をし、プロ意識を持った上で価格設定をしましょう。


鷲見玲奈

入社3年目『ウイニング競馬』を担当することになったんです。競馬のことをまったく知らない私が1時間半の競馬番組を担当する。かなりのプレッシャーがかかりました。それでも、2回目の放送では緊張しながらもこれといったミスもなく放送終了。まずまずの出来だったかな、と少し安堵しました。ところが、放送後の反省会で番組プロデューサーに、こっぴどくダメ出しをされたんです。おそらく、2回目の放送にしてはよくやったんじゃないのかな、という私の甘い自己採点を見透かされたんだと思うんです。自分自身のプロ意識の低さを思い知らされました。


羽生善治

直感は数多くの戦いをこなし体系的に学ぶうちに、後天的に養われるもので、説明ができます。でも、ヒラメキは説明ができません。なぜか自分でもわからないが、ひらめいたとしかいえません。


田中雅子(経営学者)

人の心を動かすことができる経営者の、周囲に与える影響は計り知れないものがある。


大坪清

本当の意味での日本再生に向けて、我々民間の一人ひとりが何ができるかを真剣に考え、自立と自律の精神で矜持を持ち、自らできることを率先垂範して企業業績の向上、国富の向上に努力していかなければならない。


須磨久善

若いころには、手術に教授がついてくれたりして、自分の未熟な部分をフォローしてくれるセーフティ・ネットが敷かれていました。ですが、主観的には絶対の自信があったし、切る、縫う、状況判断のすべてにおいて、自分が一番上手だと思っていました。自分が患者だと想像してみてください。「私はまだまだ未熟者で、自信がありません」なんて言っている謙虚な医者に、心臓手術を任せる気になりますか?心臓外科医は、圧倒的な自信を持っていなければできない仕事なのです。


樋渡啓祐

僕は政治家なのでゴールを定めることと責任を取ることが仕事です。企画や実行は職員それぞれがやればいい。決裁権も与えます。僕へのホウレンソウは原則禁止です。そんなことをしていたら情熱が冷めてしまうから。当然、問題も生じますよ。だったら、そのつど修正していけばいいじゃないですか。