名言DB

9419 人 / 110788 名言

三浦淳寬(三浦淳宏)の名言

twitter Facebook はてブ

三浦淳寬(三浦淳宏)のプロフィール

三浦淳寬(三浦淳宏)、みうら・あつひろ。日本のプロサッカー選手、サッカー解説者、サッカー指導者。大分県出身。小学3年からサッカーを開始。サッカーの名門・長崎県立国見高等学校で活躍。青山学院大学中退後、横浜フリューゲルスに入団。その後、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸、横浜FCなどで活躍した。

三浦淳寬(三浦淳宏)の名言 一覧

天才である必要はない。負けない気持ちを持って、勝つために必死で考え、努力を続ける姿勢を忘れなければ、あなたの挑戦はいつか必ず花開く。


初めからうまくいくことなんて、ほとんどありません。でも、チャレンジしない限り、成功はできない。


勝利を引き寄せるためには全員の気持ちを一つにすること、メンタルを強く持つことが本当に大事。


僕は1日の終わりに風呂に入り、必ず今日の言葉づかい、話し方などを思い返し、もっといい伝え方がなかっただろうかと考える時間をつくっています。


未来は絶対に明るい、チャレンジする価値があると信じることが大切。


常に今日よりも明日、よくなる可能性を探し続けること。それが自分を継続して成長させるための唯一の方法ではないでしょうか。


どんな世界でも天才は一握り。僕は持ち前のセンスに胡座をかいて天狗になり、消えていった選手を何人も見てきました。


言葉って、とても大切なツールですよね。そして、ニュアンスだけでは真意が伝わらないのが子ども。一番難しいコミュニケーションの対象と相対することで、僕のコミュニケーション能力も確実に高まっていくはず。


高校時代も、誰より練習に励んだと思っています。7時から始まる朝練の1時間前から自主練、昼休みは一人で筋トレ。ライバルよりもうまくなるためにはどうすべきか、常に考えていました。


サッカーって、11人ずつの敵味方が、限られたフィールドで戦うスポーツでしょう。そこでは相手を欺いてチャンスをつくる心理戦も大切になる。


三浦淳寬(三浦淳宏)の経歴・略歴

三浦淳寬(三浦淳宏)、みうら・あつひろ。日本のプロサッカー選手、サッカー解説者、サッカー指導者。大分県出身。小学3年からサッカーを開始。サッカーの名門・長崎県立国見高等学校で活躍。青山学院大学中退後、横浜フリューゲルスに入団。その後、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸、横浜FCなどで活躍した。

他の記事も読んでみる

塚越寛

この社是「いい会社をつくりましょう」を掲げたのは、いまから10年ほど前になりますが、会社を任された当初から、いい会社をつくりたいという思いは常に持っていました。目先の利益を追い求めるのではなく、長期的な視野に立って会社を運営していこうと考えていました。それが企業の陣容が次第に整い、ようやく目指す姿を描きやすくなってきたということです。


花田賢人

まずはユーザー数や広告数を伸ばすより、コアなファンを作ることが重要。


挽野元

BOSEは常にチャレンジし続けています。より良い音をより多くの方に届けるため、新しいユーザー層に向けて新しいスタイルを発信し続けています。変わらないBOSEと変わるBOSEの両方があるのです。


小嶋淳司

現場に立たなければいけない。商売には報告書や決算書などでは判断できない次元のものがある。


新藤兼人

私自身を例に挙げれば、シナリオを書き、映画を撮っていますが、私に何ら能力がなかったら世間は受け入れてくれません。現実は厳しいから、お前は年を取ってしまってもう駄目だけれど、仕方がないから認めてあげようなどということは絶対にない。価値がなければ認めてもらえないんです。


家入レオ

私はちっちゃい人間だから。自分自身を表現したい欲求はまだまだ消えない。いつか「自分のため」を脱ぎ捨てて、生まれてきてくれてありがとうと言ってくれたファンに応えるためだけに歌う、そのことに100%の幸せを感じられる大人になりたい。


龍華明裕

会社を経営しようと思ったとき、また会社の中で生きようと思ったとき、自分が価値を感じるものに対してどれだけエネルギッシュに、一生懸命になれるかということが非常に重要だと考えます。


川西修

最大のライバルは時代だと思います。時代環境が変わればお客様の考え方や行動も変わってまいりますし、変われば、経営の仕方や取り組み方も変えていかなければなりません。


哀川翔

どんな仕事をしてても、必ず壁っていうのはあると思うんですよ。そこにぶち当たらず、自分ではうまく回避したと思っても、その壁は一生自分につきまとうと思ったほうがいいよね。逆に、どんなに厚い壁だと思っても、2、3回ぶち当たっていけば、ウソみたいに崩れていきますから。ただ、ぶつかる前から目を逸らしているから、怖くなるの。だまされたと思って、一度ぶつかってごらん。「なぁーんだ」と思うくらい、スーッと壁は消えてしまうから。


奥田務

変化に気づくために必要なのは、「烏の目」です。業界や企業を俯瞰すれば、次に来る変化の兆しが見えるはずです。