名言DB

9429 人 / 110879 名言

三浦惺の名言

twitter Facebook はてブ

三浦惺のプロフィール

三浦惺、みうら・さとし。日本の経営者。NTT社長。広島出身。東京大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。日本電信電話取締役、人事部長、人事労働部長、常務、東日本株式会社移行本部副本部長、NTT東日本副社長・社長、NTT副社長・中期経営戦略推進室長などを経てNTT本社社長。そのほか電気通信事業者協会(TCA)会長なども務めた経営者。

三浦惺の名言 一覧

私たちもかつて独占企業体だった立場から言えば、通信業界は競争のなかった時代といまとでは、肌で感じるほどに環境が違います。独占時代によかれと思ってやっていたことも、いまは反省点になっています。やはり必要なのは競争と、それによる料金の低廉化、サービスの多様化です。電力にはそれが決定的に欠けているといえるでしょう。
【覚書き|電力業界について語った言葉】


国際事業はこれまではグループ会社が独自に進めていました。反省すべき点もあり、今後は、グループ全体のことと考えて判断する必要があります。そのうえで、仮に数千億円規模の投資であっても決断することはあるでしょう。


過去に痛い目にあったから、国際事業は関心がない、消極的になるというわけではありません。日本企業はほとんど海外に進出し、新しい市場を開拓しています。私どもも日本企業のグローバル化に対応する必要があると思っています。


日本に限らずどこの国でも固定電話が衰退して、携帯電話が伸びているのです。したがって、ドコモの収益が(NTT)全体の4割だから悪いといったことはありません。それに将来、固定とか携帯といった概念が変わることもあり得ます。


三浦惺の経歴・略歴

三浦惺、みうら・さとし。日本の経営者。NTT社長。広島出身。東京大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。日本電信電話取締役、人事部長、人事労働部長、常務、東日本株式会社移行本部副本部長、NTT東日本副社長・社長、NTT副社長・中期経営戦略推進室長などを経てNTT本社社長。そのほか電気通信事業者協会(TCA)会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

大八木成男

米国留学から帰国してからも、終業後に上智大学の会計講座に通ったり、英文速記を習ったり、自分にとって仕事のツールになりそうなものは片っ端から身につけました。パソコンやワープロも市場に出るや、すぐに大枚をはたいて買い求めました。多少懐は痛みましたが、新しいツールは人より少しでも早く先に学んだ方が価値だと思ったのです。


嶋浩一郎

企画書の内容に自信がない人がやってしまいがちなのは、やたらと長い資料をつくることです。「企画書はA4一枚にまとめよう」とよく言われます。忙しい読み手を配慮してのことですが、余計な情報を入れ過ぎると、伝えたい内容が見えなくなる恐れもあります。文章が長い人は、自分でも何が書きたいのかわかっていないのではないでしょうか。僕の実感でも、内容に自信がない人ほど添付資料が多いという印象があります。


弘兼憲史

何かに情熱を傾けられない人に、上達はない。


田中良和(GREE)

スティーブ・ジョブズはiPhoneで世界に変革をもたらしました。ただ、彼が事業を始めてからそれを実現するまでに、30年という長い年月がかかりました。ジョブズにそれができたのは、パソコンの時代から地道に事業を続けて資金や企業の信用力というものを築き上げてきたからです。それを考えると、一夜にしてイノベーションを起こすのは無理です。社会を変えてしまう大きな仕事は、長い年月を走り続けた先にようやく実現できるものです。


アルフレッド・アドラー

自分のことばかり考えてはいないだろうか? 奪う人、支配する人、逃げる人、これらの人は幸せになることができないだろう。


中条あやみ

信じる力が強ければ、きっと誰でも自分の欲しいものに近づけると思う。


佐々木正悟

料理のレシピってあるでしょう。あれは料理を作ったときの記録ですよね。そのレシピを見て同じ料理を作ることが「仕組み」です。だからまずは仕事の記録をまめに取ること。理想を言えば、できるだけ細かく。


熊谷正寿

私は弊社を100年単位で成長するグループにしたいですし、その仕組みを作るために奮闘しています。もちろん最終的には優秀な後輩たちにバトンタッチしていくつもりですが、今は基盤作りの最中なので、もう少し私が引っ張るつもりです。


玉塚元一

コンビニ業界に限らず、これだけ世の中が目まぐるしく変化する時代においてビジネスで成果を出すには、将来の方向性を見据えた適切な課題設定と、PDCA(計画・実行・評価・改善)の高速回転が不可欠です。


島正博

部品一つひとつ、そして製品を日々進化させていくと他社が真似のできない魂の入った機械が出来る。