名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

三橋規宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三橋規宏のプロフィール

三橋規宏、みつはし・ただひろ。日本の経済・環境ジャーナリスト。千葉商科大学政策情報学部名誉教授。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。ロンドン支局長、日経ビジネス編集長、科学技術部長、論説副主幹、千葉商科大学政策情報学部教授などを務めた。

三橋規宏の名言 一覧

最も重要なのは即断即決力である。「いったん本社に持ち帰って……」などと構えていては勝機を失ってしまう。


時代を変えるエンジン役の企業は既存の企業群からは生まれない。無から有を創り出すことにがむしゃらに挑戦する新興のベンチャー企業の中から誕生する。


ひとつの時代の技術革新の勝者が次の時代の敗者になるケースは、歴史を振り返れば枚挙にいとまがないことを自覚すべきだ。


企業家にとって時代の先を読む洞察力とは、隠れている需要、ニーズを掘り起こし、顕在化させ、無から有を創り出し、それをビジネス化させる能力のことである。過去に存在しない製品やサービス、システムだが、それが登場すると、なるほど便利だ、楽しい、健康に良い、省エネだなどと評価される。これが無から有を創り出すということである。


三橋規宏の経歴・略歴

三橋規宏、みつはし・ただひろ。日本の経済・環境ジャーナリスト。千葉商科大学政策情報学部名誉教授。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。ロンドン支局長、日経ビジネス編集長、科学技術部長、論説副主幹、千葉商科大学政策情報学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

阿部俊則

「SLOW & SMART」というブランドビジョンのもと、筋肉質な経営体質になるために、これまでエリアマーケット戦略や専門性の強化、構造改革などを進めてきました。


丹羽宇一郎

すべてやり尽くすからこそ、結果がどうであれ受け入れられる。


奥田務

皆さんはぜひ、それぞれの分野での専門性を磨く努力をしてほしい。そうすれば、必要不可欠な人材として今の会社に頼られるでしょうし、転職して活躍する選択肢も生まれる。一つの分野に徹することで、「全体」も見えてきます。


林修

人は自分のことをわかろうと努力してくれる気持ちが嬉しいもの。「あなたをわかろうとしています」というメッセージこそ最高のおもてなし。


松岡修造

自信がなくても、自信が持てるところまで頑張るために、やればできると信じ込むしかない。


大橋巨泉

仕事がうまくいかなくなると充電と称してアメリカへ行ったりするタレントがいるだろ?馬鹿なんだよね。だってよく考えてごらん。電気カミソリの電気がきれてから充電しても間に合わないんだよね。


大山健太郎

アイリスは内製化比率が高いという特徴があります。つまり、川下からニーズが上がってきたら、自分で作ってしまうのです。いまや日本の大手メーカーの大半は、アッセンブリー(組み立て)をやっているだけで自分ではものを作っていません。下請けに部品を作らせて、それを組み立てて、ラベルを貼って出荷しているだけ。だから、仮にニーズをキャッチできても、もはや自力で新しいものを作る力はないのです。しかし、うちの場合は何でも自作してしまう。だから、こういうものが欲しいというニーズに柔軟に応えていけるのです。


西澤敬二

さらに新たなビジネスモデルにチャレンジしていかなければいけない。今後の競合はどこになるかまだ見えないが、お客様の立場に立って徹底的に取り組んでいく。


織田大蔵

常に大きな夢、大きなことを考えて発言していると、いつの間にか気宇壮大になり、人間も大きく、大きな事業を成し遂げられるようになるものだ。


玉塚元一

ローソンでも、ユニクロやリヴァンプの経験が仕事に生きています。そのつど、真剣に向き合ってやり続ければ、技術は高まっていくんじゃないですかね。スポーツや武道と似ています。


橘木俊詔

技術者への報酬ももっと上げるべきだろう。私の経験でも、灘高校時代に優秀だった理系の同窓生から、文系に進んだ友人たちの出世ぶりと報酬の高さをうらやむ声を聞いた。しかし戦後、日本の経済発展を支えてきたのは彼ら優秀な技術者たちであり、今後もそうだろう。もっと技術者や研究職に夢を持てるような処遇にしないと日本経済を支える人がいなくなってしまうのではないかという気がしてならない。


本田健

幸せなお金持ちになるには、自分の好きなことをまずやることです。お金持ちには様々なタイプがいますが、共通点のひとつは、自分が好きで得意なことをとことんまで究めていることです。それがあまりお金にならなくても、少なくともそれは幸せな人生です。それに、好きなことをやりながらビジネスシステムをつくるということと、多くの人に応援されるということ。この二つさえあれば、大抵そこそこのお金はできるはずなんです。