名言DB

9419 人 / 110788 名言

三津家正之の名言

twitter Facebook はてブ

三津家正之のプロフィール

三津家正之、みつか・まさゆき。日本の経営者。「田辺三菱製薬」社長。福岡県出身。東京大学大学院薬学博士課程修了後、三菱化成(のちの三菱化学)に入社。三菱東京製薬(のちの田辺三菱製薬)横浜研究所創薬基盤研究所長、ゾイジーン社長、三菱ウェルファーマ理事製品戦略部長、田辺三菱製薬理事製品戦略部長、取締役執行役員、常務執行役員開発本部長、代表取締役専務執行役員などを経て社長に就任。

三津家正之の名言 一覧

従来のやり方にこだわっていては前に進まない。


現在、RD改革室を設けて、研究開発プロセスのどこで時間がかかっているのか洗い出す作業を行っています。


領域によっては、当社が想定する3~4倍のスピードで開発を進めている会社もあります。そのような競合のスピード感を意識して、社内の仕事の進め方の見直しを行っているところです。


これまでの研究開発では、失敗しないように時間をかけて確実な方法を取る傾向がありました。しかし、私は逆に「時間をかけること自体がリスクだ」と強調して、担当者の意識を変えようとしています。


三津家正之の経歴・略歴

三津家正之、みつか・まさゆき。日本の経営者。「田辺三菱製薬」社長。福岡県出身。東京大学大学院薬学博士課程修了後、三菱化成(のちの三菱化学)に入社。三菱東京製薬(のちの田辺三菱製薬)横浜研究所創薬基盤研究所長、ゾイジーン社長、三菱ウェルファーマ理事製品戦略部長、田辺三菱製薬理事製品戦略部長、取締役執行役員、常務執行役員開発本部長、代表取締役専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

岩田彰一郎

ステークホルダーに対して誠実に向き合い、理解をいただく努力をする。それは創業時からずっと考えてきたことです。アスクルの看板を掲げている大規模施設で、これだけの事故を起こしてしまった。本当に申し訳ない気持ちは今も強いですが、我々がなすべきことは、再発防止の徹底も含め、正面から向き合うこと。それが危機対応の「王道」だと思います。


土橋章宏

小説を書くときは、まず脚本の形にします。脚本から書くと話が目に見えやすい構造になるんですね。それに脚本って、エンタメとしての技法を持っているので、それらを小説に取り込めるんです。僕は筋がぱーんと見えるものが好きなんです。脚本は自分が話の筋を作り、監督が演出という描写をつけてくれるというところがあるので合っていたんでしょうね。僕は「こういうストーリーを書きたい」というのがまずありきなので。小説を書くようになってからは、文章の上でストーリーとテーマをどう見せていくかというところの描写の技法を学んできたのですが、書き方は今も、ストーリーという魚の骨に表現という肉をつけていくみたいな感じです。


夢枕獏

スランプに直面している時は苦しいですが、しのぐ方法はあるんです。僕の場合は、10年、20年と続けている長編小説が多いので、とにかく将棋で言えば悪手を打たないようにしています。数か月続くスランプの間は、主人公に物語を大きく動かすような決断をさせない。具体的に言えば、ベッドシーンや格闘シーン、食事のシーンをネチネチと書く。つまり、物語の構造に影響を及ぼさないシーンを積み重ね、しかも、そこをいかに面白く書くか。そうやってスランプを抜け出してみると、自分の力が増していることに気付く。筋肉の量が増えている。大切なのは、質を落とさずにいかにしのぎきるか。止めれば、そこでおしまいですから。


ジミー大西

いきなり画家に転身してスペインへ渡って、不安はなかったかって? 不安もなけりゃ、先のことも考えてなかったですし、まあ、なるようにしかなれへんやろ、と。


柏倉康夫

今や国際化の時代。世界の文学まで視野を広げてみましょう。他者の視点を知ることは、仕事の場でも必ず生きてくる。各国の優れた作家が描く、多種多様な価値観や文化に根ざした作品を読むことで、深い学びを得ることができるはずです。


馬場芳彦

ものの考え方から社内の常識を変えていく。そのためには組織も変えなければならない。


木川田一隆

事業に課せられた思い社会の負託に答えるためには、企業としては、常に長期的見通しの上に立って、効率経営に努め、直接的にも間接的にも生活福祉の向上に積極的に参加することである。すなわち企業の社会的責任を果たすことである。


坂本孝

僕は、企画書を何枚も作るのが大嫌いで「自分の直感でやろう」「走りながら考えれば良い」と、計画はほとんど立てていません。


宮本恒靖

よく天才肌といわれる選手は、技とセンスだけで成功していけるように思われがちですが、そんな天才たちが20代半ばで壁にあたるところを何度も見てきました。そういった場合は、自分自身の未来のイメージをしっかりと描くことが改善につながります。


菜々緒

事務所の社長から「モデル以外の仕事もやってみないか」と言われたんです。えっ、どうして? 私はモデルなのにと思いました。「戸惑うのはわかる。でも、自分が興味を感じないことでもやってみたほうがいい。必ず何か吸収できるものがあるから。目標を達成するための回り道なら、したほうがいいんじゃないか」。社長の話を聞くうちに私の頑固な考え方がやわらかくなりました。それまでは「モデルがやる仕事じゃない」と避けていた仕事にも挑戦することに決めました。