名言DB

9429 人 / 110879 名言

三津田信三の名言

twitter Facebook はてブ

三津田信三のプロフィール

三津田信三、みつだ・しんぞう。日本の小説家、推理作家、ホラー作家。奈良県出身。高野山大学文学部人文学科国文学専攻卒業。編集者を経て『ホラー作家の棲む家』で小説家デビュー。『水魑の如き沈むもの』で本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞。

三津田信三の名言 一覧

幽霊の外見は、あまり詳しく書きこまないようにしています。まだ誰も見たことのないビジュアルを思いついたのならいいけど、そうでない場合、大抵は描写すればするほど怖くなくなる。さらっと描くくらいがちょうどいい。拙作のホラーで影のような幽霊がよく出るのは、そのせいです。


ホラーを書くときに意図的にやっているのは、怪異の正体をあやふやにすることです。ただ、それだけだと単なる投げっぱなしになるので、こういう解釈ができるかもという何らかの手掛かりを、なるべく読者に与えておく。割り切れるような気がするけど、やっぱり分からない。そういう微妙なニュアンスのホラーが理想ですね。


オノマトペ(擬声語)の使い方が怖いとはよく言われます。同じ濡れた布が何かに当たる音でも「べたっ」と「びちゃ」では印象が違いますよね。実際その場にいたら耳にどう聞こえるのか、空想上の体験をしながら言葉を選んでいます。些細なこだわりなんですが、せっかくホラーを書くなら、少しでも怖がってもらいたいので。


三津田信三の経歴・略歴

三津田信三、みつだ・しんぞう。日本の小説家、推理作家、ホラー作家。奈良県出身。高野山大学文学部人文学科国文学専攻卒業。編集者を経て『ホラー作家の棲む家』で小説家デビュー。『水魑の如き沈むもの』で本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞。

他の記事も読んでみる

孫正義

今できること、今やらなければいけないこと、今のうちから志しておかなければならないことを強く意識してください。

【覚え書き|新入社員に対して】


木村皓一

実は私は小さいころ、小児麻痺で歩けませんでした。小学生のころはそのハンデをいいことに、言い訳して人に頼ることばかりを考えていました。ところが、4年生になって好きな女の子ができたとき、その子から得られるのは同情だけだということに気づいたんです。体がきかないうえに、心まで傷つきましてね。初めて真剣に体を治そうと思いました。「よし、3年計画で治そう」。口から心臓が飛び出すくらい痛いマッサージも、好きな子のことを考えて歯を食いしばりました。治すために何でもしようとがんばったんです。そんな生活が成長著しい中学時代と重なったからか、治り出してからは早かったです。中学3年生のときにはふつうに歩けるようになりました。


重光昭夫(辛東彬)

私は証券会社にいましたから、これは最高のチャンスだと捉えました。そして、積極的にM&Aを仕掛けていきました。
【覚書き|1997年アジア通貨危機の際に積極的にM&Aを行った理由についての発言】


杉本哲太

僕の経験上、高さや大きさに関係なく、避けた壁は必ずまた迫ってくる。避けて時間を稼いでも、いつかどこかで対面することになる。その時までにどれだけ経験を積めるか。30代、40代は、まだ準備のための遠回りが許される時期だと思うので、乗り越えるための力を貯めていきましょう。


池田弘(経営者)

コミュニティということがよく言われていますが、たとえば家族旅行に年に二回行っているのであれば、アルビレックスの試合に合わせて周辺の温泉を予約し、温泉を楽しみながら試合に来ていただく。みなさん湯布院に行って、別府の試合を見ているみたいなんです。おじいちゃんが「アルビレックスを応援に行こう」というと、孫が一緒に来てくれるみたいなこともある。あるいは町内会を通して申込書が回覧板で回ると「隣のおばあちゃんが行くんなら、私も行くわ」みたいな誘い合わせて来てくださるとか。家族をコアにして、町内が一緒に盛り上がる。勝った時は地元に戻って町内で酒盛りするとかね。


出井伸之

私のビジョンとしては、まずカンパニー制でAV・エレクトロニクスの経営を適切に進めていく。その上で、グローバルなネットワーク環境に備え、各カンパニーがより独立してビジネスが進められるように、適切な本社を備えた分散型の体制を整えておくということです。競争を優位に進めていくための準備を進めています。


松下幸之助

5年後、10年後にどうなるか、どうすべきか。その上で、今どうしたらいいのかを考える。将来から現在を考えるのが、経営者としての発想である。


岡本太郎

才能のあるなしに関わらず、自分として純粋に生きることが、人間の本当の生き方だ。頭がいいとか、体がいいとか、また才能があるなんてことは逆に生きていくうえで、マイナスを背負うことだと思った方がいいくらいだ。


白石康次郎

逃げても壁はずっと追っかけてくる。しかもさらに高くなって。


乙武洋匡

すべてを一人で克服することは、強くてカッコ良いようでいて、見方を変えれば、「他者を必要としない生き方」とも言える。それよりも、他人に支えられ、他者を必要として生きていくほうが、「豊かで良い人生だった」と思えるのではないか。少なくとも、私はそう考えています。