名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三橋美穂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三橋美穂のプロフィール

三橋美穂、みはし・みほ。日本の快眠セラピスト、睡眠環境プランナー。愛知県出身。自動車メーカー勤務、寝具メーカー研究開発部長などを経て独立。著書に『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』『脳が若返る快眠の技術』。

三橋美穂の名言 一覧

一日は朝起きてから始まり、眠りについて終わると考える人が多いと思いますが、「新しい一日が眠りから始まる」と考えると、睡眠の重要性、睡眠に対する姿勢が変わるはず。


どうやって睡眠時間を確保するか、どんな眠り方をすれば効果的かなどを考えることで生活にハリが生まれる。つまり、睡眠を見つめることは人生の本質や、生き方を見つめ直すチャンスになる。


睡眠時間が足りなくなると、集中力が欠如して、ちょっとしたことでイライラ。結果的に自分の器量が小さくなるので、その大きさに見合った成果しか出せなくなる。でも、しっかりと睡眠を取っていれば、自分の器が大きくなり、おのずと成果も大きなものになる。


大切なのは自身の最適な睡眠時間を知ること。6時間から睡眠時間を1週間ごとに30分ずつ増やして、自分で仕事のパフォーマンスを観察していくと、私の場合は7時間30分の週は日中に眠気を感じず、仕事の生産性が高まりました。それより長く寝るとパフォーマンスが低下することもわかりました。


睡眠の質を高めるには、眠る環境を整えることも重要です。寝室の温度、湿度、明るさ、音の状態を最適なものにし、もちろん寝具にもこだわりたいですね。できれば寝室は、眠るためだけの空間と決めてテレビなどは持ち込まない。特にスマホは画面のブルーライトが快眠の妨げになるので、就寝の数時間前には見ないようにしたほうがいいでしょう。一日の始まりは朝の目覚めた瞬間ではなく、明日のために眠るところからだと意識したいですね。


三橋美穂の経歴・略歴

三橋美穂、みはし・みほ。日本の快眠セラピスト、睡眠環境プランナー。愛知県出身。自動車メーカー勤務、寝具メーカー研究開発部長などを経て独立。著書に『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』『脳が若返る快眠の技術』。

他の記事も読んでみる

安西祐一郎

「君たちも頑張れ! 自分だって頑張ったんだ」と言っているだけでは、若い世代はついてこない。経営者層は口で「頑張れ」と言うだけでなく、若い人たちが本当に頑張れる機会や場を具体的に創らないといけない。


小室淑恵

いま日本では長時間労働が当たり前ですが、朝から晩まで会社にいる人だけが集まって、企画会議で新製品を考えようとしても、みんな引出しが空っぽだからアウトプットのしようがありません。でもそれが慣例化しています。労働生産性で日本が先進国中の最下位に甘んじているのは、その辺に原因があるのではないでしょうか。


江崎利一

ビスコの製法上の新機軸として、サンドクリームをビスケットに付着させるのに、業界では不可能とされている脂肪の使用を研究し、ついにはこれに成功した。この方法は、はじめ同業の冷笑を買っていたが、ビスコの成功によって業界一般にも普及し、いまではほとんど全国的に採用されるまでになった。


佐藤義雄

営業という仕事は、契約をいただくより断られる回数の方が多いものです。気持ちが前向きでなければ長続きしませんが、家庭や職場の人間関係でトラブルを抱えていると、仕事に対するモチベーションまで低下させてしまうのです。


菊川剛

他社の新製品を後追いしているようでは話にならない。「バスに乗り遅れる」のは言語道断であって、バスの前を走ろうという発想が必要。私は「オリンパス行きのバスを仕立てて、お客さんを全部乗せろ」と言っています。


川上徹也(コピーライター)

スピーチで最も大切なのは、聞き手の心に刺さり、いつまでも頭に残るフレーズをつくること。


小池龍之介(小池龍照)

過去と未来は、現実ではない。過去は(1秒前のことすら)もう終わっていて、手で触れるようには確かめられず、未来は(1秒後のことすら)まだ生じておらず、確かめられない。


小林昇太郎(コンサルタント)

いまの職場や仕事に対する自分の情熱をはかる要素として、「怒りをもって仕事をしているか(現状に満足していない)」、「私生活が充実しているか(仕事が順調なときは、私生活もうまくいっている)」などがあげられる。


南部靖之

我々は事業の基準が儲かるからやるとか、儲からないから止めるというのではありません。社会の課題を解決するというのが前提。


菅井敏之

現場力とは、消費者と直につながり、そのニーズを理解していること。社内政治にばかり意識が向かう人は現場を忘れているから、会社の看板を失った途端、相手にされなくなる。しかし消費者と関係を築いておけば、独立して業種や扱う商品が変わっても、お客さんはついてきてくれます。


石渡美奈

モチベーションの停滞期は「自分がどう生きたいのか」を模索する時期でもあります。そういう意識で本を読んだり人と会ったりすると、自然と到達すべきところに導かれるものです。


倉重英樹

「楽」という漢字を、「たのしい」「ラク」と2つ同時に読むことはできません。ラクなことは楽しくないし、楽しいことはラクではありません。「人生も仕事も楽しく」と思ったらどちらもラクではないし、「人生も仕事もラクに」と思ったらどちらも楽しくなります。