名言DB

9412 人 / 110637 名言

三浦昭の名言

twitter Facebook はてブ

三浦昭のプロフィール

三浦昭、みうら・あきら。三菱化学社長・会長。三菱化学生命科学研究所社長。日本知的財産協会会長。旧制山形高等学校(現:山形大学)卒業後、三菱油化に入社。その後、三菱油化社長に就任し、三菱化成と三菱油化の合併に尽力し三菱化学を誕生させた。三菱化学初代社長。

三浦昭の名言 一覧

新規事業の種はあり、カネも使えるのに、それを正しく任せられる人がいない。当社にも経営幹部候補を教育する社内的なビジネススクールがありますが、その機能はまだ十分ではなく、強化策を練っているところです。


身軽で柔軟な組織づくりを進めていくと、事業規模は小さくても、全面的にマネジメントの責任を求められるポストが増えていきます。リーダーが失敗すると、部下全員が被害を受けますし、大組織と違って、すぐに助けてくれる上司もいません。そうした責任に耐えられる人材の需要が高まっているのです。私自身も、人材育成には心して取り組まなければいけないと気を引き締めています。


バイオ事業など未知の市場を開拓するには、起業家精神を持った人材が不可欠です。技術の目利きができないといけないし、財務など経営の知識や社外の人脈、リーダーシップも必要になります。


当社ではいま、持ち株会社制度への移行を前提に組織改革を進めています。最近つくづく感じることがあります。組織改革の成否は結局、人材の育成にかかっているということです。持ち株会社制になると、相当な数のグループカンパニーができます。すでに連結決算の対象会社だけでも200社を超えています。これらの会社を経営できる人材をどうやって育てるのか。頭の痛い問題です。


今年、米マサチューセッツ工科大学のジョージ・ステファノポーラス氏を常務執行役員・CTO(最高技術責任者)として招きました。我々が最も期待しているのは、研究テーマの新たな展望などではありません。人づくりです。研究開発部門を活性化し、競争力のある、優秀な研究者が育つ土壌を作ることが狙いでした。だから同氏には非常勤の社外取締役ではなく、常勤の執行役員になってもらったのです。


マサチューセッツ工科大学のジョージ・ステファノポーラス氏をCTO(最高技術責任者)として招いたことはかなりインパクトがあったと思います。とくに課長クラスや若手が刺激を受けているようです。ステファノポーラス氏は研究者としてだけでなく、後進を育てる手腕への評価も高く、MITの枠を超えてグローバルな人脈を持っています。当社の社員は自らの研究テーマについて的確なアドバイスを受け、世界で最高水準の研究者を紹介してもらうことが可能になったわけです。


三浦昭の経歴・略歴

三浦昭、みうら・あきら。三菱化学社長・会長。三菱化学生命科学研究所社長。日本知的財産協会会長。旧制山形高等学校(現:山形大学)卒業後、三菱油化に入社。その後、三菱油化社長に就任し、三菱化成と三菱油化の合併に尽力し三菱化学を誕生させた。三菱化学初代社長。

他の記事も読んでみる

田中稔一

経営立て直しのためには、一人一人が果敢に行動するとともに、全員が同じ方向を向いていることが重要でした。とくに組織が大きくなればなるほど、経営陣の考える時間軸と、社員の考える時間軸の間にズレが生じてしまうからです。


田中孝雄

やはりリスクをしっかりと評価し、それに応じた価格で受注することに尽きる。


安永竜夫

狩猟民族的な人々と相対峙する「体力」と「胆力」をつけなければ勝っていけない。


松下正幸

パナソニックの創業者の松下幸之助は、学校教育は小学校4年までしか受けていません。でも、学ぶことに貪欲で、どんな人からも知識を吸収しようとする人でした。自分よりずっと若い人や人生経験の少ない人からも、進んで何かを学ぼうとしていました。


河野英太郎

どうしても集中してやりたい作業がある場合には、パソコンもスマートフォンもオフラインにしてしまいます。1時間なら1時間と決めてオフラインにすれば、集中してひとつの作業に没頭できるでしょう。


川崎博也

東日本大震災後、現場の不眠不休の働きで2カ月後に奇跡の復活を遂げた高炉を止めることについては悩んだ。ただ、私には従業員、その家族、関連会社の人々に幸せになってもらう責任がある。「川崎が止めた」といわれようと、今しかないと決断した。


稲盛和夫

床にこぼれ落ちている原料や、職場の片隅に積み上げられている不良品が、まさにお金そのものに見えてくるところまで、私たちの採算意識を高めていかなければなりません。


仲暁子

海外の経営者たちは見ている世界や思考のスケールがとにかく大きい。逆に目先の売り上げばかりを気にする、日本人がなかなか世界で勝負できないのは、そんな視野の狭さにも大きな原因があるように思います。


富田純正

2代目は、先代の意向を全面的に受け継いで行くのが基本。大抵は社長になったことで気負い、自分の色を出したくなって、全く違うことをしたりする。それが後で後悔することになるもの。しかし、先代の延長線だけでは取り残されてしまうので、時代に合わせてマイナーチェンジをしていく。


小山佳延

例えば、山登り、カメラ、社交ダンスというように、個人の趣味や嗜好など明確な旅の目的を提示した「テーマ旅行」を多品種そろえていることは、当社の強みです。テーマ旅行は今後の成長戦略の中心になっていくでしょう。


佐々木繁範

上司自身がその仕事を自分事と捉えていなければ、部下もやる気が起きない。


八木洋介

社員が最高のパフォーマンスを発揮できるように、やる気を引き出し、組織を整えることが本来の人事の役割だ。


山田進太郎

経営のミーティングなど、自分自身で文書をつくる際には、たいていのグーグルドキュメントでつくっています。そこに議題や選択肢のメリット・デメリット、リコメンデーション(推薦)の度合いを書いておいてもらいます。リコメンデーションがAとなっていたら、進めていいと言うときもありますし、でもAでもこういうデメリットがあるよねという追加事項が出てきたら、デメリットの欄に書き足す。やはり、そうしたほうが、私にはわかりやすいですね。


大串亜由美

いいプレゼンをするために話し方を改善したいと考えるなら、まずは本番前にリハーサルをすることです。当たり前のことのようですが、実はこれができている人が少ない。結果、聴き手をうんざりさせるプレゼンになってしまっていることが多いのです。


岡田正大

合理的に考えれば、最初に途上国の丸太船ばかりの現状を見た時点で「来るのが20年早かった」と思い、引き返すでしょう。しかしヤマハ発動機は踏みとどまった。それができたのは、「すべての丸太船に船外機が付いたら、この国は変わる」という超長期のイメージを担当者が持てたからです。その背景には、同社が創業時から抱いてきた「社会を豊かにする」という次世代を見据えた展望と志があり、それがCSV(共有価値の創造)の実現につながっているのではないかと感じます。