名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

三浦展の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦展のプロフィール

三浦展、みうら・あつし。日本のマーケティング・アナリスト。新潟県出身。一橋大学卒業後、パルコに入社。同社のマーケティング雑誌アクロス編集室に勤務したのち、同誌の編集長となる。その後、三菱総合研究所に移り、主任研究員となり労働行政などの調査研究を行う。三菱総合研究所退社後、マーケティング会社カルチャースタディーズを設立。執筆、評論活動のかたわら、各種大学で講師として教鞭をとっている。主な著書に『下流社会』『ファスト風土化する日本』『下流大学が日本を滅ぼす』など。

三浦展の名言 一覧

若者はいま、早く成長したがっています。ほかの会社に移ることになっても、そこで通用するように自身のスキルを高めておきたい、と。勤め先がいつ外資に変わってもおかしくない時代です。会社がこの先どうなるのか、確信を持てない。かつてのように、ずっと会社に居続けられるというような安定感はとても抱けません。


いまの若者は自分に必要な知識や経験を得られるような場所を歓迎するのではないかと思います。向こう5年間で自分がどれだけ成長できるか、それに資する場所を喜ぶわけです。自らを成長させてくれる会社にこそ、ロイヤルティーを感じるものです。


いま会社はすっかり真面目な空間だらけで、オフィシャルではない曖昧な遊びの空間がありません。かつては、オフィスの延長線上に位置していた居酒屋が、その役割を果たしていましたが、そうした力がなくなってしまいました。曖昧な遊びの空間をどこかに確保しないと、いいアイデアは生まれません。


社員をどのような場所に住まわせるかという点を、人材育成の観点から考えることも求められています。企業によって、自社ブランドのマーケティングに適した場所があるかもしれません。商品企画の担当を例えば自由が丘や吉祥寺に住まわせる、そういう戦略もあると思います。


いまの若い人は、「本当の自分を見つけてから働く」なんていうけど、僕の経験からしたら「とりあえず働いたら」って思います。それまで自分が「これが私だ!」と執着していた部分が、実は自分の一部分だったり、仕事をすることでもっと意外な側面が引き出されるなんてことはいくらでもあるわけですから。


私としては自由競争はいい、差が出るのも構わない、けれど次世代のことを考えると、階層の固定化は避けたいという思いはあります。だから、階層が固定化されていることすら気づかずに、自分らしさを追求するといっている人たちに、自分たちが置かれている状況に気づいてほしい。


いま、マックス・ウェーバーの『職業としての学問』を翻訳しています。「職業=ベルーフ」は日本語では『天職』とも訳されますが、いま、就職雑誌などを読むと「天職」という言葉が、「一生やっても飽きない楽しい仕事」というような意味で使われています。でも、本来の天職というのは自分の意思で決めたものではなく、天から、神様から「おまえ、これをやれ」と言われて決まった仕事なんです。


いまはパソコンですぐにダウンロードできたり、パッときれいに表になったりするから、それで仕事もできたような気になるけど、昔は集計用紙に手で書いていたわけですよ。一都三県の市区町村別人口なんて、手書きで国勢調査を写しました。でも、写しているうちに、ここは減っていて、ここは増えていると頭に入ります。そうやっているうちに分析のフレームワークができていくし、次のテーマもひらめくのです。


「アクロス」の編集をしていたときは自分の能力と資質が100%生かされて働いているという意味で天職だと思っていました。ただ、天職って、自分の能力をフル稼働しちゃうから疲れるんです。8年やったらへとへとでした。だから三菱総研に行ったときは、天職じゃなくていいからもっと楽に働こうと思ったんですが(笑)。いまはまた、天職に戻りましたので、疲れても、嫌になってもやり遂げろと天が命じているんだなと諦めました。


僕がパルコに入って最初にやったのは新所沢パルコの出店マーケティングで、生まれて初めて国勢調査を徹底的に読み込みました。現象の基礎というのは、やっぱり人口ですよ。高齢者が増えたとか、働く女性が増えたとか、その数が何人いるかということが一番の基礎なのに、意外に疎かにされていますね。


ユニクロはファストファッションとしてひとくくりにされていますが、それは違います。まず勢いがありますよね。みんな勝ち馬に乗りたい、勝機や運気に乗りたいから買うんです。パワースポットに人が群がるのと一緒です。いまやユニクロがパワースポットになっているんです。


人びとが直して使うことが楽しいと思えるようになってきています。そもそも、まだ使えるのにどんどん新品に買い替えさせようというシステムが反エコでしょう。もう、消費者に長く使われるような産業のサイクルではまずいわけです。そういう分野は中国に任せてしまって、日本はリペア(修理)やメンテナンス産業をもっと伸ばしたほうがいい。それが当然だという世の中になれば、そこに雇用が生まれるし、技術も伝承されます。それが消費拡大につながっていくと思います。


一杯1000円のコーヒーを出す百貨店の喫茶店は人気がありませんが、100グラム3000円の美味しいコーヒー豆はよく売れています。高い豆でも家でいれて飲めば1回300円です。よそでまずいコーヒーを飲むよりはずっと豊かです。自分でいれた方が美味しいんだと気が付けば、新しい消費のサイクルが生まれてきます。こういった消費者の変化に目を向ければ、衰退していた産業でも息を吹き返すことができるのではないでしょうか。


三浦展の経歴・略歴

三浦展、みうら・あつし。日本のマーケティング・アナリスト。新潟県出身。一橋大学卒業後、パルコに入社。同社のマーケティング雑誌アクロス編集室に勤務したのち、同誌の編集長となる。その後、三菱総合研究所に移り、主任研究員となり労働行政などの調査研究を行う。三菱総合研究所退社後、マーケティング会社カルチャースタディーズを設立。執筆、評論活動のかたわら、各種大学で講師として教鞭をとっている。主な著書に『下流社会』『ファスト風土化する日本』『下流大学が日本を滅ぼす』など。

他の記事も読んでみる

藤田晋

過去の選択を嘆くのは、はっきり言って時間のムダ。「時」は常に流れていて、今も何らかの選択を迫られているはず。過去を嘆く暇があるなら、今後の選択をどう決めていくか、考えるべきだ。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)

小さな一歩でいい。とにかく続けること、そして少しずつ職場全体に広げることが大事。


香山リカ(精神科医)

不本意な思いは、メンタルヘルスに悪い影響を与えます。月100時間の残業をしている人でも、自分で納得して働いている人でも、自分で納得して働いている人はメンタルの不安がほとんどありません。疲れているのは身体だけなので、睡眠時間をきちんと確保するなどの対処をすれば、まず問題ありません。ところが自分の努力が報われていないという思いを抱えている人は、長時間労働で身体とともに心にも疲労がたまっていきます。それがうつにもつながります。


新浪剛史

真似をし続けている限り、パイオニアには敵いません。


小倉広

その会社で働くことを選んだのは誰でもない、自分自身です。まずは「いまここにいるのは自分の意思なのだ」と自覚すること。そうすれば、毎日の仕事が「やらされ仕事」ではなく「やりたい仕事」になるし、気持ちが晴れて漠然とした不安や苦しみから抜け出せます。


樺沢紫苑

日本人の平均睡眠時間は約7時間半、アメリカは約8時間半というデータがあります。一部の日本人には睡眠時間を削って仕事をする習慣がありますが、これは健康の側面からも考えられません。私は睡眠に関する実験データから、6時間以下の睡眠が続いている状態を睡眠不足と定義しています。睡眠時間が6時間を切ると注意力、思考力、判断力すべての能力が低下するという結果が出ています。


石橋信夫

会いやすい人間とばかり会っている人間は進歩がない。緊張して肩が凝るような人のところに行かないと駄目だ。


辻秀一

私の会社では、スタッフ同士が折に触れて、お互いの気分に気づかせ合う習慣があります。おかげで気分良く働ける職場となっています。


加藤充(経営者)

私は常に自然体でありたいと思っています。気を張って自然体であろうとしているわけではなく、私の生き方と同じで、楽観的にポジティブに考え行動し、無理はしません。


福本伸行

心の奥底にあった漫画家の夢が再び湧き上がって。そして仕事をしながら描いた漫画を『少年マガジン』に持ち込みました。しかし編集部から「絵が描けていない!」と。勉強する意味で、かざま鋭二先生を紹介されてアシスタントになった。このタイミングで会社も辞め、漫画の世界に踏み込んだわけです。


裙本理人

保険適用になれば確かに患者さんの負担は減るが、医療費を国に肩代わりさせていることには変わらない。大局的な視点に立って社会貢献性を考えれば、保険に頼らずとも低コストで受けられる治療を実現できるよう、各企業は努力すべき。


及川智正

人間的成長の部分は、農作物と向き合うだけなく、他人との交流が必要です。そこで、他の生産者他の農業以外の業界の人とも情報交換ができるようなプラットフォームを今後作っていきたい。農家は弱い立場で守るべき立場の人ではありません。他の産業と同じだと思います。人間との対話が成長に一番大事なので、そういう場や機会を作っていきます。