三浦光広の名言

三浦光広のプロフィール

三浦光広、みうら・みつひろ。日本の経営者。鍛造プレス用ダイホルダー・メーカー「楠精工」社長。愛知県出身。立教大学理学部物理学科卒業。同社の7代目社長を務めた。

三浦光広の名言 一覧

仕事とはお客様に喜んでいただくこと。その結果として得られる感謝の大きさが対価であり、絶対に逆になってはいけません。


三浦光広の経歴・略歴

三浦光広、みうら・みつひろ。日本の経営者。鍛造プレス用ダイホルダー・メーカー「楠精工」社長。愛知県出身。立教大学理学部物理学科卒業。同社の7代目社長を務めた。

他の記事も読んでみる

山口多賀司(経営者)

ダメだ、ダメだと机上の空論ばかり叫ぶのではなく、解決策をつくりだす方向に進むべきだ。


佐渡島庸平

ビジネスでは、情報をコントロールしようとする人が多いですよね。クライアントに情報をすべて伝えないで判断させるとか。情報をコントロールすることによって、商談を自分の望んでいる結論に持っていこうとするわけです。僕は、情報のコントロールに労力を使うよりも、全部話したうえで相手と同じ結論になったほうが良いと考えています。そもそも、相手とコミュニケーションがよくとれていたら、お互いにとって良い判断をするはずだから、自ずと同じ結論になるはずでしょう。


増田宗昭

「予兆」とは、世の中で起こっていることより、自分の中の「気付き」だと思います。「こういうことをやらないといけない」「こうなるんじゃないか」という自分の中のイメージこそ「予兆」です。


高杉良

今年で76歳になりました。この歳になっても、1作につき、最低でも50人以上の人達に取材して書くという力仕事をやっているのは、僕くらいかもしれません。最近は毎年のように、「これが最後の力仕事」と宣言しながら作品に向き合い、書き終えるとまたむくむくと取材したい先が浮ぶということを繰り返しています。周りからすると、狼少年もいいところでしょう(笑)。


ハンス・アンダーソン

場合によっては、私も厳しい言葉を投げかけます。たとえば、店が好調なときです。日本でも銀座店や原宿店ができたとき、毎日、開店前から長蛇の列ができました。スタッフは喜んでいましたが、そのとき私は「1年もたてば、行列はなくなる。いまからそのときのことを考えるべきだ」と言いました。


藤田恭嗣

磨かなければいけないのは「なぜ私はこの事業をやりたいのか」という理由の探求。お金や名誉のために事業を行っては続かないでしょう。


曽山哲人

社員の挑戦マインドやチームへのロイヤリティを高める上でも、現場でのコミュニケーションは欠かせない。


嶋浩一郎

リアルな本屋は私たちにとって非常に魅力的な空間なんです。大げさに言えば、人生を変えてしまう可能性を秘めている場所でもある。例えば小さな本屋の場合、5分程度で店内をぐるっと見て回れます。大型書店でもざっと見て回るなら十数分程度でしょう。本屋では、そんなわずかな時間で「世界」が巡れちゃうんです。圧倒的な情報量を誇る本屋では、しばしば「おや? 何だろうこの本?」といった思わぬ本との出会いがあります。店内でざっと本を眺めていると、気になる本が出てきますよね。その瞬間、あなたの好奇心はくすぐられています。人は今まで知り得なかった自分の好奇心を発見した時、知的な喜びを感じるもの。「ちょっと面白そう」と、ワクワクしたり、ゾクゾクしたりするんです。


岩瀬大輔

ビジネスにおいては、常に「ファクツ(事実)」に注目することが重要です。自分が見聞きしてきたことだけでなく、数字やデータを集めて検証することで、問題解決力は向上します。


冨田和成

睡眠時間はアウトプットや仕事の効率に直結する。お金持ちは睡眠の質と量にはこだわる。


富野由悠季

データを集めるということ、もしくはデータが過多であることが、必ずしも学識を深めるものではなく、本当の意味での自己鍛錬を怠けさせる傾向があるように感じられます。安易に物をため込んでしまったために、人がものを考えたり感じたりする能力がひどく低下しているということに気がつく必要があります。


阿部寛

30代になって、意識を変えたんです。とにかく、いろんな仕事に自分から飛び込んでいきました。お話をいただいたものはすべて受けて、得意だろうが不得意だろうが、自分に合わないとか関係なく飛び込んで、現場からなにかを得て帰ろうとガムシャラにやってきましたね。最初はわからずに入っていきましたけれども、自分の中で固まっていくものが徐々にできてきたんです。


劉強東

中国の若者の野心が徐々になくなっていることについて、私も懸念しています。日本の若い世代よりも深刻かもしれません。なぜなら一人っ子政策により、私たち世代の夫婦は4つも5つも不動産を持っています。一生働く必要はなく、一つの不動産を売れば10年や20年は食べていけます。このような考え方はとても危険です。


澤田秀雄

ハウステンボスの再建が成功した最大の要因は、みんなで努力したことだと思いますね。売上を2割増やし、経費を2割削減するという目標への努力に尽きます。


ルイス・ガースナー

私自身には戦略などと言ったものはない。いまの我々の企業にとってはそんなものは重要ではない。


ページの先頭へ