名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三田聖二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三田聖二のプロフィール

三田聖二、さんだ・せいじ。日本の経営者。「日本通信」創業者。石川県出身。アメリカで幼少期を過ごす。デトロイト大学電気工学科で工学博士号を取得。ハーバード大学経営大学院上級マネージメントプログラム(A.M.P)修了。カナダ国鉄勤務、コンレイル鉄道勤務、ロングアイランド鉄道副社長、シティバンク・エヌ・エイ副社長、メリルリンチ証券プロダクトオペレーション担当副社長、モトローラ本社副社長兼日本法人常務取締役、アップルコンピュータ本社副社長兼日本法人社長などを務めたのち、日本通信を設立。

三田聖二の名言 一覧

シェアを奪うのではなく、市場を創るのが当社。常に新しい価値を提供すれば問題ない。


動く時は一気にやった方がいい。一つひとつ課題を解決していたら、時間がいくらあっても足らない。


IoTが世界で注目される今、うかうかしていたらあっという間に取り残されてしまう。重要なのはスピードだ。


利益は結果にすぎない。正しい経営を続けていれば、利益は必ずついてくるものだ。


同じことの繰り返しでは、市場を一段と活性化することはできない。むしろ、携帯電話会社ができないことに挑み続けることこそ、僕たちの使命だと考えている。


携帯電話会社は音声通話サービス時代に構築した垂直統合型のビジネスモデルを維持しようとしたために、社内の通信技術者は限られたサービス開発にしか取り組ませてもらえなかった。NTTドコモが携帯電話向けネット接続サービス「iモード」などの開発で先行しながら、日本市場でスマートフォンの普及が遅れた理由もここにある。


携帯電話会社は音声通話サービスで消費者のニーズを満たすことに精いっぱいで、データ通信によって新たな付加価値を生み出す能力を持たなかった。米アップルの「iPhone」を思い浮かべればわかる通り、デジタル無線通信の価値にいち早く気づいたのは、それまで通信とは無縁だったコンピューター業界の技術者たちだ。


三田聖二の経歴・略歴

三田聖二、さんだ・せいじ。日本の経営者。「日本通信」創業者。石川県出身。アメリカで幼少期を過ごす。デトロイト大学電気工学科で工学博士号を取得。ハーバード大学経営大学院上級マネージメントプログラム(A.M.P)修了。カナダ国鉄勤務、コンレイル鉄道勤務、ロングアイランド鉄道副社長、シティバンク・エヌ・エイ副社長、メリルリンチ証券プロダクトオペレーション担当副社長、モトローラ本社副社長兼日本法人常務取締役、アップルコンピュータ本社副社長兼日本法人社長などを務めたのち、日本通信を設立。

他の記事も読んでみる

國貞文隆

大慌て予防にもリスト化は効果を発揮します。何から手を付けるか決断できずに呆然とするくらいなら、頭の中を整理し、リストの上から順番に仕事を片付けていけばよいのです。


野中正人

現代のファッションは「世界同時ファッション」です。世界各国のデザイナーが世界の市場を見てデザインしているので、最終的には同じトレンドに収斂していきます。重要なのは、いくつもあるトレンドのうち、どのトレンドが最も大きなトレンドになるかを読むことです。それがバイヤーの重要な仕事です。


的場正晃

肯定的な人間観のない、技法だけのコーチングでは、真のやる気や自発性は引き出せない。コーチングは、部下を操作する便利な道具ではありません。あくまでも部下の成長を支援する相手本位のスキルなので、「愛情」と「可能性への信頼」が必要不可欠な要素なのです。


星野佳路

スイッチが入るべきなのにき入りにくいスタッフには、「のんびりするな!」と焚きつけます。とくに売上げに直結する予約獲得や営業のチームは、競争に敏感でなければなりません。これらのチームがのんびりしているようでは、組織の競争力が失われてしまいます。


吉永泰之

サラリーマン社会では、「あの人は本音をしゃべったら損をした」という話はすぐ広がります。ですから、会社のためを思って言うことなら、何をしゃべっても不利な扱いを受けないという事実を積み重ねるしかないのです。本音で話し合える文化は一朝一夕にはできませんし、今の当社も発展途上です。


法華津孝太

山地土佐太郎社長から仕込まれたのは、値切ることである。外務省時代から、私は言い値が定価だと心得ていた。外交官が値切って物を買うなぞはしたないという見栄もあったのだろう。ところが山地さんは、商売人になったからにはとにかく物を安く買うことを覚えなければいけないと言い、私が購入伝票を社長のところへもっていくたびに必ず「君、これ値切りましたか」と聞く。私が値切っていますと言っても「ちょっと待ちたまえ」と片っ端から値切っていく。何件かの中にはやはり私の買った値段より安いところが出てくる。すると山地さんは「どうです。ここじゃあ、この値段だから、君の買った店にこれだけ引くように言いなさい」と言うのだった。


増田宗昭

あまり目立つところでやると真似されてしまう。話題になって大きな資本の企業が入ってきたら、お金がまったくないので、競争に勝てない。だから蔦屋書店一号店は目立たない場所ではじめたんです。


工藤公康

自然にやる気を出させるのがいいとも限りません。ある程度は、やらせることも大事なんですね。技術や体力で足りないところがあれば、練習量を増やして補わなきゃいけない。


林康史

人脈と情報のネットワークを作る時には、相互に利益がもたらされるような関係でなければなりません。片方にしか利益がないのであれば、ネットワークを継続するのは難しい。利益とはカネやモノばかりを指しているわけではありません。たとえば「その人といると楽しい。癒やされる」というのも、相手にとってはかけがえのない利益です。


中山讓治(中山譲治)

迷ったり悩んだりしたときに志に立ち返ると、表面的な事象だけを見ていると気づかないことに気づくことができます。


村上龍

話が通じない相手と渡り合うには、尋常ではない努力が必要。必死で業績を上げる、非論理的な上司が認めざるを得ないくらい結果を出す、それしかない。


上島竜兵

やっぱり後輩でも上に立ったら、それなりの才能があることを素直に認めなければ何も始まりません。