名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三橋規宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三橋規宏のプロフィール

三橋規宏、みつはし・ただひろ。日本の経済・環境ジャーナリスト。千葉商科大学政策情報学部名誉教授。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。ロンドン支局長、日経ビジネス編集長、科学技術部長、論説副主幹、千葉商科大学政策情報学部教授などを務めた。

三橋規宏の名言 一覧

最も重要なのは即断即決力である。「いったん本社に持ち帰って……」などと構えていては勝機を失ってしまう。


時代を変えるエンジン役の企業は既存の企業群からは生まれない。無から有を創り出すことにがむしゃらに挑戦する新興のベンチャー企業の中から誕生する。


ひとつの時代の技術革新の勝者が次の時代の敗者になるケースは、歴史を振り返れば枚挙にいとまがないことを自覚すべきだ。


企業家にとって時代の先を読む洞察力とは、隠れている需要、ニーズを掘り起こし、顕在化させ、無から有を創り出し、それをビジネス化させる能力のことである。過去に存在しない製品やサービス、システムだが、それが登場すると、なるほど便利だ、楽しい、健康に良い、省エネだなどと評価される。これが無から有を創り出すということである。


三橋規宏の経歴・略歴

三橋規宏、みつはし・ただひろ。日本の経済・環境ジャーナリスト。千葉商科大学政策情報学部名誉教授。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。ロンドン支局長、日経ビジネス編集長、科学技術部長、論説副主幹、千葉商科大学政策情報学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

AbemaTVをやって本当によく分かったのは、ユーザーの視聴習慣をつくっていくためにも忍耐というか、続けることが大切ということです。例えば、格闘技の試合を我々は中継していますが、だんだんと視聴者が増えてきました。最初はあまり見られていなかったのですが、現場の制作の人たち、宣伝の人たちの努力によって、「AbemaTVでやっている」ということが認知され、徐々に視聴者が増えていったんです。その意味でも、腰を据えてやらなくてはいけない事業だと感じています。


松本洋(コンサルタント)

単に知識を詰め込んでもきちんと理解しなければ良い結果は生まれない。


齋藤孝(教育学者)

組織として目標に届かないことは当然ある。こういう時こそ上司の出番だろう。重要なのは「修正」だ。個人の努力や工夫が結果に結びつかないとすれば、新たな手を打つ必要がある。それはちょうど、サッカーやバスケットボールのプロチームが試合で劣勢に立たされた時、監督(ヘッドコーチ)が戦術の変更を指示する感覚に近い。そのバリエーションの豊かさが、名将の証しだ。


今瀬ヤスオ

友人でも第三者でも相談に乗ってくれる人がひとりいれば、落ち込み過ぎずに済む。ただし、そういう人は日頃から自分が心を開いてキズを見せないと、見つからない。


永瀬昭幸

日本人はリーダーに向いていると思います。古来「和を以て貴しとなす」という姿勢を大切にしているように、私たち日本人は非常によいチーム力を発揮する民族です。


吉岡隆治

例えば、生地中の糸の密度が100本から101本に上がったことを優位性だと言うこと自体が愚かだ。機能性を打ち出していくような商品は、生産の速さから価格まで考えて、日本に残る道理はない。


成毛眞

うちの娘は大学3年生の終わりに就職活動をスタートさせました。「どんな会社を回ればよいか」と聞かれたので、業界をマクロに見て、この先20年は伸び続ける業界を選べとアドバイスしました。たとえば、農作物や天然資源を扱う産業、人口が減る国内だけでなく世界を相手にする仕事などです。そして、給料がよくても業界自体が衰退しているならやめておけとも言いました。


吉冨学

精神的に追い詰められていたので、走り続けることで苦しみを忘れようとしました。あとは、経済や経営の本を読み続けること。そうすると、多くの本が同じことを言っている。利益ばかり考えていては駄目で、人の心を重視すべきだと。


坂本孝

私はいま73歳ですが、まだまだリタイアするつもりはありません。生涯現役を貫いて、これからも新しいことに挑戦していきます。


宗次徳二

マニュアルの内容とその意味をひとつひとつ説明していけば、従業員の多くは納得して実践してくれるものです。ただ、最初のうちはいいのですが、それを徹底して長く続けられる人は決して多くありません。少しでも意識を高く維持してもらうためには、諦めずに口酸っぱく指導するしかないと思います。


青野慶久

グループウェアの利用が進むにつれ、組織はよりオープンでフラットなものに変化するでしょう。社長自らスケジュールを公開する。さらに事業戦略や商品企画などを初期段階から社員に公開し、意見を求める。結果だけでなく、それに至るプロセスごと共有することにより、意思決定の精度は一段と上がります。


小郷三朗

各カテゴリーでナンバー2までに入れるブランドをいかに多く持てるかが、勝負の分かれ目。