三浦昭の名言

三浦昭のプロフィール

三浦昭、みうら・あきら。三菱化学社長・会長。三菱化学生命科学研究所社長。日本知的財産協会会長。旧制山形高等学校(現:山形大学)卒業後、三菱油化に入社。その後、三菱油化社長に就任し、三菱化成と三菱油化の合併に尽力し三菱化学を誕生させた。三菱化学初代社長。

三浦昭の名言 一覧

新規事業の種はあり、カネも使えるのに、それを正しく任せられる人がいない。当社にも経営幹部候補を教育する社内的なビジネススクールがありますが、その機能はまだ十分ではなく、強化策を練っているところです。


身軽で柔軟な組織づくりを進めていくと、事業規模は小さくても、全面的にマネジメントの責任を求められるポストが増えていきます。リーダーが失敗すると、部下全員が被害を受けますし、大組織と違って、すぐに助けてくれる上司もいません。そうした責任に耐えられる人材の需要が高まっているのです。私自身も、人材育成には心して取り組まなければいけないと気を引き締めています。


バイオ事業など未知の市場を開拓するには、起業家精神を持った人材が不可欠です。技術の目利きができないといけないし、財務など経営の知識や社外の人脈、リーダーシップも必要になります。


当社ではいま、持ち株会社制度への移行を前提に組織改革を進めています。最近つくづく感じることがあります。組織改革の成否は結局、人材の育成にかかっているということです。持ち株会社制になると、相当な数のグループカンパニーができます。すでに連結決算の対象会社だけでも200社を超えています。これらの会社を経営できる人材をどうやって育てるのか。頭の痛い問題です。


今年、米マサチューセッツ工科大学のジョージ・ステファノポーラス氏を常務執行役員・CTO(最高技術責任者)として招きました。我々が最も期待しているのは、研究テーマの新たな展望などではありません。人づくりです。研究開発部門を活性化し、競争力のある、優秀な研究者が育つ土壌を作ることが狙いでした。だから同氏には非常勤の社外取締役ではなく、常勤の執行役員になってもらったのです。


マサチューセッツ工科大学のジョージ・ステファノポーラス氏をCTO(最高技術責任者)として招いたことはかなりインパクトがあったと思います。とくに課長クラスや若手が刺激を受けているようです。ステファノポーラス氏は研究者としてだけでなく、後進を育てる手腕への評価も高く、MITの枠を超えてグローバルな人脈を持っています。当社の社員は自らの研究テーマについて的確なアドバイスを受け、世界で最高水準の研究者を紹介してもらうことが可能になったわけです。


三浦昭の経歴・略歴

三浦昭、みうら・あきら。三菱化学社長・会長。三菱化学生命科学研究所社長。日本知的財産協会会長。旧制山形高等学校(現:山形大学)卒業後、三菱油化に入社。その後、三菱油化社長に就任し、三菱化成と三菱油化の合併に尽力し三菱化学を誕生させた。三菱化学初代社長。

他の記事も読んでみる

大西一寛

貴金属買い取り事業をはじめたきっかけは、買い取り事業の会社の創業社長を追ったテレビ番組でした。この事業に興味を持った私は、早速出店場所を探し始めたのです。


田中角栄

バカ野郎ッ。どこを見て政治をやっているんだ。お前たちは、日本のために政治をやっている。私情で動いてどうする。


小路明善

社内メールでは虚礼廃止を徹底しています。資料のアップを知らせるメールに、部下が「社長、お忙しいなか大変申し訳ございません」などと付け加えることはありません。私からのメールも簡潔を旨とします。


栗原博

先進的な取り組みはまず富士ゼロックス社内で実践し、効果を検証する「言行一致」が効果を生んでいます。顧客の購買部門に課題があれば、我々の購買のプロを派遣し、具体的な提案につなげるのです。


やましたひでこ

要らなくなったがらくたを片付けることは、その人が心に抱えている物や事との関係性を絶つことにつながります。そうすることで新しい物や事を受け入れる余裕が生まれます。


マザー・テレサ

あなたのごく近くに、愛情と優しさに飢えている人々がきっといます。どうぞその人たちを見捨てないでください。彼らに人間としての尊厳を認め、あなたにとって大切な人たちなのだと、真心を込めて認めてあげてください。


河野英太郎

話しかけやすい上司には部下の報告回数が増え、いろいろな情報が集まるので、先手を打って対処がしやすくなり、仕事が早く終わるようになる。


西山知義

不安なときほど、じっとしていちゃダメ。


赤塚不二夫

努力もしたよ。売れるまでは必死に勉強した。いまの漫画の世界はどうなっているのかなって人の漫画を読んだり、手塚治虫先生のストーリー漫画を読んで、あのスケールの大きさを感じて、「あれは先生のものだから、自分は違う道を行こう」と考えたりした。


原晋

古い常識を打ち破り、強いチームを作るコツは同じベクトルを共有すること。私の指導方針の柱の一つが「考える集団を作る」こと。指導者が提示する目標や練習メニューに従わせるのではなく、選手自身が個人とチームの目標を設定し、やるべきことを決め、グループで話し合う。ベクトルを共有し「強くなるために、何をするべきか」を自ら考え、取り組めるようになれば、結果はおのずとついてくる。


戸田奈津子

財布をなくしても失うのはお金だけ。でも手帳にはこれまでの私のすべてが詰まっている。一生肌身離さないと決めています。


久野康成

仕事を教えることによって、今まで自分が気付かなかったことを学ぶことができる。さらに、後輩に自分の仕事を譲ることにより、新たな仕事に挑戦することができるようになる。仕事を教えることができる人は、やがて管理職になり、経営者になっていく。


森本千賀子

40代以降の活躍を左右する最大の要因は「健康」と言っても過言ではありません。


内田和成

新規事業を検討するとき、企業は「そこに市場はあるか」という市場リスクを真っ先に考えます。しかし、新規事業の多くが新規参入ですから、市場リスクの検討だけでは不十分です。むしろ、注意すべきは競合リスクです。花王がエクセレントカンパニーであることは多くの人が認めるところですが、その花王でさえ化粧品分野への参入は困難を極めました。競合の強いメーキャップ分野では苦戦が続き、結局、カネボウ化粧品を買収するまで芽が出ませんでした。いかに新規事業が難しいか、おわかりいただけると思います。


長谷川穂積

不安を取り除くには練習をするしかないんですよ。で、試合が始まったら気持ちを吹っ切って一生懸命に戦うだけ。


ページの先頭へ