三浦博史の名言

三浦博史のプロフィール

三浦博史、みうら・ひろし。日本の選挙プランナー。東京出身。慶應義塾大学卒業後、安田信託銀行を経て政治家秘書になる。アメリカ合衆国国務省個人招聘プログラムで米国に派遣され、アメリカの政治や選挙事情について学ぶ。帰国後、日本初の選挙プランニング会社「アスク」を設立。そのほか、社団法人国際経済政策調査会事務局長などを務めた。

三浦博史の名言 一覧

スピーチで大事なのは、「繰り返す」こと。例えばオバマ米大統領のスピーチでは、お礼の仕草や「これだけは伝えたい!」というフレーズが1回の演説中に3回は繰り返されます。反復という言葉がありますが、2回では印象に残らず、何事も3回リピートすることで心に残ると言われています。


誰でも新しいテーマでスピーチをしようとすると、緊張してしまい、うまくいかないものです。そこで「カラオケ十八番」作戦です。カラオケでいつも同じ歌を歌えばうまくなるように、スピーチも聴衆を問わず、できる限り同じ話を繰り返すのです。カスタマイズは、必要最小限に押さえます。場数をこなすうちに話がうまくなります。


三浦博史の経歴・略歴

三浦博史、みうら・ひろし。日本の選挙プランナー。東京出身。慶應義塾大学卒業後、安田信託銀行を経て政治家秘書になる。アメリカ合衆国国務省個人招聘プログラムで米国に派遣され、アメリカの政治や選挙事情について学ぶ。帰国後、日本初の選挙プランニング会社「アスク」を設立。そのほか、社団法人国際経済政策調査会事務局長などを務めた。

他の記事も読んでみる

山崎元

自分が学びたいことが職場になければ、その職場にとどまることは自分のプラスにならない。


守安功

自分で「どんな問題があるか」「どうすれば問題を解決できるか」を考え、変革を実行できる人材がどれだけ揃っているかが、会社の成長力に直結します。「何でもやります」と仕事を与えられるのを待っている人では困るわけです。


植木理恵

代替案はひとつだけではなく、複数の案を挙げること。理想の数は3つです。極端にいえば、中身はどうでもよくて、3つという数字が重要です。ほとんどの人は2つ以下の代替案しか用意しませんから、相手は3つ以上の代替案を示されると「こいつは頑張ってきたな」という印象を持ちます。そして相手にどの代替案にするかを選んでもらいます。これは相手の「自己決定欲求」を満たすためです。自分の意思によって採用したという実感から、代替案に愛着が湧くのです。


石黒不二代

日本企業は悪いところをカイゼンしようとしますが、良いところを伸ばしたほうがみんな生き生きと働くようになる。


大江英樹

投資と水泳は似ている。本を読んで知識を付けても、それだけでは泳げるようになりません。体験することが大事で、それも早ければ早いほどいい。投資も似ています。


矢野博丈

何かを決めつけて、それに固執したらいけません。自分が正しいと思ったやり方で行き詰っても、それをさっさと認めて、朝令暮改すればいいんです。


芦田昭充

私は言いたいことをどんどんぶつける直球型ですが、もっと粘り強く説得するアプローチがあってもよかったと反省しています。


西任暁子(西任白鵠)

商品説明の場で魅力を端的に表現できない、時間配分を考えずに話してしまう、という方も多い。良い商品を作り、それを伝える術を磨くことは両輪の関係。


パク・ジョアン・スックチャ

在宅勤務は福利厚生ではありません。企業の発展・維持に様々なメリットをもたらす戦略的な人事制度です。在宅勤務はリスク・マネジメントの視点からも企業に利益をもたらします。世界的に持優れたブロードバンド環境を持つ日本で活用しない手はないでしょう。


マーク・マコーマック

経営学修士号というのは、経験から学ぶ能力を邪魔してしまうことがある。私たちが雇った多くのMBA(経営学修士号取得者)は、もともとが単純なのか、でなければビジネストレーニングの犠牲者だった。その結果、現実世界での学習障害者とでもいうか、人の気持ちを的確に読んだり、状況を把握したりすることができないのだ。そのうえ、間違った理解を積み上げる不思議なコツを身につけている。


海老根智仁

自分の仕事人としての目標が何なのかを考え、それを達成するためにやるべきことを決めれば、時間に流されるという感覚は減るのではないでしょうか。私も社員に、「自分の目標を持ちなさい。そのためにはまず、1週間に30分でもいいから自分を見つめる時間をつくりなさい」と口酸っぱくしています。


久世由美子

勝って驕らず、負けて腐らず。


ジョン・ル・カレ

わからない人はわからなくていい。わかる人だけがわかればいい。


ベートーベン

苦難の時に動揺しないこと。これは真に賞賛すべき卓越した人物の証拠である。


松下幸之助

利益を上げるためには仕入れ値以上の価格で売る。また借金をする前に、まず集金に全力を注ぐのが本当で、それでもなお資金がいるときに、初めて他から借りるべきでしょう。それが雨が降れば傘をさす、天地自然の理に従った姿です。言葉に表してしまうと極めて簡単で、当たり前のことのように思われますが、この至極簡単、当たり前のことを適時適切に実行するというところにこそ、商売なり経営の秘訣があるといえるのではないでしょうか。


ページの先頭へ