名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三船久蔵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三船久蔵のプロフィール

三船久蔵、みふね・きゅうぞう。明治から昭和の日本の柔道家。理論の嘉納、実践の三船と讃えられた。球車、大車、踵(きびす)返し、三角固め、空気投げなどの新技を編み出した。最高段位の十段を受けた。

三船久蔵の名言 一覧

小さいから大を倒せる。そこに日本武道としての柔道の意義がある。


三船久蔵の経歴・略歴

三船久蔵、みふね・きゅうぞう。明治から昭和の日本の柔道家。理論の嘉納、実践の三船と讃えられた。球車、大車、踵(きびす)返し、三角固め、空気投げなどの新技を編み出した。最高段位の十段を受けた。

他の記事も読んでみる

小林庄一郎

思えば、私のこれまでの人生は、先輩、同輩そして社員とたくさんの人たちの協力援助によって支えられてきました。満州に生まれ育ち、戦時中は学徒動員で海軍予備少尉として駆逐艦に登場、呉軍港で大爆撃を受けて多くの艦艇が沈んだ時も、九死に一生を得た。幸運に恵まれていたのです。


隅修三

一体化し、競争が激化した世界市場では、提携でも買収でも、そこから新しい価値を生み出せる企業が勝ち残れる。


石田知義

平日1時間、休日2時間歩いています。身体の健康のために歩こうと考えるのではなく、ビジネスのアイデアを探りながら歩くことを心掛けています。歩くことで血行の巡りが良くなり、頭もクリアになるため、机に座って考えるよりも、はるかに新規事業のアイデアが浮かんだりします。


山下泰裕

信頼関係さえあれば、自分と異なった意見も認めることができます。信頼関係を築いておけば、かなりの人はこちらの意見を聞いてくれます。あなたが本来果たすべき役割は……と本音で話をしても、自分のためにあえて言ってくれたんだと感謝されます。いい関係さえあれば、きついことも言えるようになるし、逆に相手に感謝されます。私はそういうところを大事にしてきました。


江口克彦

「運がいい」ということと「運が強い」ということは違う。「運がいい」というのは、たまたま「幸運」に恵まれること。例えば、宝くじに当たったとか、お店に行ったら思いがけず3割引の日だったり。まあ、偶然に左右されるもの、一時的なものということである。しかし、「運が強い」「強運」というのは、いい運が継続されるということだと思う。では、「運を強くする」には、どうしたらいいのか。人生には、いいこともあれば、悪いこともある。それを、すべてひっくるめて運が強い、あるいは運がいいと受け止めること。言い換えれば、いいことも悪いことも、「大肯定すること」によって、運を強くすることができるということである。


伊佐山元

ネットでいくら人とつながっても意味がありません。恥をかいたり嫌な思いをしながらも、人とつき合っていくことが、最終的には自分を活かすことにつながります。これはどこでビジネスするうえでも大切です。


安藤徳隆

チキンラーメンやカップヌードルぐらい市場で圧倒的なシェアを持つ商品があれば、恐らく10年はそれで食べていけます。すると大企業病といった甘えの構造が出てくる。「このままでは、いつか滅びるかもしれない」。この危機感を常に持っています。


戸塚隆将

世界の一流人たちが発した言葉に注目すると、準備に重きを置いて成果を出している人は多く、私たちが参考にできる学びがあります。


梅原勝彦

若い人と話をすると、「どうすれば事業を起こせるか」とか、「どういうタイプの人が起業に向いているか」といったことをよく聞かれます。でも私は「自分が企業家に向いているかどうか」を考えたことはありません。ただ父が事業をしていて、「お前も親方になれ」といわれ続けていましたし、私も幼いころから「自分は親方になる」と決めていました。だから起業したのです。世の中の創業経営者の大半は私と似たようなものではないでしょうか。


剣持忠

言われたデザインをするだけではなく、主体的に動き、売上げ向上などの成果を提供してクリエイターの地位を向上させる。そのためにも、代理店の下請けではなく、大企業と対等の立場で直取引をしている。


清水久三子

プレゼンのための資料を作成するときには、まず自分の思考を整理することが不可欠。


杉江俊彦

槍田松瑩さん(三井物産元社長)、永易克典さん(三菱UFJフィナンシャル・グループ元社長)、井田義則さん(いすゞ自動車元社長)が社外取締役を続けています。お三方とも、ご自身の企業が困難な時に立て直しをされた方なんですね。企業再建に関して、ものすごく知識をお持ちなので、いろいろなアイデアを頂いています。最初に3人に言われたのは、「とにかく構造改革しろ、徹底的にリストラクチャリングをやりなさい。中途半端は駄目だ」とかなり厳しく言われました。