三船久蔵の名言

三船久蔵のプロフィール

三船久蔵、みふね・きゅうぞう。明治から昭和の日本の柔道家。理論の嘉納、実践の三船と讃えられた。球車、大車、踵(きびす)返し、三角固め、空気投げなどの新技を編み出した。最高段位の十段を受けた。

三船久蔵の名言 一覧

小さいから大を倒せる。そこに日本武道としての柔道の意義がある。


三船久蔵の経歴・略歴

三船久蔵、みふね・きゅうぞう。明治から昭和の日本の柔道家。理論の嘉納、実践の三船と讃えられた。球車、大車、踵(きびす)返し、三角固め、空気投げなどの新技を編み出した。最高段位の十段を受けた。

他の記事も読んでみる

楠木建

ビジネスはスキルをどんどん獲得していけばうまく進められるような、そんな甘いものではない。もちろん基礎的なスキルがないと会社は回っていかない。ところが、経営はスキルと違い、担当部署があるわけではない。商売丸ごと動かして、それで成果を出すのが経営者だ。肝心要の経営がないと、担当の仕事というのも本来ありえない。だから、誰かが経営をしないといけない。担当者レベルのスキルを足し算して、いわゆるゼネラリストがいい経営者かというと全然違う。担当者と経営者の間にはつねに大きなギャップがある。それだけ経営人材は希少であり、どの国でも不足している。


大嶋祥誉

多くの人がマイナス思考に縛られる原因は、不安が生まれる理由や解消法を言語化できていないから。モヤモヤした不安や心配は、それを感じた時点ですべて「言葉」に変えるといい。心理学ではカタルシス効果と言われ、言葉によって脳が自分の状況を把握し、心を浄化する作用がある。言語化は、思考を整理しながら原因が特定でき、前向き思考も鍛えられる優れた方法。


高井伸夫

子育てや部下育成は「褒めて育てる」のが基本。自分を気にかけてくれる証拠だし、褒められれば誰でも嬉しい。相手に心を開くのは当然です。出会いを良い縁にしていくためには、人の良いところを見つけて、それを声に出して伝えることから始めましょう。


平井嘉朗

「机が整理された状態」であればすごく気持ちが落ち着くし、頭の中がクリアになった気がします。そんな時は、判断スピードが上がります。何を決めて、何から手をつけるかが、明確になる。


瀬戸雄三

幅広い情報を集めて、いいタイミングで発信する。こういうメカニズムが必要。


井上暉堂

人生は死の捉え方・覚悟ひとつで驚くほど変わる。知恵ひとつでラストシーンは素晴らしくなる。


大宮久

新規事業に参入する時は、まず、勝てる分野であること。そして自分より強い競合がいない分野であること。最後に競合が出現しても追い付きにくい分野であること。


山元賢治

IBM時代、マネジャーへの昇進の話を持ってきた米国本社の要人にこう言われた。「マネジャーとそうでない人の違いは、ひとつしかない。メーク・ア・ディシジョン(決断する)、もっとはっきり言えば、メーク・ア・ディシジョン・イン・ア・セカンド(いますぐ決断する)だ」と。


石田淳(コンサルタント)

お勧めしたいのが、夜寝る前に「その日あった良かったこと」を3つ書き出す習慣をつけることです。これも、「取引先とのアポに遅れなかった」「カフェで飲んだコーヒーが美味しかった」など、ささやかなことでかまいません。こうして一日を終えれば、翌朝も気分よく出社することができます。それに、この習慣は、悪いことばかりに目を向けず、良いことに目を向けるトレーニングにもなります。褒めるのが苦手だった人も、自然と部下の良いところを見つけられるようになるはずです。


三木田國夫

「いつ改革は終わるのですか?」と聞かれますが、改革・進化に終わりはありません。一生続きます。


阿部孝司

販売代理店も下請けの開発業者も使っていません。その方がお客様にとってのメリットが大きいと考えています。そういう当たり前のことを愚直に追求したいのです。それが我々のレゾンデートル(存在理由)でありたいと考えています。


大林伸安

挨拶を軽んじてはいけません。以前、私の部下にとても元気のいい女性がいました。いつの間にか、同じビル内にある別の会社の方々とも仲良くなっていて、その人間関係で研修の仕事を取ってきたこともあります。私は「どうやったら、こんなことができるんだろう?」と不思議に思って、その会社の方に聞いてみました。すると、「彼女は元気よく挨拶をしてくれるんです」と言うのです。挨拶をきっかけに、エレベーターや共有の休憩室で話すようになっていったそうです。


鈴木亜久里

目標が上手くいかないことがあることは当たり前です。すべての仕事が上手くいくなんてあり得ません。でも、そうやって最短距離でゴールに到達することばかり考えてるから、壁にぶつかるとすぐに挫折して諦めちゃうんだよね。


養老孟司

いかに住まうかとは、いかに生きるかということです。天災はいつ起こるかわかりません。環境やエネルギーの問題などを考え合わせても、そのときどきで都合のいいところを選んで暮らす生き方があってもいいでしょう。


ジョン・A・ソルハイム

「PINGの商品サイクルには一貫性がない」という声もよく聞かれますが、これこそがPINGのモノ作りに対するこだわりであり、新製品に関して、前作の性能を超える最高の結果、最高の評価が出たときにだけ発売しているため、それ故に商品サイクルなどはなく、新製品に関して絶対の自信を持って発売しているのです。


ページの先頭へ