名言DB

9425 人 / 110833 名言

三田村之弘の名言

twitter Facebook はてブ

三田村之弘のプロフィール

三田村之弘、みたむら・くにひろ。オフィス家具最大手イトーキ社長。旧制官立大阪工業専門学校卒(のちの大阪府立大学工学部機械科)卒業後、イトーキの前身である伊藤喜商店に入社。同社で代表取締役社長を務めた。そのほか、日本オフィス家具協会会長、ニュービジネス協会理事なども務めた人物

三田村之弘の名言 一覧

ビジネスマンとは、勤める技術にたけることではなく、夢や目標に向かって情熱を燃やすこと。努力することであると思う。


三田村之弘の経歴・略歴

三田村之弘、みたむら・くにひろ。オフィス家具最大手イトーキ社長。旧制官立大阪工業専門学校卒(のちの大阪府立大学工学部機械科)卒業後、イトーキの前身である伊藤喜商店に入社。同社で代表取締役社長を務めた。そのほか、日本オフィス家具協会会長、ニュービジネス協会理事なども務めた人物

他の記事も読んでみる

松井絵里奈

忘れられないのは、上京して2年ほどたった頃。事務所も決まらなくて、どうしようもなくて、どん底状態で帰省したんです。周りは「頑張れよ」と言ってくれて、父も「頑張りー」と声をかけてくれた。でも、それが私には重たくて。そんなとき、いきなり母が怒って「頑張りー、頑張りー言うけどな、頑張ってる子に頑張りーって言いなや!」と言ってくれたんです。そのとき、母はこんなに私のことを思ってくれていたんだって。その場では「ありがとう」も上手く言えなかったんですけど、帰りの夜行バスではすごく泣けてきて。手放しで夢を応援してくれる人がいるんだと思ったら、また頑張ろうという気持ちがわいてきたんです。


塙昭彦

ハズレくじを当たりくじにするのが、おれの仕事。


貞松成

私個人はワタミ創業者の渡邉美樹さんから学ぶところは多かった。渡邉さんが仰っていたのは、経営の目的や企業理念が大事だということ。会社をつくって何をしたいのかということを考える大切さを学びましたね。それで2年半ワタミで働かせてもらい、一旦別の飲食店のお手伝いをして、起業したのです。


中山勇

日本のフランチャイズチェーンには海外のそれにはない、独自の強みや魅力があります。例えば教育が行き届いているので、アルバイトの方でもお客様のことを最優先に考えた対応ができます。お客様が困っている姿を見たら助けてあげる、こういうことが当たり前のこととしてできるのです。ところが海外では、時給なりの対応になってしまいがちです。マニュアルは確かに重要なものですし、なくてはならないものです。しかし、何でもかんでもマニュアル通りでは、物事をうまく処理できないことも多々あります。その場の状況に応じて、柔軟に対応できるところは日本の素晴らしさだと思います。


田辺道夫

しんどくて、仕事をするのが嫌なときも正直ありました。一方で会社のためにやらなければならないという使命感も芽生えました。


治山正史

私はスーツを再発明したい。米アップルのスティーブ・ジョブズが「iPhone」の発表の際、「電話を再発明する」と言ってアピールしましたが、私は「これだ」と感じました。我々が持つスーツへの観念を再定義できたら、さらに面白いものができると。健康系のスーツや、スポーツメーカー・アディダスとのコラボレーションも、その一環です。


岸見一郎

ストレスは悪いものだとは言えません。烏が飛ぶとき、空気は抵抗になりますが、空気がなかったら羽ばたいても飛べません。空気があるからこそ、高く飛ぶことができるのです。仕事のストレスも同じで、ストレスがあるからこそ、人は大きく成長できます。ストレスがなければ成長できません。


辻野晃一郎

私もグーグル・ジャパン社長就任後、「One on One」と称して約300人いた社員全員と数カ月かけて面接を行いました。1人15~20分程度ですが、これで名前と顔を覚え、何をやっていてどんなことを考えているかが少しはわかります。いまの会社でも、定例ミーティングで社員どうし直接コミュニケーションを取るよう心がけていますし、必要に応じて一対一でも話し合います。


香山リカ(精神科医)

仕事が好きで、仕事に燃えている人はバリバリ仕事をすればいいだろうけれど、そこまで思えない人は、「生活のため」と割り切ってもいいし、仕事や会社にはそんな期待しなくてもいいと思います。そう思うくらいの方が、逆に仕事を楽しめる場合もあるものです。


大河原毅

最近の若い人はグローバル感覚が大切だと教わるようですが、何でも外国の方が良いという考えは間違っています。日本マクドナルド創業者の藤田田さんも外資と渡り合った外食経営者でした。彼が経営する貿易会社で私がアルバイトしていた縁もあります。家族主義の経営で社員の待遇を上げるなど、私と同様に日本人にとって良いと思うことを貫きました。