名言DB

9429 人 / 110879 名言

三浦瑠麗の名言

twitter Facebook はてブ

三浦瑠麗のプロフィール

三浦瑠麗、みうら・るり。日本の国際政治学者。神奈川県出身。東京大学農学部卒業、同大学院法学政治学研究科修了、法学博士号を取得。東京大学政策ビジョン研究センター講師、テレビコメンテーターなどを務めた。

三浦瑠麗の名言 一覧

若い頃の自分はなによりも安定した職を求めてもがいていました。今振り返ると順番が逆だったと感じています。自分が何をしたいかが大事で、結果は後からついてくるのだと。その意味で私自身が「メディア」として発言ができている今の状況は、私が本当にやりたかったことで、ありがたいことなんです。


2014年、私は「学術書ではない本を書こう」と決断しました。研究書のように「こちらから頼んで出版してもらう」のではなく、出版社から「書いてください」と言われるようになりたいと。待っているだけでなく、自分の力で道を切り開こうと決めたんです。そのために始めたのがブログ「山猫日記」です。


ブログを始めてしばらくすると、転機が訪れました。ブログを読んでくれた文春新書の方から出版依頼が来たんです。「新書」というある程度の部数が期待されるジャンルからの依頼。私を「売れる可能性のある著者」として見てくれたのはとても嬉しかったですね。また、ネットで「ホウドウキョク」というニュース番組をやろうと考えていたプロデューサーから「アンカーパーソンとして出演しませんか」と声がかかったんです。結果、この仕事をきっかけに他のメディアの仕事も受けるようになりました。


三浦瑠麗の経歴・略歴

三浦瑠麗、みうら・るり。日本の国際政治学者。神奈川県出身。東京大学農学部卒業、同大学院法学政治学研究科修了、法学博士号を取得。東京大学政策ビジョン研究センター講師、テレビコメンテーターなどを務めた。

他の記事も読んでみる

入山章栄

経営学では、「最初は失敗を重ねたほうが長い目で見れば成功しやすい」という研究成果がある。失敗すれば「自分の世界観は間違っているかもしれない」と考え、学習を怠らなくなるからだ。


藤井孝一

会社での成績が上位二割層に入るような優秀で問題意識が高い人ほど、現状に強い危機感を持ち、週末起業などの社外活動を開始しています。企業の耐用年数が短くなっている時代に、ひとつの会社だけで働き続けることは丁半博打のように危険な賭けだからです。


栗栖義臣

インターネットのサービスは、日々機能改善していきますが、はてなは他社と異なり、インターネット上でユーザーとコミュニケーションを取りながら開発していくのが非常にユニーク。


塚本隆史

私は顧客志向、現場思考、未来志向といっていますが、とくにお客様第一主義をよく理解して実践できる人材、変革を恐れない人材がこれからますます重要になってきます。逆にいえば、自分たちの理屈で凝り固まってお客様と接するような人は遠慮したい。


木内博一

よく、視察に来られた農業団体の人が、売上はいくらだ、利益はいくらだと質問しますが、それを聞くたびに日本の農業はまだまだ遅れていると思います。そういうものは、我々にとってあまり意味がないのです。我々にとって一番大切なのは、この組織の中に信頼できる友人、パートナーが何人いるか、そして、彼らと一緒に仕事をし、一緒に遊ぶことがどれだけ楽しいかということなのです。働く喜びはどこにあるのかってことです。


為末大

僕としてはインパクトを与えることで人々の意識を変えたい。常識が変わる前には、必ず何らかのインパクトが関わっていると思います。とにかく意識が変わるようなことを起こし続けることが大事です。


高橋俊之

じつは、我々は普段の生活のなかで意外と考えていません。たとえば、他人に何かを説明するときについ、「普通はこうするよね」などと、「普通」という言葉を使ってしまいがちです。そこで、なぜそうするのか、理由をきちんと考えて説明する。これだけで考える力は少しずつ上がっていきます。


松村誠一(経営者)

何事も自分で判断して、自分で行動しなければならないのですから、いい加減なことはできません。しかし、そんな立場に置かれたからこそ、独立心と決断力を養うことができたのだと思います。
【覚書き|30歳頃、単身で3年間シンガポールに駐在した経験について語った言葉】


大前研一

新幹線に乗るにしても、どの便ならその日のスケジュールが一番段取りよくこなせるか、ネットを使って時刻表や乗り継ぎを調べておく。そうすると、この日は時間ギリギリまで事務所で仕事をするより、電源を使える席が空いている早めの便にして、車中で原稿を仕上げたほうがいいなどという計算が立つ。


木暮太一

私は基本的に、国内で働くビジネスマンに英語は必要ないと考えています。学生時代には英会話スクールの帰国子女クラスで学びましたが、最初に就職した富士フィルムでも、その後のサイバーエージェントとリクルートでも、いっさい英語は使いませんでした。それに、あと数年もすれば、英語の問題はテクノロジーが解決するでしょう。ドラえもんの道具で、食べるだけで外国語が堪能になる「ほんやくコンニャク」がありますが、あれに近いものができるのではないでしょうか。