名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三浦孝之(職人)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦孝之(職人)のプロフィール

三浦孝之、みうら・たかし。日本の錺簪(かざりかんざし)職人。東京都出身。日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業後、広告代理店を経て、25歳で家業の錺簪の道に進む。東京都青年優秀技能知事賞受賞。

三浦孝之(職人)の名言 一覧

できるだけ自然に触れ、五感を使うようにしています。その中で、昆虫や植物などをよく観察していると、わずかな変化に気がつくのです。


一番大切な事は人とのふれあいだと思います。家族はもちろんの事、職人仲間、友人、簪(かんざし)を求めてくださるお客様、こうした自分の身の回りの人達に支えられて、今の自分があることを毎日の仕事を通してつくづく感じています。


何度も失敗を繰り返し、自分で納得できる品物が出来るようになったのは10年が過ぎた頃だと思います。しかし現在でも100%というものは無いです。次はもっと良い品物を作ろうとする思い、職人の道は生涯勉強ですね。


一番難しいのは、わずかなバランスが、作品の良し悪しを決定すること。作品全体を俯瞰して、各工程を性格に逆算するのはある程度経験を積んだいまでも難しい。作品の良し悪しがわかるようになったいまのほうが、バランスをとる難しさを感じています。


最初は、簪(かんざし)の事は何も分かりませんでした。そこでいきなり家で仕事を覚える前に、簪がどうやって売れるのか、どんな人が簪を使うのか、まずそういう事を学んだ方がよいと思い、当時父が世話になっていた髪飾りを扱う会社へ入れさせてもらい、家で作った品物がどうやって使う人の手に渡っていくのか、世の中の仕組みを学びました。そして会社に通いながら少しづつ家の仕事も手伝うようになりました。


私が職人としてのスタートは遅かったのですが、それまでに経験してきた事は何ひとつ無駄にはなっていないと感じています。小さな頃から動植物が好きで良く観察していた事、専門学校で習った絵の勉強、パソコンで図形を描いていた仕事、髪飾り会社で教わった簪(かんざし)の流通面。これらの経験が全て今の仕事に結びついている事であり、その経験を自分なりに応用して無駄にしない事が大切なんだと思います。


三浦孝之(職人)の経歴・略歴

三浦孝之、みうら・たかし。日本の錺簪(かざりかんざし)職人。東京都出身。日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業後、広告代理店を経て、25歳で家業の錺簪の道に進む。東京都青年優秀技能知事賞受賞。

他の記事も読んでみる

ティモシー・フェリス

「いつかやる病」はあなたの夢を墓場まで連れていこうとする。「いつか」やりたいことならば、「いま」それをやろう。


クルト・ボック

「フェアブント」、ドイツ語からなかなか翻訳しにくい言葉ですが、日本では一応「統合生産拠点」と訳しています。例えばドイツのルートヴィッヒスハーフェンにある本社では、石油の分解設備から先端素材まで、約200の生産設備を中心に約2000の建物が密集しています。これらのすべてをひとつの拠点の中に置くことで、新たな付加価値を提供できるようにしています。


榎本博明

「そろそろ取りかかったほうがいい」「今日はここまで進めなさい」と上司がすべて指示すると、部下は自律的に時間を管理する力が身につきません。一週間などとスパンを決め、そのあいだは本人に仕事の進め方を任せ、上司が進捗の確認や指示出しをするのは週に一度の打ち合わせだけにする、といったやり方が適切でしょう。


岩崎由純(岩﨑由純)

「言われた内容や文脈よりキーワードのイメージだけが伝わってしまう」ことのわかりやすい例は日常にもあります。電車の駅のアナウンス。「駆け込み乗車はおやめください!」と注意を促す言葉が流れた途端、バタバタっと駆け込む人が後を絶ちませんよね? 駅員は「お客様、おやめください!」と注意しているのに、乗客は「駆け込む」というキーワードとそのイメージしか残らないから「駆け込んだらまだ間に合うかも」と、ダッシュしてしまうのです。声をかけたせいで、間違った行動を喚起してしまうわけです。


堀切功章

食文化の交流で融合が起きると、新しい食べ方が生まれ、しょうゆの可能性はさらに広がっていく。世界に目を向ければ、我々が日常的に使っているしょうゆの概念を変えるような可能性がある。


木南陽介

やはり林業者さんにとっては、品質のいい製材(A材)を売りたいと思います。ですが、林業全体のパイが縮まっていく中で、今まで捨てていた木材を(バイオマス発電所用の)チップに加工することで、彼らの副収入につながるわけですね。そうすると、お互いを支え合う構造になりますから、非常に意義のあることだと思います。


白澤卓二

楽観的な人のほうがストレスは少なく、作り笑いでも笑顔でいたほうが、ボケないという研究報告があります。逆に、皮肉っぽく人生を捉える人は認知症の発生率が3倍というデータもあります。ただし、楽観的すぎる人は事故などに遭いやすいので、短命傾向にあるという研究もあるので、ご用心を。


高城幸司

若いときはどうしても、華やかな成功の部分だけに目がいきがちです。だからちょっとした失敗でくじけやすいのかもしれません。若いビジネスパーソンは、仕事の地道な影の部分にもっとイマジネーションをもてれば、心が強くなり、モチベーションも簡単には落ちないはずです。


三谷幸喜

もちろん、全部が全部曲げるわけじゃないけれど、基本的には相手の意見を受け止めて、その中で自分ができるベストのことをしようと。それが、僕のスタンス。


小杉俊哉

これからの時代の企業にとって、ビジョンやそれを実現するための戦略はますます重要になるはずです。なぜならビジョンとは、組織の存在意義にほかならないからです。リーダーには、それを折に触れ、根気よく発信してほしいと思います。それによって、組織の構成員は一つ一つの業務や取り組みが何のために行われているのかを理解することができる。ワクワク、ドキドキする将来像を共有している組織には自然と一体感も生まれます。


兼元謙任

自己信頼がしっかりしていれば、不安をあおる周囲の声に流されることはありません。不安になるのも、節約を楽しんでお金から自由になるのも、自分で選べるんです。


安田隆夫

現場は常に、柔軟かつ大胆に新陳代謝しなければならない。だから現場に権限委譲する。これを当社では「主権在現」と表現し、積極的に推進してきた。