名言DB

9419 人 / 110788 名言

三浦瑠麗の名言

twitter Facebook はてブ

三浦瑠麗のプロフィール

三浦瑠麗、みうら・るり。日本の国際政治学者。神奈川県出身。東京大学農学部卒業、同大学院法学政治学研究科修了、法学博士号を取得。東京大学政策ビジョン研究センター講師、テレビコメンテーターなどを務めた。

三浦瑠麗の名言 一覧

若い頃の自分はなによりも安定した職を求めてもがいていました。今振り返ると順番が逆だったと感じています。自分が何をしたいかが大事で、結果は後からついてくるのだと。その意味で私自身が「メディア」として発言ができている今の状況は、私が本当にやりたかったことで、ありがたいことなんです。


2014年、私は「学術書ではない本を書こう」と決断しました。研究書のように「こちらから頼んで出版してもらう」のではなく、出版社から「書いてください」と言われるようになりたいと。待っているだけでなく、自分の力で道を切り開こうと決めたんです。そのために始めたのがブログ「山猫日記」です。


ブログを始めてしばらくすると、転機が訪れました。ブログを読んでくれた文春新書の方から出版依頼が来たんです。「新書」というある程度の部数が期待されるジャンルからの依頼。私を「売れる可能性のある著者」として見てくれたのはとても嬉しかったですね。また、ネットで「ホウドウキョク」というニュース番組をやろうと考えていたプロデューサーから「アンカーパーソンとして出演しませんか」と声がかかったんです。結果、この仕事をきっかけに他のメディアの仕事も受けるようになりました。


三浦瑠麗の経歴・略歴

三浦瑠麗、みうら・るり。日本の国際政治学者。神奈川県出身。東京大学農学部卒業、同大学院法学政治学研究科修了、法学博士号を取得。東京大学政策ビジョン研究センター講師、テレビコメンテーターなどを務めた。

他の記事も読んでみる

下遠野亘

まずは自分が楽しまなければ何も得られない。学んだことをメモするのも、その店での食事が終わってから。「楽しんだ後」と決めています。


河合薫

「ダイバーシティ」を掲げる企業も多いですが、本来の意味でのダイバーシティをしている企業は非常に少ない。国籍、年齢、採用形態などあらゆる属性の人と一緒に協働するという概念なのに、なぜか女性登用の話ばかりなのです。「なんの目的でダイバーシティをなさっているんですか?」といっても、答えられるリーダーはほとんどいません。これでは、いつまで経っても多様な人が能力を発揮できる職場にはならないでしょう。


竹田和平

お客が喜べるものでないと市場では存在できない。


堀場雅夫

いまの起業家はかわいそうだなと思うことと、甘えているなと思うことがあります。私らのころは文字通り「ガレージ産業」で、車庫にみかん箱を並べて事業を起こしました。いまそんなスタイルで大企業に売り込みに行っても、受付で追い返されてしまうでしょう。起業するのにも格好をつける必要があり、その分カネがかかります。反面、ベンチャー支援システムは私らのころと比較にならないほど充実しています。国も地方公共団体も融資制度などを用意して、至れり尽くせりです。


石川康晴

政治的な話になりますが、事業を推進している役職者に案件を持ち込まなければ、ビジネスは実現しにくい。これは、会社組織に属するビジネスパーソンならば、誰もが理解しておくべき仕組みです。自信と勇気があれば、社長に直談判してもいいでしょう。


窪田良

薬は、これをやったら失敗するというのはあっても、これをやったら成功するというものはない。最後は神のみぞ知る。だからこそ、最後までやり続けるしかない。


佐藤優

インプットの時間は一日4時間以上、意識的につくっている。


羽生善治

大量の情報に触れる機会が多いということは、自分の頭で考え、課題を解決していく時間が少なくなっていくことでもあるので、そこが少し気になります。未知の局面に出合ったときの対応力は、今の若い棋士たちは先輩たちより少し下がっているような気がするのです。


田坂広志

成功者の体験談から智恵をつかもうとするならば、そこでつかんだと思ったものが、単なる知識なのか、自身の過去の体験と共鳴する智恵としてつかんだものかを判断しながら本を読まなければなりません。


舛成孝二

僕はアニメーションは作画が良くて当たり前だと思ってるんです。でも、演出を始めたころに「作画は、アニメーターが描けるものを要求しろ」と言われたことがあるんです。でもそれじゃ、演出は何もできないじゃないですか。だったら、描ける作画スタッフを連れてくればいい。作画スタッフに合わせて演出の要求レベルを下げるんじゃなくて、演出の要求レベルを上げるために、それに見合うアニメーターを連れてくるという方向にやり方を切り替えていった。