三橋美穂の名言

三橋美穂のプロフィール

三橋美穂、みはし・みほ。日本の快眠セラピスト、睡眠環境プランナー。愛知県出身。自動車メーカー勤務、寝具メーカー研究開発部長などを経て独立。著書に『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』『脳が若返る快眠の技術』。

三橋美穂の名言 一覧

一日は朝起きてから始まり、眠りについて終わると考える人が多いと思いますが、「新しい一日が眠りから始まる」と考えると、睡眠の重要性、睡眠に対する姿勢が変わるはず。


どうやって睡眠時間を確保するか、どんな眠り方をすれば効果的かなどを考えることで生活にハリが生まれる。つまり、睡眠を見つめることは人生の本質や、生き方を見つめ直すチャンスになる。


睡眠時間が足りなくなると、集中力が欠如して、ちょっとしたことでイライラ。結果的に自分の器量が小さくなるので、その大きさに見合った成果しか出せなくなる。でも、しっかりと睡眠を取っていれば、自分の器が大きくなり、おのずと成果も大きなものになる。


三橋美穂の経歴・略歴

三橋美穂、みはし・みほ。日本の快眠セラピスト、睡眠環境プランナー。愛知県出身。自動車メーカー勤務、寝具メーカー研究開発部長などを経て独立。著書に『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』『脳が若返る快眠の技術』。

他の記事も読んでみる

青羽悠

夢とは呪縛だと思います。どこまでいっても報われない、それでも思わずにはいられない。そういうものじゃないでしょうか。


山崎将志

頭の中にあることは、言葉となって表れます。「口癖とは、その人の頭の中そのものである」というのが私の考えです。


ジャンルカ・ヴィアリ

ゆっくり行く者が、着実に遠くまで行ける。


宗次徳二

自分で創業した会社なのに、53歳で取締役すら外れた。その決断をいぶかる声をいまでも聞きます。私自身、数年前まで辞めるなんて微塵も考えたことがなかった。でも、日本一のカレーチェーンになり、2000年の株式公開を決めた時点で退任を決意しました。いつまでも健康でいられるわけでもないし、開かれた会社にしようと。


大友啓史

スタッフやキャストに提案を促すには、結論を言わないこと、決めないこと。もちろん「こうしたいな」というプランはあるのですが、それを言ってしまうと、皆、考えることをやめ、中には媚びる人も現われます。「大友さんはこういうのが好きだから」という判断をするようになるんですよ。もちろん、監督の意図に沿ってもらうことも重要ですが、それだけでは強い表現にはならない。だから、簡単に手の内を明かさないことも重要。


アルバート・アインシュタイン

私たちは皆、ほかの人々の仕事によって、食べるものや家を与えられています。ですから、それに対してはきちんと報酬を支払わねばなりません。自分の満足のための仕事だけでなく、人々に奉仕する仕事をすることによっても。さもなければ、どんなに欲求が質素であっても、寄生者と呼ばれるものになってしまうでしょう。


ドナルド・トランプ

あまり簡単に満足してはいけない。自分自身にも、何に対しても。たとえ逆風が吹いていても、歯を食いしばり、妥協しないでほしい。


相葉光輝

仕事の効率を上げるために、必要なことを残すのがメモの目的。きれいに書くことに意識が集中すると、大切な情報を見落とすことにつながります。さかなの法則(ささっと、カタカナで、殴り書き)でメモをとりましょう。


大前研一

あと何年生きられるかをアバウトに考え、そこから逆算する。私は今67歳だけど、例えばスキーに行くと、残りの人生でできるのもあとせいぜい8回程度だろうから今年の1回というのが非常に貴重になってくる。残りわずか8回のうちの貴重な1回が、今なくなりつつあるというように、余命から考えていく。


桜井章一

ときにはあえて困難に飛び込む勇気を持つことで、自然と平常心を身につけられるのではないかと思う。


前村哲路

不景気の影響は大きい。事実として、価格を安くしても、簡単には買っていただけません。私は、お客様の要求は大きく4つあると考えています。「品質」「品揃え」「サービス」、そして「価格」です。日本の製造業が世界的に強いのは、お客様の目が厳しいからでしょう。4つの要素に応えなければ生き残れません。


ピーター・ドラッカー

急成長会社では、無能な者が要職にいる。会社の成長についていけなかった人々である。


ソクラテス

暇な時間は、かけがえのない財産である。


大倉忠司

私は、同じような店を出しても仕方がないと思い、自分で新しい市場をつくっていこうと決意した。「いつの時代も、新しい市場をつくるのは若者だ」と思っていたので、若者と女性客が入りやすい店づくりを目指した。


哀川翔

仕事をやり遂げた先に、その結果として別の何かがある。そんな生き方が、俺には一番合っているよ。


ページの先頭へ