三津家正之の名言

三津家正之のプロフィール

三津家正之、みつか・まさゆき。日本の経営者。「田辺三菱製薬」社長。福岡県出身。東京大学大学院薬学博士課程修了後、三菱化成(のちの三菱化学)に入社。三菱東京製薬(のちの田辺三菱製薬)横浜研究所創薬基盤研究所長、ゾイジーン社長、三菱ウェルファーマ理事製品戦略部長、田辺三菱製薬理事製品戦略部長、取締役執行役員、常務執行役員開発本部長、代表取締役専務執行役員などを経て社長に就任。

三津家正之の名言 一覧

従来のやり方にこだわっていては前に進まない。


現在、RD改革室を設けて、研究開発プロセスのどこで時間がかかっているのか洗い出す作業を行っています。


領域によっては、当社が想定する3~4倍のスピードで開発を進めている会社もあります。そのような競合のスピード感を意識して、社内の仕事の進め方の見直しを行っているところです。


これまでの研究開発では、失敗しないように時間をかけて確実な方法を取る傾向がありました。しかし、私は逆に「時間をかけること自体がリスクだ」と強調して、担当者の意識を変えようとしています。


三津家正之の経歴・略歴

三津家正之、みつか・まさゆき。日本の経営者。「田辺三菱製薬」社長。福岡県出身。東京大学大学院薬学博士課程修了後、三菱化成(のちの三菱化学)に入社。三菱東京製薬(のちの田辺三菱製薬)横浜研究所創薬基盤研究所長、ゾイジーン社長、三菱ウェルファーマ理事製品戦略部長、田辺三菱製薬理事製品戦略部長、取締役執行役員、常務執行役員開発本部長、代表取締役専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

根本郁芳

アメリカの一○○ドル札には、特殊な波長の光を当てると色を発する、偽造防止のための印刷がされていますが、あれにはうちの蛍光体が使われています。ある光の波長に合わせて作ったその蛍光体は、偽造防止のためのものだからよそには売っちゃいけない。苦労して開発をしてもよそに使えないから困っちゃうけど、これも大企業では採算が合わないからやらない仕事です。年間でも量の少ない仕事ですが、それをうちがやれば、会社の存在価値が上がるでしょう?すると、スイスやイギリスやドイツやアメリカで、紙幣や切手(スタンプを押しやすくするために、特定の波長を当てると光る加工がなされている)などの印刷を担っている世界的な会社と仕事をできるわけです。


樋口健夫

外出時の大地震に備えて、家族に何を持たせておくべきか、以前から考えていました。そこで、「こんな防災セットがあればいいな」とメモしたことが、この商品開発につながったのです。どんなことでも書き残しておけば、必ず役立つと思いますよ。
【覚書き|東芝の関連会社と開発した「ポッケの中の防災キット」を着想したきっかけについて語った言葉】


吉野佳秀

今回の上場で社員、特に古株は金持ちになりました。若い人が大金をつかむと仕事なんてする気が無くなり、辞める者がいるかもしれないと思っていましたが、1人もいませんでした。それが本当に嬉しい。どんな会社でも必ず上場した時に役員が抜けますが、専務は銀行に借金をして税金を払っている。トップがそうしているから、社員たちも生活を変えません。心から良い社員だと思っています。


井上英明

同じ物差しを共有すれば、従業員一人ひとりが自発的に考え出したアイデアも、私の想いと大きくズレることはなくなるでしょう。ブランドを強くするには、従業員が同じ物差しを共有した上で、自由に創意工夫に取り組める環境が重要です。


大嶋利佳

会話の最初と最後を丁寧な言葉で押さえておけば、多少くだけたものでも問題ないはずです。たとえば、酒の席で上司に多少無遠慮な発言をしても、帰り際に「今日は失礼なことを言ってすみませんでした」とひと言添えれば、「あいつは礼儀をわきまえている」と高評価につながると思います。


内田和成

市場性が高いからといって、安易に参入すると、予想だにしなかった異業種企業をも交えた果てしなき消耗戦へと巻き込まれるっことになります。


和田秀樹

損得を見極めるには、いろんな角度で眺めることが大事です。たとえば、貧乏クジを引かされたような仕事が回ってくることはないですか? 誰かの代理の役目であるとか、誰かの補佐に回るような仕事です。でも、見方を変えればチャンスであり、得かもしれません。代理の仕事はそつなくこなすだけで合格点がもらえます。補佐する相手は仕事ができる人間が多いので、そのやり方を間近に学ぶこともできます。目先の利益だけを追わずに、長期的な視点を忘れないでください。


滝澤光樹

当社では「サービスプロデューサー育成プログラム」を開始しました。これは、ビジネス環境の変化に対応する人材の育成を目的にしたもの。アイデアを持った社員を公募し、実際に新規事業の企画をテーマに事業計画書を作成するなどの取り組みを行っています。


吉永泰之

私はよく、「百花繚乱」という言葉を使います。1本1本の花は形も色も違います。ただそれが集まるとひとつの色になり、同じ花が集まったのとは違う独特の美しさが生まれます。そのような会社にしたいのです。


用松靖弘

一杯の天丼をとにかく磨き上げること、これが多くのファンを作り、結果的に店舗網の拡大にもつながる。


丸谷智保

小売りの神髄は細部にあり。


似鳥昭雄

単価アップできたのは、値上げしたのではなく、中の上のクラスの商品開発をし、それをお客様に提案していったから。


南壮一郎

起業は、いかにいろんな人を巻き込んでやるかが大切。


林信秀

ニューヨーク支店時代、チームをまとめるために考えたことは、常に新しいアイデアを持つこと。そして、それをメンバーと共有し、チームを鼓舞すること。もちろん、最初はコミュニケーションを取ることも大変で、苦労もしましたが、「林はいつも新しいアイデアがある」と前向きな姿勢を現地の部下も理解してくれ、下手な英語でも聞いてくれるようになっていったんです。


田中角栄

相手の気持ちが分からずに、人に好かれるわけがない。


ページの先頭へ