三谷樹の名言

三谷樹のプロフィール

三谷樹、みたに・いつき。日本のビジネストレーナー。埼玉県出身。早稲田大学卒業後、製造メーカーに勤務し営業・開発を経験。その後、複数のビジネス専門学校の講師を務める。主な著書に『頭のいい人がしている究極の手帳術』など。

三谷樹の名言 一覧

手帳にシールの使用は女子高生のようだが、色別シールでスケジューリングすれば、わかりやすくて手間が少ない。


手帳の面積は小さい。予定が変わったら消して書き直したほうがいい。消すことができるシャープペンシルがお勧めだ。安物でいい。ぶっといペンなど邪魔なだけである。


極端な話、スケジュールの管理だけであれば手帳を使う必要は薄い。携帯電話でもできるし、効率もいいからだ。それに、荷物だって減らせる。手帳の特徴は、メモ書きにある。思いついたアイデアや忘れてはいけない用件を手早く記録するために、手帳を持つのである。そのためにはメモを走り書きできるかどうかは重要である。


手帳の月間予定表には、一般的なカレンダーのようなブロックタイプと、日にちがタテかヨコにずらっと並んだ予定表タイプがある。カレンダーとしての見やすさには大差はないが、使う人間の意識に与える影響が違う。ブロックタイプは一週間というタイムスケールを意識しやすいので、仕事のサイクルが週単位で進む人に向いている。週ごとに折り返すレイアウトは、意識も切り替えやすい。


システム手帳はバイブルサイズが最も一般的だ。システム手帳のいいところは、リフィルを取り換えることで自分の好みの構造にできることだが、リフィルを足せばいいという意識によって、非常に厚ぼったくなる傾向がある。手帳の重要な機能として携帯性は外せない。持ち歩くことがおっくうになるほど分厚くなるくらいなら、年々ノートタイプを買い替える方が賢い。


手帳のサイズ選びは単純だ。外勤などで持ち歩くことが多ければ、小さいに越したことはない。しかし、書いて読むのが手帳の使い方なので、ある程度の大きさがないと使いにくい。内勤にせよ外勤にせよ、文庫サイズ、新書サイズが最小と考えたい。


手帳を使うことで、快適な生活ができたら、結果は後からついてくる。なにも目を三角にして頑張る必要はない。


三谷樹の経歴・略歴

三谷樹、みたに・いつき。日本のビジネストレーナー。埼玉県出身。早稲田大学卒業後、製造メーカーに勤務し営業・開発を経験。その後、複数のビジネス専門学校の講師を務める。主な著書に『頭のいい人がしている究極の手帳術』など。

他の記事も読んでみる

山田昇(ヤマダ電機)

やはり人間は高い目標を持つことが大事である。人生にしてもビジネスにしても、目標がなければ達成感もないし、前進も成長もない。


西川美和

正しい人が正しいことをして、地球を救う、とかいうだけじゃないと思うんですよ。映画の役割は。正しくない人を描くことで、実は救われることもある、とはすごく思います。それができるのはフィクションだから。そういうものに救われて、私も、そういうものを描くところで仕事をしていきたいなと思ったんでしょうね。


熊谷正寿

練炭で自殺する夢も見た。だが、朝起きてシャワーを浴びると「自分はいわば一度死んだ人間。会社を立て直すためにとことん取り組む」と逆に気持ちを切り替えることができた。


豊臣秀吉

人はただ、さし出づるこそ、よかりけれ。戦のときも先駆けをして。【覚書き|信長の配下になり知恵と行動で出世する秀吉を周囲の者が妬んだ。嫉妬した者の一人が「人は皆、さし出でぬこそ、よかりけれ。戦のときは先駆けをして」という皮肉を歌にした。上記はその歌への返歌】


プラユキ・ナラテボー

失敗体験を素材に「後悔物語」や「自己否定物語」を心の中で紡げば、心は憂鬱になって落ち込む。同じ体験を「教訓物語」として編(あ)んでいくことができれば多くの学びを得ることになる。


平井伯昌

成功の積み重ねによる自信は欠かせません。練習や試合は、すべて五輪で勝つための経験です。プランニングの段階で、練習をがんがんやらせながらレースで結果を出させる方法について随分頭を使いました。


新宅祐太郎

グローバル化の成否は規模の問題ではありません。重要なのは、買収した相手を動かす力、相手の持つ良さをこちらに取り込んで日本本社自身が変わる力、さらにそうして実現した融合をさらに発展させる力だと思います。


岩村水樹

「1on1ミーティング」も効果的です。私はメンバーと1対1で、プライベートも含めていろいろな話をし、「I care about you」という思いがきちんと届くようなコミュニケーションを心がけています。自分から積極的に話しかけてこないメンバーに対しても、廊下ですれ違った時などにできるだけ声をかけます。チームが大きくなるほど、メンバー一人ひとりと接する機会が減っていくので、接するチャンスをなるべく逃さないようにしています。


糸井重里

プロジェクトに協賛していただくためには、企業が協力したいと思い、「それならお金が出せる」というアイデアを、こちらが考えて用意する必要がある。


尾崎裕

関西経済は、電子部品や工作機械などを中心に、製造業の輸出が好調を維持しています。「もの」が動けば裾野の取引も活発になる。そういう点では、中小企業も波及効果を享受しているといえます。インバウンドにおいても同様で、恩恵があるのは、何も大手だけではありません。商店街や個店でも知恵を出し、しっかりと対応できている店は繁盛しています。


鵜浦博夫

次世代に宿題を残さないように。
【覚書き|NTTグループ各社のトップに語った言葉】


南部靖之

社員だけでなく、当社への入社を志望してくれた方にも積極的にお会いします。たとえば、新卒採用のときは、最終面接ではなく、一次面接で一人一人と会います。1000人を超えますから、なかなかたいへんですけどね。もちろん中途採用の面接も、同様に全員と会いますよ。


ベンジャミン・フランクリン

本当の貧乏人一人に対し、贅沢のための貧乏人は百人いる。わずかな出費に注意せよ。小さな水漏れが大きな船を沈めてしまう。安物買いで得した者が、よく破産する。


藤井孝一

毎日発生する作業は、1日のうちのどこでどれくらいの時間をかけてやるかをあらかじめ決めておけば、いまやるべきかとか、いちいち考えたり迷ったりする必要がない分、時間が短縮できます。時間を短縮すべきポイントを押さえているのは高生産人間に共通した特徴です。


栗原信裕

サントリーグループの社是とも言える「やってみなはれ」の精神で取り組んで、過去に安住せず新しい勝ちパターンを模索していきます。


ページの先頭へ