名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三津田信三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三津田信三のプロフィール

三津田信三、みつだ・しんぞう。日本の小説家、推理作家、ホラー作家。奈良県出身。高野山大学文学部人文学科国文学専攻卒業。編集者を経て『ホラー作家の棲む家』で小説家デビュー。『水魑の如き沈むもの』で本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞。

三津田信三の名言 一覧

幽霊の外見は、あまり詳しく書きこまないようにしています。まだ誰も見たことのないビジュアルを思いついたのならいいけど、そうでない場合、大抵は描写すればするほど怖くなくなる。さらっと描くくらいがちょうどいい。拙作のホラーで影のような幽霊がよく出るのは、そのせいです。


ホラーを書くときに意図的にやっているのは、怪異の正体をあやふやにすることです。ただ、それだけだと単なる投げっぱなしになるので、こういう解釈ができるかもという何らかの手掛かりを、なるべく読者に与えておく。割り切れるような気がするけど、やっぱり分からない。そういう微妙なニュアンスのホラーが理想ですね。


オノマトペ(擬声語)の使い方が怖いとはよく言われます。同じ濡れた布が何かに当たる音でも「べたっ」と「びちゃ」では印象が違いますよね。実際その場にいたら耳にどう聞こえるのか、空想上の体験をしながら言葉を選んでいます。些細なこだわりなんですが、せっかくホラーを書くなら、少しでも怖がってもらいたいので。


三津田信三の経歴・略歴

三津田信三、みつだ・しんぞう。日本の小説家、推理作家、ホラー作家。奈良県出身。高野山大学文学部人文学科国文学専攻卒業。編集者を経て『ホラー作家の棲む家』で小説家デビュー。『水魑の如き沈むもの』で本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞。

他の記事も読んでみる

ディビッド・ユーゼ

スピードが勝負です。意思決定が遅い企業は生き残れませんが、早い企業は生き残れるだけでなくグローバル市場で大きく成長できると思います。


落合信彦

課長のままで終わるなら、10人程度を動かせればいい。しかし、もっと出世したいなら、一桁違う人数を統率しないといけない。とても自分一人の力では仕事をなしえない。部下を育てるのは自分のためでもある。


野村忠宏

私の場合は、相手が誰であっても、自分の柔道を貫くという基本姿勢があります。相手のよさを消すのではなく、自分のよさを最大限出し切るのが私のスタイルです。


田中稔一

うちは触媒などの研究で世界的にも高い評価を得ているのですが、商売下手と言いますか、マーケティングがなってなかった。これは一つの反省材料なので、今、マーケティングを懸命にやっていこうとしています。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

教育や学位取得は人生に1回だけという考えは時代遅れになり、新しいことを素早く学ぶ人が勝つ時代が来る。


荻原博子

どちらが家計を切り盛りする側に回るにせよ、2人の共同口座は作っておくことを忘れずに。お互いに、「けっこう貯金があるんだろうな」なんて思い込んで、ふたを開けてみたら、双方貯金が少なく青ざめる夫婦は結構いますよ。


大倉忠司

きちんとお客様に支持していただくには、単に事業の効率化を追求するだけでなく、様々な業界の常識を一つずつ打破していく必要がある。


小堀秀毅

チャレンジに問題はつきものだが、それを乗り越えることで仕事がもっと楽しくなる。


藤田幸之助

我々が店舗を増やし続けているのは、「商品をもっとお客様の近くに届けたい」という思いが強くあるからです。しかし、地方でいくつか出店してみた結果、直営だけでこれを実現することは非常に難しいということに気付きました。地方だと人を雇うのも大変ですし、不測の事態が起こったときにすぐに駆け付けることもできません。だったら思い切って直営をやめて、(フランチャイズにして)地元の企業にお任せしたらどうかということになったわけです。


橘フクシマ咲江

相手を知るための最も大事なポイントは、決めつけないことです。女性だから、外国人だから、といったラベルを貼って、先入観を持って対応すると、相手を知るうえで妨げとなります。


久代敏男

長らく人事畑を歩んできて、とくに苦心したのは人員削減の場面です。労務コストの削減は会社として仕方のない判断でしょう。しかしいくら経営論を振りかざしても、そこから去る人の耳には理不尽に響きます。そこに人事の難しさがあります。


麻生哲朗

作ったテレビCMが消費者の印象に残るかどうかの生命線は、発想の過程で生じる違和感への向き合い方。