三橋貴明の名言

三橋貴明のプロフィール

三橋貴明、みつはし・たかあき。日本の経済評論家、中小企業診断士。「経世論研究所」社長。東京都出身。東京都立大学経済学部卒業後、ノーテル、日本電気、日本IBMなどを経て独立。

三橋貴明の名言 一覧

働かない人は、決して「人材」に成長できない。人間は生産者として働き、モノやサービスを生産し、各種のノウハウ、技術、技能、スキル、経験等を自らの中に蓄積し、「人材」へと育っていく。人材投資とは、要するに「働いてもらうこと」そのものなのだ。


経済力とは「お金が多い」ことではない。経済力とはお金の話ではなく、国民が必要とするモノやサービス、すなわち「需要」を満たすための生産能力、供給能力のことである。経済力が強い国、すなわち先進国とは、モノやサービスを生産するための供給能力を、十分に蓄積した国なのだ。


資本、労働、技術という、資本主義経済の三要素を強化するためには、投資以外に方法がない。具体的には、インフラを強化する公共投資、工場や設備、運搬車両などの導入に当たる設備投資、労働者の生産性を高める人材投資、そして技術力を強化する技術投資の4つである。


三橋貴明の経歴・略歴

三橋貴明、みつはし・たかあき。日本の経済評論家、中小企業診断士。「経世論研究所」社長。東京都出身。東京都立大学経済学部卒業後、ノーテル、日本電気、日本IBMなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

木暮太一

ビジネスマンとしての価値が高いということは、初心者がちょっとやそっと勉強したぐらいでは追いつけない膨大な経験と知識を持ち合わせていることにほかならない。


松本晃(経営者)

ビジネスの世界はすべて約束で、その約束は必ず守られなければならないし、結果に対して責任を取らねばならない。


鈴木弘治

バイヤーには「上司に逆らってでも自分の信念を曲げるな。失敗しても俺が骨を拾ってやる」と伝えています。一番ダメなのは失敗する人より挑戦しない人。


小林一雅(小林製薬)

開発・生産・マーケティング・営業、全ての面で同じことを、同じように長い期間続けることがないようにして、「小林製薬は何をするかわからない」ということを小林製薬の魅力としたいと考えています。


稲盛和夫

長年の行いの結果、尊敬を受けるようになる人は本当に少ない。それはその間に、経営者の心が変わってしまうからでしょう。


白澤卓二

単純なことですが、「歩く」ことは最良の健康法。


西澤ロイ

頑張らないことと同じように、結果をすぐに求めないことも英語学習では大切です。結果を求めれば、それが叶わないと苦痛を感じてしまうものです。焦って身につけようとするよりも、日常のなかで楽しみながら英語を使うのが、一番の上達法だと思います。


高橋祥子

いまヤフーさんも遺伝子解析サービスをやっているのですが、実際の解析作業はOEM提携という形で私たちが担っています。サービス主体であるヤフーさんはたくさん会員を持っているので、お力を借りたほうが一般の方にリーチしやすい。


松川孝一

私の仕事の中で最も時間がかかり、リスクになりえるのは、予定している事業やプロジェクトに合わせて人材を調達育成することですが、適任者を見つけるのに半年から一年を見込んで行動します。もっとも、すぐに適任者が見つかった場合、プロジェクトスタートまでにタイムラグが生じるという危険性もあります。しかし、採用した人物が優秀ならばその間も仕事が回ってきますし、回ってこなければこちらからその人のためにプランを用意しておけばいいのです。


河村泰貴

今後、新たな運営手法の開発などあらゆる実験をする。しかし、これだというものを確立するには3年はかかるだろう。


林康史

人脈と情報のネットワークを作る時には、相互に利益がもたらされるような関係でなければなりません。片方にしか利益がないのであれば、ネットワークを継続するのは難しい。利益とはカネやモノばかりを指しているわけではありません。たとえば「その人といると楽しい。癒やされる」というのも、相手にとってはかけがえのない利益です。


安渕聖司

自分に自信を持つには、「自分に何ができるか」を把握することが大切です。たとえば「自分のスキルの見える化」。TOEICなど、何か客観的に測れるもので、スキルを明確化していきます。また「過去の成功要因をしっかり分析しておくこと」も重要です。


藤本やすし

アート・ディレクターの中には、スタッフに1ミリ単位で細かく指示を出す人もいますが、僕はそういうタイプではないので、あくまで大きなところでの軌道修正を指示するだけです。


秦建日子

1冊の本を読むには、かなりの時間がかかります。読者からそれだけの労力を頂いている以上、何らかのポジティブなものを残すのは書き手の義務だと思っています。


池田千恵

実は私自身が早起きを始めたのは、上司に対する「クソー、今に見てるよ」っていう思いだったんです(笑)。「あなたは会議に出ても意味ないから掃除してて」と会議に出してもらえなかったのが悔しくて、仕事ができる人になりたくて朝に勉強しようと……。すると、夜思い悩んでいたときは、上司の言い方が頭にくるとか、口の曲がり具合がいやだとか、感情が渦巻いて出口が見つけられなかったんですが、翌朝、上司に言われたことを一字一句紙に書き出してみたら、冷静に受け止められたんですね。「上司が言うのももっともだ」と。


ページの先頭へ