名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三浦惺の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦惺のプロフィール

三浦惺、みうら・さとし。日本の経営者。NTT社長。広島出身。東京大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。日本電信電話取締役、人事部長、人事労働部長、常務、東日本株式会社移行本部副本部長、NTT東日本副社長・社長、NTT副社長・中期経営戦略推進室長などを経てNTT本社社長。そのほか電気通信事業者協会(TCA)会長なども務めた経営者。

三浦惺の名言 一覧

私たちもかつて独占企業体だった立場から言えば、通信業界は競争のなかった時代といまとでは、肌で感じるほどに環境が違います。独占時代によかれと思ってやっていたことも、いまは反省点になっています。やはり必要なのは競争と、それによる料金の低廉化、サービスの多様化です。電力にはそれが決定的に欠けているといえるでしょう。
【覚書き|電力業界について語った言葉】


国際事業はこれまではグループ会社が独自に進めていました。反省すべき点もあり、今後は、グループ全体のことと考えて判断する必要があります。そのうえで、仮に数千億円規模の投資であっても決断することはあるでしょう。


過去に痛い目にあったから、国際事業は関心がない、消極的になるというわけではありません。日本企業はほとんど海外に進出し、新しい市場を開拓しています。私どもも日本企業のグローバル化に対応する必要があると思っています。


日本に限らずどこの国でも固定電話が衰退して、携帯電話が伸びているのです。したがって、ドコモの収益が(NTT)全体の4割だから悪いといったことはありません。それに将来、固定とか携帯といった概念が変わることもあり得ます。


三浦惺の経歴・略歴

三浦惺、みうら・さとし。日本の経営者。NTT社長。広島出身。東京大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。日本電信電話取締役、人事部長、人事労働部長、常務、東日本株式会社移行本部副本部長、NTT東日本副社長・社長、NTT副社長・中期経営戦略推進室長などを経てNTT本社社長。そのほか電気通信事業者協会(TCA)会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

西浦三郎

企業成長と生産性を測るベンチマーク(指標)が、社員1人当たりの経常利益だと考えています。


大島康朋

10年ほど前、物流部門のトラックにGPS車両動態管理システムを導入しました。ドライバーの仕事ぶりはオフィスにいては見えませんから、システムを通じて客観的に評価したいと思ったんです。自己アピールの上手な者だけが、上手いこと生きていけるような会社にはしません。それに人間なら、「ついアイドリングを止めなかった」「効率の悪い運転をしてしまった」ということがあるでしょう。システムを使えばドライバーを人間の弱さや間違いから守ってやれるんです。


GACKT

自分は誰のために生きるの?逆に聞きたいよね。まず自分でしょ?自分のためでしょ?自分が幸せになれないのに他人を幸せにするのは無理だよ。自分が笑えないのに、他人は笑わせられない。自分が幸せになりたいのなら、幸せになることをしようよ。楽しくなることを本気でやろうよ。


幸田真音

やり直すことは恥ずかしいことではありません。


大橋徹二

売上高が伸びない中で、利益率を高めるためには、収益性の高い事業を成長させて、固定費を削減しなければなりません。


武田信繁

宿所にあっても、また、歩行している時も、つねに前後左右に気を配り、いささかも油断してはならない。「万事に慎みがなければ、失敗を招くもとになる」という言葉もある。


スティーブ・ジョブズ

偉大な大工は、たとえ見えなくてもキャビネットの後ろにちゃちな木材を使ったりはしない。
【覚書き|コンピュータの中の基盤の美しさにまでこだわった理由について語った言葉】


信太明

集中できないときは、いつも携帯情報端末に10個ほどストックしてある「気分転換になる仕事」をすることで思考にメリハリをつけています。そうした雑務をこなすうちに、またフッと気持ちが乗ってくる瞬間があります。そうしたら、再び思考に集中するのです。


磯部成文

私どもの経営の目的の一つは「お客様の喜びを創造する」。人に喜んでもらえれば、それが自分の喜びになり、生きている証しになる。


佐野章二

仕事がなくなり住居を失うだけでホームレスにはなりません。ただ、最後に頼れる人がいたら、違った可能性があったかもしれません。身近な絆がなく、ひとりぼっちになってホープレスに陥り、人はホームレスになるのです。


アレックス・カー

教養をビジネスに生かすうえで大事なのは、「クリエーティブ」と「リアリティー」とのバランス。私自身は、若い頃、日本の書や骨董、アートの世界に没頭し、クリエーティブが過多な状態でした。そんな私に、「君にはリアリティーが足りないから」と不動産業への就職を勧めてくれた人がいたおかげで、資金管理や人事マネジメントのスキルを磨くことができました。その経験がなければ、今携わっている古民家再生も単なる耽美主義に終わり、ビジネスとして軌道に乗せることはできなかったように思います。


佐々木蔵之介(俳優)

誰でも、どんな仕事でも、それをずっと継続してきた、その経験は大きい。そこは自分を信じていいと思う。