三浦孝之(職人)の名言

三浦孝之(職人)のプロフィール

三浦孝之、みうら・たかし。日本の錺簪(かざりかんざし)職人。東京都出身。日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業後、広告代理店を経て、25歳で家業の錺簪の道に進む。東京都青年優秀技能知事賞受賞。

三浦孝之(職人)の名言 一覧

できるだけ自然に触れ、五感を使うようにしています。その中で、昆虫や植物などをよく観察していると、わずかな変化に気がつくのです。


一番大切な事は人とのふれあいだと思います。家族はもちろんの事、職人仲間、友人、簪(かんざし)を求めてくださるお客様、こうした自分の身の回りの人達に支えられて、今の自分があることを毎日の仕事を通してつくづく感じています。


何度も失敗を繰り返し、自分で納得できる品物が出来るようになったのは10年が過ぎた頃だと思います。しかし現在でも100%というものは無いです。次はもっと良い品物を作ろうとする思い、職人の道は生涯勉強ですね。


一番難しいのは、わずかなバランスが、作品の良し悪しを決定すること。作品全体を俯瞰して、各工程を性格に逆算するのはある程度経験を積んだいまでも難しい。作品の良し悪しがわかるようになったいまのほうが、バランスをとる難しさを感じています。


最初は、簪(かんざし)の事は何も分かりませんでした。そこでいきなり家で仕事を覚える前に、簪がどうやって売れるのか、どんな人が簪を使うのか、まずそういう事を学んだ方がよいと思い、当時父が世話になっていた髪飾りを扱う会社へ入れさせてもらい、家で作った品物がどうやって使う人の手に渡っていくのか、世の中の仕組みを学びました。そして会社に通いながら少しづつ家の仕事も手伝うようになりました。


私が職人としてのスタートは遅かったのですが、それまでに経験してきた事は何ひとつ無駄にはなっていないと感じています。小さな頃から動植物が好きで良く観察していた事、専門学校で習った絵の勉強、パソコンで図形を描いていた仕事、髪飾り会社で教わった簪(かんざし)の流通面。これらの経験が全て今の仕事に結びついている事であり、その経験を自分なりに応用して無駄にしない事が大切なんだと思います。


三浦孝之(職人)の経歴・略歴

三浦孝之、みうら・たかし。日本の錺簪(かざりかんざし)職人。東京都出身。日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業後、広告代理店を経て、25歳で家業の錺簪の道に進む。東京都青年優秀技能知事賞受賞。

他の記事も読んでみる

猪瀬直樹

プロジェクトの実行中は、「自分なら何でもできる」と考えるべき。最初から自分にはムリなこともあると割り切ると、テンションが下がって実行力が鈍ったり、本当は自分が努力すべきことをしない原因になります。結果的にそれが失敗を招き、挫折感をますます深めるハメになる。まずは「自分は必ずできる」と信じて全力を注ぐ。検証は、その後でも間に合います。


藤井美保代

「慎重に仕事をすればミスがなくなる」という考え方こそが、ミスが減らない原因。注意を徹底するといった精神論ではなく、「ミスが起きない仕組み」を作ることが大切。


サン=テグジュペリ

人間であるということは、とりもなおさず責任を持つことだ。
人間であるということは、自分には関係がないと思われるような不幸な出来事に対して忸怩(じくじ)たることだ。
人間であるということは、自分の僚友が勝ち得た勝利を誇りとすることだ。
人間であるということは、自分の石をそこに据えながら、世界の建設に加担していると感じることだ。


野村克也

「すぐやる」とは、時間をどれだけ大事に考えているかという話でもある。1日の時間は皆同じ。それをどう使うかだ。


山口悟郎

京セラ社内の金銭感覚を代表する例として「当座買い」という考えがある。いわゆる、必要なときに必要なものだけを買うということだ。まとめて買えば安くなるから、買っておいたほうが得だという考え方は一切ない。一切ないというより、禁じられていると言ったほうがいい。まとめて安いときに買っておくというのは、一見頭のいいようなやり方に見えるが、実際は仕様が変わって使えなくなったり、たくさんあるとたくさん使ってしまう。これは家庭でも同様で、たくさん買い溜めしておくと、不必要に使ってしまうことがある。なくなった分だけ、ちょっと手間でもスーパーに買い物に行くということを繰り返したほうが結果的には経済的なのである。


大西洋

商品数が減れば、売上が落ちてもおかしくありません。ところが新宿本店の改装で陳列商品点数が12%減りましたが、10%以上も販売額が伸びました。環境空間と売上の関係を定量的に分析するのは簡単ではありませんが、以前にも増してお客様がリラックスし、ワクワクしながら買い物を楽しめるようになったことがひとつの要因だと思っています。


森川亮

LINEアプリにしても、同様のアプリはそれまでにもありました。新しいものではないからこそ、ユーザーが親しみやすい。ただ、ユーザーのニーズから少しでもズレないように設計しています。だから、大ヒットしたのです。


吉川晃司

時間はかかりました。でも、手遅れってことはない。いろんな経験や挫折が愚かさを削っていってくれます。


ヨシタケシンスケ

幼いときに読んだものが、大人になってから、子どもができてから……と、その人にとって、いろんな年代のなかで向き合わざるを得なくなる本になれば、さらにうれしい。


石黒浩

ある意味、ロボットや技術は、人間を理解するための道具でもあるわけです。人間は歴史上、新しい技術が生まれると、必ずロボットっぽいものをつくってきました。たとえば、スイスで時計の技術が発明された時、これで人間に似たものをつくろうとして、「オートマタ(機械人形)」がつくられました。


大山健太郎

能力評価には時間をかけています。時間をかけるからこそ、本人も周囲も納得のいく評価ができるわけです。


川淵三郎

僕はバスケットボールのルール、競技の本質に関わることには一切口出ししません。だって素人だから。唯一の例外は、外国人選手出場枠の制限ルールでした。これだけは代表強化のために必要だと思ったので導入を決めました。例えば、Bリーグのロゴについて意見を求められたけど、あえて何も言わなかった。僕のセンスで決まったらロクなことがないしね(笑)。


野間口有

私は研究所の時代から今日まで、「ヒット商品をつくれ」とは言わないできました。意識してヒットを狙うのではなく、自然にヒットが出るような体質づくりこそ大切だと考えているからです。常に技術を磨き、工夫して品質改善を重ねる。足腰を鍛え、鋭いスイングのできる筋肉や技術を蓄える。土壌があればヒットは自然に生まれるはずです。


赤塚保正

社長になってみて実感しているのは、社長の後ろには誰もいないという危機感です。


工藤真由美(コンサルタント)

「仕事ばかりしている人は、仕事ができない人」と弊社ではよく言われます。仕事ばかりでインプットが少ない人は視野が狭く、時間あたりの生産性を意識しないと成長も遅くなると考えています。


ページの先頭へ