名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

三田聖二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三田聖二のプロフィール

三田聖二、さんだ・せいじ。日本の経営者。「日本通信」創業者。石川県出身。アメリカで幼少期を過ごす。デトロイト大学電気工学科で工学博士号を取得。ハーバード大学経営大学院上級マネージメントプログラム(A.M.P)修了。カナダ国鉄勤務、コンレイル鉄道勤務、ロングアイランド鉄道副社長、シティバンク・エヌ・エイ副社長、メリルリンチ証券プロダクトオペレーション担当副社長、モトローラ本社副社長兼日本法人常務取締役、アップルコンピュータ本社副社長兼日本法人社長などを務めたのち、日本通信を設立。

三田聖二の名言 一覧

シェアを奪うのではなく、市場を創るのが当社。常に新しい価値を提供すれば問題ない。


動く時は一気にやった方がいい。一つひとつ課題を解決していたら、時間がいくらあっても足らない。


IoTが世界で注目される今、うかうかしていたらあっという間に取り残されてしまう。重要なのはスピードだ。


利益は結果にすぎない。正しい経営を続けていれば、利益は必ずついてくるものだ。


同じことの繰り返しでは、市場を一段と活性化することはできない。むしろ、携帯電話会社ができないことに挑み続けることこそ、僕たちの使命だと考えている。


携帯電話会社は音声通話サービス時代に構築した垂直統合型のビジネスモデルを維持しようとしたために、社内の通信技術者は限られたサービス開発にしか取り組ませてもらえなかった。NTTドコモが携帯電話向けネット接続サービス「iモード」などの開発で先行しながら、日本市場でスマートフォンの普及が遅れた理由もここにある。


携帯電話会社は音声通話サービスで消費者のニーズを満たすことに精いっぱいで、データ通信によって新たな付加価値を生み出す能力を持たなかった。米アップルの「iPhone」を思い浮かべればわかる通り、デジタル無線通信の価値にいち早く気づいたのは、それまで通信とは無縁だったコンピューター業界の技術者たちだ。


三田聖二の経歴・略歴

三田聖二、さんだ・せいじ。日本の経営者。「日本通信」創業者。石川県出身。アメリカで幼少期を過ごす。デトロイト大学電気工学科で工学博士号を取得。ハーバード大学経営大学院上級マネージメントプログラム(A.M.P)修了。カナダ国鉄勤務、コンレイル鉄道勤務、ロングアイランド鉄道副社長、シティバンク・エヌ・エイ副社長、メリルリンチ証券プロダクトオペレーション担当副社長、モトローラ本社副社長兼日本法人常務取締役、アップルコンピュータ本社副社長兼日本法人社長などを務めたのち、日本通信を設立。

他の記事も読んでみる

遠藤功

すごいチャンスだと思うのは、否が応でも海外に日本企業は進出し、富を生み出していかなければならない時代になりました。ということは、若い人をどんどん海外に出して、新しいことに挑戦させる絶好のチャンスが目の前にあるわけです。


塚越寛

会社にとって道徳心は不可欠。社員にも社会人としてのモラルを身につけてほしい。社会人としての最低条件は、人に迷惑をかけないこと。さらに、少しでも人の役に立てるように努め、人をどれだけ幸せにしたかが求められると思います。


持塚朗

何か起こった際の想定被害額を算出することが第一歩。それがわかると、やるべきこと、投資すべき額も見えてきます。そのうえで具体的な対策内容を決めるのは、トップをはじめ経営陣の仕事。経営の舵を握る方たちには、セキュリティ対策は経営課題であることをあらためて認識していただきたい。


大谷由里子

芸人でも講師でも、面白い人というのはその場で適当にしゃべっているわけじゃない。日頃からネタを仕込み、相手をよく観察しているからぽんぽん話せるんです。


金澤悦子

もし駄目な会に参加してしまい、続けるかどうか迷ったときは、自分の体調や精神状態をバロメーターにするといい。その会に参加すると妙にぐったりしたり、なんとなく気持ちが荒んだりするのであれば、時間を浪費したり、内容に見合わないお金を搾取されている証拠だ。次回から参加しなければいいが、もし自分の興味あるテーマの会であれば、参加者とはどこかで再会する可能性もある。「仕事が忙しくて」「子供が最近情緒不安定で」「親の介護で」など、角の立たない言い訳をして、跡を濁さずにフェイドアウトするようにしよう。


木本建治

伝統だけで勝てるんだったら苦労はいりません。わたしはいつも学生にいかに創造するかを強調しています。伝統の継承だけでは勝てない。日々創造していく姿勢が大切です。


杉本隆洋

私の場合は自分にも他人にも完璧を求めがちで、「こうあるべき」という思考のパターンに陥ってはストレスを感じていました。起業当時を振り返っても、とにかくがむしゃらで他人の意見には耳を貸さず、細かいことまで自分で指示を出していました。だからこそ短期間で株式上場を果たせたと思う一方で、社員の立場からすると、頭ごなしの指示で完璧な仕事を求められて、理不尽に思うこともあったでしょう。自分の「べき思考」に気づいてからは、それが少しずつ改善してきているように思います。


山元賢治

外資系企業で英語を使って仕事をした経験が長い身としては、「モチベーションが上がる、下がる」という表現は、言葉の使い方が間違っていると思います。「To Be(なりたい将来像)」を持っていれば、それに向かっていこうとする意欲が生まれる。それがモチベーションです。元気が出ないとか、仕事が嫌だとかいうのは、体調や気分、感情の問題であって、モチベーションとは別物です。


ハロルド・ジェニーン

我々は見つかる限り優秀な人材を雇いたかった。我々が欲しいのは知能に優れ、知識と経験の備わった人物だったが、そうした長所を備えた候補者をさらに選考する条件として、働くことへの情熱という点で、私と共通している人々を周囲に置きたかった。


ウォーレン・リヒテンシュタイン

オーナーになることとマネジャーになることは別。経営陣はオーナーから経営を委譲されて経営にあたる。われわれは経営陣に委譲して、成果があがったときは彼らに報いる


佐藤優

「健康管理が一番大事だ」なんて言えば、「なんだ、健康くらい」という人もいるかもしれない。でも、たとえば健康をなめて、40代で倒れて満足に働けない体になってしまったら、年間350万円稼いでいる人は、その後の20年間、約7000万円の収入の機会損失ということ。そう考えると健康がいかに大事かわかるでしょう。


小池百合子

厳しいだけでもダメ。高圧的に接していると、偏った情報しか上がってこなくなります。現場から情報を聞き出す能力も求められますね。情報はいろいろなところから集めて、クロスチェックしていかなければいけません。