三浦友和の名言

三浦友和のプロフィール

三浦友和、みうら・ともかず。日本の俳優。山梨県出身。テレビドラマ『シークレット部隊』で俳優デビュー。テレビドラマ、映画などで活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞、同優秀助演男優賞、ブルーリボン賞新人賞、同助演男優賞、キネマ旬報賞助演男優賞ほか多くの賞を受賞。

三浦友和の名言 一覧

俳優同士は波長が合うかどうかが大事。キャストが決まった後は、自分が置かれた場所で仕事をするわけですからね。今回は、人間関係に恵まれた現場で嬉しかったですね。どんな仕事も人間同士で作り出すものですから。


俳優という職業は出演作を選べるから、やりがいのある現場ばかりと思う人もいるかもしれないけど、心から充実する仕事なんて、そうは巡り合えません。40数年のキャリアの中で、いい感じで仕事ができていると言えるのは、延べ10年間くらいですかね。何かしらが上手くいかない仕事の方が長いですよ。


じつは役者が出演を決める要素には3つあって「脚本」と「監督」、そして「主演」なんですよ。その意味ではこの作品(映画『64 -ロクヨン-』)にこれだけの売れっ子が集まったのは「佐藤浩市主演だからやる」って決めた人が多いと思うよ。僕もその1人だしね。


今でも忘れられないのは、デビュー間もない頃に俳優の大先輩に言われた言葉です。「自分で誇りに思える作品が生涯で3本できればいいね」と。その方は60代だったので「もう3本ありますか?」と尋ねると「まだだね」と答えられた。その時はピンとこなかったけど、自分も60歳を過ぎてみて、その言葉の重みを噛みしめていますね。


僕だって不本意な言い方だけど、生活のためにやった仕事も何本もありますよ。ただし、絶対に手は抜かない。どんな事情の仕事であろうと、見てくれている人は必ずいるからね。そういうお客さんが次の作品も楽しみにしてくれるだろうし。監督やプロデューサーが僕の仕事ぶりを見て、「今度のあの役に使ってみよう」と思ってくれるかもしれない。


僕はよく人に「うまくいかない時代のほうが長かったんだよ」と話すと、「そんな風には見えませんでした」と返されることが多い。僕はそれを褒め言葉だと思ってますね。そもそも僕は役者の入り口からして向いてないと思っていましたね。元々ミュージシャン志望で、この世界に入ったから。ところが、事務所から突然、役者の仕事を回されてね。音楽の才能がないので、結局は役者の仕事が本業になったんです。


役者の仕事に対して、最初はいい加減な態度だった。志してない職業でしたから演技が上手くなりたいと思ってなかった。当然、現場で何度も痛い目に遭いました。ただ2年目に映画『伊豆の踊子』に出た時に意識が変わったんです。完成試写会をお客さんと一緒に観たんですよ。自分は観客席の真ん中に座ってたから、周囲のお客さんの反応がダイレクトに伝わってきた。シーンによってため息を漏らしたり、笑ったり、泣いたりする姿を目の当たりにしたんですね。そこで僕は感動したんですよ。自分が演じた作品でこんな風に人の心を動かす仕事をしているんだなぁとね。それからは真面目に芝居に取り組もうと心を入れ替えましたね。


三浦友和の経歴・略歴

三浦友和、みうら・ともかず。日本の俳優。山梨県出身。テレビドラマ『シークレット部隊』で俳優デビュー。テレビドラマ、映画などで活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞、同優秀助演男優賞、ブルーリボン賞新人賞、同助演男優賞、キネマ旬報賞助演男優賞ほか多くの賞を受賞。

他の記事も読んでみる

清水克彦(報道キャスター)

人には得意分野や苦手分野があって当たり前。自分の得意分野の仕事では120点を狙う気持ちで取り組みつつ、苦手分野の仕事なら、最初から、及第点である80点が取れればいいと割り切るべきだ。


天野平八郎

トヨタの歴史は人づくりの歴史。中核的な部署にいる社員にかぎらず、自分たちが給料をいただいているお客様に喜んでもらいたいという気持ちが強く、一生懸命にやっています。人事考課は減点主義ではなく加点主義で、敗者復活があり、最後まで競争させる伝統がある。


玉塚元一

僕が恵まれていたのは、7年間柳井(正)さんの薫陶を受けて、商売の原理原則というものを学ばせてもらったことです。つまりすべてをお客さま起点、現場起点で考えること。ゼロベースで現状を俯瞰して、必要があればすべてやり替えることを恐れないこと。経営にはスピードが大切なこと。仮説、実行、検証のサイクルを早く回すこと……いろいろとありましたね。


林文子

売れる営業マンと売れない営業マンの違いは、一歩踏み込んだ営業ができるかどうかではないでしょうか。たとえば、みんなが声をかけずにいるお客様に、勇気をもってひと言かける。みんなが面倒くさがっていることを、あえてやる。ひとつひとつは小さな差でも、それが大きな実績の差となるのです。


日比野隆司

企業の「稼ぐ力」が最も重要。企業価値が向上し続けなければ、株価にも反映されません。


木村尚義

常識や経験から、妥当だと思われる「正解」を導くためにロジックを掘り下げていく方法は、私たちの考える力を奪ってしまいます。日本の携帯電話端末がいい例でしょう。テレビ機能のついた携帯とついていない携帯なら、ついていた方がいいだろう。カメラも高性能の方がいいだろう……と、各メーカーが考えた結果すべての携帯が同じ機能、同じようなデザインになってしまい魅力も薄れていきました。これはロジカルシンキングの失敗と考えてもいいでしょう。


丹羽宇一郎

誰しも家族の影響は大きいと思います。実家が書店だったので、本は比較的身近な存在でしたし、両親や祖父母の言葉や働き方を見てきました。大人とはこういうものだという、最初の認識はその姿です。影響を受けないほうがおかしい。父は厳格な人で、食事中に少しこぼしたりするとものすごく怒られました。そして、祖父母もうそを許さない人でした。そういうことは、今でも強烈に覚えています。うそはついてはいけない。正直に生きるんだと。


高橋理一郎

豊かさが進み、フロンティアが減少し、「夢を持て」と言われても難しい時代なのは事実でしょう。しかし、課題がゼロになったわけではない。環境問題などもあります。若い人には「社会と隔絶したところに自分があるわけではない」ということを、よく考えて欲しい。


有馬誠

経営者にはぜひとも、どこか家電量販店に赴き、半日ほど売り場を眺めることをお勧めしたいですね。衝撃的ですよ。家電製品の前でお客さんが無言でスマホを凝視しているのです。「メールでもしているのかな?」と思いきや、大部分が価格を調べているのですから。


木川眞

大事なことは、「単なる値上げか」と思われないために、サービスレベルを上げ、物流の効率化をどんどん進め、また、これからも伸び続けるeコマースの荷物にもしっかり対応していくことです。


夏川賀央

積極的に外に出ること。世間で売れているモノを知る、話題になっていることを体験してみるなど、世間を知ることが大切です。


岡野雅行(岡野工業)

痛くない注射針だって、理論物理学者が不可能といっていたことを実現した。たしかに従来の細い管を加工する技術では不可能だが、金属板をプレスで加工する技術なら可能なんだよ。そこに目をつけたのは中学校中退のあたしだけ。


ビル・ゲイツ

ポールが私をゴミ箱の上に持ち上げて、私がコーヒーかすで汚れたプログラマーたちのメモを拾ってくる。それを見てシステムを勉強したものだ。
【覚書き|ハイスクール時代、DEC(ディジタル・イクイップメント・コーポレーション)でデバッグ(プログラムのバグ取り)のアルバイトをしたときを振り返っての発言。ポールとはマイクロソフト共同創業者のポール・アレン】


横川竟

よく、「会社は誰のものか」という議論がありますよね。僕は少なくともそれは株主ではなく、本当に尊重すべきは会社の価値を表現して、お客様から対価としてお金をもらっている社員であるべきだと考えています。お金ですべてを解決する経済は、金融資本主義と言えると思います。悪いとは言いませんが、行き過ぎると株主が偉いということになってしまう。だったら上場しなければいいと意見もあるでしょうが、残念ながら今の日本では、中小企業が何かやろうとしても資金を調達できる仕組みが他にあまりないんです。だからこの会社で、従業員を株主にして、将来的に上場できるならして、こういうやり方でもちゃんと世の中に出ることができるんだと証明したいんです。


辻本憲三

もともとは高校を卒業して、叔父が経営していた菓子問屋を手伝っていました。ところが、数年して叔父が店を畳むというので、21歳で独立して菓子店を開いたんです。その後、取引先が持ち込んできた綿菓子製造機に興味を持って行商を行うことにし、九州の駄菓子屋さんで子供向けに改良した改造パチンコに出会ったんですね。改造パチンコというのは、中古のパチンコ台を子供向けに作り直したもので、子供がそれに熱中している様子を見て、ゲームに注目するようになりました。当時は娯楽が無い時代だったので、駄菓子屋やスーパーに置いたら、大人気。子供だけでなく、いろいろな人が集まってきました。その後、米国で流行していたピンボールのレンタルをやるようになりました。当時のゲームはみな米国製ですから、米国に行き来するようになったのですが、米国でテレビのモニター上でピンポンをやるソフトが開発されたというので、見に行ったんです。それがテレビゲームのはしりで、当社でもテーブル筐体型のゲームを生産することにしたんです。それがインベーダーゲームのブームと相まって大ヒット。タイトーさんからライセンスを取得して、生産したら相当売れました。


ページの先頭へ