名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三浦惺の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦惺のプロフィール

三浦惺、みうら・さとし。日本の経営者。NTT社長。広島出身。東京大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。日本電信電話取締役、人事部長、人事労働部長、常務、東日本株式会社移行本部副本部長、NTT東日本副社長・社長、NTT副社長・中期経営戦略推進室長などを経てNTT本社社長。そのほか電気通信事業者協会(TCA)会長なども務めた経営者。

三浦惺の名言 一覧

私たちもかつて独占企業体だった立場から言えば、通信業界は競争のなかった時代といまとでは、肌で感じるほどに環境が違います。独占時代によかれと思ってやっていたことも、いまは反省点になっています。やはり必要なのは競争と、それによる料金の低廉化、サービスの多様化です。電力にはそれが決定的に欠けているといえるでしょう。
【覚書き|電力業界について語った言葉】


国際事業はこれまではグループ会社が独自に進めていました。反省すべき点もあり、今後は、グループ全体のことと考えて判断する必要があります。そのうえで、仮に数千億円規模の投資であっても決断することはあるでしょう。


過去に痛い目にあったから、国際事業は関心がない、消極的になるというわけではありません。日本企業はほとんど海外に進出し、新しい市場を開拓しています。私どもも日本企業のグローバル化に対応する必要があると思っています。


日本に限らずどこの国でも固定電話が衰退して、携帯電話が伸びているのです。したがって、ドコモの収益が(NTT)全体の4割だから悪いといったことはありません。それに将来、固定とか携帯といった概念が変わることもあり得ます。


三浦惺の経歴・略歴

三浦惺、みうら・さとし。日本の経営者。NTT社長。広島出身。東京大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。日本電信電話取締役、人事部長、人事労働部長、常務、東日本株式会社移行本部副本部長、NTT東日本副社長・社長、NTT副社長・中期経営戦略推進室長などを経てNTT本社社長。そのほか電気通信事業者協会(TCA)会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

藤巻幸夫(藤巻幸大)

外部の人と会うときも、一生懸命相手のことを知る努力をしているよ。毎日、いろいろな分野の人と会っているけれど、相手が有名人で著書などがあれば、必ず読んでから会うようにしている。有名人じゃなければ、時間が許す限り出身地や経歴くらいは調べてから会うようにしているよね。


西川徹(経営者)

今までの技術を守りたい現場の人がいる。でも事業のトップは新しい技術で変えていきたい。現場とトップの意識がズレるときがある。「新しいものを入れていかないといけない」と上の人が言って、調整しないと実現できないことは少なくありません。


杉原輝夫

人間、夢と欲があるから努力する。


吉永泰之

ボタン一つで移動する自動運転車が普及したとき、一番影響を受けるのはコモディティのクルマをつくっている会社です。その点、我々のような趣味性の強いクルマをつくっているほうが、時間的な余裕があると思っています。


中村邦夫

社業は社長がやるのですから、会長の言葉は少なくていいのだと思います。


川村誠

経験したことのない事業がたくさんあったため、社長になって最初の1年間は休日返上で勉強に取り組みました。週末も資料を家に持ち帰り、読み続けました。ほかにも、工場の現場に足を運んだり、それぞれの事業を担当する部長から話を聞いたり。この時、常に重視したのは、各事業の「現状」「課題」「今後どうしたいのか」を押さえることです。


青田嘉光

どんなに制約があっても、ちょっとした工夫、デザインでおもてなしのこころを伝えることができるはずです。さまざまな人々の視点をイメージし、その気づきを生かした提案をしていきたいですね。


稲葉善治

ファナックは製造現場をよく知っているのが強みです。長い経験と技術の蓄積がありますから、自動化やロボット化のために製造現場が何を必要としているのかも熟知しています。ただ、自社の技術だけにこだわるつもりはありません。あくまでもお客様に対して最適なソリューションを提供するにはどうしたらいいのか。これを考えることが一番大事です。


加藤智治

会社が歩んできた歴史や現場で働く人たち、そして商品そのものへの敬意を持ち、それを言葉にして伝えることを大事にしてきました。


マイケル・ゲルブ

音楽家は、音と音の間の沈黙が音楽を言気付かせると言う。彫刻家は、作品を取り巻く空間が彫像の力強さを生み出すという。同じように、あなたの意識的な努力と努力の間が、創造的人生や問題解決のカギとなる。この時間が、知覚したこと、アイデア、感情などの孵化を助ける。


兼元謙任

よくトップアスリートがプラスの言葉を意識的に使うようにしているじゃないですか。あれは、言葉には一種の自己暗示効果があり、本当にその通りになっていくことを、彼らがよく知っているからなんです。


井上昌次郎

大脳は連続運転に弱い臓器で、動き続けると誤作動しやすくなる。それを回復させるのが睡眠。