名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三浦昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦昭のプロフィール

三浦昭、みうら・あきら。三菱化学社長・会長。三菱化学生命科学研究所社長。日本知的財産協会会長。旧制山形高等学校(現:山形大学)卒業後、三菱油化に入社。その後、三菱油化社長に就任し、三菱化成と三菱油化の合併に尽力し三菱化学を誕生させた。三菱化学初代社長。

三浦昭の名言 一覧

新規事業の種はあり、カネも使えるのに、それを正しく任せられる人がいない。当社にも経営幹部候補を教育する社内的なビジネススクールがありますが、その機能はまだ十分ではなく、強化策を練っているところです。


身軽で柔軟な組織づくりを進めていくと、事業規模は小さくても、全面的にマネジメントの責任を求められるポストが増えていきます。リーダーが失敗すると、部下全員が被害を受けますし、大組織と違って、すぐに助けてくれる上司もいません。そうした責任に耐えられる人材の需要が高まっているのです。私自身も、人材育成には心して取り組まなければいけないと気を引き締めています。


バイオ事業など未知の市場を開拓するには、起業家精神を持った人材が不可欠です。技術の目利きができないといけないし、財務など経営の知識や社外の人脈、リーダーシップも必要になります。


当社ではいま、持ち株会社制度への移行を前提に組織改革を進めています。最近つくづく感じることがあります。組織改革の成否は結局、人材の育成にかかっているということです。持ち株会社制になると、相当な数のグループカンパニーができます。すでに連結決算の対象会社だけでも200社を超えています。これらの会社を経営できる人材をどうやって育てるのか。頭の痛い問題です。


今年、米マサチューセッツ工科大学のジョージ・ステファノポーラス氏を常務執行役員・CTO(最高技術責任者)として招きました。我々が最も期待しているのは、研究テーマの新たな展望などではありません。人づくりです。研究開発部門を活性化し、競争力のある、優秀な研究者が育つ土壌を作ることが狙いでした。だから同氏には非常勤の社外取締役ではなく、常勤の執行役員になってもらったのです。


マサチューセッツ工科大学のジョージ・ステファノポーラス氏をCTO(最高技術責任者)として招いたことはかなりインパクトがあったと思います。とくに課長クラスや若手が刺激を受けているようです。ステファノポーラス氏は研究者としてだけでなく、後進を育てる手腕への評価も高く、MITの枠を超えてグローバルな人脈を持っています。当社の社員は自らの研究テーマについて的確なアドバイスを受け、世界で最高水準の研究者を紹介してもらうことが可能になったわけです。


三浦昭の経歴・略歴

三浦昭、みうら・あきら。三菱化学社長・会長。三菱化学生命科学研究所社長。日本知的財産協会会長。旧制山形高等学校(現:山形大学)卒業後、三菱油化に入社。その後、三菱油化社長に就任し、三菱化成と三菱油化の合併に尽力し三菱化学を誕生させた。三菱化学初代社長。

他の記事も読んでみる

大森健一

思い切って毎日の仕事をすっかり忘れ、別な世界を積極的に作ってみることも心の健康を保つためには大切です。良い仕事をするために、働き盛りこそ仕事離れで心に風を通しましょう。


加瀬豊

商社マンとしての経験から言いたいのは、外国語を学ぶ前に、まず日本人としてきちんとした日本語をマスターしてほしいということです。ビジネスをするうえで最も大切なのは、慣れ親しんだ母国簿である日本語による思考力や交渉力を養うことで、外国の方としっかりコミュニケーションする土台にもなるからです。


藤野英人

どれだけ仕組みを整えても、正しく運用されなければ、「仏作って魂入れず」です。


白潟敏朗

叱ると怒るは違います。感情的になって怒鳴れば、部下は悲観的や反抗的になってしまいます。


田中裕輔

失敗とちゃんと向き合わないと絶対に成功しません。むしろ失敗しないのはもったいない。


服部利光

京都大学には研究成果や知的財産が豊富にあります。これをビジネス視点から見つめ直し、特許を絞り込んでビジネスに使えるものに変えていきます。それにより、商品を市場に上市することが可能になり、新たな価値を社会に提供できると考えています。


植田統

メールで簡潔に済ませにくい相手に対しては、電話をするか、直接会って話をするべきでしょう。そういう人にはメールを使うこと自体が適切でない。でも、一度会って話をすれば、多少簡潔なメールを送っても別に失礼ではないと思います。あと、込み入った話や双方向で話し合う必要がある案件の場合も電話がいいでしょう。メールでゴチャゴチャ書くと、誤解される可能性もある。電話のほうがよほど早いということもあるんです。


岩澤俊典

多くの日本企業はいま、「研修・教育の強化」や「人材の見える化」などを通じて、海外進出を任せることができる人材の発掘を進めています。しかし、それだけでは難しいのではないかと感じています。つまり、グローバルに働きたい、活躍したいというモチベーションの問題なのではないでしょうか。


新田信昭

これから国民の可処分所得が減り、消費のパイはますます小さくなっていきます。その中で生き残るには、店はもっと個性的にならなければいけません。「誰のための店なのか」を明確にしていかなければいけません。


小泉文明

社内で上がってくる大量の日報は、なるべく1~2文で簡潔にフィードバックするようにしています。がっつりアウトプットしようとすると時間や労力がかかり、レスポンスが遅れてしまうからです。コンパクトに本質を突くことを絶えず意識すれば、「クイックアウトプット」は十分可能です。


中村健一郎(経営者)

社員たちと夢を共有し、ひたすら走ってきました。人生を共にできる仲間と出会う事が出来るのも、自分自身の夢に共感してもらったからだと思う。


石黒和義

コレクターとは我を忘れて夢中になり、それこそ自分の懐具合をかえりみずに、とんでもないものを買うとか、そういった無鉄砲なパワーみたいなものがあると思うんです。その勢いのあるうちは、コレクターとして躍動感に溢れて一番楽しい時期です。それが、分別をわきまえて、あれこれと講釈を述べて行動が伴わなくなると、そろそろけじめをつける時期が来たということでしょう。