名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三津田信三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三津田信三のプロフィール

三津田信三、みつだ・しんぞう。日本の小説家、推理作家、ホラー作家。奈良県出身。高野山大学文学部人文学科国文学専攻卒業。編集者を経て『ホラー作家の棲む家』で小説家デビュー。『水魑の如き沈むもの』で本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞。

三津田信三の名言 一覧

幽霊の外見は、あまり詳しく書きこまないようにしています。まだ誰も見たことのないビジュアルを思いついたのならいいけど、そうでない場合、大抵は描写すればするほど怖くなくなる。さらっと描くくらいがちょうどいい。拙作のホラーで影のような幽霊がよく出るのは、そのせいです。


ホラーを書くときに意図的にやっているのは、怪異の正体をあやふやにすることです。ただ、それだけだと単なる投げっぱなしになるので、こういう解釈ができるかもという何らかの手掛かりを、なるべく読者に与えておく。割り切れるような気がするけど、やっぱり分からない。そういう微妙なニュアンスのホラーが理想ですね。


オノマトペ(擬声語)の使い方が怖いとはよく言われます。同じ濡れた布が何かに当たる音でも「べたっ」と「びちゃ」では印象が違いますよね。実際その場にいたら耳にどう聞こえるのか、空想上の体験をしながら言葉を選んでいます。些細なこだわりなんですが、せっかくホラーを書くなら、少しでも怖がってもらいたいので。


三津田信三の経歴・略歴

三津田信三、みつだ・しんぞう。日本の小説家、推理作家、ホラー作家。奈良県出身。高野山大学文学部人文学科国文学専攻卒業。編集者を経て『ホラー作家の棲む家』で小説家デビュー。『水魑の如き沈むもの』で本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞。

他の記事も読んでみる

宗次徳二

基本的に誰でも人に笑ってもらうことは好きだと思っています。だから私もついギャグを言ってしまうんですが、たいていはやめておけばよかったと後悔します。講演でも最初はひんやりとした受け止め方をされますね。でも、お笑いを商売にしているわけではないから、ウケようとしても無理なんです。そう思ってめげずにやっています。


豊田章男(モリゾウ)

業績が自分や会社の実力なのか、単に追い風によるものなのか見極めは実に難しい。業績がいいときの経営者というのは、周りにおだてられますから。


池谷裕二

年末の大掃除などがよい例で、初めは嫌々始めたものの、いざ掃除を始めると次第に気分が乗ってきて、いつの間にか部屋がきれいになっていた……という経験は誰にでもあると思います。頭のなかだけで考えていても億劫に感じますが、実際に身体を動かしてみると、やる気が出ることがあります。つまり、やる気とは、物事を始める前からあるものではなく、物事を始めたあとから発生するものです。やるべき仕事を前にして、「気分が乗らないな」とダラダラしている段階が、一番不幸な状態だといえますね。


鈴木おさむ

データをインプットするのに必要な習慣は、効率のいい情報収集術を心掛けるよりも、ひたすら行動することではないでしょうか。ヒットチャートを賑わせている曲が面白いタイトルだなと感じたら、とりあえずiTunesをクリックしてみる。気になるDVDがあったら、思い切って買ってみる。


山本梁介

ITは生産性を上げるだけでなく、顧客満足も上げることができるんです。例えばうちの青森の店舗をいつも利用されている方がたまたま大阪に来たとしても、顧客情報を共有していれば「いつも青森の店舗をご利用してくださってありがとうございます」と一声お礼ができます。お客様の嗜好もデータベース化してあり、言われなくても角部屋を用意したり、寒がりなら毛布を1枚多めにセットしておくこともできます。


千本倖生

自分の思いをアクションとして起こさない限り、世の中は変わらない。


中本晃

京都の老舗企業でも、ものづくり企業でも、伝統を大事にしながら、同時に新しいものを貪欲に取り入れてチャレンジし、互いに独自性を磨いていくことが、永続発展のための基本だと思います。


伊藤雅俊(味の素)

新しい価値を想像して、開拓者精神で広めていく力。これこそが、味の素の戦略を根底から支えているものです。


梶谷真司

哲学対話では「わからないこと」を増やすことが重要。わからないことが増えることは、多様な視点から考えを深めることにつながっていきます。


小山昇

残業を減らしてもその分業績が下がったら企業としては失格。生産性を上げる工夫も同時に行わなければ意味がない。


ラルフ・バンチ

好戦的な国民など存在しない。好戦的なリーダーたちがいるだけだ。


ルー大柴

楽屋では若い人の会話や交流には、積極的に参加し、コミュニケーションをはかっています。本番前には「何かきっかけがあったら、突っ込んで来いよ。俺は全然大丈夫だからな」と言ってあげます。すると彼らは本気で突っ込んできます。僕も負けずに返していくと、自然に若い力が蘇ってきて心がときめいてくるんです。若い人たちとの積極的なコミュニケーションをぜひお勧めしたい。