名言DB

9429 人 / 110879 名言

三浦正臣(飲食店プロデューサー)の名言

twitter Facebook はてブ

三浦正臣(飲食店プロデューサー)のプロフィール

三浦正臣、みうら・まさおみ。日本の飲食店プロデューサー。「店舗ナンバーワン(株)」社長。神奈川県出身。店舗流通ネット取締役営業本部長などを務めたのち独立。数多くの飲食店プロデュースを手がけた。

三浦正臣(飲食店プロデューサー)の名言 一覧

私達はこれからも、飲食店プロデュース集団として、常に世界にも目を向けながら「誰も見たこともないようなお店」をつくり続けていきたい。


日本の飲食店の地位を欧米並みに高めたい。


私はこれまで多くの飲食店プロデュースをしてきて、成功も失敗もありました。今はおいしいのは当たり前。雰囲気が良くて楽しめる空間も提供していかないと、勝てない時代になっています。


店舗流通ネットにいた時は仕事漬けの毎日で、海外に行く暇もありませんでした。このため退社後は、仕事も兼ねてアジアやヨーロッパに出掛けて、見間を広めてきました。私は1500ものいろいろな飲食店舗を手掛けてきましたが、世界にはまだおいしい食や面白い店舗がたくさんあることが分かりました。


海外に行くと、日本で身に付いた固定観念が揺さぶられます。例えばフランスに行くと、素材は同じなのに、毎回今まで食べたことのない味の料理が出てくるのです。そうした創意工夫は店づくりにおいて不可欠だと思います。


私達が手掛けるお店は、料理が美味しいのは当たり前で、楽しい、連れていきやすいといった「空間づくり」を大切にしています。それでいて設備投資は必要最小限にして「稼げるお店」にもこだわっています。


三浦正臣(飲食店プロデューサー)の経歴・略歴

三浦正臣、みうら・まさおみ。日本の飲食店プロデューサー。「店舗ナンバーワン(株)」社長。神奈川県出身。店舗流通ネット取締役営業本部長などを務めたのち独立。数多くの飲食店プロデュースを手がけた。

他の記事も読んでみる

島田精一

君の説明はさっぱりわからない。だから価値がある。
【覚え書き|部下が上げてきた新規事業の提案に対する返答】


小堺桂悦郎

利益が出たと思ったら半分近く税金に取られ、業績が悪化すればたちまち資金繰りが悪化する、それが中小企業の実態です。実際に経営をしてそういう痛みを何度も経験していれば、きれいごとではない本当に役に立つ会計とはどんなものか、嫌でもわかってきますよ。


吉松徹郎

「アットコスメ」のリニューアルやプロ向けの新サービスがリリースできているので、業績を伸ばしていく準備は万全です。従来はキュレーションメディアというより、検索の結果として訪れるサイトでした。アプリも展開していましたが、ページビューを高めることによる広告収入に依存していました。しかし、私たちは化粧品など製品との出会いを作っていきたい。今後は「ユーザー」、ネイリストといった「美容のプロフェッショナル」、そして「化粧品ブランド」を繋いでいくメディアに変化させ、より製品と出会える仕組みを構築します。スマートフォンのアプリを起動して使うコミュニケーションツールへと大きくコンセプトが進化していくでしょう。


稲垣えみ子

お金が無ければいい暮らしができない、惨めだという何かぼやっとしたものがあって、そのぼんやりした欲望に支配されているから、みんな将来が不安なんだと思うんです。でも生活をきちんと見直してみたら、実はいらないものをたくさん抱えてるかもしれない。自分が生きていくために必要なものなんて、お金にしてもモノにしても大して多くないかもしれない。そこに気づくことができれば不安もなくなるんじゃないでしょうか。


島津義久

家の造りを立派にすることは、古の賢王が堅く禁じたところである。


小林一雅(小林製薬)

買収した会社を小林流のビジネスモデルに転換させるためには、中途半端な人材を送り込むわけにはいきません。管理職だろうが現場社員だろうがエースを送り込む。ただ、エースを送り込むと、既存の現場が打撃を受ける。要するに、エ-ス社員を引き抜いてでも買う価値があるのかを徹底的に見定めるのです。


プロタゴラス

人間は万物の尺度である。あるものについてはあることの、あらぬものについてはあらぬことの。


間寛平

アースマラソンはもともと思いつきで始まった。ゴルフの帰り道、「世界一周走る!」って、天の啓示やないですけど、ふと降りてきたんです。まあ、それまで「自分にしかできないもんはないか?」ってずっと考えていたからでしょうけどね。


寺尾玄

ちょっとしたことでも構わないので、「不可能と思われていること」に挑戦してみるのもいいでしょう。例えば、「誰も自ら近づかない、常に不機嫌な上司を笑わせる」。手段は問わない。あらゆる方法を試してみる。冗談が通じなければ、背後に回ってくすぐってもいい。遠慮や常識なんて無視し、とにかく「それは無理だろう」ということを「崩す」ことを最優先してやってみてください。これは仮説を立てて実行し、失敗したら別の仮説を立てて再度試すという、可能性を使うプロセスです。仕事や人生を本当に面白く、楽しく生きるために絶対に必要な考え方だと思っています。


金村徳厚

修理依頼に対する迅速な対応が信頼へとつながって、家族用のバッグを弊社ブランドで指名買いしてもらえたり、色違いやサイズ違いの製品を複数購入していただいたりしています。