名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三毛兼承の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三毛兼承のプロフィール

三毛兼承、みけ・かねつぐ。日本の経営者。「三菱東京UFJ銀行」頭取。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートンスクールでMBAを取得。三菱銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。総合企画室長、アユタヤ銀行副会長、米MUFGユニオンバンク会長、三菱東京UFJ銀行副頭取・米州本部長などを経て頭取に就任。

三毛兼承の名言 一覧

変革は必須ですが、同時に変えてはいけないものもあります。それは銀行とは、お客様に信頼されると同時に強い存在であり続けなければならないということです。そのための変革でもあります。


お客様のニーズや行動も劇的に変化しており、旧来の改善の積み重ねでは対応できなくなっています。その意味で、銀行には非連続の変革が迫られています。


デジタル化が進むと働き方も変わるし、人に対して新たなニーズが出てくる。


従来にない大変革になる。これから先、いろいろな困難もあると思うが、行員とともに「率先難事(自ら進んで困難に立ち向かう)」の精神で先頭に立って取り組んでいきたい。


赤字だから貸さないということはない。米アマゾンも長きにわたって赤字だった。なぜ赤字かを知ることが大事。その企業が再生のチャンスがあるとなればそれをお手伝いし、創業期の赤字であれば黒字化をお手伝いする。


まだ6割ほどの時間は事務をやっている。デジタル化によって、この事務作業から解き放たれれば、従来の3倍はお客様と向き合う時間ができる。


お客様のニーズに対応するための組織再編や、デジタライゼーションによる事業改革に取り組んでいくが、一方で「変えてはいけないこと」もある。銀行の原点は、信頼される「強い」存在でなければならないということ。そのためにも変革が必要だという強い思いで取り組んでいく。


伝統的な商業銀行のビジネスモデルは構造不況化していると言っても過言ではない。お客様のニーズは大きく変化している。旧来型の改善の積み重ねでは対応できない。「変革」といった非連続な動きをしていかなければならない。


昨日まではお客様の資金繰りが理解できる、あるいはクレジットリスクが判断できることが重要な要素だった。これは変わるわけではないが、それだけでは不十分。営業担当者としての「プロ度」を高めていく必要がある。それを進めるために人事や評価制度、研修、現場を変えていく必要がある。


邦銀には稟議制度があり、常に東京に聞かなければ結論が出せない仕組みだが、欧米の銀行は権限委譲されていて、私以外はその場で即断即決していた。「お前はどうするんだ」と常に迫られていた。

【覚え書き|ロンドン支店時代を振り返って】


(頭取就任要請は)あまりにも突然だったので、正直、葛藤する時間もありませんでした。でもこれまでにも、非連続のアサインメントを与えられることが多かった。12年前にMUFGが誕生した時は、ニューヨークに赴任していたのに突然呼び戻され、事務局をやることになりました。4年前に国際部門担当になったら、いきなりタイに行ってアユタヤ銀行買収をやってくれと言われ、そのままタイに住んでいます。そのプロジェクトが終わったら、アメリカの新体制をつくるためにアメリカに飛び、といった具合です。このように想定外の仕事をさせられたことが何度もあるので、ある意味、想定外慣れしているのかもしれません。


三毛兼承の経歴・略歴

三毛兼承、みけ・かねつぐ。日本の経営者。「三菱東京UFJ銀行」頭取。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートンスクールでMBAを取得。三菱銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。総合企画室長、アユタヤ銀行副会長、米MUFGユニオンバンク会長、三菱東京UFJ銀行副頭取・米州本部長などを経て頭取に就任。

他の記事も読んでみる

志賀俊之

1997年にNECや花王など異業種の人たちと、GEのジャック・ウェルチについての勉強会を持ちました。社外との交流は大変な刺激となり、その後経営者になる私を支えてくれました。


中山哲也

年に数回しか注文のないロングテール商品もありますが、普段の注文が少ないモノほど緊急性を要する。在庫を抱えているからこそ、お客様の要望にスピーディにお応えできるのです。


近藤太香巳

いまでも社員と食事をする機会を多くとっています。これは人から言わせれば非効率なんですね。50人で1回行くのならまだしも、10人で5回なんて。だけど、人材育成に関しては効率がいいことなんて絶対にないんですよ。人材育成は僕の一番の仕事だと思っています。社員だけじゃなく、すべての若者に向けて、自分の経験を教えていくことが大人の役目だし、それで若者の心に少しでも風が吹けば、こんなうれしいことはないですね。


秋葉尊

当社は人事業務部門のITコンサルティングに強みを持つ会社です。政府が「働き方改革」を進めていますが、実現のために企業の人事部の知恵が求められています。その業務に注力できるように、定型的な業務を人間に代わって処理するソリューション「HRRobo」など、テクノロジーの活用を提案しています。これが「働き方改革」実現に向けての第一歩になるのではないかと考えています。


茂木友三郎

特に世界史の中での日本を見てほしい。歴史を学ぶというのは、将来を展望する上で欠かすことができない、大切なことです。これからの日本人は、グローバルに活躍することが当然のように求められます。そうなると世界の歴史を知ることは、今以上に大切になってくると思います。


西田文郎

景気低迷で暗いニュースが飛び交う中、ものごとが上手く運ばないと嘆いている人は多いものですが、そんな人々に共通しているのは、上手くいかないことを他人や環境のせいにしていることです。私はこのような考え方を「他責」と呼んでいます。他責の人は何でも人のせいにすることで前向きな努力を放棄してしまい、事態を改善することができません。無意識のうちに責任転嫁し、守りに入ってしまっています。責任を背負い込み、自分は苦労でがんじがらめになっていると錯覚している人です。


水戸岡鋭治

JR九州の「ななつ星」では、床や内装に木材をふんだんに取り入れ、洗面台には有田焼を使っています。どちらもメンテナンスが難しいし、壊れる恐れもあります。とくに社内の建具に利用した組子細工は、「列車が揺れた時にお客様がぶつかれば壊れてしまうのではないか」と職人さんが心配したほどです。その時に私は、「壊れたら作り直せばいいじゃないか。責任は持つから」と叱咤激励したのを覚えています。組子細工などの木材も、有田焼の洗面台も、皆さんがものすごく丁寧に、傷を付けないようにと扱ってくださっているおかげで、今では経年変化によってどんどん味わいが深まっています。風格すら感じられるほどです。


成田和幸

自分が投資したいと考えた時がやり時。一つだけアドバイスするならば、投資すると決めたからにはしっかり勉強する必要がある。


野本弘文

鉄道に関しても、長年ずっと街づくりをやりながら、常に再投資をして街を活性化させ、沿線価値の維持・増大を図っていくことは当社の遺伝子のようなものです。街・駅をリニューアルし、いろいろな施策を打つことによって、沿線の価値を常時上げてきました。その結果、鉄道の乗降客数もずっと伸びてきています。それなりの努力もしてきて、収益がしっかりしてきたことが好調の要因のひとつだと思います。


寺田千代乃

時間が経つほどに、実は上場した意味がよくわからなくなってきました。というのも、上場すれば資金調達が楽になるといいますが、それまでの実績でその必要性はありませんでした。信頼が上がるともいいますが、十分な信頼がすでに築かれていたため、大きな変化を感じませんでした。その代わり、上場企業ということが、我が社にとっては一種の「縛り」になって、以前のように大胆に挑戦する姿勢が失われていったのです。その頃、幹部や社員と話していても、誰も「夢」を語らなくなったと感じました。「大きな夢を持ち、それに向かって皆で突っ走っていく」という「アートらしさ」をなくしてしまったといえるでしょう。

【覚え書き|東証一部上場後、非上場化した理由について】


横山信弘

「自分は変われない」という思い込みを、まずは外すことが必要。


風間八宏

自分が大切にしているのは逃げないこと、ブレないこと。いまの自分をさらけ出すことを恐れず、いまの自分たちの力で勝負していく。