名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三浦瑠麗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦瑠麗のプロフィール

三浦瑠麗、みうら・るり。日本の国際政治学者。神奈川県出身。東京大学農学部卒業、同大学院法学政治学研究科修了、法学博士号を取得。東京大学政策ビジョン研究センター講師、テレビコメンテーターなどを務めた。

三浦瑠麗の名言 一覧

若い頃の自分はなによりも安定した職を求めてもがいていました。今振り返ると順番が逆だったと感じています。自分が何をしたいかが大事で、結果は後からついてくるのだと。その意味で私自身が「メディア」として発言ができている今の状況は、私が本当にやりたかったことで、ありがたいことなんです。


2014年、私は「学術書ではない本を書こう」と決断しました。研究書のように「こちらから頼んで出版してもらう」のではなく、出版社から「書いてください」と言われるようになりたいと。待っているだけでなく、自分の力で道を切り開こうと決めたんです。そのために始めたのがブログ「山猫日記」です。


ブログを始めてしばらくすると、転機が訪れました。ブログを読んでくれた文春新書の方から出版依頼が来たんです。「新書」というある程度の部数が期待されるジャンルからの依頼。私を「売れる可能性のある著者」として見てくれたのはとても嬉しかったですね。また、ネットで「ホウドウキョク」というニュース番組をやろうと考えていたプロデューサーから「アンカーパーソンとして出演しませんか」と声がかかったんです。結果、この仕事をきっかけに他のメディアの仕事も受けるようになりました。


三浦瑠麗の経歴・略歴

三浦瑠麗、みうら・るり。日本の国際政治学者。神奈川県出身。東京大学農学部卒業、同大学院法学政治学研究科修了、法学博士号を取得。東京大学政策ビジョン研究センター講師、テレビコメンテーターなどを務めた。

他の記事も読んでみる

小路明善

物的価値はマイナス2度にまで冷やして飲む「エクストラコールド」というビールがあります。これは氷点下2度という凍る寸前のビールが美味しく飲めるという物性価値です。一方、数年前に販売したピンク缶入りのスーパードライは情緒的価値になります。ビールという男性色の強い飲み物に対し、ピンク色の缶を作ることで、何となく可愛く、食卓に置くと明るくなるような情緒的な訴えを盛り込んだ商品を作りました。これらの物的価値と情緒的な価値を常に作り続け、商品に付加して売ることが大事なのです。


貝原益軒

(自分の)身に奉ずること薄きを倹約とし、人に奉ずること薄きを吝嗇(りんしょく)とす。


鈴木喬(経営者)

経営はバクチ。負けたら、首を切られても仕方がない。それをやる社外取締役こそ、最後の安全装置。


大西賢

「Aを立てたらBは立たない」と言ってしまったら、それに続く言葉は、「仕方がないからどちらかを諦めよう」です。思考停止とはそういう状態です。ものごとはここで止まってしまう。しかし、「AとBの両方を立たせるにはどうすればいいか」という発想をすれば、必ずいい解決策が出てくるものなのです。


遠藤憲一

いまどん底の人でも努力することを諦めたら負け。ダメなりに一生懸命やれば結果はついてくる。キツくても、手を抜かない癖をつけること。


田原祐子

「初回アプローチに○○の資料で□□を説明する」というフレームを決めておけば、それに対してお客様から必ず出てくる決まった質問や競合情報などがあるものです。それらを蓄積し、チームで共有化して提案資料をブラッシュアップしていけば、営業のナレッジはどんどん蓄積されていきます。


佐々木常夫

通常の仕事は拙速を尊ぶ。


畠中雅子

周囲の人の行動を見て、「自分もやらないと損」と安易に乗る人は、何でもかんでも乗るので、お金がいくらあっても足りない。日本人は「周囲を見て行動する」ので、このようなお金の使い方をする人が非常に多い。しかし、こんなことをしていたらお金はたまりません。「人は人、自分は自分」という考え方を持っていれば、ムダな出費をすることはなくなる。そうすれば、細々とした節約をしなくても、お金はたまっていくのです。


八塩圭子

イベントなどで、台本もできていないのに1か月も前から打ち合わせをしようとする人がいます。たしかに、ずいぶん前から打ち合わせをすると、準備している気分になって安心するんです。でも、台本もできてないのに打ち合わせしても、結局何も決まらないことが多い。それなら、もっと直前になって、集中して打ち合わせしたほうが、遥かに効率的です。だから、パッと集中して打ち合わせして、直前にやるだけ準備をやって、終わったら終わり。それくらいの気持ちの切り替えも大切だと思います。


中田亨

質問が得意な人と不得意な人では、明らかに後者の方がミスをする確率が高い。質問下手な人は、仕事を頼まれた時に「よく理解できなかったこと」や「疑問に思ったこと」を相手にしっかり聞けないまま仕事を進めるため、ミスをするのです。


安藤百福

即席めん開発に成功したとき、私は48歳になっていた。遅い出発ともいわれるが、人生に遅すぎるということはない。50歳でも、60歳でも新しい出発はある。


酒匂隆雄

レバレッジを大きくするということは、借金をして預金をするようなもの。お止めなさい。スワップ・ポイント狙いの取り引きは、余りレバレッジを高くしてはいけない。