名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三浦淳寬(三浦淳宏)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦淳寬(三浦淳宏)のプロフィール

三浦淳寬(三浦淳宏)、みうら・あつひろ。日本のプロサッカー選手、サッカー解説者、サッカー指導者。大分県出身。小学3年からサッカーを開始。サッカーの名門・長崎県立国見高等学校で活躍。青山学院大学中退後、横浜フリューゲルスに入団。その後、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸、横浜FCなどで活躍した。

三浦淳寬(三浦淳宏)の名言 一覧

天才である必要はない。負けない気持ちを持って、勝つために必死で考え、努力を続ける姿勢を忘れなければ、あなたの挑戦はいつか必ず花開く。


初めからうまくいくことなんて、ほとんどありません。でも、チャレンジしない限り、成功はできない。


勝利を引き寄せるためには全員の気持ちを一つにすること、メンタルを強く持つことが本当に大事。


僕は1日の終わりに風呂に入り、必ず今日の言葉づかい、話し方などを思い返し、もっといい伝え方がなかっただろうかと考える時間をつくっています。


未来は絶対に明るい、チャレンジする価値があると信じることが大切。


常に今日よりも明日、よくなる可能性を探し続けること。それが自分を継続して成長させるための唯一の方法ではないでしょうか。


どんな世界でも天才は一握り。僕は持ち前のセンスに胡座をかいて天狗になり、消えていった選手を何人も見てきました。


言葉って、とても大切なツールですよね。そして、ニュアンスだけでは真意が伝わらないのが子ども。一番難しいコミュニケーションの対象と相対することで、僕のコミュニケーション能力も確実に高まっていくはず。


高校時代も、誰より練習に励んだと思っています。7時から始まる朝練の1時間前から自主練、昼休みは一人で筋トレ。ライバルよりもうまくなるためにはどうすべきか、常に考えていました。


サッカーって、11人ずつの敵味方が、限られたフィールドで戦うスポーツでしょう。そこでは相手を欺いてチャンスをつくる心理戦も大切になる。


三浦淳寬(三浦淳宏)の経歴・略歴

三浦淳寬(三浦淳宏)、みうら・あつひろ。日本のプロサッカー選手、サッカー解説者、サッカー指導者。大分県出身。小学3年からサッカーを開始。サッカーの名門・長崎県立国見高等学校で活躍。青山学院大学中退後、横浜フリューゲルスに入団。その後、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸、横浜FCなどで活躍した。

他の記事も読んでみる

岡康道

私が企画を考えるのは朝です。創造性が必要な仕事は、朝9時半から正午まで、自分のオフィスで1人でじっくり考えることにしています。アイデアが途中まで浮かんだ場合も、いい案が浮かばない場合も、正午が来たら、その日は「打ち止め」。アイデアはいったん寝かせ、続きは翌日に考えます。


久瑠あさ美

メンタルトレーニングは人間力が問われます。貧乏くじを引いたような仕事に対して、いかに「want(~したい)」でとらえられるか。やりがいのある仕事を任されたと切り替えていきましょう。


ジョン・コッター

ゼロから何かを生み出す者がイコール、優れたリーダーであるということが珍しくありません。米国が何度も何度も間違いを犯し続けているにもかかわらず、上手くやってきたのは、起業家精神を高めることに成功してきたからでしょう。


又吉直樹

ある言葉をポンッと自分の前に放り出すと、そこになんらかの変化、反応があります。0から1をつくるのはものすごく大変やけど、それなら1を自分で用意すればいい。1があれば2、3へと案外ラクに転がっていくので、そこからおもろいと思えるものを刈り取ればいいんです。


澤穂希

私は、苦手なことをなんとしてでも克服しようとは思っていません。もちろん、苦手なことに対しても努力はします。でも、無理に克服しようとしないで、「できないことはできない」と気持ちを切り替えるのです。できないことに引っかかり続けるよりも、得意なことを伸ばしていくほうがいいという発想です。


心屋仁之助

「私はこんな人間なんだ……」と落ち込むのではなく、「私はこんな人間なんだ!(笑)」と笑ってしまいましょう。勝手にダメ人間だと思っているだけで、そんなことくらいできなくてもいいのです。だって、できないんですもの。それが自分なのです。わざわざポジティブに考えることさえ必要ないのです。


高橋浩一(ビジネスコーチ)

相手に何かしてもらう時、自分の都合だけでは相手は動いてくれません。まず、相手の考えを100%理解することが大事。そのために会話中は一切、相手をどう説得しようかを考えない。


柳井正

経営者は1人でもやり抜かないといけない。一番厳しい決断は自分以外にできない。そこから逃げている経営者は大半が退場しています。


三品和広

経営の変革は体力・精神力共に寿命を縮めながらやる覚悟が必要。それを成し遂げた後に果実を得られる期間が長い方がモチベーションが上がる。米国では変革が必要な時は40代の経営者を選ぶことが多い。


岡藤正広

日本人のホスピタリティーは世界が手本にする。お金を払いたいと言うくらい、日本のノウハウは世界が欲しがっている。だから日本で成功したモデルを世界に展開することはビジネスとして成立する。


高城幸司

いまの時代に社員が謙遜して社長を立ててくれると決めつけるのは古い考え方です。むしろ、「すごいじゃん」と後輩を褒めて、称えるくらいの度量の深さを示したいものですね。


松岡修造

心を支えるテクニックとして、僕は20年以上前から起床時と就寝前に、鏡の前に立って、やるべきことを自分に言い聞かせています。毎日、反復することで、体に染みついていく。