名言DB

9490 人 / 112001 名言

三浦正臣(飲食店プロデューサー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦正臣(飲食店プロデューサー)のプロフィール

三浦正臣、みうら・まさおみ。日本の飲食店プロデューサー。「店舗ナンバーワン(株)」社長。神奈川県出身。店舗流通ネット取締役営業本部長などを務めたのち独立。数多くの飲食店プロデュースを手がけた。

三浦正臣(飲食店プロデューサー)の名言 一覧

私達はこれからも、飲食店プロデュース集団として、常に世界にも目を向けながら「誰も見たこともないようなお店」をつくり続けていきたい。


日本の飲食店の地位を欧米並みに高めたい。


私はこれまで多くの飲食店プロデュースをしてきて、成功も失敗もありました。今はおいしいのは当たり前。雰囲気が良くて楽しめる空間も提供していかないと、勝てない時代になっています。


店舗流通ネットにいた時は仕事漬けの毎日で、海外に行く暇もありませんでした。このため退社後は、仕事も兼ねてアジアやヨーロッパに出掛けて、見間を広めてきました。私は1500ものいろいろな飲食店舗を手掛けてきましたが、世界にはまだおいしい食や面白い店舗がたくさんあることが分かりました。


海外に行くと、日本で身に付いた固定観念が揺さぶられます。例えばフランスに行くと、素材は同じなのに、毎回今まで食べたことのない味の料理が出てくるのです。そうした創意工夫は店づくりにおいて不可欠だと思います。


私達が手掛けるお店は、料理が美味しいのは当たり前で、楽しい、連れていきやすいといった「空間づくり」を大切にしています。それでいて設備投資は必要最小限にして「稼げるお店」にもこだわっています。


三浦正臣(飲食店プロデューサー)の経歴・略歴

三浦正臣、みうら・まさおみ。日本の飲食店プロデューサー。「店舗ナンバーワン(株)」社長。神奈川県出身。店舗流通ネット取締役営業本部長などを務めたのち独立。数多くの飲食店プロデュースを手がけた。

他の記事も読んでみる

神田昌典

半年後のあなたは、いまこの瞬間に決まっている。半年後の計画がどれだけ具体的に決まっているかで、その人物の成長度がかわる。具体的な目標を掲げることができれば、半年前とは見違えるほど成長している。石の上にも三年。これは石器時代の話である。3ヶ月間、懸命にやってダメな場合は、3年ダラダラやっても同じことだ。


筒井義信

社長就任後、現場に出向くことはもちろん、社内の諸会議にも多数参加してコミュニケーションを増やす努力をしてきましたが、量・質ともにまだ足りないと思っています。そこは引き続き私の課題です。


岡田克也

何度も会って話をすることで、「この人が言っていることだったら信頼できる」とか、「この人は言っていることを、きっと実現させるのだろう。本音を言っているろう」と、互いに思えてきます。何度も会うことでようやく信頼関係が生まれるのです。


高田明(ジャパネットたかた)

人生で無駄なことは何一つ無い。積み上げていけば、必ず後に生きてくる。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

生活をコントロールをする人は、健康面だけでなく、同時に精神面のコントロールも強化していくことになります。恵まれた健やかさと強さは、心に歓びとパワーを与えます。自分をよりよくコントロールしていけば、快適な暮らしに恵まれるのです。


中村憲剛

オシムさんの後、岡田(武史)監督になっても「走れ」というのが日本代表のひとつのキーワードになっていますよね。もしかすると、一般の方は「代表選手にいまさら走れってどういうこと?」と思われているかもしれません。でも、俺自身、それまで「走れ」って「どう走るの?」「なんのために走るの?」とつながっていなかったんです。とらえ方次第では、ただ闇雲に縦横無尽に走ることも「走る」のひとつですし。質についてわかっていないことが多かった。そこをオシムさんは言葉にしてくれた。シンプルに言えば、自分がパスを出した後に立ち止まるんじゃなく、味方を助けるために走る。ボールを持った味方のマークをはがすために、外を走ったりとか。そこで、自分にパスがこなくても、そのスペースに突っ込んだことで相手が釣られて、味方がもっとラクにプレーできる。そういうことを「そこで止まっていたら、何も起きない」と指摘してくれるわけです。すると、監督の求めている「走りの質」が見えてくる。実際、自分もパスを出した後に止まる癖があったし。どっちかと言えば、こぼれ球を待ったり、味方のパスを待って、おいしいところをもらいたいところがあったから。代表を経験し、そこを改めることができ、もうひとつプレーの幅が広がった。チームのための走り。一見、ムダに見える走りを覚えることで、プロに入った1年目、2年目よりも確実にサッカーがうまくなっていると実感できた。何のために走るのかを考えるようになったことで、量も質も変わりましたから。


樋口武男

軸を「どのような商品が世の中の多くの人の役に立つか」に置いて進めています。売上高10兆円を達成しようと思ったら、今の事業スキームだけでは届きませんから殻を破らなければなりません。その時には世の中の人の役に立つ商品が必要です。


佐藤富雄

私は本番に弱いという思い込みが強いと、実際土壇場でテンパってしまいます。この思い込みを否定する言葉を口にして、脳に強いメッセージを送る必要があります。ひとりで静かに集中し、肩の力を抜いて「今日もいい日になるぞ」「余裕を持とう」などの言葉を繰り返します。ひどく緊張してしまっているときには、「さあ、クールダウン」と3、4回繰り返すと、本当にクールダウンし、落ち着くことができます。


卯木肇

ソニーには自由闊達な空気が流れていて、常にサムシング・ニュー(何か新しいもの)、サムシング・ディファレント(何か他と違ったもの)を追求してきた歴史があります。自分なりの商売の王道に手を入れることができたのも、そうしたソニーの風土が大きく影響していると思うのです。


前田正博(官僚)

人間には能力と資質とあり、企業家魂は資質に分類されるかと思います。能力は勉強したり鍛えたりすれば身に付きますが、資質はそうはいきません。企業家魂を生み出すことはできませんが、磨き上げることならできる。


石浦章一

若い人には偉人や成功者の自伝を読むことをお勧めしたい。自伝を読みながら人生の岐路での判断、成功に至る道のりを疑似体験していると、いい気分になるものです。そういう成功者の考え方や行動を真似るだけでも、自分を変えるきっかけになるはずです。


平野秀典

ビジネスもエンターテインメントもお客様の喜びを生み出すアプローチは同じ。トップセールスと一流の役者は同じスキルを磨いているのです。