名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三澤和則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三澤和則のプロフィール

三澤和則、みさわ・かずのり。日本の経営者。「ソルナ」社長。山口県出身。医療機器メーカー執行役員、不動産コンサルティング会社専務などを経てソルナを設立。

三澤和則の名言 一覧

当社を創業する少し前に体調を崩し、入院していたのですが、その時に人間には医者がいるが、法人にはいないと気がついたのです。そこで「カイシャの病院」というコンセプトが生まれました。次に、「何科の病院がいいだろう?」と考えていた時に「炎上」なんていう言葉も出て来て、PCやスマホで、いわれのない悪意の情報が問題になっていました。適切に対応できなければ閉店、倒産に追いこまれるというようなことも起こりはじめていました。それで会社の評判やブランドを守る事業に取り組みました。


ネット上の風評被害対策サービスを調う企業はたくさんありますが、SEOの会社が付帯事業として対策をしていたり、監視に特化していたりと、当社とは技術も考え方も違います。当社では最初から、手間暇コストのかかる風評被害対策をいかに事業化できるか、と考えてサービスを徹底的に研究し、技術者育成にも力を入れてきたため、競合企業とは、事業に対するアプローチの仕方が異なるのです。だから必要と思えば、手間のかかるヒアリングをして、会社の体質改善なども提言するのです。


ネット上での風評被害対策で一番大切なことは「悪評を書かれないこと」です。悪評で多いのが、退職した社員が書き込むケースです。そのため、悪評を書き込まないようにするためのサービスも行っています。まず従業員への研修を実施、悪評を書き込むことが、企業にとってだけではなく、書いた本人にもリスクがある行為だと理解を深めます。実際、書き込みを特定されて訴えられるケースもあります。さらに企業側には「悪評の種となる体質」の改善を求めます。悪評は根も葉もないものもあれば、誇張されているとはいえ、種のあるものもあります。その悪評の種を取りのぞけるような、企業の体質改善をうながすコンサルティングも始めています。退職した社員にヒアリングして、本当の退職理由を聞き出し、そこから解決すべき企業の課題を報告します。


三澤和則の経歴・略歴

三澤和則、みさわ・かずのり。日本の経営者。「ソルナ」社長。山口県出身。医療機器メーカー執行役員、不動産コンサルティング会社専務などを経てソルナを設立。

他の記事も読んでみる

加瀬豊

会議に出席する際、十分に考えを練ってから会議に臨むべきです。厳選されたメンバーであれば、意見を持たないはずはありません。意義もあってしかるべきです。十分に議論を尽くしたうえでの結論であれば、当然実行に移すまでのスピードも速くなります。


青木俊介

創業した当時は、学生を集めて時間のある時にロボットを作るという週末起業のような形で活動していました。


工藤公康

プレッシャーがあるのは当たり前で、あとはそれを楽しむのか、押しつぶされるか。


荒濱一

目の前の仕事に追われているのは、輪の中でくるくる回るネズミのようなもの。儲かる仕組みを考える余裕がなくなってしまうでしょう。また、ひとつのビジネスから多面的に収益を得ようとせず、当座の利益しか見ていない。これでは、稼げる額に自ずと限界ができてしまいます。


似鳥昭雄

家具市場はもう最盛期の3分の1くらいになりましたよね。ただ、3分の1になろうが、市場は何兆円かあるわけです。市場の減少に関係なく、私たちは計画通りにやって、シェアをとっていくということです。


笹氣健治

完璧主義の人は100点をとらなければいけないと思い込んでいます。これがその人の信条体系です。こうした信条体系を持った人は、何かにとりかかろうとしたときに、上手くできるだろうかという思考が自動的に浮かび上がってきます。この自動思考が不安や自信のなさにつながり、行動をためらってしまうのです。


小山昇

皆が楽しく、尊敬しあって仕事ができる企業になるには、決して人を減らしてはいけません。人を減らさないで済む企業は必ず成長します。人材にコストをかけても、一定の利益さえ上がれば良いのです。そういう考えを社長が持てるかどうかは、21世紀のビジネスシーンを勝ち抜くうえで、極めて重要なカギになります。


鈴木桂治

北京で金メダルをとったら引退し、指導者になろうと考えていました。柔道人生のピークで幕を引くのが格好いい。そんな甘い目論見が隙をつくっていたのかもしれません。
【覚え書き|北京五輪で初戦敗退したことを振り返っての発言】


熊谷正寿

景気で業績が良くなるような会社や事業は、同じように景気で悪くなります。私は淡々と長く伸び続けるところしか投資しません。


又吉直樹

『火花』を書いたときは、芸人の先輩後輩の話にするのは決めてましたが、そこから先の細かなプロットは無し。まず、芸人が登場するときの「出囃子(でばやし)」という言葉があり、音楽と芸人、それなら「祭囃子(まつりばやし)」かな、と。それなら、しょっちゅう祭りや花火大会がある「熱海」から始めよう――というふうに、言葉をお題として置くことで想像力の枠を飛び越える。その繰り返しで書きました。


伏島巖

当社の強みは「チェンジ&チャレンジ」の精神です。現状に満足せず常に挑戦者のつもりで努力してまいります。


中川路亜紀

ビジネスメールで何よりも基本となるのは、読む相手のことを思いやることです。対面のコミュニケーションとは違い、メールはお互いの表情や声などがわからないので、相手に冷たい印象や威圧感を与えることがあります。こちらは笑顔で「明日までにお送りください」と書いても、相手は「無理強いされているようで怖い」と感じる可能性もあるのです。かと言って、あまり過剰に丁寧な表現で長文を書くのも、メールのコミュニケーションにはふさわしくありません。