三橋規宏の名言

三橋規宏のプロフィール

三橋規宏、みつはし・ただひろ。日本の経済・環境ジャーナリスト。千葉商科大学政策情報学部名誉教授。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。ロンドン支局長、日経ビジネス編集長、科学技術部長、論説副主幹、千葉商科大学政策情報学部教授などを務めた。

三橋規宏の名言 一覧

最も重要なのは即断即決力である。「いったん本社に持ち帰って……」などと構えていては勝機を失ってしまう。


時代を変えるエンジン役の企業は既存の企業群からは生まれない。無から有を創り出すことにがむしゃらに挑戦する新興のベンチャー企業の中から誕生する。


ひとつの時代の技術革新の勝者が次の時代の敗者になるケースは、歴史を振り返れば枚挙にいとまがないことを自覚すべきだ。


企業家にとって時代の先を読む洞察力とは、隠れている需要、ニーズを掘り起こし、顕在化させ、無から有を創り出し、それをビジネス化させる能力のことである。過去に存在しない製品やサービス、システムだが、それが登場すると、なるほど便利だ、楽しい、健康に良い、省エネだなどと評価される。これが無から有を創り出すということである。


三橋規宏の経歴・略歴

三橋規宏、みつはし・ただひろ。日本の経済・環境ジャーナリスト。千葉商科大学政策情報学部名誉教授。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。ロンドン支局長、日経ビジネス編集長、科学技術部長、論説副主幹、千葉商科大学政策情報学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

糸井重里

「永久紙ぶくろ」という、ジッパーもなければ間仕切りもない、長方形のナイロン製の袋も、僕自身が欲しくて作ったものです。90年代の半ば、釣りばかりしていた時期があって、そのときに餌の袋だとか、いろんなゴミを放り込めるような袋があれば便利だと思った。商品としては、人に差し上げられるくらいの、ちょっとした袋に発展したのですが。ビニール傘に近い発想でした。


鈴木喬(経営者)

人は変化を嫌う生き物ですから、ちょっと命令されたぐらいじゃ、新しい行動なんて起こさない。「このオッサンの言うとおりにしないと、本当に叩き殺されるかもしれない」ぐらいの恐怖感がないと動きませんわな(笑)。


熊谷亮丸

政策立案やマーケティングでは、構造変化を踏まえることが重要。経済指標はマクロとミクロの両面から見ることが必要。


織田裕二

やっぱり、たった1度の人生だからさ。悔いなく過ごしたいよなあ。


古市憲寿

若者論というのは、コミュニケーションツールだと思うんですよ。誰でも一度は若者であって、若者ではなくなるから、「最近の若者はこうだ」と言うと、たやすく社会語りができた気になれる。ここに、若者論がコミュニケーションツールとして量産され続ける理由があるのではないでしょうか。


岡本太郎

生きるということを真剣に考えれば、人間は内向的にならざるを得ない。また逆に、自分が内向的なために、かえって外に突きだしてくる人もいる。だから内向的であると同時に外向的であるわけだ。これが本当の人間的な人間なのだ。歴史的に見て、英雄とか大きな仕事をした人は、みんな内向性と外向性を強烈に活かしている。


松下幸之助

いかなる非難や屈辱にも耐え、自分の正しいと信ずる方針をつらぬいて、じっと時を待つということができなくては、真に優れた指導者とはいえない。


守安功

企画を通したいなら、とにかくファクトを全部集めて、事実ベースで主張することです。「Aのほうがいいんじゃないの?」と言われたら「いやBにすべきです」と根拠をあげられるように準備しておく。議論では機転を利かせることはもちろん大事ですが、一番重要なのはファクトです。自分が扱う商品について勉強したり、競合を分析したりという程度のこともしないまま、戦って負ける人が多い気がします。


傳田信行

今、手掛けているベンチャーは、どちらも世界初の事業を手掛ける会社です。人と同じことではなく、人と違うことをやる。そして新たな市場を創造する。インテル時代も現在も、この生き方を貫いています。


西多昌規

アマゾンのジェフ・ベゾス、フェイスブックのシェリル・サンドバーグ、マイクロソフトのビル・ゲイツ……。成功を収めた人たちは揃って、睡眠の大切さを語っています。若い頃は睡眠時間を削って仕事をすることもあっていい。ただ、年齢を重ねたら、やはり睡眠の取り方が仕事のパフォーマンスを左右することになります。


ジム・ロジャーズ

私の言うことに耳を貸さないでほしい。あなた自身が知っていることをひたすら追い続けることが成功の近道なのだから。


三浦知良

調子がいいときもあれば、悪いときもある。調子が悪いときにこそ、自分を見つめ直して、常に全力を尽くしながらトレーニングをしています。その苦しさが自信に変わっていく。


伊藤長次郎(二代目)

四十歳になるまでの無事、幸せは役に立たない。若いときは難儀して、老いて幸せになるのが吉である。坊主も武家も難儀した者ほど大物になる。末を思って辛抱しなさい。


宋文洲

僕は日本の大学院を卒業して、3カ月サラリーマンを経験してから、自分の会社を立ち上げました。ベンチャーですから、朝から自分でもプログラムを必死で書くじゃないですか。そうすると、やっぱり夕方5時ごろには頭が痛くなってきて、残業しようにもできない。ところが、日本の会社は毎晩、社員が遅くまで働いていると知って、日本人はなんと頑丈なのだろうと、僕は当時、本気で感心していました。でもそのうち、本当のことがわかってきた。なんのことはない、昼間、適当に手を抜いているから、残業する余力があるだけのことじゃないですか。


土井英司

なぜダイエットができない人が多いかというと、意志が弱いのではなく、単に「続ける仕組み」を作ってないからです。私は13年間、1日も欠かさずメルマガを出し続けています。その経験から言うと、継続できるかどうかは、「挫折要因をいかに潰せるか」で決まると思っています。


ページの先頭へ