名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三浦友和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三浦友和のプロフィール

三浦友和、みうら・ともかず。日本の俳優。山梨県出身。テレビドラマ『シークレット部隊』で俳優デビュー。テレビドラマ、映画などで活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞、同優秀助演男優賞、ブルーリボン賞新人賞、同助演男優賞、キネマ旬報賞助演男優賞ほか多くの賞を受賞。

三浦友和の名言 一覧

今でも忘れられないのは、デビュー間もない頃に俳優の大先輩に言われた言葉です。「自分で誇りに思える作品が生涯で3本できればいいね」と。その方は60代だったので「もう3本ありますか?」と尋ねると「まだだね」と答えられた。その時はピンとこなかったけど、自分も60歳を過ぎてみて、その言葉の重みを噛みしめていますね。


俳優同士は波長が合うかどうかが大事。キャストが決まった後は、自分が置かれた場所で仕事をするわけですからね。今回は、人間関係に恵まれた現場で嬉しかったですね。どんな仕事も人間同士で作り出すものですから。


俳優という職業は出演作を選べるから、やりがいのある現場ばかりと思う人もいるかもしれないけど、心から充実する仕事なんて、そうは巡り合えません。40数年のキャリアの中で、いい感じで仕事ができていると言えるのは、延べ10年間くらいですかね。何かしらが上手くいかない仕事の方が長いですよ。


じつは役者が出演を決める要素には3つあって「脚本」と「監督」、そして「主演」なんですよ。その意味ではこの作品(映画『64 -ロクヨン-』)にこれだけの売れっ子が集まったのは「佐藤浩市主演だからやる」って決めた人が多いと思うよ。僕もその1人だしね。


僕だって不本意な言い方だけど、生活のためにやった仕事も何本もありますよ。ただし、絶対に手は抜かない。どんな事情の仕事であろうと、見てくれている人は必ずいるからね。そういうお客さんが次の作品も楽しみにしてくれるだろうし。監督やプロデューサーが僕の仕事ぶりを見て、「今度のあの役に使ってみよう」と思ってくれるかもしれない。


僕はよく人に「うまくいかない時代のほうが長かったんだよ」と話すと、「そんな風には見えませんでした」と返されることが多い。僕はそれを褒め言葉だと思ってますね。そもそも僕は役者の入り口からして向いてないと思っていましたね。元々ミュージシャン志望で、この世界に入ったから。ところが、事務所から突然、役者の仕事を回されてね。音楽の才能がないので、結局は役者の仕事が本業になったんです。


役者の仕事に対して、最初はいい加減な態度だった。志してない職業でしたから演技が上手くなりたいと思ってなかった。当然、現場で何度も痛い目に遭いました。ただ2年目に映画『伊豆の踊子』に出た時に意識が変わったんです。完成試写会をお客さんと一緒に観たんですよ。自分は観客席の真ん中に座ってたから、周囲のお客さんの反応がダイレクトに伝わってきた。シーンによってため息を漏らしたり、笑ったり、泣いたりする姿を目の当たりにしたんですね。そこで僕は感動したんですよ。自分が演じた作品でこんな風に人の心を動かす仕事をしているんだなぁとね。それからは真面目に芝居に取り組もうと心を入れ替えましたね。


三浦友和の経歴・略歴

三浦友和、みうら・ともかず。日本の俳優。山梨県出身。テレビドラマ『シークレット部隊』で俳優デビュー。テレビドラマ、映画などで活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞、同優秀助演男優賞、ブルーリボン賞新人賞、同助演男優賞、キネマ旬報賞助演男優賞ほか多くの賞を受賞。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

会社で生じてしまいがちな不正といえば、数字に関わることですが、私はそれを勘で見破れます。その類の不正には、売り上げ金額にしろ経費にしろ、必ず「作った数字」が含まれます。そして、その数字には、必ず意図か含まれます。月曜日や雨の日は売り上げを下げ、日曜日に上げる。でも、そのパターンが続くとバレるから、次の月曜日だけはグンと数字を上げておこう……。そうやって、自然な形を装うとするばかりに、かえって不自然になる。作った数字なので、その人が好きな数字が多くなったりもします。末尾が54の場合が多いとか、97が3日に1日は出てくる。売上伝票を見れば、一発で見破れます。これは、これまで五感をフルに使い切ることで得てきた私の独自情報に基づく勘であり、世間で「山勘」といわれるような、いい加減なものとはワケが違います。


イセオサム

アプリはコアコンセプトを大きく変えるとダメになる。


大久保秀夫

フォーバルは社員全員に、営業マンと名乗るのをやめさせました。我々は「モノ」を売るのではなく、「コト」を売るコンサルタントに名前を変更しました。「このパソコンを使うことによって、事業はこのように変わります」、「このインターネットを使うことによって、このような対価があります」といった「コト」、つまりノウハウを売るのです。


ジム・ロジャーズ

冒険しないと、つまらない人生になってしまう。


藤田和日郎

一瞬の暇つぶし、スナック菓子的なものにすごい時間をかけて一生懸命つくっていくのが漫画家。


岩下俊士

交渉決裂を覚悟で激論を交わさなければM&Aは成功しない。


加藤俊徳

記憶力を復活させるには、積極的に新しい体験や思考をし、新しい人に出会うこと。そうすれば脳が若返り、記憶力も向上していく。


岡田正大

日本にはそもそも共有価値に近い概念がすでにある、とよく言われますが、そうした標準化された文化的属性を乗り越えて、自社の独自性を発揮することが求められます。企業があまねく実行できるような戦略では競争優位は実現しません。


ジミー大西

ほんま人生なんていつ変わるかわかりません。番組の企画で絵を描いたのが28歳の時で。それまで5分とじっとしていられなかった僕が、音楽を聴きながら絵筆を持ったら4時間でも8時間でも描いていられた。それから上野で開催されていた展覧会で初めてピカソの絵を見たのが29歳。興味を持って、ピカソの生まれた国に行こうとバルセロナに着いた時、ガウディを知った。そっからは本当に自分の好きな場所や好きな人に会いに行き、絵を描いているだけなんですからね。


堀木エリ子

作品は単独でつくるのではなく、全体との調和を必ず考えて、周囲の空気や気配を察し、その移ろいに配慮します。建物自体のコンセプトから突出しすぎず、かといって埋没しない作品をつくることで、和紙の素材の良さが活かせます。


シェイクスピア

いちばん賤しい者となり、いちばんひどい逆境に沈んでいる者は、常に望みを持ちなさい。怯えることはない。最上の幸福から零落することは悲しむべきだが、不運のどん底に沈むと、また浮かび上がって笑うことにもなる。


清水聰

注意したいのは、クチコミばかりを重視してはいけないということ。相変わらずテレビCMを見て、あるいは店頭でのセールスプロモーションによって購買する人は多数存在しています。また、購買に至るまでに複数のメディアに接触する人も少なくありません。