名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三池崇史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三池崇史のプロフィール

三池崇史、みいけ・たかし。日本の映画監督。大阪出身。横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)卒業。今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔らに師事し、Vシネマ『突風!ミニパト隊』で監督デビュー。様々なジャンルの映画制作を行う。米国雑誌『TIME』のこれから活躍が期待される非英語圏監督10位に選ばれる。『極道戦国志 不動』でポルト国際映画祭審査員特別賞。『オーディション』でロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞。『カタクリ家の幸福』でジェルミナーレ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞。『牛頭』で第36回シッチェス・カタロニア国際映画祭審査員特別ビジュアルエフェクト賞。

三池崇史の名言 一覧

リスクを避け、リサーチして答えを出していくと、つまらない作品にしかならない。


本当に、自由に仕事をやりたいと思ったら、常識やルールを自分で壊していかないと。


正直、「俺はこういうふうに表現したい」とか、そんなもの、観客にとってもスタッフにとっても、どうでもいいことなんですよ。


映像業界にも「これはこうやるものだ」「合理的に物事を進めるためにはこうだ」みたいな常識やルールがあるんですが、皆それにとらわれすぎている気がする。


トラブルが起きても、「できるものはできるし、無理なら予算をやりくりして撮影期間を延ばせばいい」と自然体でいます。


主張する必要は何もない。むしろ黙っていまの状況を受け入れることが必要。あれこれ言わずとも、動けばわかる。


本当の自己主張とは、声高に自分を語ることではない。夢中になって、我を忘れて動いたときに、本当に自分が生きる瞬間がある。自分というものを意識しなくなったときに自分の本当の部分が出てくる。


これは演技に限った話ではないのですが、いまは「俺が俺が」という自己主張が美徳になってしまっている。そうしないと何も始まらないと考えている人が多いけれど、それがすべてじゃないと思います。


僕も含めて、いろんな経歴と経験を持つ人たちが集まって、それぞれが自分のやってきたものを活かしながら、それ以上でもなくそれ以下でもなくただ「侍」「刺客」というものを演じる。そこから何が生まれるかはわからないけれど、それが面白いんだと思います。
【覚書き|映画『13人の刺客』を撮影したときのコメント】


役作りという言葉にこだわりすぎると、台本のセリフとか登場人物の背景に演技が閉じ込められていってしまう。そこから彼らを解放するというのも、監督の役割だと思います。


僕は役者とほとんど話さないんです。話しても、ひと言ふた言。役者はプロである以上、僕があれこれ言わなくても、衣装とかセットのたたずまいとかカメラのポジションなどから、自分がやるべきことはわかりますから。とくに立ち回りのシーンでは、僕らは一切声をかけないし、かけられない。


とんでもない企画のオファーが来た時は、「予算が少ない」「ヒットしなさそう」なんて否定材料ばかり探すのではなく、面白いところを探すようにします。そもそも、この人がなぜこの企画を僕のところに持ってきたのか、こんな低予算でどうやったら完成できると思っているのか。そんなことを考えるだけで面白いじゃないですか(笑)。しかもそういうものに限って、実際やってみると、問題なくできるどころか、意外と大ウケしたりするんです。


悪い評判は自分にとって壁ですから。壁は多い方がいいですよ。それを崩していくのか、上から乗り越えるのか、中をくぐるのか、方法は様々ですが、とにかく避けてはいけない。


撮影現場は「火事場の底力」を出し続けられる場所なんです。「うわー、いよいよ撮影なのに、まだ演出アイデアが思いつかないぞ」みたいな、崖っぷちに立つハメになる(笑)。でも、そんな土壇場で湧いてくるアイデアって、机の前で考えたものとはまるで違うんです。そんなクリエーティブな状態に自分を常に持っていけるのが現場なんです。


自分が監督した作品を、どれぐらいお客さんが観てくれたかというのは、やはり気になりますよ。もし、評判が悪かったとしても、心が折れることはないです。むしろ「今に見ていろ、ぎゃふんと言わせてやるぜ」みたいな気持ちになる。方向性を変えずに、もう1回同じ役者でやったりね(笑)。


僕は映画を撮り出すと、自分のことは考えません。自分の個性を映画で表現しようなんて小さなことは考えない。ただ無心に、夢中になって作るだけです。ゆったり撮ってはいられないので、一生懸命にならざるを得ないですし。撮影中、我を忘れる日がよくあります(笑)。


「多重人格探偵サイコ/雨宮一彦の帰還」を監督した時、撮影2日目に主役が盲腸で倒れてしまったんです。さすがの僕も「こりや撮影中断だな」と思っていたら、制作会社に時間的、金銭的な余裕がなかったため、続行することになりました。代役を立てて全6話を撮影し、その後、退院したての役者の、顔のアップだけを撮って合成したんです。こんなのうまくいくはずがないと思うでしょ? それが全然平気(笑)。そんな経験ばっかりしてきたので、トラブルが起きても撮れないものはないと、いつも考えるようになりました。


僕は監督になる前、10年くらい助監督をやっていたんです。この助監督ってのが、何でもやらなければならない役回りで、作品ごとに現場はもちろん、関わる人間も異なり、その都度いろんなトラブルが起きるんです。撮影中に役者が骨折したり、代役で頼んだ役者の演技がものすごく下手だったり(笑)。もう天変地異を含め、想定外の事が起こるのは当たり前。そんな経験があるから、現場で焦ったり、うろたえることはないんですよ。


三池崇史の経歴・略歴

三池崇史、みいけ・たかし。日本の映画監督。大阪出身。横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)卒業。今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔らに師事し、Vシネマ『突風!ミニパト隊』で監督デビュー。様々なジャンルの映画制作を行う。米国雑誌『TIME』のこれから活躍が期待される非英語圏監督10位に選ばれる。『極道戦国志 不動』でポルト国際映画祭審査員特別賞。『オーディション』でロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞。『カタクリ家の幸福』でジェルミナーレ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞。『牛頭』で第36回シッチェス・カタロニア国際映画祭審査員特別ビジュアルエフェクト賞。

他の記事も読んでみる

藤原和博

仕事に関する技術を向上させるには、ともかく最低限、仕事の量をこなすことです。「仕事は量より質」と言う人もいますが、それは量をこなした人間のみが到達した領域にすぎません。


スコット・オーバーソン

インテルは転換期を迎えています。データが創出されるスピードは加速し、今日時点のデータの約9割は過去2年に生まれたものとされています。パソコンのCPUを供給する会社から、データ時代のシステムを支える会社へと変わっていきます。そんな時期に日本という重要な地域を任されるのは光栄です。日本には、自動運転やAI(人工知能)、次世代通信規格「5G」などで欠かせない企業が多くあります。学術機関や政府との対話も深め、協力しながらデータ志向型の社会を築いていく。それこそが日本法人社長としての私の使命です。


高田明(ジャパネットたかた)

私もいまだに「つもり」になってしまうことがあります。自分ではしっかり伝えたつもりでも、なぜか売れない。そういうときはやはり、振り返って考えてみると、お客さんに伝えたいことをしっかり理解してもらえていないのです。


伊藤彰(コンサルタント)

難易度が高く言葉で説明しても伝わりにくい「やってみせる型」の仕事は、新人自身の自発的な学びや先輩のやり方を盗む力に頼りがちだが、それは教えることを放棄しているにすぎない。とくに新人が仕事の壁にぶつかったときは、やってみせながら上司として経験に基づくやり方を教えるべきだ。新人が壁に突き当たったときこそ、教える絶好の機会といえる。


田中仁(経営者)

MY CLOSETというメガネのつるの内側に様々な柄を施したオリジナルの商品がありました。年間何十万本も売れている商品でしたが、完成度が低いと考えてやめました。こうして自分たちが本当に納得できる商品に絞り込むのに2年ほどかかりましたが、そのことで足腰が強くなった。


鈴木貴博(コンサルタント)

ロボットとAIが仕事を奪いすぎないよう政府が法規制に乗り出すことも考えられるが、自分のコミュニケーション能力を磨くことは仕事を得るためには重要になってくる。ここにAIが到達するのは最後だからだ。また、できるだけ稼ぎ、老後は貯蓄だけで生活できる逃げ切りの準備をしておくのも得策だ。


渡部卓

部下の叱り方のコツとして、私は管理職セミナーなどで「かりてきたネコ」の原則を紹介している。
 か……感情的にならない。
 り……理由を話す。
 て……手短に。
 き……キャラクター(性格や人格)に触れない。
 た……他人と比較しない。
 ネ……根に持たない。
 コ……個別に叱る。


岩瀬大輔

実際に商売をしてみて、魔法は無いのだとよく分かりました。当たり前のことをコツコツと愚直に続けるしかありません。


山内雅喜

お客様の利便性を高められて、かつ私どもも効率が上がると。こういう仕組み作りが求められる。効率が上げられることはコストも下げられるし、結果的にお客様もリーズナブルな形で、ご利用できるという形になっていく。


アルボムッレ・スマナサーラ

集中できないときに能率や効率を気にしてはいけません。そんなことを考えた瞬間に心は喜ばず、充実感が遠のきます。


ウィリアム・ジェニングス・ブライアン

運命とはチャンスの問題ではない。それは選択の問題である。運命とは待つものではなく、獲得するものなのだ。


松澤萬紀

相手に明確に承認のメッセージを伝えるには、「そうですね」という「寄り添い言葉」が効果的です。この言葉は、「あなたの話を聞いています」「あなたのお気持ちはわかりました」という受容を示します。たとえ、相手の話に賛同できなくても「そうですね」といったん受け止めることが重要です。なぜなら、人は相手に否定されることを一番恐れるのです。もし、反論するならば「そうですね」を挟んでから伝えるだけでも、その会話の流れは変わってきます。