名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三浦淳寬(三浦淳宏)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦淳寬(三浦淳宏)のプロフィール

三浦淳寬(三浦淳宏)、みうら・あつひろ。日本のプロサッカー選手、サッカー解説者、サッカー指導者。大分県出身。小学3年からサッカーを開始。サッカーの名門・長崎県立国見高等学校で活躍。青山学院大学中退後、横浜フリューゲルスに入団。その後、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸、横浜FCなどで活躍した。

三浦淳寬(三浦淳宏)の名言 一覧

天才である必要はない。負けない気持ちを持って、勝つために必死で考え、努力を続ける姿勢を忘れなければ、あなたの挑戦はいつか必ず花開く。


初めからうまくいくことなんて、ほとんどありません。でも、チャレンジしない限り、成功はできない。


勝利を引き寄せるためには全員の気持ちを一つにすること、メンタルを強く持つことが本当に大事。


僕は1日の終わりに風呂に入り、必ず今日の言葉づかい、話し方などを思い返し、もっといい伝え方がなかっただろうかと考える時間をつくっています。


未来は絶対に明るい、チャレンジする価値があると信じることが大切。


常に今日よりも明日、よくなる可能性を探し続けること。それが自分を継続して成長させるための唯一の方法ではないでしょうか。


どんな世界でも天才は一握り。僕は持ち前のセンスに胡座をかいて天狗になり、消えていった選手を何人も見てきました。


言葉って、とても大切なツールですよね。そして、ニュアンスだけでは真意が伝わらないのが子ども。一番難しいコミュニケーションの対象と相対することで、僕のコミュニケーション能力も確実に高まっていくはず。


高校時代も、誰より練習に励んだと思っています。7時から始まる朝練の1時間前から自主練、昼休みは一人で筋トレ。ライバルよりもうまくなるためにはどうすべきか、常に考えていました。


サッカーって、11人ずつの敵味方が、限られたフィールドで戦うスポーツでしょう。そこでは相手を欺いてチャンスをつくる心理戦も大切になる。


三浦淳寬(三浦淳宏)の経歴・略歴

三浦淳寬(三浦淳宏)、みうら・あつひろ。日本のプロサッカー選手、サッカー解説者、サッカー指導者。大分県出身。小学3年からサッカーを開始。サッカーの名門・長崎県立国見高等学校で活躍。青山学院大学中退後、横浜フリューゲルスに入団。その後、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸、横浜FCなどで活躍した。

他の記事も読んでみる

戸塚隆将

会議で発言のない出席者は存在意義すらないも同然。マッキンゼーでは、大学を卒業したての新人にも会議での発言を強く求めます。


八木龍平

自分は何を大事にしているのか把握できていれば、普段自分が褒めやすい人や行動がわかり、反対に、自分がどういう人や行動、発言を褒めないのかもわかる。そうして、これまで価値を感じなかった部分も褒められるようになる。


ムーギー・キム(金武貴)

「時間を守る」という凡事を徹底するには、スケジュール管理が必要で、仕事全般に関するタイムマネージメント力が上がる。また、時間を大切にするようになれば、仕事の優先順位をつけるようになるので、仕事の生産性も高まる。一つの凡事を徹底することが、仕事全般の能力を大きく高めることにつながる。


ジョン・コッター

変革を起こそうとする試みの70%は失敗します。社員をやる気にできず、変革のスタートラインにすら立てないこともあります。スタートしたものの完全に失敗に終わる場合もあります。そしてヘトヘトに消耗して、非常に遅きに失したタイミングで目的を達成する場合もあります。


山下聰(経営者)

ソリューションはお客様の課題を間き出すことから生まれますが、お客様の事業領域や経営戦略、事業の方向性などによって課題は様々で、お客様の近くに寄り添うことが大切です。


佐藤綾子(心理学者)

何をやってもマイペースな自己満足型の人に注意するときは、本人のペースを認めたうえで、短くポイントだけ伝えましょう。自己満足しているだけに、あまり鋭く細かく修正点を指摘したりすると、急に反発しかねません。自分のやり方がよいと思っているので、あまり注意されると、陰で悪口を言ったりもします。


石黒和義

部長でも取締役でも社長でも、常にプレイヤーであるという気持ちは持ち続けていたいと思っているのです。その気持ちが人材を育てることにもなり、自分自身の楽しみにもなるからです。


斎藤英明(経営者)

リーダーの必要条件的な要素は「ベースとなるスキル」「ユニークなインサイト(洞察)」「様々な経験」です。実際に企業経営においてこれらを使うのは仕事全体の1~2割ですが、知っていれば時間の使い方、生産性、効率性、アウトプットのクオリティーなどで差が出ます。


松本幸夫

その人が心からやりたいと思って残業に打ち込んでいるのなら問題はないのですが、決してそうではなく、たんにそれが習慣になってしまっている人も多いように思われます。必要だから残業をするというよりも、「毎朝8時の電車に乗る」というのと同じ感覚で、「毎晩10時までは働いて帰る」といったパターンが身体に染みついてしまっているのです。


為末大

18歳で初めて経験した世界大会で、僕が勝てなかった日本人選手たちがみな予選落ちするのを目の当たりにして、日本での一番がひとつの島での一番でしかないことを痛感しました。そして、自分の目標が小さかったことに気づき、100メートルという世界に現実味を感じなくなっていったのです。そのときからは、僕にとっては「世界に出る」ことがとても重要になっていきました。


青木仁志

成功する考え方とは、特別なことを言ったり、したりしているわけではなく、当たり前のことをシンプルに考え、諦めずに淡々とやりぬく中にある。そこに学ぶ謙虚な人間だけが、生き延びられるのではないでしょうか。


白井一幸

中間管理職にはある種の「覚悟」が要ります。皆さんの中には、「こんなことを言ったら上司の反感を買うのではないか」あるいは「部下に嫌われるんじゃないか」などと、他人の心証が気になる人がいるかもしれません。でも、皮肉なことに、嫌われないように立ち回るほど嫌われてしまうものです。大事なのは、たとえ嫌われても、上司にとって最善の意見、あるいは会社にとって最も大事なことを伝えることです。自分ではなく、会社や組織に焦点をあてれば、相手の心証など気にならなくなるはずです。