三津川一成の名言

三津川一成のプロフィール

三津川一成、みつかわ・かずなり。日本の経営者。「センチュリー21・ジャパン」社長。広島出身。京都大学経済学部卒業後、伊藤忠商事、伊藤忠不動産などを経てセンチュリー21・ジャパンに入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

三津川一成の名言 一覧

常日頃からピンと張り詰めていればいつかは緩んでします。また一方で「いい加減」な対応をしていては信用を失います。むしろ「良い加減」なスタンスでいること。それが40年近い社会人生活を送ってきた私の答えでもあります。


三津川一成の経歴・略歴

三津川一成、みつかわ・かずなり。日本の経営者。「センチュリー21・ジャパン」社長。広島出身。京都大学経済学部卒業後、伊藤忠商事、伊藤忠不動産などを経てセンチュリー21・ジャパンに入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

潮田洋一郎

事業を継承した当初は、やりにくかった部分もありました。新日軽とサンウェーブのときも大反対されて、父(創業者:潮田健次郎氏)と激論を交わしました。同業者をM&Aしても、売上高が減ったら経費が増えるだけというのが反対理由でした。私は売上高は減らないと思い、実際減りませんでした。結局、父がなくなる数か月前、父の引退時に比べて株価は倍になりました。それで評価が変わりましてね。「この路線でいけ」と(笑)。会社の株価と業績がすべての人でしたから。


梶原しげる

人はみんなつながりたがっている生き物です。そして、自分から語り出すには、ちょっぴり気はずかしさを感じていて、会話のきっかけを探しています。あなたが一歩を踏み出すことで、きっと人間関係は、今よりずっとオープンで楽しく、心地良いものになるはずです。


梅原勝彦

長い経営者生活のあいだに行きづまったことは何度もありますが、そういうときは自分中心の考えが強すぎたようです。それに気づいて、西郷南洲(西郷隆盛)の「動機善なりや、私心なかりしか」という言葉を意識するようになってからは、社員が心を開いてくれるようになった気がします。


曽山哲人

年次や経験に関係なく、将来性のある人材をタイムリーに抜擢し、トップマネジメントを体験してもらうのがリーダー育成の一番の近道。


大西賢

人材教育の在り方は、以前と同じということはありません。現在の我々は「JALフィロソフィ」というものを持っているからです。これは、我々がどういう集団であり、企業として何を目指すのかを、40項目にわたって簡潔なかたちで明文化した冊子であり、現在のJALの拠り所となっているものです。


山内隆司

何事も最初が肝心なのです。工事のスタートからきれいに整理整頓をしていると、後から入ってきた業者はそれに倣うしかありません。


井筒和幸(映画監督)

上手な自己演出法は、自信のある分野で誠実に勝負すること。そうしていくうちに、自分という台本が出来上がっていく。


阿久津聡

ルールで社員を縛るのではなく、企業の看板であるブランドのミッションや価値観を社内で共有することが肝要です。


南場智子

成功もずっと続くわけではありません。もちろん、失敗もそうです。一喜一憂するのが経営者。それで良いのです。失敗しても命が取られるわけではありませんからね。若者には「目標に向かって夢中になれ」と言葉を送りたい。


唐鎌謙二

お客さまにうそをつくのは倫理的にダメ。また、相手をだましている自覚があると、手がける商品・サービスに自信が持てません。それはお客さまにも伝わり、結局、仕事が取れなくなる。


野口吉昭

小さな前進すらできず、後退してしまったときは失敗を隠しましょう。たとえばダイエットをしているのに今日は体重が増えていると感じたら、体重計に乗りません。後退したことを人に言うのも避けた方がいいでしょう。他人の失敗は、負のオーラを持った人の大好物です。よってたかって「それ見たことか」とネガティブな発想を刷り込もうとします。


三村マサカズ

毎日、何かを吸収したいんですね。自分の才能は並だと思っているので、常に努力していないと、ほかのヤツに抜かれるという危機感をいつも持っています。心配性なんですよ。


大橋未歩

人間関係は合わせ鏡のようなものなので、自分が固く凝り固まっていると、相手も優等生のようなコメントしか返してくれません。自分がまず心をオープンにすることを意識して、相手が本音を漏らしやすいような雰囲気づくりを心がけています。


佐治敬三

「やってみなはれ」は、もともとオヤジ(鳥井信治郎)の私に対する小言なんです。大学を出て会社に入ったら、オヤジの言うことが理屈に合っていない。「そんな非合理なことをやっていて会社をやっていけるか」と言ってはケンカをする。新しい仕事をやる時も欠点ばかりあげて、そんなことはできるはずがないという。それに業を煮やしたオヤジが「敬三、やってみなはれ」と言うんです。今でも言われている気がしますよ。


シェイクスピア

ひとつの立派な行為が、誰の口にのぼることなく死んでゆく。それは残ってあとに待つ立派な行為を何千も屠殺することになる。


ページの先頭へ