三田勝茂の名言

三田勝茂のプロフィール

三田勝茂、みたかつしげ。日立製作所社長、東京大学第二工学部電気工学科卒業後、日立製作所入社。取締役、常務、専務、副社長を経て社長・会長。経団連副会長や明治安田生命保険相互会社監査役なども務めた経営者

三田勝茂の名言 一覧

仕事というものは、たとえて言うなら運動会のリレーである。次のランナーにいかにうまくつなぐかが重要なのだ。


人には何度かチャンスがある。それに挑戦する人としない人の違いが、幸運の女神と握手できるかできないかの分かれ目です。


三田勝茂の経歴・略歴

三田勝茂、みたかつしげ。日立製作所社長、東京大学第二工学部電気工学科卒業後、日立製作所入社。取締役、常務、専務、副社長を経て社長・会長。経団連副会長や明治安田生命保険相互会社監査役なども務めた経営者

他の記事も読んでみる

佐藤公平

当社はお店を標準化しているので、それによって無駄を減らせたり、非効率さを減らせます。従業員の給料をカットするのではなく、仕事をシンプルにして、1店舗あたりの労働時間数を減らすなど、経費削減はまだまだ可能です。


マルセル・ビジャール

可能なら実行する。不可能でも断行する。


敷田正法

おもてなしのコツは、「相手がしてほしいことは何か」を考えて、その通りにして差し上げることです。


三木雄信

逆境に陥ったら、人生で最もつらかった時期を思い出してみてください。「あのときに比べれば、いまのほうがいくぶんマシだ」と相対的に考えることができればしめたもの。頭を冷静に、フラットに考えるには、「人生の波」を思い描いてみるのも効果的です。


北条司

この年になると、まわりの人の死に立ち会うことが増えてくる。究極的に人間の最後の姿は「死」じゃないですか。その瞬間に、その人がどう生きたかが浮かび上がる。「この人の人生はどういうものだったんだろう?」と考えることが、年齢を重ねるにつれて増えていったように思いますね。


名越康文

能力があっても、うまくいく人といかない人の違いが出るのは、集中力の有無。


江副茂

一度自分を見直してみる必要があります。我々は、モノをつくってお客様に買ってもらうわけですが、間には様々な人がいます。私は今年からエンドユーザー、あるいは、お客様に近い人に会おうとし始めました。それで今、お客様が何を欲しがっているか、何を困っているかが肌身で分かるわけです。


新谷功

川崎汽船は本業だけで収益力をつけるのだと明言し、たとえ収益が出ても本業に関係のない事業は切り離しました。以前に買い集めた不動産や有価証券を小出しに売って不況をしのぐというような曖昧な経営をしていたら、いつまでたってもリストラは進まないし、なぜあの事業だけ残るのかという不公平感を社員に与えてしまいます。


森泉知行

この業界は変化が激しいので、当社も次々と決めてどんどん動かざるを得ないわけですが、私としては、決断も大切ですが、決めたことをどう肉付けし、実行するかが、より重要だと思っています。実行する前から、新しいサービスの導入や企業買収が100%正しいかどうか、完璧に判断することは、おそらく誰にもできないのではないでしょうか。


松田元(経営者)

うまくいくようになったのは、堀江貴文さんが逮捕されてからでしょうか。それまでは自分がフリーターだった負い目があって、「世間に負けてたまるか」という負のエネルギーで頑張ってきました。だから派手な暮らしをしている堀江さんにも憧れました。でも、負のエネルギーだけで進むと、しだいにつらくなってきます。僕の場合は、社長を解任された時期と堀江さんが逮捕された時期が重なって、「自分はどこに向かって走っていたのか」と我に返りました。「営業で困っている人を助けたい」「フリーターを一人前に育てて、世に送り出したい」という結論に至ったのは、その後のこと。やりたいことが明確になってから、事業はさらにうまく回りました。


石原明

ビジネスでは利益や会社の信用、ブランドなど守るべきものが存在します。自分たちに非がないにもかかわらず、相手や顧客のご機嫌を取るために、甘んじて責任を転嫁される必要はありません。このような態度は相手をつけあがらせるだけです。資本主義ではあらゆるものがコストに換算されることを念頭に置き、会社の利益やブランドを高めることを第一に考えて行動しなければなりません。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

最も完全な復讐は、侵略者の真似をせざることなり。


松本桂樹

「あがってしまう=緊張状態になってしまう」ことは、人として、というよりは動物としてごく自然なことです。緊張とは生き物が自分の生命を維持させるために生じる身体的反応です。脅威に接すると交感神経が優位になり、筋肉の緊張や心拍の増加が起こります。それは「逃げるか、戦うか」を即断し、対応できる状態をつくるための生理現象なのです。


堤智章

トップアスリートのようにハイエンドのスキルを持っている人は、自分で引退するときを決められるのです。銀行では誰もが人事を人に決めてもらっているなか、自分の人生を自分で決められる、それは人として最も幸せなことであると思います。銀行に残っていれば、もしかしたら出世を続けることになったかもしれませんが(笑)。


吉楽裕

チームワークを活かせば、一人で得られる何倍もの成果を得ることができる。


ページの先頭へ