名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

三橋貴明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三橋貴明のプロフィール

三橋貴明、みつはし・たかあき。日本の経済評論家、中小企業診断士。「経世論研究所」社長。東京都出身。東京都立大学経済学部卒業後、ノーテル、日本電気、日本IBMなどを経て独立。

三橋貴明の名言 一覧

働かない人は、決して「人材」に成長できない。人間は生産者として働き、モノやサービスを生産し、各種のノウハウ、技術、技能、スキル、経験等を自らの中に蓄積し、「人材」へと育っていく。人材投資とは、要するに「働いてもらうこと」そのものなのだ。


経済力とは「お金が多い」ことではない。経済力とはお金の話ではなく、国民が必要とするモノやサービス、すなわち「需要」を満たすための生産能力、供給能力のことである。経済力が強い国、すなわち先進国とは、モノやサービスを生産するための供給能力を、十分に蓄積した国なのだ。


資本、労働、技術という、資本主義経済の三要素を強化するためには、投資以外に方法がない。具体的には、インフラを強化する公共投資、工場や設備、運搬車両などの導入に当たる設備投資、労働者の生産性を高める人材投資、そして技術力を強化する技術投資の4つである。


三橋貴明の経歴・略歴

三橋貴明、みつはし・たかあき。日本の経済評論家、中小企業診断士。「経世論研究所」社長。東京都出身。東京都立大学経済学部卒業後、ノーテル、日本電気、日本IBMなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

マーク・ザッカーバーグ

フェイスブックでは「ハッカーウェイ(ハッカー精神)」という独自の企業文化を育ててきました。これは、「最初から完璧を目指さず、こまめに修正、改善を繰り返すやり方」です。シリコンバレーの本社オフィスの壁に書かれた「完璧よりとにかく実行を」という言葉を見ては、この姿勢を忘れないようにしています。


渕脇正勝

一緒に働くメンバーに求めるのは、人に好かれるような一生懸命さが大事だと思いますし、会社の想いに共感して熱意を持って働いていただける方です。そして会社の発展とともにあるチャレンジ精神を持つこと。当社の常識が世の中の非常識と言われるくらい、この業界で私たちは常に一歩リードし、身体に害のない効果の高い家庭用医療機器を開発してきたプライドがあります。加えて、世界で活躍する立派なアスリートのサポートをすることで、そうした尊敬すべき選手たちと仕事をしているという誇りを持ち、恥ずかしくない仕事をすることを重視しています。


羽入佐和子

これまでも、組織を担う立場になった時には、まず職員とビジョンを定め、それを核に組織運営に当たってきました。保つべきことを保ちつつ、社会の変化を意識して対応していかなければなりません。


鈴木義幸

いま好業績を続けている企業には、中長期計画を持たず、一週間単位で方針を決定していくようなところもあります。とくにいまのように刻々とビジネス環境が変化する時代には、たとえ小さなことでも、日々変化し続ける文化のある社会は強いように思います。グローバルで競争力を高めていくには、リーダーにも、組織全体にも「変化への柔軟な対応力」が求められています。


江崎利一

戦争は終わった。惨憺たる敗戦である。グリコの本拠もかくのごとく灰燼に帰した。しかし、我々は決してグリコの再生復興を疑ってはならない。工場も機械も、材料も商名も一切が焼け失せたが、ここにまだ、さすがの敗戦にも焼けなかった最大の資本がある。それはグリコという看板である。のれんである。名前である。これは過去30年間営々として築き上げてきた我々最大最高の資本である。


中谷彰宏

部下の褒めるところが見つからないというのは、褒めるところがないのではなく、上司がその部下のいいところを見つけられないだけの話です。誰が見ても優秀な部下は、誰でも褒めることができます。そうではない部下の褒めるところを見つけられるかどうかで、上司の力は決まるのです。本当に女性にモテる男性は、美人ではない女性に対する褒め方も知っています。それと同じです。


石渡美奈

モチベーションの停滞期は「自分がどう生きたいのか」を模索する時期でもあります。そういう意識で本を読んだり人と会ったりすると、自然と到達すべきところに導かれるものです。


平井伯昌

アスリートは調子がいい時ほど怪我をしやすい。体のキレがよくなるため、力を発揮しやすい状態になります。それに比例するかのようにメンタルも上向きになるので、オーバーワークになりやすい。気が張っている大きな大会の前ほど、慎重さが大事。


瀧本哲史

倫理性や社会性を伴わないような事業は、長続きしません。


藤井孝一

中小企業診断士の資格をとった先輩に聞いたところ、千時間の勉強が必要だというんです。まして私にとって会計は畑違いですから、もっと時間をかけないと難しいだろうと思いました。まずは資格を取るために必要な勉強時間を算出して、そこから1日何時間勉強をすればいいのかを逆算してみたんです。平均2時間、土日は10時間くらいやれば1年で取れるという計算になりました。


岡野雅行(岡野工業)

何でも、あえて人がやらないことをやるように心がけないとつまらない。人にバカにされても、自分がいいと思ったことはやってみなきゃ。実際、目の付け所が良ければ、1+1が5になって返ってくる。


村田昭治

企業経営は「適正」が大切な条件。