三浦淳寬(三浦淳宏)の名言

三浦淳寬(三浦淳宏)のプロフィール

三浦淳寬(三浦淳宏)、みうら・あつひろ。日本のプロサッカー選手、サッカー解説者、サッカー指導者。大分県出身。小学3年からサッカーを開始。サッカーの名門・長崎県立国見高等学校で活躍。青山学院大学中退後、横浜フリューゲルスに入団。その後、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸、横浜FCなどで活躍した。

三浦淳寬(三浦淳宏)の名言 一覧

天才である必要はない。負けない気持ちを持って、勝つために必死で考え、努力を続ける姿勢を忘れなければ、あなたの挑戦はいつか必ず花開く。


初めからうまくいくことなんて、ほとんどありません。でも、チャレンジしない限り、成功はできない。


勝利を引き寄せるためには全員の気持ちを一つにすること、メンタルを強く持つことが本当に大事。


僕は1日の終わりに風呂に入り、必ず今日の言葉づかい、話し方などを思い返し、もっといい伝え方がなかっただろうかと考える時間をつくっています。


未来は絶対に明るい、チャレンジする価値があると信じることが大切。


常に今日よりも明日、よくなる可能性を探し続けること。それが自分を継続して成長させるための唯一の方法ではないでしょうか。


どんな世界でも天才は一握り。僕は持ち前のセンスに胡座をかいて天狗になり、消えていった選手を何人も見てきました。


言葉って、とても大切なツールですよね。そして、ニュアンスだけでは真意が伝わらないのが子ども。一番難しいコミュニケーションの対象と相対することで、僕のコミュニケーション能力も確実に高まっていくはず。


高校時代も、誰より練習に励んだと思っています。7時から始まる朝練の1時間前から自主練、昼休みは一人で筋トレ。ライバルよりもうまくなるためにはどうすべきか、常に考えていました。


サッカーって、11人ずつの敵味方が、限られたフィールドで戦うスポーツでしょう。そこでは相手を欺いてチャンスをつくる心理戦も大切になる。


三浦淳寬(三浦淳宏)の経歴・略歴

三浦淳寬(三浦淳宏)、みうら・あつひろ。日本のプロサッカー選手、サッカー解説者、サッカー指導者。大分県出身。小学3年からサッカーを開始。サッカーの名門・長崎県立国見高等学校で活躍。青山学院大学中退後、横浜フリューゲルスに入団。その後、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸、横浜FCなどで活躍した。

他の記事も読んでみる


松枝寛祐

M&A先企業の有力人材の活用、あるいは育成では、海外事業を拡大させていくなかではどうしても現地の人間を幹部に登用していく必要があります。日本に外資系企業が参入した場合も、営業などのお客様に接する基本的な部分は国の文化、習慣をよくわかっている日本人を起用すると思います。我々が海外に行った場合も同じように、現地幹部の登用が不可避です。


生月誠

周りの目には分からないぐらい小さいことでも、その積み重ねは、大きな喜びを生み出す。


小山昇

使い回せるものは徹底的に使い回します。私は社員の誕生日に直筆のハガキを送っていますが、その文面も10パターンのうちからふさわしいものを選んで書いています。内容を考えなくていいからスラスラ書ける。宛先を含めて表裏書くのに1枚3分30秒です。


仰木彬

山に登るルートはたくさんあるのだから、自分の成功体験を押し付けてはいけない。


伊藤寛治

私は社長就任時から、できるだけ社員と経営との距離を短くしたいと考えてきました。現場、支店、協力会社の会合など、できるだけ関係者の声、息づかいの聞こえる場に出るようにして、経営を進めてきました。


安藤文男

基本的な技術力を習得して初めて、その上の業務系システムや金融系のシステム、更にはプラットフォームのような基盤システムに入っていけるのだと思うんです。そこから何を選ぶかは人それぞれ好みや嗜好があるでしょうから、まずは基本的な技術力を習得して欲しいと言っています。


高木茂知

技術士が大事にしているのが「倫理観」です。技術士の義務として法で規定され、当会では技術士倫理綱領を定めています。どんなに高い技術力や知見があっても、この倫理観が欠如すれば、たちまち信用を失墜させて、個人も企業も社会も立ち行かなくなります。


ページの先頭へ