名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

三津家正之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三津家正之のプロフィール

三津家正之、みつか・まさゆき。日本の経営者。「田辺三菱製薬」社長。福岡県出身。東京大学大学院薬学博士課程修了後、三菱化成(のちの三菱化学)に入社。三菱東京製薬(のちの田辺三菱製薬)横浜研究所創薬基盤研究所長、ゾイジーン社長、三菱ウェルファーマ理事製品戦略部長、田辺三菱製薬理事製品戦略部長、取締役執行役員、常務執行役員開発本部長、代表取締役専務執行役員などを経て社長に就任。

三津家正之の名言 一覧

従来のやり方にこだわっていては前に進まない。


現在、RD改革室を設けて、研究開発プロセスのどこで時間がかかっているのか洗い出す作業を行っています。


領域によっては、当社が想定する3~4倍のスピードで開発を進めている会社もあります。そのような競合のスピード感を意識して、社内の仕事の進め方の見直しを行っているところです。


これまでの研究開発では、失敗しないように時間をかけて確実な方法を取る傾向がありました。しかし、私は逆に「時間をかけること自体がリスクだ」と強調して、担当者の意識を変えようとしています。


三津家正之の経歴・略歴

三津家正之、みつか・まさゆき。日本の経営者。「田辺三菱製薬」社長。福岡県出身。東京大学大学院薬学博士課程修了後、三菱化成(のちの三菱化学)に入社。三菱東京製薬(のちの田辺三菱製薬)横浜研究所創薬基盤研究所長、ゾイジーン社長、三菱ウェルファーマ理事製品戦略部長、田辺三菱製薬理事製品戦略部長、取締役執行役員、常務執行役員開発本部長、代表取締役専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

古森重隆

最も必要なことは、何が組織にとってのプライオリティ(優先順位)かをハッキリさせることです。我々の場合、全利益の3分の2を稼いでいた写真フィルム事業が2000年にピークを迎え、そこからデジタルカメラの普及が急速に進んでフィルムカメラが激減。会社にとってのコア事業が崩れ始めたわけです。このような環境変化を迎え、どうやって会社を生き延びさせるか。生き延びるとは我々にとって生まれ変わること。会社を再生することです。一流企業として存在し続けるには何をすべきなのか。これこそが、当時の富士フィルムにとってのプライオリティでした。


中山讓治(中山譲治)

私は、仕事の場で話すときには、たとえ五分程度の会話だとしても、つねに事前準備を欠かさないくらいの緊張感をもつべきだと思っています。それは、冷静に話せるようにするためでもありますが、相手の貴重な時間をムダにしないためでもあります。相手の時間を奪うことに敏感にならなければ、周囲の評価は得られないでしょう。ベテランになればなるほど、油断して準備をしなくなりがちなので、注意が必要だと思います。


増田紀彦

独立し果たしてうまくいくか、不安は付き物でしょう。しかし「最初は楽観的に、開業直前は悲観的に」考えてください。最初から「このアイデアは斬新で誰もやっていないけれど、ニーズがないからではないか?」などと悲観して一般的なアイデアで始めると売れない、ということがよく起こります。最初は少し広げて構え、機会は逃さないようにしたいものです。


鈴木敏文

人間、劣等感があっても、自分でなんとかしようと考え、克服しようと努力すれば、なんとかできるようになる。


米内光政

いまは必勝の信念の方に進みますが、他面の時機も常ににらんでいくつもりです。
【覚書き:昭和20年に高松宮へ発した言葉。他面の次期とは戦争を終わらせることを意味している。海軍大臣時の発言。】


戸塚隆将

成果は「仕事の質✕量」ですから、成果を出すためには長く働くことも大切です。ただし、長時間働きすぎると疲れが溜まってきて、パフォーマンスが落ちます。仕事の質が低下してくると、せっかく量を増やしても全体の成果が頭打ちになります。グローバルファームで働く人たちは、それを避けるために、質が低下する前に積極的に仕事を切り上げて、心身の調子を整えます。つまり成果を最大化するために休むのです。


小川孔輔

セット販売と追加提案では、お客の反応が違います。最初から割引料金が明示されていると、人は論理的に損得を計算して判断を下します。一方、突然の提案は冷静な判断を鈍らせ、衝動買いを促しやすい。対面販売で追加注文をする人が多いのは、こんな理由です。客単価を維持するには、「もう一品いかが?」の戦略で顧客を導く必要があります。


永山時雄

既存の観念に固執するのではなく、必要なのは将来のあるべき姿を展望し、それに対処していける感覚を身につけること。


小池百合子

ちょっと切り口を変えるだけで、スポットライトは当たる。ごく当たり前のことを推進する政策なのに、実行されていない。私はそうした政策に、少しアングルを変えてスポットライトを当てることで、息を吹き返させる。そんな作業をずっとやってきました。


中井紀之

ゴールはすぐ近くに見えた方がやる気が出ます。仕事を早く終えて、キッパリ忘れることで、次の仕事に余裕を持って取りかかれます。


佐藤文男(人材コンサルタント)

自分がそこの会社で何をしたいのか、将来どうしたいのか、という目的なしに会社を移っても意味がない。その目的がより問われる時代になってきた。


ドナルド・トランプ

天才たちが何かを生み出す性向を持っている。彼らは多産である。中には駄作も失敗作もあろうが、彼らの頭脳の力と思考プロセスの熟練ぶりを示す作品を多数残す。アインシュタインは、自分の思考プロセスに数字や言語はほとんど使わない、視覚化するすべを覚えたからだと述べている。それでも学者としてのキャリアの中で数百本の論文を発表した。