名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三谷忠照の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三谷忠照のプロフィール

三谷忠照、みたに・ただてる。日本の経営者。「三谷産業」社長。石川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、デフタコーポレーションを経て三谷産業に入社。取締役、常務などを経て社長に就任。

三谷忠照の名言 一覧

三谷産業というのは、事業セグメントが6つに分かれていますから、同じ会社の社員といえども全く違う仕事をしている人ばかりです。しかし一方で違う仕事をしているからこそ複合企業としての強みをもっと出せるはず。


複合企業としての強みを生かしていきたい。社会の課題も単一の専門家の力だけではなかなか解決できなくなっていますし、現場でも例えば、化学品のお客様の課題を当社のIT部門が解決したこともあります。こうした事業部を超えた仕事をどんどん増やしていきたいと思っていますし、そのために社内でも横のつながりを活発化していきたい、そう考えています。


人生の大半を会社で過ごすのですから、モチベーション高く働いていただきたいという願いがあります。例えばチームを再構築する「リチーミング」プログラムを導入することによって人材の再活性化やチームワークの向上を促したり、またグループ全体で給付型奨学金制度を完備するなど、社員が安心して働ける環境づくりを目指してきました。何かひとつの制度や施策でガラッと変わるわけではないですが、今後も、いろんなことを試していこうと考えています。


当社の事業領域は6つのセグメントなのですが、仕事でとらえればスキルや知識というのはセグメントをまたいで有効なものもありますし、高い山に登れば違う景色が見えるように、ひとつの仕事を究めれば他の仕事も類推することができます。また、違う発想を持つ者同士が一緒に仕事をすることでブレークスルーも起きやすくなる。ですから、全く違うセグメントへの異動も行われますし、それが当社の強みになるということです。


いろんな世代の経営者の方とお会いしていく中で、自分なりの覚悟というものができたのかなと思います。一番の原動力は、5年前に日本に戻ってきた時に、社員の皆さんに温かく迎え入れてもらったことでしょうか。それが社員にとって働き甲斐があり、働きやすい職場づくりを行っていきたい、という思いにつながっています。


何が何でも社長になるという気はなかったのですが創業家であることは事実ですし、どこかで、自分が社長であったらこの状況をどう見るかといった視点はいつも持っていました。


三谷忠照の経歴・略歴

三谷忠照、みたに・ただてる。日本の経営者。「三谷産業」社長。石川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、デフタコーポレーションを経て三谷産業に入社。取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐田展隆

変化を恐れる古参の社員からは「業界がわかってない」「無謀だ」と反発されましたよ。でも、それこそ「いま変わらなきゃ潰れるだけだぞ!」と厳しく改革を断行した。


野坂英吾

継続して結果を出し続けるためには、本質的なことが重要。深く考えずに表面的な理解で判断・行動している場合がありますが、もっと問題の本質を掘り下げていたら失敗せずに済んだであろうという経験が私自身にも有りましたし、他社のケースでも見受けられました。


阿部サダヲ

僕は役者に憧れていたわけではないんです。高校を卒業した後、家電量販店に就職して普通に働いてました。だから、「大人計画」に入るまで演技経験もなかった。でも、その「知識も経験もないこと」が、いい意味で僕の強みになりました。


加地倫三

失敗したっていいから、とにかく自分の頭で考える。僕自身、何かを学んだのは、決まって失敗をしたときでした。成功から何かを学んだことなんて、めったにないですよ。


田臥勇太

もし違う道を選んでいたらという空想には限界がある。たとえば「日本に帰らずにアメリカに残っていたら……」なんて想像しても、そこでのプレーが思い浮かばないというか。そうしたら、これはもったいないな、意味がないなと思うんですよね。だから、決めた後の自分のやり方次第だと思うんですよ。


白潟敏朗

「この仕事は、私にとって何のメリットがあるんですか?」と部下に詰め寄られて、ムッとした経験を持つ上司もいるのではないでしょうか?このような部下のやる気をアップさせるには、仕事の面白さを実感させるのが非常に有効です。


小林淑郎

最近では小さな作品しか制作できず、大きな仕事を経験したことのない職人が増えています。すると、いざ面白いことをやろうとしたときに、スケールが小さくなってしまうのではないか。プロの醍醐味を知っている職人は、もっとその仕事の可能性を引き出せるのです。


小島慶子

ラジオパーソナリティーという職業に関係なく、人が相手に何かを伝える時、「実感」がこもっているかが一番重要だと思っています。だから私は自分の体験したことや感じたことをベースに、語りかけるようにしています。


平田満

結局、それまで僕は、すべて「人任せだった」ということに気づいた。役者としての新たな一歩を踏み出すには、このままではいけない。これまで守られてきたものから離れ、「ひとりにならなきゃいけない」と思い、事務所から離れフリーになった。


ニーチェ

一日一日を始める最良の方法は、目覚めの際に、今日は少なくともひとりの人間に、ひとつの喜びを与えることができないだろうかと、考えることである。


堺屋太一

副業、二つ目の仕事を認める利点のひとつは、二つ目の仕事を通じて別業態・別組織の人々と触れ合うことで、本人の知識も組織の情報も拡大すること。時にはそんな人脈が役立つこともある。


徳重徹

日本とアジアを行ったり来たりしてるから分かりますが、すごく日本はおっとりしてるなと感じます。戦うことが悪いみたいな世の中になってるというか。