名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三田聖二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三田聖二のプロフィール

三田聖二、さんだ・せいじ。日本の経営者。「日本通信」創業者。石川県出身。アメリカで幼少期を過ごす。デトロイト大学電気工学科で工学博士号を取得。ハーバード大学経営大学院上級マネージメントプログラム(A.M.P)修了。カナダ国鉄勤務、コンレイル鉄道勤務、ロングアイランド鉄道副社長、シティバンク・エヌ・エイ副社長、メリルリンチ証券プロダクトオペレーション担当副社長、モトローラ本社副社長兼日本法人常務取締役、アップルコンピュータ本社副社長兼日本法人社長などを務めたのち、日本通信を設立。

三田聖二の名言 一覧

シェアを奪うのではなく、市場を創るのが当社。常に新しい価値を提供すれば問題ない。


動く時は一気にやった方がいい。一つひとつ課題を解決していたら、時間がいくらあっても足らない。


IoTが世界で注目される今、うかうかしていたらあっという間に取り残されてしまう。重要なのはスピードだ。


利益は結果にすぎない。正しい経営を続けていれば、利益は必ずついてくるものだ。


同じことの繰り返しでは、市場を一段と活性化することはできない。むしろ、携帯電話会社ができないことに挑み続けることこそ、僕たちの使命だと考えている。


携帯電話会社は音声通話サービス時代に構築した垂直統合型のビジネスモデルを維持しようとしたために、社内の通信技術者は限られたサービス開発にしか取り組ませてもらえなかった。NTTドコモが携帯電話向けネット接続サービス「iモード」などの開発で先行しながら、日本市場でスマートフォンの普及が遅れた理由もここにある。


携帯電話会社は音声通話サービスで消費者のニーズを満たすことに精いっぱいで、データ通信によって新たな付加価値を生み出す能力を持たなかった。米アップルの「iPhone」を思い浮かべればわかる通り、デジタル無線通信の価値にいち早く気づいたのは、それまで通信とは無縁だったコンピューター業界の技術者たちだ。


三田聖二の経歴・略歴

三田聖二、さんだ・せいじ。日本の経営者。「日本通信」創業者。石川県出身。アメリカで幼少期を過ごす。デトロイト大学電気工学科で工学博士号を取得。ハーバード大学経営大学院上級マネージメントプログラム(A.M.P)修了。カナダ国鉄勤務、コンレイル鉄道勤務、ロングアイランド鉄道副社長、シティバンク・エヌ・エイ副社長、メリルリンチ証券プロダクトオペレーション担当副社長、モトローラ本社副社長兼日本法人常務取締役、アップルコンピュータ本社副社長兼日本法人社長などを務めたのち、日本通信を設立。

他の記事も読んでみる

星﨑尚彦(星崎尚彦)

一体感の醸成とともに、みんなのやる気を引き出すために、私自身が出席する「アクション会議」や、社長直轄に定めた店舗の店長を集めて行う「天領ミーティング」などで議論を積み重ね、その中で全ての戦略を決めてきました。経営のスピードは格段に上がっています。


岡島礼奈

流れ星以外で、オーロラをつくるのも面白いかな。とにかく宇宙をエンタメ利用するというのがまず一つあります。それに加えて科学の役にも立ちたい。じつは流れ星が降る高層大気は、研究がまだあまり進んでいないんです。高層大気のデータが取れると、天気予報の精度が上がるなど、いろいろなことを社会に還元できる。そちらでもぜひ貢献していきたいです。


高汐巴

宝塚音楽学校は楽しいと同時に厳しく、非日常的な世界でした。夢のステージに立つため、必死に2年間勉強しましたが、先生も先輩も厳しく、挨拶や礼儀でよく怒られたものです。苦楽を共にした同級生と陰口を言ったことも、こっそり逃げ出したこともありました。今振り返れば、たくさんのことを教えてくれた貴重な場所だったと思います。


水野和敏

なぜ、モチベーションが下がるのか。答えは簡単です。「欲」で仕事をしているからです。評価されたい、もっとお金が欲しい、名声が欲しいといった欲が満たされないときに、人は挫折し、モチベーションが下がるのです。人間には「求める生き方」と「尽くす生き方」があります。欲ではなく、尽くすために仕事をしている人には、モチベーションの低下はない。そして、世のため、人のために尽くせるのが、プロです。


コシノジュンコ

伝統芸能というのは、常に新しい挑戦があって現在まで続いている。若い人たちが活躍できる場を提供し、現代的なものにして前に進めてきたからこそ続いているのです。


茂木健一郎

人間は最高に集中すると雑音も聞こえなくなり、まったく疲れを感じない「没我」の状態になる。このようにリラックスしていながら、なおかつ集中している状態のことを、脳科学では「フロー状態」という。このフロー状態に自分を持っていくのが、多忙な社会人が勉強するときのポイントだ。


那須正幹

ストーリーはすぐに思いつくんですよ。僕は自分で天才じゃないかと思うんだけど(笑)。題名を決めた段階で、どんなストーリーにするかぱっと浮かんでくる。スランプというものは一回も経験したことがないですね。特に「ズッコケ」はもうイメージができあがってるから、三人組が動き回るのを後ろから追いかけている感じかな。


佐藤優

SNSやメールなど、自分が「相手の時間を奪っている」という感覚を持つことが大事。時間泥棒が多い世のなかだけに、自分の時間を確保するのが難しい時代。


藤原作弥

日銀副総裁への就任を打診された時には3日間、悩み抜きました。「才能もないし、その任にもない」と多くの方に申し上げましたが、最後は公のためだと思いお引き受けすることにしました。


津谷正明

米国でもトップはワンマンになりやすいですが、日本の社長の立場も極めて強い。日本人は上司をおもんぱかり、メンツを失わせることはしません。出る杭は打たれるから、議論を避ける。米国よりひどい状況かもしれません。


小林一三

すべての事業の対象は大衆であり、どんな仕事の末端も大衆につながっている。


田中実(経営者)

当社が運営する比較サイト「価格.com」には家電など様々な店舗が出店していますが、利用者が購入した後に出店企業が倒産して商品が届かなくなっては大変です。台湾で学んだ「現場を見て判断する」という教訓は、今も役に立っています。