三浦正臣(飲食店プロデューサー)の名言

三浦正臣(飲食店プロデューサー)のプロフィール

三浦正臣、みうら・まさおみ。日本の飲食店プロデューサー。「店舗ナンバーワン(株)」社長。神奈川県出身。店舗流通ネット取締役営業本部長などを務めたのち独立。数多くの飲食店プロデュースを手がけた。

三浦正臣(飲食店プロデューサー)の名言 一覧

私達はこれからも、飲食店プロデュース集団として、常に世界にも目を向けながら「誰も見たこともないようなお店」をつくり続けていきたい。


日本の飲食店の地位を欧米並みに高めたい。


私はこれまで多くの飲食店プロデュースをしてきて、成功も失敗もありました。今はおいしいのは当たり前。雰囲気が良くて楽しめる空間も提供していかないと、勝てない時代になっています。


店舗流通ネットにいた時は仕事漬けの毎日で、海外に行く暇もありませんでした。このため退社後は、仕事も兼ねてアジアやヨーロッパに出掛けて、見間を広めてきました。私は1500ものいろいろな飲食店舗を手掛けてきましたが、世界にはまだおいしい食や面白い店舗がたくさんあることが分かりました。


海外に行くと、日本で身に付いた固定観念が揺さぶられます。例えばフランスに行くと、素材は同じなのに、毎回今まで食べたことのない味の料理が出てくるのです。そうした創意工夫は店づくりにおいて不可欠だと思います。


私達が手掛けるお店は、料理が美味しいのは当たり前で、楽しい、連れていきやすいといった「空間づくり」を大切にしています。それでいて設備投資は必要最小限にして「稼げるお店」にもこだわっています。


三浦正臣(飲食店プロデューサー)の経歴・略歴

三浦正臣、みうら・まさおみ。日本の飲食店プロデューサー。「店舗ナンバーワン(株)」社長。神奈川県出身。店舗流通ネット取締役営業本部長などを務めたのち独立。数多くの飲食店プロデュースを手がけた。

他の記事も読んでみる

熊谷正寿

結果を出すには、「いいプロダクトをつくる」ことに尽きる。


ジェームズ・ダイソン

デザインとエンジニアリングは分けない方がいい。ダイソンのエンジニアは全員、デザイナーでもあります。製品とは、機能とデザインが密接に関わり合いながら生まれていくとの哲学があるからです。


小倉広

ビジネスマンにとっては、景気や業界動向などが「自分でコントロールできないこと」に当たるでしょうが、そのことばかり考えて不安に感じるという人は、目の前の仕事に全力投球していない証拠。余計なことを考えられるほど暇だということです。


柳井正

子供達は経営者にはしないよ。うちの息子二人は、能力も性格も見識も今の執行役員と同等ぐらいのものは持っている。でも飛び抜けてはよくない。だったら実際の経営をするよりも経営者を任命したり、オーナーとして振る舞う方が普通だと思うし、全社にとってはそっちの方が絶対いいと思う。


永井孝尚

効率よく仕事ができれば定時退社でき、その分、自分のために使える時間が増える。私も朝時間を活用するようになってから家族と夕食をとることができるようになりました。朝から晩まで仕事中心だった生活に変化が起こりました。


山元賢治

「仕事を意識した教育がされず、遅めにスタートし、バイトして遊んでいて就職活動で苦しい」と、とかくいわれるが、これはその子たちも悪いが社会も悪い。仕事を考えた教育をなぜしないのか、この問題放置も不思議だ。


柳井正

私は経営理念がない会社は、心がない会社だと思っています。何のために仕事をするのか、それを端的に表したものが経営理念です。英語で言えば「ミッション」、日本語で言えば「使命」とも言い換えることができると思います。それを信じるところから、仕事を始めなければなりません。


栗山年弘

作りだめはできません。スマホ市場はスピードが速く、在庫を多く持つのはリスクです。その部品が旬の時に作り、「タイム・トゥ・マーケット」で売らないと儲からない。


鶴野充茂

初めに目的を提示するだけで、相手はぐっと楽に話を聞くことができます。大量に情報を持っている人がそうでない人に何かを伝え得る際にはとにかく注意したほうがいい点です。


千田潤一

アンケートで英語学習の精神面での悩みを聞いたところ、第1位は「伸びを感じられない」。確かに、リスニングの学習で成長を実感するのは、リーディングやスピーキング以上に難しい。しかし、それだけ難しいからこそ、やる意味は大いにある。リスニングの壁を乗り越えれば、飛躍的な成長が見込め、使える英語の姿が見えてくる。


坂口英治(経営者)

コミュニケーションを改善して、個の力を組織の力に変えていけば、ビジネスがさらに拡大していく。


佐々木かをり

仕事をしていくうえで、一番重要なのは人を大切にすることです。じつはすべてを運んで来てくれるのは、人なんです。人を大切にして仲間を増やしていくというのは、起業する場合でも会社員でも同じなんですが、これがうまく楽しく仕事をしていくためのコツだと思います。


小田理一郎

「学習する組織」をつくる第一歩は、課題を決めて、チームでビジョンを克明に描き、現実をありのままに見据えてそのギャップを創造的に解消すること。そうして組織が探求したり、内省したりを定期的に繰り返す「学習する組織」がはじまる。


岡田康豊

最近は社内での経験を積み重ねて昇進する、いわゆる「キャリアアップ」という考え方ではなく、職種や業種の壁を越えて経験の幅を広げ、キャリアを自分でデザインしていく働き方が注目されている。


土岐大介

人はわかりやすい説明には興味を持ちやすく、簡潔な答えには反応を示しやすい。


ページの先頭へ