三浦展の名言

三浦展のプロフィール

三浦展、みうら・あつし。日本のマーケティング・アナリスト。新潟県出身。一橋大学卒業後、パルコに入社。同社のマーケティング雑誌アクロス編集室に勤務したのち、同誌の編集長となる。その後、三菱総合研究所に移り、主任研究員となり労働行政などの調査研究を行う。三菱総合研究所退社後、マーケティング会社カルチャースタディーズを設立。執筆、評論活動のかたわら、各種大学で講師として教鞭をとっている。主な著書に『下流社会』『ファスト風土化する日本』『下流大学が日本を滅ぼす』など。

三浦展の名言 一覧

若者はいま、早く成長したがっています。ほかの会社に移ることになっても、そこで通用するように自身のスキルを高めておきたい、と。勤め先がいつ外資に変わってもおかしくない時代です。会社がこの先どうなるのか、確信を持てない。かつてのように、ずっと会社に居続けられるというような安定感はとても抱けません。


いまの若者は自分に必要な知識や経験を得られるような場所を歓迎するのではないかと思います。向こう5年間で自分がどれだけ成長できるか、それに資する場所を喜ぶわけです。自らを成長させてくれる会社にこそ、ロイヤルティーを感じるものです。


いま会社はすっかり真面目な空間だらけで、オフィシャルではない曖昧な遊びの空間がありません。かつては、オフィスの延長線上に位置していた居酒屋が、その役割を果たしていましたが、そうした力がなくなってしまいました。曖昧な遊びの空間をどこかに確保しないと、いいアイデアは生まれません。


社員をどのような場所に住まわせるかという点を、人材育成の観点から考えることも求められています。企業によって、自社ブランドのマーケティングに適した場所があるかもしれません。商品企画の担当を例えば自由が丘や吉祥寺に住まわせる、そういう戦略もあると思います。


いまの若い人は、「本当の自分を見つけてから働く」なんていうけど、僕の経験からしたら「とりあえず働いたら」って思います。それまで自分が「これが私だ!」と執着していた部分が、実は自分の一部分だったり、仕事をすることでもっと意外な側面が引き出されるなんてことはいくらでもあるわけですから。


私としては自由競争はいい、差が出るのも構わない、けれど次世代のことを考えると、階層の固定化は避けたいという思いはあります。だから、階層が固定化されていることすら気づかずに、自分らしさを追求するといっている人たちに、自分たちが置かれている状況に気づいてほしい。


いま、マックス・ウェーバーの『職業としての学問』を翻訳しています。「職業=ベルーフ」は日本語では『天職』とも訳されますが、いま、就職雑誌などを読むと「天職」という言葉が、「一生やっても飽きない楽しい仕事」というような意味で使われています。でも、本来の天職というのは自分の意思で決めたものではなく、天から、神様から「おまえ、これをやれ」と言われて決まった仕事なんです。


いまはパソコンですぐにダウンロードできたり、パッときれいに表になったりするから、それで仕事もできたような気になるけど、昔は集計用紙に手で書いていたわけですよ。一都三県の市区町村別人口なんて、手書きで国勢調査を写しました。でも、写しているうちに、ここは減っていて、ここは増えていると頭に入ります。そうやっているうちに分析のフレームワークができていくし、次のテーマもひらめくのです。


「アクロス」の編集をしていたときは自分の能力と資質が100%生かされて働いているという意味で天職だと思っていました。ただ、天職って、自分の能力をフル稼働しちゃうから疲れるんです。8年やったらへとへとでした。だから三菱総研に行ったときは、天職じゃなくていいからもっと楽に働こうと思ったんですが(笑)。いまはまた、天職に戻りましたので、疲れても、嫌になってもやり遂げろと天が命じているんだなと諦めました。


僕がパルコに入って最初にやったのは新所沢パルコの出店マーケティングで、生まれて初めて国勢調査を徹底的に読み込みました。現象の基礎というのは、やっぱり人口ですよ。高齢者が増えたとか、働く女性が増えたとか、その数が何人いるかということが一番の基礎なのに、意外に疎かにされていますね。


ユニクロはファストファッションとしてひとくくりにされていますが、それは違います。まず勢いがありますよね。みんな勝ち馬に乗りたい、勝機や運気に乗りたいから買うんです。パワースポットに人が群がるのと一緒です。いまやユニクロがパワースポットになっているんです。


人びとが直して使うことが楽しいと思えるようになってきています。そもそも、まだ使えるのにどんどん新品に買い替えさせようというシステムが反エコでしょう。もう、消費者に長く使われるような産業のサイクルではまずいわけです。そういう分野は中国に任せてしまって、日本はリペア(修理)やメンテナンス産業をもっと伸ばしたほうがいい。それが当然だという世の中になれば、そこに雇用が生まれるし、技術も伝承されます。それが消費拡大につながっていくと思います。


一杯1000円のコーヒーを出す百貨店の喫茶店は人気がありませんが、100グラム3000円の美味しいコーヒー豆はよく売れています。高い豆でも家でいれて飲めば1回300円です。よそでまずいコーヒーを飲むよりはずっと豊かです。自分でいれた方が美味しいんだと気が付けば、新しい消費のサイクルが生まれてきます。こういった消費者の変化に目を向ければ、衰退していた産業でも息を吹き返すことができるのではないでしょうか。


三浦展の経歴・略歴

三浦展、みうら・あつし。日本のマーケティング・アナリスト。新潟県出身。一橋大学卒業後、パルコに入社。同社のマーケティング雑誌アクロス編集室に勤務したのち、同誌の編集長となる。その後、三菱総合研究所に移り、主任研究員となり労働行政などの調査研究を行う。三菱総合研究所退社後、マーケティング会社カルチャースタディーズを設立。執筆、評論活動のかたわら、各種大学で講師として教鞭をとっている。主な著書に『下流社会』『ファスト風土化する日本』『下流大学が日本を滅ぼす』など。

他の記事も読んでみる

萩原利男(経営者)

失敗を恐れて前例を踏襲しているだけでは、何も変わりません。現状維持は停滞でしかないのです。常識を疑い、リスクを取る人間しか成功できない。私自身、数え切れないほどの失敗を積み重ねて、今があります。もちろん、現状に甘んじるつもりはありません。海外展開も視野に、布石を打っているところです。


櫻井孝宏

演技に関して、守りに入りたくないというか、下手でも出し切りたいと思って臨んでいます。


新将命

自信が過信や慢心になると問題です。親しい友人ができず、必要以上に敵をつくってしまいます。さらに慢心が増幅すると、傲慢になり、残念ながら周囲からの諫言も耳に入りません。学ぶことも忘れ、謙虚さを失い、人間関係をこじらせて、檜舞台から消えていきます。


ニーチェ

自分自身に対する極度の清潔癖が私の生存の前提条件となっていて、不潔な条件の下では命すら危ない。だから、私はいわば絶えず水の中で、もしくは完全に透明な光輝く元素の中で、泳いだり、浸ったり、ぱちゃぱちゃしている。そのため、私にとって他人との交際は少なからぬ忍耐の試練となる。


志村けん

多少辛いとか何とかあってもね、舞台でウケちゃったときの気持ちよさ、あの感覚はやめられないね。


ミシュラ・マニッシュ

インドは多様性の国ですが、日本企業が大きく間違える点が、地域別の戦略をつくってしまうことです。そこで失敗している日本企業は何社もあります。インド人の経営者で、地域別で考えている人はいません。インドで経営をしている人たちは「インドは一つ」と考えているのです。こんなにも多様性のある国でも、一つの国だという理解が大事になります。


山口悟郎

喋れば喋るほど、どんどん薄っぺらくなると思うので、相手との心理的な距離を縮めたいと思ったときも、必要最低限のことしか話さず、むしろ相手の話をよく聞くことを心がけるようにしています。


麓幸子

当社の調査でも、女性管理職の7割が「職位に満足している」と回答しています。「下駄を履かされている」と思う人もいるかもしれませんが、それでもいいのです。男性だってこれまで下駄を履かされてきた人はいる。下駄を履かなければ見えない景色があって、それにより醍醐味ややりがいは必ず得られるはずです。


佐藤安太

ヒットするおもちゃには、「ピカ、カックン、スー」という法則がありました。子供は欲しいおもちやに出合うと、「ピカ」と目を見開き、「カックン」とうなずいて、「スー」と手が伸びる。そんなおもちゃを作ろうと、子供の感性を見抜く努力をひたすらしてきました。


中内功

自分自身の人生を、エキサイティングなものにしていかなければいけない。人間の能力にそんなに差はない。やる気さえあれば、だれでもたいていのことはできる。むしろ我々は、常に完全なことができるんだというひとつの信念を持つことが必要だ。


白井一幸

私は、日本一になるのは、一人ひとりの「能力」が高く、「チームワーク」がよくて、「運」があるチームだと考えています。そして、これらの三つは「全力」と深くかかわっています。すなわち、一生懸命努力しなければ能力は上がらないし、仲間から支持されないのでチームワークもよくなりません。


さだまさし

恋愛中の女性に彼の魅力を問えば、十中八九「優しさ」をあげつらう。女性が男性に優しさを求める理由は明白、すなわち、女に都合が良いのである。だが、この場合の優しさは半ば、ひとつの女性サイドのお仕着せでもある。というのは10人中、8人も9人も優しい男がいたら、世の中、終わりだからである。


星野佳路

いかに成功体験を積ませるか、これはチームが強くなるためには重要だと思いますね。


根津公一

十数年前、世界的に有名なヨーロッパの近現代美術館の館長と一緒に食事をする機会があり、「どんな美術が好きですか」と聞かれました。私は日本と東洋美術が専門ですから、「私は現代美術を勉強したことがないので答えられない」と言った。すると彼は「どんな人であっても、美術を鑑賞する資格は平等に持っています。例えばこの壁の絵を見て、好きですか、嫌いですか。好き強らば、どこが好きですか。自分の感覚に従えばいいのですよ」とおっしゃられた。感銘を受けました。何かを嗜むには、勉強してから入るよりも、好きなものから入ってもっと好きになれば、次第に知識と教養は深まります。


山田義仁

即断即決で進出して成果を出すには、まず即断即決で撤退する仕組み作りが欠かせない。それは経営資源の有効活用にもつながる。


ページの先頭へ