名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三浦孝之(職人)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦孝之(職人)のプロフィール

三浦孝之、みうら・たかし。日本の錺簪(かざりかんざし)職人。東京都出身。日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業後、広告代理店を経て、25歳で家業の錺簪の道に進む。東京都青年優秀技能知事賞受賞。

三浦孝之(職人)の名言 一覧

できるだけ自然に触れ、五感を使うようにしています。その中で、昆虫や植物などをよく観察していると、わずかな変化に気がつくのです。


一番大切な事は人とのふれあいだと思います。家族はもちろんの事、職人仲間、友人、簪(かんざし)を求めてくださるお客様、こうした自分の身の回りの人達に支えられて、今の自分があることを毎日の仕事を通してつくづく感じています。


何度も失敗を繰り返し、自分で納得できる品物が出来るようになったのは10年が過ぎた頃だと思います。しかし現在でも100%というものは無いです。次はもっと良い品物を作ろうとする思い、職人の道は生涯勉強ですね。


一番難しいのは、わずかなバランスが、作品の良し悪しを決定すること。作品全体を俯瞰して、各工程を性格に逆算するのはある程度経験を積んだいまでも難しい。作品の良し悪しがわかるようになったいまのほうが、バランスをとる難しさを感じています。


最初は、簪(かんざし)の事は何も分かりませんでした。そこでいきなり家で仕事を覚える前に、簪がどうやって売れるのか、どんな人が簪を使うのか、まずそういう事を学んだ方がよいと思い、当時父が世話になっていた髪飾りを扱う会社へ入れさせてもらい、家で作った品物がどうやって使う人の手に渡っていくのか、世の中の仕組みを学びました。そして会社に通いながら少しづつ家の仕事も手伝うようになりました。


私が職人としてのスタートは遅かったのですが、それまでに経験してきた事は何ひとつ無駄にはなっていないと感じています。小さな頃から動植物が好きで良く観察していた事、専門学校で習った絵の勉強、パソコンで図形を描いていた仕事、髪飾り会社で教わった簪(かんざし)の流通面。これらの経験が全て今の仕事に結びついている事であり、その経験を自分なりに応用して無駄にしない事が大切なんだと思います。


三浦孝之(職人)の経歴・略歴

三浦孝之、みうら・たかし。日本の錺簪(かざりかんざし)職人。東京都出身。日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業後、広告代理店を経て、25歳で家業の錺簪の道に進む。東京都青年優秀技能知事賞受賞。

他の記事も読んでみる

疋田文明

こうでなければ駄目、というセオリー通りにやっているところは、地方ではほとんどが潰れています。最初から自分で考えてオリジナリティーを持っているところが勝ち組になっている。


ジム・ロジャーズ

子供のころ祖母から「仕事をやり遂げるためには忙しい人に任せなさい」と教わりました。本当に忙しい人よりも、実は暇な人の方がいつも時間がないと言っているものです。要するに、忙しくない人というのは怠惰で時間管理能力が低いのです。


俣野成敏

社内ベンチャー制度は聞こえはいいかもしれませんが、制度への応募は退職前提の片道切符でした。しかも、2年間という期限付き。挑戦してみてダメだったら、転職のネタくらいにはなるかもしれない、と思ったほどです。同じようにチャレンジする同世代はおらず、彼らは他社に活路を求めていったので、何かしら負けん気が出たこともあります。
【覚書き|リストラ候補になったのをきっかけに社内ベンチャー制度に応募したことを振り返っての発言】


勝海舟

彰義隊の戦争の日だったが、官軍200人ばかり出て、俺の家を取り囲んで、武器などはいっさい奪い去ってしまった。しかし、このとき俺が幸いに他行(外出)していたために、殺されることだけは免れた。こんなふうに九死の中から一生を得たことは、これまでずいぶん度々あったよ。思えば俺も幸せ者さ。


永守重信

僕らは売りたくない客には売りません。客も仕入先も選ぶ。選んで、自分たちのひとつのベクトルに合ったところに会社を持っていく。それが私企業のあり方だと思うんです。こういう業者とはもう取引しないとか、そういう経営方針は明確に持っています。


飯野謙次

失敗すると多くの人が「次回から気をつけよう」と意識すると思います。でも、気をつければ良くなるのかというと、そんなことはない。人は機械ではないので、気をつけていても気が抜けてしまう確率はたいして変わりません。だから同じ失敗を繰り返すのです。気をつけようで終わらせず、まずなぜ失敗したのかを考えることが大切。


高橋興三(経営者)

いまはチャレンジする文化をどう植えつけるのかということに力を注いでいます。ただ、文化を変える取り組みというのは、きっと私の世代だけでは定着しないと思います。おかしなことを変えていくということに対して、これから三代先、四代先の社長まで、強い意志を持って取り組んで、初めて定着するのではないでしょうか。


豊臣秀吉

武辺(合戦で功名をあげること)をば今日せず明日と思いなば、人におくれて恥の鼻あき。


佐々木常夫

「欲」と「志」の違いは、欲が個人的自分本位の願望なのに対し、志はみんなで共有でき、共感できる目標だという部分にあります。


南佳孝

こないだ友達の家にスマホを置き忘れて、それで親父の墓参りに行って途中で気付いたんだけど、すごく新鮮でね。ネットもスケジュール管理もなしで、芥川龍之介の短編の『蜜柑』のように電車の中の人を眺めたりして。「ん? このゆとりある感じは、俺が好きなボーッと考えたり空想したりの原点なんじゃないか」と思っちゃってさ。だから「スマホを持たない日」を決めるとか、「毎正時にチェックする、後は消しとく」程度でもいいんじゃない。


上原明

私は多くの素晴らしい方々に育てられ、本当に恵まれてきました。そうした方々の多くはすでに亡くなられていてお返しはできません。ですから社会へと次の世代にお返しをすることが私の使命だと思っています。


内藤忍

ものごとを持続させるため他の人の力を借りるのも一案です。私の場合、ピアノは先生に自宅に来てもらうようにしていますし、トレーニングはパーソナルトレーナーをつけています。トレーニングに関してははじめ、自分で腹筋や腕立てを毎日続ければいいと思っていたのですが、人からのアドバイスでトレーナーをつけてみたら効果の上がり方がまったく違いました。同じ時間を使うのであれば、費やした時間に見合う効果が欲しいので、ときどきプロの目でフォームをチェックしてもらっています。