名言DB

9412 人 / 110637 名言

三船久蔵の名言

twitter Facebook はてブ

三船久蔵のプロフィール

三船久蔵、みふね・きゅうぞう。明治から昭和の日本の柔道家。理論の嘉納、実践の三船と讃えられた。球車、大車、踵(きびす)返し、三角固め、空気投げなどの新技を編み出した。最高段位の十段を受けた。

三船久蔵の名言 一覧

小さいから大を倒せる。そこに日本武道としての柔道の意義がある。


三船久蔵の経歴・略歴

三船久蔵、みふね・きゅうぞう。明治から昭和の日本の柔道家。理論の嘉納、実践の三船と讃えられた。球車、大車、踵(きびす)返し、三角固め、空気投げなどの新技を編み出した。最高段位の十段を受けた。

他の記事も読んでみる

江沢伸一

以前、関連会社に出向し、12年ほど旅行会社のパンフレット制作をしていました。他の会社のパンフを大量に作ることで、人の心をつかむ企画の勉強になりました。与えられた仕事を前向きに取り組めば、必ず役に立つと思います。


山本高史

自分がいて、離れたところに他者がいる。このあいだを線で結ぶのがコミュニケーションだと思っている人は多いのですが、それでは相手に「当たる」話ができません。そうではなく、経験が増えることで自分が膨らんでいき、他者の一部と自分の一部が重なるようになる。経験が増えてもっと膨らめば、他者を飲み込めるようになる。これがコミュニケーションの姿だと僕は思います。


エリック・シュミット

命令通りに仕事がしたいなら、海兵隊に行け!
【覚書き|受動的な部下に対しての言葉】


家本賢太郎

会社が何をビジョンとして掲げているのか、何を理念としているのか、思いを一緒にしてもらえるかが重要です。弊社の場合だと、「アジアでナンバーワンのインターネットプラットフォームカンパニーを目指す」というビジョンを繰り返し話し、共有してもらっています。


外村仁

「英語の点数を上げたい」という気持ちが先にあったのではない。世界の人と話して、友達になることが楽しかった。そのツールとして、英語があっただけ。


藤原洋

日本の大学と日本企業はもっと共同研究開発をすべきですね。企業は大学から人材をもらい、大学は企業のお金で研究開発をする。そうすることで、企業は多くの知恵を得ることができ、大学は文部科学省に頼らず、新しい研究費を獲得できる。大学と社会の関係を変え、大学から新産業を創出すべきというのが、私の一番大切に思っている信条です。


原田耕太郎(経営者)

自分ら考えて、開発して、自分ら売る。これがうちのやり方。今後も変わることはありません。


三木雄信

ソフトバンクでは、ある事業の売り上げを「継続的な売り上げ」と「一時的な売り上げ」の2種類に分けて示していた。企業が安定的に成長するためには、前者が重要になる。


島田晴雄

学生をビジネスの現場に送り込むこともしています。企業から学ぶ、学問から学ぶ、プロジェクトから学ぶということができる。まさにアクティブラーニングと言えます。この学部の卒業生の就職率は99.3%と全国の大学の中でトップの数字です。


西浦三郎

重視しているのは「成長性」と「安全性」と「生産性」です。この3つのバランスを高いレベルで取っていく。そのために必要なのは変革とスピードです。世の中はものすごい勢いで変化しています。ヒューリックもそれに合わせて変わっていかなければなりません。


藤原洋

日本がもう一度世界をリードできるような社会になってほしい。それは政治では出来ない。民間の力だと思う。その一石を投じたい。日本が国際社会で受け容れられる、安全保障とかではなくて、世界の経済発展の一翼を担えるような国、社会になってほしいし、それをやれるのは企業家しかいない。


カント

成功に至る第一歩は、自分が心で何を望んでいるかを見つけ出すこと。それがはっきり分からないうちは、何を期待しても駄目。


樹なつみ

リアリティと言っていただけるのは、私の出発点がアメリカへの憧れではなく、あくまで興味だったからだと思います。アメリカの青春映画も観ていたんですけど、ちょうど日本の女子高生がアメリカに留学した体験記を読んだんです。それから、お母さんが子供のアメリカでの学校生活を書いた話や、日米を行ったり来たりする二重国籍の人の話など、いろいろ集めました。ホームパーティとか学校で彼氏とラブラブとか、日本と全然違って「何それ、面白い!」と。ギャップがあまりにも興味深くて、描きたくなっちゃったんですね。人種問題も、記憶が曖昧ですが多分映画で観たんだと思います。「なるほど、こういう社会問題があるんだなあ」と。


庄司充

売れない営業マンに共通しているのは偶然大作戦。とくに工夫をしなくても、毎日同じことをくり返せばたまに当たることがあります。それで「うまくいっている」と思い込み、また同じことを繰り返すのです。これでは工夫が生まれず、トップ営業との差が開くいっぽうです。


竹田陽一

会社は粗利益をエネルギー源にして生きていて、その粗利益はお客からしか生まれないということです。お客づくりと直接関係する大事なものがどれも負けていれば、利益性がよくなる根拠はまったくないわけです。