名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三浦将の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦将のプロフィール

三浦将、みうら・しょうま。人材育成・組織開発コンサルタント、エグゼクティブコーチ。「チームダイナミクス」社長。英シェフィールド大学大学院でMBAを取得。大手広告代理店、リーバイス、ギャップ、バートンなどを経て独立。

三浦将の名言 一覧

英語を学ぶ本当の目的が明確であれば、英語を学ぶことに「快」の感情を持てるはず。そうなると「快」を求めて学ぶ習慣もつく。


嘆くことではなく、ここから踏み出す一歩目に時間を使ってください。年齢にかかわらず人は変われますから。


嫌々ながらも英語を勉強せざるを得ないときは、「アズ・イフ・クエスチョン」をしてみてください。「もし英語を自在に話せたら、何をしたいか」について突き詰めていくのです。


まず、英語にポジティブなイメージを持てるようにする。そして本当の目的、強い目的意識をしっかりと見据えることが大切。


お金をある程度払っているという感覚があるほうがコミットが強くなるから、(高額なスクールに通うのは)決して悪いことじゃない。


メンタルコーチングで一番大事な質問は、「本当にやりたいことは何ですか?」。それを自分に問いかけるのです。「家族と時間を共有したい」だったら、逆算して「朝に時間をつくるため早起きする」と習慣を見つけていく。自分の軸がわかると継続力が生まれるし、やらなくていいことの断捨離ができて、節約した時間を大切なことに注げます。


意志の力だけで習慣は身につきません。習慣化に必要なのは、潜在意識をコントロールすること。そのためには最初の目的を「成果」から「定着」に変える。成績が上がらなくてもいいから、1日10分勉強する。ハードルを下げて続けると、潜在意識の中でプログラムの書き換えが徐々に行われます。


スクール選びの際にも、無料お試し授業などを受けてみて、「快」の感情が湧くかどうかは重要。「快の感情」として繋がっていれば、短期トレーニング後も、英語の力はしっかりと伸び続けます。逆に「苦の感情」がありながら、「何とか乗りきった」のでは、その後の習慣的な継続に繋がりにくくなります。動機が自己鍛錬のみで、特に差し迫ったニーズがない場合は特に重要。


三浦将の経歴・略歴

三浦将、みうら・しょうま。人材育成・組織開発コンサルタント、エグゼクティブコーチ。「チームダイナミクス」社長。英シェフィールド大学大学院でMBAを取得。大手広告代理店、リーバイス、ギャップ、バートンなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

永田豊志

経営者は業績が悪くなると新規事業をやれと言いますよね。しかし、失敗を奨励しないと新しい発想なんて思いつきません。新規事業に関わる失敗は、人事考課に影響しない、とか、挑戦した件数を評価するようにすれば、思いもよらない新しいビジネスが出てくるでしょう。


井上英明

ノートに情報を書きだす利点は、頭のなかで考えていること、つまり僕の脳みそを可視化させることによって、思考を整理できるんですね。


星野佳路

欧米の大手ホテルでは、どのホテルも現地スタッフをたくさん雇用してはいますが、彼らを労働力としかみていない。一方、我々の「日本旅館メソッド」では、現地の人々をサービスのクリエイターとして位置づけています。彼らのこだわりこそが、サービスの源泉だからです。


大塚勝久

場所と建物、商品と社員がついてこなければ商売としてはうまくいかない。どれ一つ欠けてもうまくはいきません。


山口真導

キャッシュフロー改善のために、一番最初に取り組むべきは、ズバリ「前金」化。これが簡単ではないことは、私も分かっています。それでも、やはり「前金」という、最も資金繰りを良くする方法を外して、キャッシュフローの改善の話をはじめることは出来ないのです。否定ではなく、可能性を探りましょう。そのうえで、具体的に検討に入りましょう。


熊谷正寿

僕が大事だと思っているのは笑顔の循環です。行動の価値を笑顔に置いていることがすごく大切で、それというのは自分の笑顔だけではなて、他人の笑顔と自分の笑顔のバランスだと思うんですよ。


中村末広

ソニーが持っているモノづくりのエネルギーは決して失われていない。どれだけ技術がデジタル化しても、創造の原点は技術者が頭の中に秘めている発想やアイデアのユニークさにあるのです。さらにその発想を形に変える組織としてのエネルギーがあれば、一時的な遅れなど絶対に取り戻すことができる。


田村潤

38年間キリンビールで働いている中で、「ラッキーだったな」、そう思うことは何度もありました。が、中でも最も大きな幸運は「上司に恵まれた」ことです。私のサラリーマン人生において、上司の存在は大きかった。だから、自分が上司になったら、尊敬する上司の振る舞いを自分なりにマネしてきました。


小山進

世界最高峰のチョコレートの品評会である「C.C.C.コンクール」で、2011年に「5タブレット(5段階のうちの最高位)」と「外国人部門最優秀ショコラティエ賞」を初めて獲得したのですが、その時も、素直に喜べませんでした。チョコレートの世界ではまだまだ新参者の僕が予想以上の高評価を受けてしまったものですから、「期待を裏切ったらマズい」「カカオを一から勉強しないと」と、いまだに心配が止まらなくて。


坂本圭介

バリューを生み出せなければ、会社にいてはいけない。クレイジーなことをやってでも、バリューを生み出さなきゃいけないんです。だからいまは経営者として、ミーティングではつねに「1+1を5にしようぜ」と言っています。当たり前のことしか言わないやつには、わざと変なオーダーを出しています。


仲暁子

当初は、どんな分野の質問でもできるサービスを想定していましたが、「何を聞けばいいか分からない」という声が上がり、本や飲食店など、分野を狭めていく形で、最終的に「人に関する質問」に特化することに。それがさらに進化して、人を探している組織と仕事を探している個人をマッチングするウォンテッドリーを正式にリリースしました。


小杉竜一

その辺はお互い前のコンビで解散を経験していて、「もっと話し合うべきやったな」と反省があるんです。

【覚え書き|番組が終わったあとに毎回相方と反省会をしていることについて】