名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三浦正臣(飲食店プロデューサー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦正臣(飲食店プロデューサー)のプロフィール

三浦正臣、みうら・まさおみ。日本の飲食店プロデューサー。「店舗ナンバーワン(株)」社長。神奈川県出身。店舗流通ネット取締役営業本部長などを務めたのち独立。数多くの飲食店プロデュースを手がけた。

三浦正臣(飲食店プロデューサー)の名言 一覧

私達はこれからも、飲食店プロデュース集団として、常に世界にも目を向けながら「誰も見たこともないようなお店」をつくり続けていきたい。


日本の飲食店の地位を欧米並みに高めたい。


私はこれまで多くの飲食店プロデュースをしてきて、成功も失敗もありました。今はおいしいのは当たり前。雰囲気が良くて楽しめる空間も提供していかないと、勝てない時代になっています。


店舗流通ネットにいた時は仕事漬けの毎日で、海外に行く暇もありませんでした。このため退社後は、仕事も兼ねてアジアやヨーロッパに出掛けて、見間を広めてきました。私は1500ものいろいろな飲食店舗を手掛けてきましたが、世界にはまだおいしい食や面白い店舗がたくさんあることが分かりました。


海外に行くと、日本で身に付いた固定観念が揺さぶられます。例えばフランスに行くと、素材は同じなのに、毎回今まで食べたことのない味の料理が出てくるのです。そうした創意工夫は店づくりにおいて不可欠だと思います。


私達が手掛けるお店は、料理が美味しいのは当たり前で、楽しい、連れていきやすいといった「空間づくり」を大切にしています。それでいて設備投資は必要最小限にして「稼げるお店」にもこだわっています。


三浦正臣(飲食店プロデューサー)の経歴・略歴

三浦正臣、みうら・まさおみ。日本の飲食店プロデューサー。「店舗ナンバーワン(株)」社長。神奈川県出身。店舗流通ネット取締役営業本部長などを務めたのち独立。数多くの飲食店プロデュースを手がけた。

他の記事も読んでみる

塚越寛

会社の目的は、一人でも多くの人を幸せにすることだ。ハピネスの最大化と言ってもいい。ハッピーにする人たちの中には、当然のことながら社員も含まれる。売り上げや利益の最大化、しかもそれらを早く勝ち取ることだけを考えていては、ハピネスの最大化は絶対に不可能だ。それを知らない経営者があまりに多すぎるのではないだろうか。


成毛眞

5年後10年後に自分はこうしたいと願っても、世の中は激しく変わる。予想もしない出来事が起こることは十分にありえます。それなのに過去に立てた目標にとらわれていれば、時代遅れの人間になるだけ。


ロバート・キヨサキ

諦めないことだ。どんなことにも可能性はあるのだから。


瀬戸健

当社は毎年、売上高の倍増を目指しています。スピード感をもった経営で、成果が出せる方を必要とするのは当たり前です。多様性のある人材で、より面白いパフォーマンスが生まれます。


羽鳥兼市

何ごとも基本は体力。体力がなくなると、マイナス思考になる。


浜田宏

誰だって、目標が漠然としているのに集中なんてできないでしょう。30代の終わりに留学しようと決意したときも、しゃかりきになって、それこそ集中して勉強しましたが、それは、こういう人間になりたいという目的意識があったからこそできたことです。自分を駆り立ててきたのは、いつも問題意識です。


福地茂雄

最終的に(発泡酒「本生」の)販売に踏み切りましたが、この時に決断の拠り所にしたのは「顧客満足」の経営理念でした。アサヒビールの経営理念は「最高の品質と心のこもった行動を通じて、お客さまの満足を追求し、世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献する」というものです。ここに書かれた顧客満足の精神に則れば、出すべきというのが私の結論でした。


ニュートン

我々はあまりにも多くの壁を造るが、架け橋の数は十分ではない。


吉野真由美

多くの人は、テレアポで自社商品の良さを説明しようとします。しかし、それは大きな間違いです。テレアポの目的は、あくまでアポを取ることであって、商品の良さを理解してもらうためでもなければ、ましてや自分を気に入ってもらうことでもありません。


西多昌規

キリのいいところまで片づけると、脳はそれを終ったものとして忘れようとします。が、やり残しておけば、次の日は否が応でも前日の内容を復習することになり、かえってスムーズにとりかかれます。クルマにたとえると、エンジンをアイドリング状態にしておくようなものです。


西村克己

「どういった人が買うのか」という素朴な疑問から仮説を立て、さらに過去の経験やデータをもとに検証を重ねつつ、具体的な「売れる商品」に結びつける。このように仮説を連想させるのが成功の秘訣。


日覺昭廣

原因がわからないのに延々と議論しても意味がない。原因を明確にすれば、自ずと何をすべきかもわかってくる。