名言DB

9429 人 / 110879 名言

三澤和則の名言

twitter Facebook はてブ

三澤和則のプロフィール

三澤和則、みさわ・かずのり。日本の経営者。「ソルナ」社長。山口県出身。医療機器メーカー執行役員、不動産コンサルティング会社専務などを経てソルナを設立。

三澤和則の名言 一覧

当社を創業する少し前に体調を崩し、入院していたのですが、その時に人間には医者がいるが、法人にはいないと気がついたのです。そこで「カイシャの病院」というコンセプトが生まれました。次に、「何科の病院がいいだろう?」と考えていた時に「炎上」なんていう言葉も出て来て、PCやスマホで、いわれのない悪意の情報が問題になっていました。適切に対応できなければ閉店、倒産に追いこまれるというようなことも起こりはじめていました。それで会社の評判やブランドを守る事業に取り組みました。


ネット上の風評被害対策サービスを調う企業はたくさんありますが、SEOの会社が付帯事業として対策をしていたり、監視に特化していたりと、当社とは技術も考え方も違います。当社では最初から、手間暇コストのかかる風評被害対策をいかに事業化できるか、と考えてサービスを徹底的に研究し、技術者育成にも力を入れてきたため、競合企業とは、事業に対するアプローチの仕方が異なるのです。だから必要と思えば、手間のかかるヒアリングをして、会社の体質改善なども提言するのです。


ネット上での風評被害対策で一番大切なことは「悪評を書かれないこと」です。悪評で多いのが、退職した社員が書き込むケースです。そのため、悪評を書き込まないようにするためのサービスも行っています。まず従業員への研修を実施、悪評を書き込むことが、企業にとってだけではなく、書いた本人にもリスクがある行為だと理解を深めます。実際、書き込みを特定されて訴えられるケースもあります。さらに企業側には「悪評の種となる体質」の改善を求めます。悪評は根も葉もないものもあれば、誇張されているとはいえ、種のあるものもあります。その悪評の種を取りのぞけるような、企業の体質改善をうながすコンサルティングも始めています。退職した社員にヒアリングして、本当の退職理由を聞き出し、そこから解決すべき企業の課題を報告します。


三澤和則の経歴・略歴

三澤和則、みさわ・かずのり。日本の経営者。「ソルナ」社長。山口県出身。医療機器メーカー執行役員、不動産コンサルティング会社専務などを経てソルナを設立。

他の記事も読んでみる

瀬戸欣哉

これまでと違うやり方をしないと勝てない。


岡本太郎

「いまはまだ駄目だけれど、いずれ」と絶対に言わないこと。「いずれ」なんて言うヤツに限って、現在の自分に責任を持っていないからだ。生きるというのは、瞬間瞬間に情熱をほとばしらせて、現在に充実することだ。


福嶋康博

基本的な手順は一緒でも、目標、考え方が違えばもたらされる結果が異なります。大きい目標を掲げた方がより大きな結果に繋がりますし、逆に小さな目標では小さな結果にしか繋がりません。また、大きな目標を持てば持つほど、より正しい、つまり事業の成功に繋がる答えが出てくる確率が高まるのです。


高杉晋一

いくら学問があっても、学問だけでは悟れるものではない。


天池源受

職人の世界には、修行中の若手社員には「5年間は織機には触らせない」といった不文律もあります。しかし、私どものような小さな会社でこれをやられると、若手が即戦力としてなかなか育ちません。このベテランと若手の力をうまく融合する施策も、下請けから脱却するには必須。


室伏広治

練習の質を上げるヒントは、自分の種目以外のスポーツや動きにもあります。短距離選手なら飛脚や動物の走り方から、水泳選手なら古式泳法から学んでもいい。「ハンマー投げの練習や動きは、ハンマー投げだけから取り入れる」といった考え方は、得られる情報を狭め、トレーニングそのものが単調になって面白くなくなる恐れがあります。


岡本純子

コミュニケーションの基本は自分が何を言ったかではなく、相手がどう受け止めたかにある。


白石美緒

イーストワン皮層科・形成外科は、銀座ではなく品川にありますし、月曜から土曜まで形成外科や皮膚科の女医がいますので、銀座院とは違った特色を出していってもいいなと思います。たとえば、場所柄、品川駅の目の前にあるということで、男性の方が出張の前後に来たりして、疲労回復点滴だとか、デトックス注射を受けていく方もいらっしゃいます。また、男性はゴルフをされている人が多いので、結構、小さなシミができている人が多いんですね。小さなシミなら簡単に除去することができますし、肌をきれいにするとか、目の下のクマを目立たせなくするという人は結構多いです。ですから、女性の様々な肌の悩みに答えていくのはもちろんですけど、男性の方にももっと気軽に来てもらえるような場所にしたいと思っています。


井上高志

部下を叱るときは、人格を否定するような言葉は使いません。感情的に怒られると、言葉を受ける方はずいぶん辛いものです。相手の成長を考えて、理性的に叱ることが大事です。


金谷宏

まず、社員からもスタッフからも愛される企業にならないといけない。そうなって初めて全社一丸となった経営ができるし、お客様にも愛される企業になれるのだと信じています。