名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三毛兼承の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三毛兼承のプロフィール

三毛兼承、みけ・かねつぐ。日本の経営者。「三菱東京UFJ銀行」頭取。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートンスクールでMBAを取得。三菱銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。総合企画室長、アユタヤ銀行副会長、米MUFGユニオンバンク会長、三菱東京UFJ銀行副頭取・米州本部長などを経て頭取に就任。

三毛兼承の名言 一覧

変革は必須ですが、同時に変えてはいけないものもあります。それは銀行とは、お客様に信頼されると同時に強い存在であり続けなければならないということです。そのための変革でもあります。


お客様のニーズや行動も劇的に変化しており、旧来の改善の積み重ねでは対応できなくなっています。その意味で、銀行には非連続の変革が迫られています。


デジタル化が進むと働き方も変わるし、人に対して新たなニーズが出てくる。


従来にない大変革になる。これから先、いろいろな困難もあると思うが、行員とともに「率先難事(自ら進んで困難に立ち向かう)」の精神で先頭に立って取り組んでいきたい。


赤字だから貸さないということはない。米アマゾンも長きにわたって赤字だった。なぜ赤字かを知ることが大事。その企業が再生のチャンスがあるとなればそれをお手伝いし、創業期の赤字であれば黒字化をお手伝いする。


まだ6割ほどの時間は事務をやっている。デジタル化によって、この事務作業から解き放たれれば、従来の3倍はお客様と向き合う時間ができる。


お客様のニーズに対応するための組織再編や、デジタライゼーションによる事業改革に取り組んでいくが、一方で「変えてはいけないこと」もある。銀行の原点は、信頼される「強い」存在でなければならないということ。そのためにも変革が必要だという強い思いで取り組んでいく。


伝統的な商業銀行のビジネスモデルは構造不況化していると言っても過言ではない。お客様のニーズは大きく変化している。旧来型の改善の積み重ねでは対応できない。「変革」といった非連続な動きをしていかなければならない。


昨日まではお客様の資金繰りが理解できる、あるいはクレジットリスクが判断できることが重要な要素だった。これは変わるわけではないが、それだけでは不十分。営業担当者としての「プロ度」を高めていく必要がある。それを進めるために人事や評価制度、研修、現場を変えていく必要がある。


邦銀には稟議制度があり、常に東京に聞かなければ結論が出せない仕組みだが、欧米の銀行は権限委譲されていて、私以外はその場で即断即決していた。「お前はどうするんだ」と常に迫られていた。

【覚え書き|ロンドン支店時代を振り返って】


(頭取就任要請は)あまりにも突然だったので、正直、葛藤する時間もありませんでした。でもこれまでにも、非連続のアサインメントを与えられることが多かった。12年前にMUFGが誕生した時は、ニューヨークに赴任していたのに突然呼び戻され、事務局をやることになりました。4年前に国際部門担当になったら、いきなりタイに行ってアユタヤ銀行買収をやってくれと言われ、そのままタイに住んでいます。そのプロジェクトが終わったら、アメリカの新体制をつくるためにアメリカに飛び、といった具合です。このように想定外の仕事をさせられたことが何度もあるので、ある意味、想定外慣れしているのかもしれません。


三毛兼承の経歴・略歴

三毛兼承、みけ・かねつぐ。日本の経営者。「三菱東京UFJ銀行」頭取。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートンスクールでMBAを取得。三菱銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。総合企画室長、アユタヤ銀行副会長、米MUFGユニオンバンク会長、三菱東京UFJ銀行副頭取・米州本部長などを経て頭取に就任。

他の記事も読んでみる

一圓克彦

当社はITソリューション会社というよりサービス会社ですね。サービス提供後、どのような運用を行い、どのような手法で利益貢献ができるのかというところまでを提案・提供するのが、当社の課題であり、使命です。


藤巻健史

面白い人生を送りたいのなら、取るべきリスクは取るしかない。


澤田貴司

僕は、いまの仕事にとことん向き合ったほうがいいと思います。着実に仕事で結果を残し、力を蓄えておけば、その力を即戦力として認めてくれる人が必ず現われるはずだと思います。世の中の風潮とか、「転職は35歳までに」というマスコミの煽りとか、余計な雑音はまったく気にする必要はないと思いますよ。


小池龍之介(小池龍照)

歳をとるほどに体力が落ちていくのは事実です。それを不安に思うか、思わないか。実のところ、「思う」「思わない」の選択の余地があるのに、現代人はあたかも選択の余地がないかのように「体力が落ちる=不安」と思わされていることが、問題なのではないでしょうか。現代人は「若々しく元気でいることがよく、老いるのはよくない」という価値観を植え付けられ、洗脳されているように思われます。


河合映治

叔父である創業者から経営のバトンを引き継ぎ、2代目社長になりました。セリアは100円ショップ業界で、大創産業に続く2位に成長しましたが、これまでは創業者が個人で引っ張ってきた会社という印象でした。創業者の退任と社長交代を経て、セリアはようやく、本当の意味で法人になったと考えています。


吉田忠裕

技術力で新しい価値を創造できなければ、淘汰される。


和地孝

「社長は『全社を回る』と言っていたが、まさかここには来ないだろう」とだれもが思っている場所に行くと、そこでがんばっている人たちが、日ごろ思っていることを話してくれる。


藤原和博

民間校長として改革に取り組み始めたとき、「無謀で」「不利な」挑戦だと言われましたが、そうであればあるほど、世の中の人は応援してくれることも実感しました。「得をしよう」と思っていたら応援は得られないし、「失敗したくない」と計算しすぎたら、絶対に跳ぶことはできない。


古賀信行

私自身が大事にしてきたのは、お客様、上司、部下と誰に対しても「相手によって言うことを変えない」こと。その場を取りつくろおうとし、ある人にはイエス、別の人にはノーと、対極の意見を述べる人がいます。発覚したとき、その人の信用はガタ落ちになる。私は絶対にやらないようにしてきました。


朴セリ

私は意志が強いと思っています。でも、それは自分で強くしてきたのです。最終的には自分一人しかいません。両親や家族でさえ手伝ってはくれません。


勝俣州和

小学校6年の時に、テレビドラマじゃないですけど、僕らの悩みにも真剣に向き合ってくれる素晴らしい男の先生と出会いましてね。その先生のようになりたいと思い、その先生が出た同じ高校、大学に入ったんですよ。ところが大学3年のときに、ある教員に「僕、先生になれますかね?」って聞いたら、「クラスで上位1、2番の成績じゃなきゃなれない」と言われて。「結局、成績なんですか? 人間性じゃないんですね。じゃあ、僕、やめます」って、4年になる前に大学やめちゃったんです。教師にはなれなかったけど、テレビを通して、誰かを元気づけていきたい。教師としてやりたかったことといっしょですよ。


松井忠三

職人芸では経営が上手くいきません。職人は1つの事をやらせると素晴らしい能力を発揮しますが、どんどん広げて組織としてやっていく能力が低い。