名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三澤千代治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三澤千代治のプロフィール

三澤千代治、みさわ・ちよじ。日本の経営者。「ミサワホーム」創業者。新潟県出身。日本大学理工学部建築学科卒業。ミサワホームを設立。同社を東証一部に上場させた。

三澤千代治の名言 一覧

ハウスは「物」でありハードだが、ホームは「家庭」、つまりソフトである。私たちが提供しようとしたのは、ホームだった。


定年まで40年というと10種類以上の学士になれる。


欲のない年寄りの話に真実がひそんでいる。


私の人生を振り返ると、つくづく私だけでやってきたことはたいしたことはなく、教えていただいたことばかりであったと痛感している。


現代社会では理屈を言うより、五感を磨いた人の方が重要だ。学校と家とを往復しただけの真面目な学生より、人一倍遊びまわって五感を身につけた人の方が、ビジネスマンとして伸びる可能性がある。


世の中の変化に合わせて経営者も変わらなければならない。それには一度死んで生まれ変わるのが一番と考えて、「高度成長成り上がり居士」という戒名をつけて、「私はこのほど死にました」という挨拶をしてまわった。


不透明な時代、人も企業もどう生き残るかとよく言うが、これは生き残りと勝ち残りとあって、なんとかやりくり算段して命を伸ばすというのが生き残り、根本問題をかたづけて次の時代をにらむのが勝ち残り。


友人の山本幸男と2人で事業をスタートした。山本は十日町高校の同窓で、浪人して2年遅れていた。山本は文系で私は理系。私はせっかちだが、彼はのんびり屋。商売も、私はフローで回転が速いほうが好き、彼はストックの堅実派。着ている服は、私は全部紺で、彼は全部茶色。彼は酒が飲めて、ゴルフが好き、私は酒もゴルフもダメ。彼は歌がうまく、私は音痴。女性の好みも全く違う。しかし、山本も私も事業家の家に育ったせいか、何となく気が合った。仕事を一緒にやっていても、口を開けば逆のことを言う。だが、これが経営のバランスになり、なるほどそういう見方もあったかと気付く。


入院生活では収穫もあった。「100日仰向けでいろ」との医師の命令があったため、病室ではずっと天井を見つめていた。暇だったので周囲に目をやると、次第に天井の梁(はり)の出っ張りが気になってきた。なぜこんな不細工なものが部屋にあるのか。それが出発点になった。天井の梁や、部屋の隅の柱の出っ張りがない空間ができないものかと思い、「木質パネル接着工法」を思い付く。これがミサワホームの始まりになった。
【覚え書き|大学4年時に結核で入院したことを振り返って】


三澤千代治の経歴・略歴

三澤千代治、みさわ・ちよじ。日本の経営者。「ミサワホーム」創業者。新潟県出身。日本大学理工学部建築学科卒業。ミサワホームを設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

中村友哉(経営者)

世界で初めて、学生が手作りの衛星を作って成功した。この経験を社会に活かしていくためには起業という選択肢しかなかった。実績を積み上げる中で、アメリカで宇宙投資ブームが起き、日本の投資家も気になるタイミングで資金調達できた。


仲暁子

働き方改革で重視すべきだと思うのは、それぞれの個人が「その働き方でハッピーかどうか」。一律に、「この時間になったら、とにかく仕事を終わらせて家に帰りなさい」という以前に、それぞれが追求する働き方、多様なライフスタイルを実現することが大事だと思います。


川村隆

年寄りが長い間居座っている会社はダメですね。


西山逸成

人と同じことをしていたら生き残れない。


永井幹人(経営者)

「このビルが空きました、賃料はいくらです」ではなく、「働き方改革でこういう効果がある、だからオフィスをこのように使われたらいかがですか?」という提案をすれば我々の付加価値になる。


北島義俊

印刷全体を取り巻く環境が変わったという意味では、新たな市場が広がる可能性がある一方で、危機的な状況でもあると考えています。


干場弓子

経験とともに手帳は時間を管理するのではなく、限られた時間内での生産性を管理するツールだと考えるようになりました。一定の時間内で発揮する自分のエネルギーを管理すると言った方が分かりやすいかもしれません。


ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

子供の頃から、とにかく「変なもの」が好きでした。吉田戦車さんのシュールなギャグマンガやお笑い、ネットに繋いでからは、お笑い系テキストサイトにものめり込みました。「変」というのは、既存のフォーマットや規範に従わないことですよね。そういう「変なもの」を知ることで初めて規範は相対化され、その対立構造を俯瞰で見られるようになるんです。


柳沢一宏

独立後、配偶者などの家族に仕事を手伝ってもらうケースは意外と多いもの。ぜひ、家族に独立を納得してもらい、協力を得られるようにしましょう。


濱松誠

思っていることを発信するだけでなく、各自で一歩踏み出してみよう。たとえば自分から手をあげて異動するのも、その一つ。大企業ではローテーション人事が普通で、自ら行きたいと手を挙げると驚かれます。新規ビジネスの創出もそう。


橋下徹

いったん目標を決めたら、ルールの範囲内であれば、どんな手段を使ってでも実現する。これが僕の、弁護士になったときからずっと貫いてきたやり方。


坂根正弘

世間が見る「経営者の人間力」とは、会社の業績次第で変わる。経営者個人がどれだけ能力や魅力を持っていても、会社の業績がついてこなければ、外部の人からは評価されない。結果を出していない経営者は、人間力があるとは見てもらえない。つまり、経営者の人間力とは、結果が伴わなければならないものである。