名言DB

9413 人 / 110706 名言

三毛兼承の名言

twitter Facebook はてブ

三毛兼承のプロフィール

三毛兼承、みけ・かねつぐ。日本の経営者。「三菱東京UFJ銀行」頭取。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートンスクールでMBAを取得。三菱銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。総合企画室長、アユタヤ銀行副会長、米MUFGユニオンバンク会長、三菱東京UFJ銀行副頭取・米州本部長などを経て頭取に就任。

三毛兼承の名言 一覧

変革は必須ですが、同時に変えてはいけないものもあります。それは銀行とは、お客様に信頼されると同時に強い存在であり続けなければならないということです。そのための変革でもあります。


お客様のニーズや行動も劇的に変化しており、旧来の改善の積み重ねでは対応できなくなっています。その意味で、銀行には非連続の変革が迫られています。


デジタル化が進むと働き方も変わるし、人に対して新たなニーズが出てくる。


従来にない大変革になる。これから先、いろいろな困難もあると思うが、行員とともに「率先難事(自ら進んで困難に立ち向かう)」の精神で先頭に立って取り組んでいきたい。


赤字だから貸さないということはない。米アマゾンも長きにわたって赤字だった。なぜ赤字かを知ることが大事。その企業が再生のチャンスがあるとなればそれをお手伝いし、創業期の赤字であれば黒字化をお手伝いする。


まだ6割ほどの時間は事務をやっている。デジタル化によって、この事務作業から解き放たれれば、従来の3倍はお客様と向き合う時間ができる。


お客様のニーズに対応するための組織再編や、デジタライゼーションによる事業改革に取り組んでいくが、一方で「変えてはいけないこと」もある。銀行の原点は、信頼される「強い」存在でなければならないということ。そのためにも変革が必要だという強い思いで取り組んでいく。


伝統的な商業銀行のビジネスモデルは構造不況化していると言っても過言ではない。お客様のニーズは大きく変化している。旧来型の改善の積み重ねでは対応できない。「変革」といった非連続な動きをしていかなければならない。


昨日まではお客様の資金繰りが理解できる、あるいはクレジットリスクが判断できることが重要な要素だった。これは変わるわけではないが、それだけでは不十分。営業担当者としての「プロ度」を高めていく必要がある。それを進めるために人事や評価制度、研修、現場を変えていく必要がある。


邦銀には稟議制度があり、常に東京に聞かなければ結論が出せない仕組みだが、欧米の銀行は権限委譲されていて、私以外はその場で即断即決していた。「お前はどうするんだ」と常に迫られていた。

【覚え書き|ロンドン支店時代を振り返って】


(頭取就任要請は)あまりにも突然だったので、正直、葛藤する時間もありませんでした。でもこれまでにも、非連続のアサインメントを与えられることが多かった。12年前にMUFGが誕生した時は、ニューヨークに赴任していたのに突然呼び戻され、事務局をやることになりました。4年前に国際部門担当になったら、いきなりタイに行ってアユタヤ銀行買収をやってくれと言われ、そのままタイに住んでいます。そのプロジェクトが終わったら、アメリカの新体制をつくるためにアメリカに飛び、といった具合です。このように想定外の仕事をさせられたことが何度もあるので、ある意味、想定外慣れしているのかもしれません。


三毛兼承の経歴・略歴

三毛兼承、みけ・かねつぐ。日本の経営者。「三菱東京UFJ銀行」頭取。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートンスクールでMBAを取得。三菱銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。総合企画室長、アユタヤ銀行副会長、米MUFGユニオンバンク会長、三菱東京UFJ銀行副頭取・米州本部長などを経て頭取に就任。

他の記事も読んでみる

吉永泰之

スバルらしさはエンジンだと思われることが当社にとって一番マズイ。よく考えてみると、現在、どれだけのスバルユーザーが、エンジンが良いからという理由でスバル車を買っているでしょうか。ほとんどいないはずです。独ポルシェだって今は「カイエン」に水平対向エンジンを載せていません。独フォルクスワーゲンと同じエンジンです。でもカイエンは人気がある。そこで私は気づいたんです。「ブランド力を強めれば、エンジンが何かなんて関係ないんだ」と(笑)。


西松遥

コストカットとともに、もう一度基本に返って品質管理を追求しようと思いました。そのため、生産設備である飛行機材を更新し、それらに投資する財務基盤を強化する。そして最後に、社員の民間企業意識とモチベーションを高めること。この課題でした。


鈴木貴子(経営者)

どんなに優れた新商品であっても、きめこまやかな販促と営業活動が展開できなければ、せっかくの商品も在庫の山になってしまいます。ヒット商品に成長させるには、市場投入と同時に登場感を演出し、消費者に認知していただき、購買につなげていく必要があります。その際に不可欠なのが、マーケット情報や成功体験を社内で共有すること。当社の営業日報は、そのためのコミュニケーションツールです。社内のネットワークにフォーマットがあり、そこに日々の予定や実績、意見などを書き込んでいきます。他の社員がコメントをつけたり、「拍手!(いいね)」をつけることもできます。


石黒成直

創業から80年間、TDKは磁性材料の特徴を生かした製品を、素材とプロセスの開発から手掛け、製品まで一貫して作ってきました。TDKの磁性に対する強い思いと、素材技術での強みは、今後の新製品、新事業を進めるうえでも競争力の拠り所であり続けます。磁性という揺るがないコア技術と、M&Aなどで得た新しいリソースを生かしてTDKは時代の要請に応える製品を提供し、グローバル市場の厳しい競争に勝ち抜いていきます。


鍵山秀三郎

幕末・明治時代の臨済宗の禅僧に今北洪川(いまきたこうぜん)という人がいました。この人の言葉に「百萬経典(ひゃくまんきょうてん)日下(にっか)の灯(とう)」という言葉があります。百万本の経典を読んで勉強しても、ただ頭の中に知識として持っているだけで活動しなければ、太陽の下のろうそくの火にすぎない。つまり、役に立たないことです。


澤田秀雄

運を引き寄せるには次の5つが肝要。

  1. つらい時こそ明るく振る舞う。
  2. 景気の良い時には控えめにする。
  3. 運気の悪い時にはじっと耐えて待つ。
  4. 強運の持ち主と交流する。
  5. 運を使い切らない。

澤田秀雄

いくら商品が良くても、営業や宣伝が弱ければ売れません。逆にいくら一生懸命売っても、商品が悪ければ買う人はいない。営業力が弱いなら営業力を、商品力が弱いなら商品開発力をまず改善すべきなのです。


飯野謙次

人間は「気持ちの波」によってスピードとクオリティにブレが出るものです。期限や精度には、常に少し「ゆとり」を持たせることも忘れないようにしましょう。


前澤友作

当社の一番の強みは、洋服が好きなスタッフが仲間同士でやりたい仕事していること。


坂根正弘

東京から地方にいろいろな機能をシフトしなければなりません。東京が廃れることと、地方が活性化することの双方の影響を勘案すると、圧倒的にプラス面が大きくなります。一般企業も工場だけではなく、本社機能の一部を移すのです。そうした動きが起きたときに初めて、この国は変わっていくのだと思います。


野口敏(話し方)

会話が苦手な人の中には、沈黙=悪と考えている人もいるかもしれません。でも、決してそんなことはありません。


藤田紘一郎

HLA(ヒト白血球抗原)は細胞の表面にある蛋白質で、ウイルスや細菌などの異物が細胞に入ると、その異物に反応してつくった物質を細胞表面に提示します。Tリンパ球は表面にレセプターを持っていて、異物を提示している細胞のHLAを認識して攻撃します。ここで、HLAに個人差が大きくあることが重要になります。それは、異物の種類によってはHLA分子が異物だと上手に提示できるものとできないものとがあるからです。つまり、人ごとにHLAの型を変えておけば、多種多様な異物があっても、これらを排除できるHLAを持っていた人が生き延びて、人類を絶滅の危機から救うことができるというわけです。もしみんなが同じHLA型で個人差がないとすれば、ある驚異の異物が感染したりすると、あっという間に人類は全滅してしまうでしょう。私たちは個人差のある免疫能力を持って病気に立ち向かい、人間という種を存続させています。これは、自分は他者のために、他者は自分のために生きているという意味で「共生」であるとも言えるでしょう。


日下隆史

当社もリーマンショックで厳しい状況に陥り、再建計画を進めてきました。計画は昨年末に達成することができ、新たな成長に向けて動き出しています。市場の追い風もあったのでしょうが、社員の努力、情熱があったからこそ、市場も味方してくれたのだと思います。


林野宏

私は現地法人を作るにしても、株式の過半数を持つことは意識しません。従業員も経営もできるだけ現地の人に任せたい。ベトナムの会社は今、従業員が5千人以上ですが、日本から送りこんでいるのはたった3人です。日本のノウハウを現地に持ちこむことが目的だとも言えます。それができたら、3人の日本人も引き上げていい。


オマル・エル=アッカド

忙しく働く際に、組織の中でストレスを管理するには、自分にかかる負荷を把握してくれる上司を持つことが一番大事だと思います。新聞記者の場合、なにか大きな事件が起きると5日で100時間働くようなこともよくあるのですが、そんなときに「土日・プラス月曜も休んでいいから」と機転を利かせてくれるとか。そうでなければ燃え尽きてしまいます。