名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三浦昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦昭のプロフィール

三浦昭、みうら・あきら。三菱化学社長・会長。三菱化学生命科学研究所社長。日本知的財産協会会長。旧制山形高等学校(現:山形大学)卒業後、三菱油化に入社。その後、三菱油化社長に就任し、三菱化成と三菱油化の合併に尽力し三菱化学を誕生させた。三菱化学初代社長。

三浦昭の名言 一覧

新規事業の種はあり、カネも使えるのに、それを正しく任せられる人がいない。当社にも経営幹部候補を教育する社内的なビジネススクールがありますが、その機能はまだ十分ではなく、強化策を練っているところです。


身軽で柔軟な組織づくりを進めていくと、事業規模は小さくても、全面的にマネジメントの責任を求められるポストが増えていきます。リーダーが失敗すると、部下全員が被害を受けますし、大組織と違って、すぐに助けてくれる上司もいません。そうした責任に耐えられる人材の需要が高まっているのです。私自身も、人材育成には心して取り組まなければいけないと気を引き締めています。


バイオ事業など未知の市場を開拓するには、起業家精神を持った人材が不可欠です。技術の目利きができないといけないし、財務など経営の知識や社外の人脈、リーダーシップも必要になります。


当社ではいま、持ち株会社制度への移行を前提に組織改革を進めています。最近つくづく感じることがあります。組織改革の成否は結局、人材の育成にかかっているということです。持ち株会社制になると、相当な数のグループカンパニーができます。すでに連結決算の対象会社だけでも200社を超えています。これらの会社を経営できる人材をどうやって育てるのか。頭の痛い問題です。


今年、米マサチューセッツ工科大学のジョージ・ステファノポーラス氏を常務執行役員・CTO(最高技術責任者)として招きました。我々が最も期待しているのは、研究テーマの新たな展望などではありません。人づくりです。研究開発部門を活性化し、競争力のある、優秀な研究者が育つ土壌を作ることが狙いでした。だから同氏には非常勤の社外取締役ではなく、常勤の執行役員になってもらったのです。


マサチューセッツ工科大学のジョージ・ステファノポーラス氏をCTO(最高技術責任者)として招いたことはかなりインパクトがあったと思います。とくに課長クラスや若手が刺激を受けているようです。ステファノポーラス氏は研究者としてだけでなく、後進を育てる手腕への評価も高く、MITの枠を超えてグローバルな人脈を持っています。当社の社員は自らの研究テーマについて的確なアドバイスを受け、世界で最高水準の研究者を紹介してもらうことが可能になったわけです。


三浦昭の経歴・略歴

三浦昭、みうら・あきら。三菱化学社長・会長。三菱化学生命科学研究所社長。日本知的財産協会会長。旧制山形高等学校(現:山形大学)卒業後、三菱油化に入社。その後、三菱油化社長に就任し、三菱化成と三菱油化の合併に尽力し三菱化学を誕生させた。三菱化学初代社長。

他の記事も読んでみる

三村明夫

リーダーにとって自分の意見をみんなに理解してもらう能力というのは非常に大事だと思うんですよね。個性を明確にするのは必要だけれど、自分の言葉で分かりやすく喋れるということが大事だと思います。


小山昇

部下によく「一生懸命やって」と言いますよね。しかし、一生懸命やるって、どれくらいやっていいのかわかります?10個しか商品が売れなくても一生懸命やったと言う人がいるし、3個でもそう言うでしょうね。要は数がいくらでも同じ。ところが、今の成績が叩で昨年も10。あるいは昨年が10で今年が8。これは一生懸命やったとはいわない。サボっているといっていい。昨年10で今年が12。「いやぁ-、今年は一生懸命やってなくてね」と言っても、数字はそれだけで言葉を語ります。一生懸命とか、サボっているとか、余計な言葉はいらない。


大西賢

昨日まで努力を重ねてきたからといって、それが明日の安全を保証することにはならない。


坂下仁

肝心なのが「メモとメモを組み合わせて、良質なアウトプットを導き出せること」。この点こそが「ふせんノート術」の真骨頂です。企画案などをまとめるとき、これまで溜めてきたアイデアを余すことなく活用できるのです。ノートに貼った付箋を見返して、テーマに関連するメモを見つけたら、それをはがし、ノートの最後のページなどにまとめて貼ります。関連するメモを集約するだけで企画案ができあがることは少なくありませんし、並べて眺めていると他のアイデアも思いつきます。この方法のおかげで、仕事の企画案がすぐまとまるようになりましたし、本の構成もスムーズに作れるようになりました。


竹田弘太郎

復旧が一段落してのち、被災中、鉄道の全線が寸断され通信もまったく不通の中で、緊急の措置によって、旅客の安全をはかった従業員を表彰することになり、労務部で調査したところ、表彰を受けるものの多くが日ごろ上司の付けている人事考課が良くないのに気が付いた。


箱田忠昭

独立したり会社を辞めるのが怖ければ、働きながら勉強を続けてもいいと思います。たとえば営業マンが「経理マンになる」という目標を持ったならば、営業を続けながら簿記二級を取得する。そうすれば、経理部に異動するチャンスは確実に高まるでしょう。


池谷裕二

ルーティン化には、無意識の記憶を司る線条体や小脳が関与していると考えられます。毎日の習慣にすれば、朝のこまごまとした身支度が苦にならなくなるのも、無意識が勝手にやってくれるからです。ルーティン化は、面倒なことをやるのに非常に強力な方法なのです。


山科忠

何も分からなくても、その環境に行って努力すれば何とかなる。


為末大

人生には区切りというものがあります。自分がそれまでやってきたことが何だったのか、結果だけではなく、その過程も振り返って整理しておくことは、先に進むために大切なのではないでしょうか。


山田英夫(経営学者)

セブン銀行のようなビジネスは、「協調戦略」と捉えることができます。協調戦略とは、「競合企業とできるだけ競争をしないで共存を図る戦略」です。同業他社は、競合企業と付置づけてしまいがちですが、協調することによってウィン-ウィンの関係を築けるケースも少なくありません。


畑喜美夫

部室を整理して、バッグやシューズを「素敵」にそろえて並べることで、部員たちは細かいことに目配りができるようになり、いい意味で物事に「こだわり」を持つようになりました。その意識の変化が、たとえばサッカーをするときのパスの精度やシュートの決定力などに表れるようになったんです。この手法は、前任の観音高校(県立広島観音高等学校)ですでに結果を出していて、同じやり方を安芸南にも持ち込んだわけです。


中山勇

加盟店さんと本部や担当者との関係を見ていると、非常に雰囲気がいい。前社長の上田(準二)が現場をよく回り、一緒にお酒も飲んでいい関係を築き上げてくれたおかげだと思います。こうした財産は何物にも代えがたいですね。