三田聖二の名言

三田聖二のプロフィール

三田聖二、さんだ・せいじ。日本の経営者。「日本通信」創業者。石川県出身。アメリカで幼少期を過ごす。デトロイト大学電気工学科で工学博士号を取得。ハーバード大学経営大学院上級マネージメントプログラム(A.M.P)修了。カナダ国鉄勤務、コンレイル鉄道勤務、ロングアイランド鉄道副社長、シティバンク・エヌ・エイ副社長、メリルリンチ証券プロダクトオペレーション担当副社長、モトローラ本社副社長兼日本法人常務取締役、アップルコンピュータ本社副社長兼日本法人社長などを務めたのち、日本通信を設立。

三田聖二の名言 一覧

シェアを奪うのではなく、市場を創るのが当社。常に新しい価値を提供すれば問題ない。


動く時は一気にやった方がいい。一つひとつ課題を解決していたら、時間がいくらあっても足らない。


IoTが世界で注目される今、うかうかしていたらあっという間に取り残されてしまう。重要なのはスピードだ。


利益は結果にすぎない。正しい経営を続けていれば、利益は必ずついてくるものだ。


同じことの繰り返しでは、市場を一段と活性化することはできない。むしろ、携帯電話会社ができないことに挑み続けることこそ、僕たちの使命だと考えている。


携帯電話会社は音声通話サービス時代に構築した垂直統合型のビジネスモデルを維持しようとしたために、社内の通信技術者は限られたサービス開発にしか取り組ませてもらえなかった。NTTドコモが携帯電話向けネット接続サービス「iモード」などの開発で先行しながら、日本市場でスマートフォンの普及が遅れた理由もここにある。


携帯電話会社は音声通話サービスで消費者のニーズを満たすことに精いっぱいで、データ通信によって新たな付加価値を生み出す能力を持たなかった。米アップルの「iPhone」を思い浮かべればわかる通り、デジタル無線通信の価値にいち早く気づいたのは、それまで通信とは無縁だったコンピューター業界の技術者たちだ。


三田聖二の経歴・略歴

三田聖二、さんだ・せいじ。日本の経営者。「日本通信」創業者。石川県出身。アメリカで幼少期を過ごす。デトロイト大学電気工学科で工学博士号を取得。ハーバード大学経営大学院上級マネージメントプログラム(A.M.P)修了。カナダ国鉄勤務、コンレイル鉄道勤務、ロングアイランド鉄道副社長、シティバンク・エヌ・エイ副社長、メリルリンチ証券プロダクトオペレーション担当副社長、モトローラ本社副社長兼日本法人常務取締役、アップルコンピュータ本社副社長兼日本法人社長などを務めたのち、日本通信を設立。

他の記事も読んでみる

堺美保

理研ビタミンは固有の技術を活かし独自性のあるものを開発する。人真似はしないという考え方が源流にあります。もちろん、商品政策上、既に世の中にあるものをつくることもありますが、基本的なもの、核になるものは人真似しません。


朝原宣治

リレーの勝負は、いかに「タイミングよくバトンを受け取り、走れるか」が命運をわける。この時、余計な感情は邪魔になるんです。「日本のため」「チームのため」「やってやるぞ」といった前のめりのモチベーションがあると走ることに集中できない。


柳井正

会社は、経営者次第、トップ次第。うちの海外事業を見ても、うまくいっているところと、うまくいっていないところ、全部トップで決まっています。


出雲充

私は日本視点、先進国視点の製品を途上国に持ち込んでも、上手くいかなくなる日が来ると感じている。それどころか、将来は途上国で生まれた製品やサービスが、先進国に持ち込まれる逆流すら起こると考えている。


間塚道義

たとえばコンビニエンスストアのシステム構築でも、お客様のお話を聞くだけでなく、その先の消費者の生の声をキャッチしなければということで、SE(システムエンジニア)が店員を経験するということまでやっています。


廣瀬禎彦

TQC活動が論理力を鍛えることになるのは、「なぜ?」を繰り返し問うからです。たとえば、「残業が多い」という問題の改善策を考えるなら、「なぜ残業が多いのか?→仕事の効率が悪いから」「なぜ効率が悪いのか?→部員間の連絡が滞りがちだから」「なぜ滞るのか?→……」というようにどんどん掘り下げて考えます。そうして考え出した改善策を、きちんと実行する。それで実際に効果が出れば、他の問題についても改善策を考えるモチベーションが高まっていくでしょう。これを繰り返すことで、組織として論理的に考えて実行する体質ができていきます。


黒鉄ヒロシ

普通の男として大事になってくるのは、気遣いと愛嬌です。黙っていては何も起きず、自慢や愚痴を聞かせても駄目。では、どうしたらいいかと言えば、太鼓持ちとまではいかないものの、徹底的に聞き手に回り、相手を褒めることです。


山田隆持

当然語学は必要ですが、語学ができれば海外で上手くいくかといえばそんなことはありません。やはり重要なのは経験の蓄積です。なるべく若い時代に海外経験を積んだ方がいいと思います。


吉田晴乃

50代以上になれば、やはり生物学的にブレーキがかかってしまう。気持ちは前向きでも、できないことが出てくるのです。だからこそ、若いときは懸命に働いたほうがいい。


海老原嗣生

働き方改革について議論する際、欧米を理想とする人が多い。ただ、私は欧米の会社も数多く見てきましたが、実際には数々の問題があります。たとえば日本では人事部に配属され、給与を手がけることになったとしても、その後は労務や教育など、自然と仕事の幅が広がっていくものです。一方、欧米では企業主導の異動はないからポストは変わらず。だからこそ、自らポストを取りにいける人はいいけれど、そうでない人はずっと一労働者のまま。普通の人は年収も日本よりもかなり低い。それが、欧米の現実です。一方、日本では黙っていてもいろいろな仕事を与えてもらえますし、仕事は少しずつ難しくなり昇給もする。つまり、自然とキャリアアップしていける仕組みがある。それは日本企業の強みだと思います。


北野武(ビートたけし)

世代が違うと話が合わないなんて言うのは間違い。話が合わないんじゃなくて、話を引き出せない自分がバカなのだ。年寄りとお茶を飲んでいて、「おじいちゃん、この茶碗は何?」って聞けば、何かしら答えが返ってくる。きっかけさえ作ることができれば、思いもよらない話が聞けることもある。相手はいい気持ちになれるし、こっちは知らなかったことを知る。相手が小学生だって同じだ。


杉田敏

中国語の例ですが、当社の現地駐在員で、わずか1年で現地の人も驚くほど中国語が上達した人がいます。現地の人と直接やり取りして、上達すれば褒められる。そうなるとうれしいし、面白いからますます上達していきます。ビジネスにも広がりができて、仕事にも張りが出ると彼は言います。


齋藤孝(教育学者)

好印象を生み出す3つのポイント

  1. 身体を開くこと。へソを相手の正面に向けて目線を合わせ、うなずいたり、相づちを打ったり、笑顔を浮かべたりするだけで、随分オープンな印象になる。
  2. 感情を盛り込むこと。
  3. 感謝の気持ちを表すこと。

大西洋

私は売上だけが世界一の指標になるとは思っていません。三越伊勢丹グループが目指すブランドの指標としては、わざわざ足を運ぼうとしてくださるお客様が多数いること。世界中のどの百貨店にも真似のできないことを実践していること。どのカテゴリーであるかは別として圧倒的な強みがあること。こうした視点が必要であると考えています。果たして、これらの視点でも世界一と言えるような百貨店になっているでしょうか。まだまだそうとは思えません。


田中稔哉

相手が話しているときは、あら探しをしないでしっかり聞くことも大切。部下や後輩があなたの言動を苦痛に感じるのは、彼らの考え方を知ろうとすることなく、頭ごなしに否定しているから。「君の考え方もわかるが」と部下たちの考え方を汲み取ったうえで指導すれば、聞く耳を持ってくれるものです。お互いが少しでも相手のことをわかろうと歩み寄れば、事態は好転に向かうものです。


ページの先頭へ