名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三毛兼承の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三毛兼承のプロフィール

三毛兼承、みけ・かねつぐ。日本の経営者。「三菱東京UFJ銀行」頭取。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートンスクールでMBAを取得。三菱銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。総合企画室長、アユタヤ銀行副会長、米MUFGユニオンバンク会長、三菱東京UFJ銀行副頭取・米州本部長などを経て頭取に就任。

三毛兼承の名言 一覧

変革は必須ですが、同時に変えてはいけないものもあります。それは銀行とは、お客様に信頼されると同時に強い存在であり続けなければならないということです。そのための変革でもあります。


お客様のニーズや行動も劇的に変化しており、旧来の改善の積み重ねでは対応できなくなっています。その意味で、銀行には非連続の変革が迫られています。


デジタル化が進むと働き方も変わるし、人に対して新たなニーズが出てくる。


従来にない大変革になる。これから先、いろいろな困難もあると思うが、行員とともに「率先難事(自ら進んで困難に立ち向かう)」の精神で先頭に立って取り組んでいきたい。


赤字だから貸さないということはない。米アマゾンも長きにわたって赤字だった。なぜ赤字かを知ることが大事。その企業が再生のチャンスがあるとなればそれをお手伝いし、創業期の赤字であれば黒字化をお手伝いする。


まだ6割ほどの時間は事務をやっている。デジタル化によって、この事務作業から解き放たれれば、従来の3倍はお客様と向き合う時間ができる。


お客様のニーズに対応するための組織再編や、デジタライゼーションによる事業改革に取り組んでいくが、一方で「変えてはいけないこと」もある。銀行の原点は、信頼される「強い」存在でなければならないということ。そのためにも変革が必要だという強い思いで取り組んでいく。


伝統的な商業銀行のビジネスモデルは構造不況化していると言っても過言ではない。お客様のニーズは大きく変化している。旧来型の改善の積み重ねでは対応できない。「変革」といった非連続な動きをしていかなければならない。


昨日まではお客様の資金繰りが理解できる、あるいはクレジットリスクが判断できることが重要な要素だった。これは変わるわけではないが、それだけでは不十分。営業担当者としての「プロ度」を高めていく必要がある。それを進めるために人事や評価制度、研修、現場を変えていく必要がある。


邦銀には稟議制度があり、常に東京に聞かなければ結論が出せない仕組みだが、欧米の銀行は権限委譲されていて、私以外はその場で即断即決していた。「お前はどうするんだ」と常に迫られていた。

【覚え書き|ロンドン支店時代を振り返って】


(頭取就任要請は)あまりにも突然だったので、正直、葛藤する時間もありませんでした。でもこれまでにも、非連続のアサインメントを与えられることが多かった。12年前にMUFGが誕生した時は、ニューヨークに赴任していたのに突然呼び戻され、事務局をやることになりました。4年前に国際部門担当になったら、いきなりタイに行ってアユタヤ銀行買収をやってくれと言われ、そのままタイに住んでいます。そのプロジェクトが終わったら、アメリカの新体制をつくるためにアメリカに飛び、といった具合です。このように想定外の仕事をさせられたことが何度もあるので、ある意味、想定外慣れしているのかもしれません。


三毛兼承の経歴・略歴

三毛兼承、みけ・かねつぐ。日本の経営者。「三菱東京UFJ銀行」頭取。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートンスクールでMBAを取得。三菱銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。総合企画室長、アユタヤ銀行副会長、米MUFGユニオンバンク会長、三菱東京UFJ銀行副頭取・米州本部長などを経て頭取に就任。

他の記事も読んでみる

林野宏

クリエイティビティがあり、しかも人を動かす力のある文章を書くのは、じつは難しいことではありません。夢中で仕事のことを考え続けていればいいのです。


笹野和泉

世界トップクラスの人たちの思考や感性、振る舞いに直接触れることができて、たいへん幸運でした。ビジネスマンとして、大きな糧となりました。
【覚書き|ソニー時代、盛田昭夫氏の付き人として欧州を周り、トップクラスの人たちと接した経験について語った言葉】


島井哲志

死を強く感じ、恐ろしく思うのはどのようなときか。人がもっとも死を意識するのは、身近な人の死を経験したときであると調査の結果からわかっています。人間の最大のストレスは、配偶者や親、子との死別です。親しい人の死に対峙したときに、自分自身の死を考える。存在への言い知れぬ不安に襲われます。その気持ちを「よい方向」に持っていくことが大切です。人生を悲観するのではなく、自分の中にある譲れないもの、「私はこれを大切にする」という、方向性を見出すことが求められます。


荒俣宏

自分のやりたいことのためには、何かを諦めなくてはなりません。会社の仕事も、睡眠時間を削ることも、30歳当時の僕は、必要な犠牲だと考えていました。


橘玲

以前は脱サラした人はほとんどみんな失敗するようなネガティブな状況でしたが、いまはそこそこ変わってきて、個人でもマイクロ法人(小さな会社)をつくることによって、さらに大きな機会を得られる状況が出てきました。日本の社会で初めてそういうことができるようになったので、面白いと思います。それをどう利用して、上手に自分の人生を設計するかですね。


岡田光信

大きな宇宙船をつくって移動させながら1個ずつ獲っていくより、小さな捕獲衛星を打ち上げて1回1個のほうがコストを抑えられます。具体的な額はまだいえませんが、10億円を切る額にしたい。衛星を小型化しているので、お客様の衛星を打ち上げるときに一緒に横に乗っていく「相乗り」が可能です。そうすればコストを抑えられます。


樫尾忠雄

私たちは需要があるから開発するというのではなく、新しい技術があれば市場が作り出せると考える。俊夫(忠雄氏の弟、カシオの社長・会長)は「必要は発明の母」ならぬ「発明は必要の母」とよく言っていた。【覚書き|電卓・時計の次に楽器市場に乗り込んだ時の発言。この後、電子楽器が大きく発展することとなる】


北村晴男

長男が生まれ、その年に落ちたのが7回目なんだけど、さすがに焦りましたね。そこからですよ、火がついたように、死にものぐるいで勉強を始めたのは。そう思わなきゃダメなんだな、人間っていうのは。30歳、8度目の挑戦でようやく司法試験に受かったけれど、「なんとかなるだろう」で受かるような試験じゃなかったということです。


和田一浩

とにかく1年やり抜く、1試合をやり抜く。それだけでした。そして、その積み重ねがいまも続いているという感覚です。


小林喜光

日本企業はビジネスモデルの夢なり、将来への大きなスキームがほとんどなくなってしまった。それを今からどう活性化していくかが日本の大きな課題です。政治もさることながら、経済人がどれだけの構想力とガッツを持ってリスクに懸けて勝負するかが問われています。


前田鎌利

プレゼンはライブ感が命。聞き手に読ませてしまうようでは失敗。できるだけ文字を減らすこと。そして写真や動画で説明を補う。それだけで初心者レベルを脱することができる。


大久保幸夫

終身雇用が機能していた時代の日本では、自分でキャリアゴールを見つけなくとも、目の前のルーティンワークさえこなしていれば、会社が自動的にゴールをくれましたが、いまはそうはいきません。