名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

三田勝茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三田勝茂のプロフィール

三田勝茂、みたかつしげ。日立製作所社長、東京大学第二工学部電気工学科卒業後、日立製作所入社。取締役、常務、専務、副社長を経て社長・会長。経団連副会長や明治安田生命保険相互会社監査役なども務めた経営者

三田勝茂の名言 一覧

仕事というものは、たとえて言うなら運動会のリレーである。次のランナーにいかにうまくつなぐかが重要なのだ。


人には何度かチャンスがある。それに挑戦する人としない人の違いが、幸運の女神と握手できるかできないかの分かれ目です。


三田勝茂の経歴・略歴

三田勝茂、みたかつしげ。日立製作所社長、東京大学第二工学部電気工学科卒業後、日立製作所入社。取締役、常務、専務、副社長を経て社長・会長。経団連副会長や明治安田生命保険相互会社監査役なども務めた経営者

他の記事も読んでみる

森田正光

自分が勘違いをし始めていないか、時々振り返った方がいい。もし、ヤバいなと思ったら、反省して終わりではなく、今、その瞬間から変えていく。それが僕の信条です。


吉田修一(小説家)

僕の小説の書き方は、最初に場所を決めるんです。場所を決めたら、そこにいそうな人達がどういう人で、どういう生き方をしてきたのかを書いていけば、おのずと物語は生まれます。『最後の息子』のときは、いまでもよく飲みに行っている新宿の街ですね。ここを舞台にしようと決めたら、新宿にいるような人たちが浮かんできて。その人たちのその日その日を一個一個順番に書いていったら、この物語ができあがりました。


富田浩安

アメリカでは株への投資体験をさせていることも、とても興味深いことです。学生時代から仮想であっても、株を買う体験をさせるのです。自分はどういう理由からその会社の株を買い、それがどのような理由から成長していくかを発表するのです。そして半年が経過したら、その株がどうなったのかを検証する。投資した当初の自分の考えが正しかったかどうかを検証するわけです。学生時代のうちからこういった、常にビジネスに根差した教育をさせて社会に人材を輩出していくのです。


西原理恵子

自分の実力を認めるって怖いもんね。でも、要らんプライドをへし折られて、初めて自分の立ち位置がわかるから、若いうちはどんどん失敗したらいいんです。


伊集院静

逆境は、自分だけにあるものではないと思うことが大事。苦しいことが人生では当たり前。その時は、何で俺だけこんなふうになるんだろうなと思ったんだけど、3年、5年とたっていくうちに分かってくるんです。周りにも同じような境遇の人がいるのに気が付くんです。


津谷正明

タイヤや自動車とはまったく関係がない業界から積極的に人材を採用するようにしています。これが結構効くんですよ。


熊切直美

営業現場などからのお客様の要望を経営に反映させることで、当社の「賃貸経営受託システム」は形成されてきました。今でこそ社会的に認知されていますが、当初は賃貸経営をトータルで支援するサービスは世の中にほとんどありませんでした。それを創業者が、土地オーナー様の遊休地活用策として賃貸物件の建築を事業化。次いで入居者募集、あっせんのサービス事業を追加し、さらに家賃保証の仕組みをつくることで、ワンストップサービスを形作っていったのです。


松本大

私が提案したいのは、まずは1万円ずつ10個の投資信託を買ってみること。1万円の投資信託を10個では、失敗したとしても、逆にうまくいったとしても、大した金額にはなりません。そんな損益よりも、非常に大きなものが得られます。大事なのは、月に1回でもいいから、買ったあとの値動きを見ること。自分の頭で考えて10個を選んだときには、なんらかの仮説を立てたはずです。その仮説どおりになったか、ならなかったかを検証するのです。そうすることで、世界の経済や政治を見る目が養われます。


千玄室(15代目)

日本人の場合は、茶道文化が手近なところにありすぎて、そのよさに気づいていない。しかし外国人の場合は、身近にありません。私たちが差し上げる一服のお茶が、まさに一期一会なのです。ですから、「この人が持っている茶の心を少しでも感じたい」という気持ちでのぞまれます。もちろん、私も同じ気持ちでのぞみ、茶の心を外国の方々に伝えようと努めてきました。


ハロルド・ジェニーン

リーダーシップの質こそ、企業の成功をもたらす処方箋に含まれる最も重要な成分である。リーダーシップとは、共同の目的を遂げるために、他の人々をチームとして結束させ、自分のリードに従うように仕向ける能力である。リーダーシップは学ぶことのできるものだ。


樋口廣太郎

私が社長に就任した当時は、ギョッとするような報告もいろいろありました。当時はお客様に自信を持って売れる商品がなく、その悪循環から販売店では在庫がたまって仕方がなかった。だから「お宅のビールは古すぎる」とよく怒られたものです。でもその声に謙虚に耳を傾け、正直に対応することが大切なのです。【覚書き|この苦情で賞味期限内でもビールの味が落ちることを自覚することができ、ビール業界初の3ヶ月間売れなかったものは即回収という損切り経営の原点となった】


松平康隆

人間、それぞれの得手、不得手があるものである。その得意とするものに自信を持ち続け、不得手なものに対するコンプレックスを払拭できたものだけが、熾烈な勝負、人生のレースに勝ち残れる。