名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三澤和則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三澤和則のプロフィール

三澤和則、みさわ・かずのり。日本の経営者。「ソルナ」社長。山口県出身。医療機器メーカー執行役員、不動産コンサルティング会社専務などを経てソルナを設立。

三澤和則の名言 一覧

当社を創業する少し前に体調を崩し、入院していたのですが、その時に人間には医者がいるが、法人にはいないと気がついたのです。そこで「カイシャの病院」というコンセプトが生まれました。次に、「何科の病院がいいだろう?」と考えていた時に「炎上」なんていう言葉も出て来て、PCやスマホで、いわれのない悪意の情報が問題になっていました。適切に対応できなければ閉店、倒産に追いこまれるというようなことも起こりはじめていました。それで会社の評判やブランドを守る事業に取り組みました。


ネット上の風評被害対策サービスを調う企業はたくさんありますが、SEOの会社が付帯事業として対策をしていたり、監視に特化していたりと、当社とは技術も考え方も違います。当社では最初から、手間暇コストのかかる風評被害対策をいかに事業化できるか、と考えてサービスを徹底的に研究し、技術者育成にも力を入れてきたため、競合企業とは、事業に対するアプローチの仕方が異なるのです。だから必要と思えば、手間のかかるヒアリングをして、会社の体質改善なども提言するのです。


ネット上での風評被害対策で一番大切なことは「悪評を書かれないこと」です。悪評で多いのが、退職した社員が書き込むケースです。そのため、悪評を書き込まないようにするためのサービスも行っています。まず従業員への研修を実施、悪評を書き込むことが、企業にとってだけではなく、書いた本人にもリスクがある行為だと理解を深めます。実際、書き込みを特定されて訴えられるケースもあります。さらに企業側には「悪評の種となる体質」の改善を求めます。悪評は根も葉もないものもあれば、誇張されているとはいえ、種のあるものもあります。その悪評の種を取りのぞけるような、企業の体質改善をうながすコンサルティングも始めています。退職した社員にヒアリングして、本当の退職理由を聞き出し、そこから解決すべき企業の課題を報告します。


三澤和則の経歴・略歴

三澤和則、みさわ・かずのり。日本の経営者。「ソルナ」社長。山口県出身。医療機器メーカー執行役員、不動産コンサルティング会社専務などを経てソルナを設立。

他の記事も読んでみる

孫正義

数字の裏付けのない資料の価値は、ゼロに等しい。


山本昌(山本昌広)

今のメインは、野球解説者とスポーツコメンテーターです。小学3年生から野球を始め、50歳までプロ生活を続けてきました。一昨年から初めて野球以外の世界に出ましたが、まだまだ分からないことだらけです。でも、プロ野球選手であっても、引退後に野球の仕事に携われる人はほんの一握り。そんななかで、今も野球の近くにいられることは本当に幸せです。


松本大

自分から積極的に話しかけ、「この人とは中身のある議論ができる」と認識してもらえれば、最初は拙い英語でも、会話を通して英語力を磨けます。一度でも言いたいことを伝えられれば、それ以降、相手は話を一生懸命に聞こうとしてくれるし、伝えようと努力してくれる。


奥村綱雄

ひとつ上の仕事をやれ。社員は主任、主任は課長の、課長は部長の、部長は役員の、それで初めて大きな仕事ができる。


菅井敏之

本業以外のところで資産形成を行うことが将来の安定につながる。これは、法人も個人も同じ。


岡野守也

考え方が適切(あるいは論理的)であれば、健全な感情が生まれます。考え方が不適切(あるいは非論理的)であれば、感情も不健全になってしまいます。


藤波克之

父と母が苦労して会社を育ててきた背中を見てきました。「これからはモノのサービスは廃れるかもしれないが、心のサービスは廃れない」という父の言葉は忘れられません。


鈴木茂晴

自分のことをちゃんと見てくれていると思わなければ、社員は働かない。社員が最大のステークホルダーだと会社が認識するのが、最も大切な部分。


高島郁夫

いつも頭の中に十個くらいの引き出しがあります。何か引っかかることがあるたびに、頭の中に新たな引き出しができるので、あとは毎日毎日、それぞれの引き出しに情報が少しずつ溜まっていくのを待ちます。するとあるとき、引き出しがいっぱいになるので、そうしたらアクションに移します。どの業態も、その過程を繰り返してきただけなんです。


山田昌弘

モノを買うことで得られる幸福のシステムは国全体の経済成長を前提としたものです。現在は「モノ」ではなく、人間関係、すなわち「つながり」を作るための消費をすべき時代です。


萱野稔人

この先は既存の仕事に付加価値を付けられる人が勝ち残る。例えばタクシーなら、これまでは目的地に連れていくだけだったけど、そこに世のニーズをふまえた+αを付ける。格差が広がるなかで高い賃金を得るのは、それができる人。


マギー司郎

一般の人は一生懸命、毎日、会社に奉仕しながら、自分の人生を生きていくわけじゃない。そういう人は幸せになっていいよね。だけど、芸人の幸せはあんまり……。男前で、言うこともそつがなくて、お金があって、何不自由ない。正直に言ってさ、そういう人の芸はたいてい面白くないよね。